【NY を拠点とするファッションブランド OVERCOAT】スタジオ兼イベントスペース『OVERCOAT TOKYO』を11/25㈮~オープンします。

NY を拠点とするファッションブランド OVERCOAT(オーバーコート)は、スタジオとショールームやショップなどを運営するイベントスペースが一体化した「OVERCOAT TOKYO」を日本の拠点として新設しました。

実際にパタンナーや縫製技術者がモノづくりに向き合う現場を体感できるユニークなスペースに。

―OVERCOAT TOKYO POP-UP STORE―
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山 4-9-28 金子ビル 2F
電話番号:03‐6455‐4116
期間:11月25日(金)~12月23日(金)まで
営業時間:13:00 ~19:00 (期間中無休)
店舗設計:坂本拓也 / ATELIER WRITE (アトリエライト)

今回内装を手掛けたのは、建築家坂本拓也(ATELIER WRITE/アトリエライト)氏。

坂本拓也氏は、
スタジオが併設されているこの場所で、お客さんは服作りの現場を目の当たりにしたり、直接作り手の話を聞けたりする。そんなブランドとのリアルな交流の場を計画しました。そのため『作り手』と『お客さん』という主客の隔たりを設けず、オープンな空間としました」と語ります。

新設された OVERCOAT TOKYO では、初回である11月25 日(金)から期間限定の POP-UP STORE を開催します。


2022年秋冬シーズンの商品を中心に、これまでオンラインストアのみで紹介をしていたクラシックラインのアウターやセットアップアイテムを一堂に集めてご紹介します。

オーバーコート(OVERCOAT)について:
NY 在住のデザイナー兼ファッションコンサルタント 大丸製作所 2代表の大丸隆平が率いるファ ッションブランド。

「Wearing New York – NY を着る」というコンセプトのもと2015年に立ち上がる。

NYの街角でよく目にするオーニング素材でコートを作るところから始まった。ショルダーラインに独特な工夫が凝らされた服はどのような体型の人が着用しても美しいシルエットを描く。

サイズやジェンダーそしてエイジからも解放された衣服を制作する。コレクションは日米を中心とする主 要百貨店やセレクトショップで取り扱われ、アート業界他クリエイターたちからの支持も高い。

現代美術家・リクリット・ティラヴァーニャ(Rirkrit Tiravanija)とコラボレーションした作品「COME TOGETHER 」を制作し、国際現代美術展「岡山芸術交流 2022 」にて展示しています (11月27日まで)。
https://overcoatnyc.com/

坂本拓也 / ATELIER WRITE(アトリエライト):
1987年東京生まれ。早稲田大学大学院修了。スキーマ建築計画にてDESCENTE TOKYOやBLUEBOTTLE COFFEEなどの店舗設計を担当。

2019年 ATELIER WRITE 一級建築士事務所設立。TOKYO DESIGN STUDIO New BalanceのDOVERSTREET MARKET GINZA でのディスプレイなどを手がける。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中