【東急ステイ】「日常を旅するホテル」を新しいブランドコンセプトに策定「手に届く範囲、歩ける範囲での、日常の延長の心地よさ」を提供する“にちたびプロジェクト”

全国30店舗の支配人を中心に、“にちたびプロジェクト” をスタート

 東急リゾーツ&ステイが運営する「東急ステイ」は、新しいブランドコンセプトとして「日常を旅するホテル」を策定し、「手に届く範囲、歩ける範囲での、日常の延長の心地よさ」を提供するために全国30店舗の支配人を中心とした「にちたびプロジェクト」をスタートしました。

コロナ禍によるライフスタイルの変化やテレワークの浸透などを受けて、住まい方・働き方・過ごし方の境界があいまいになり、あらゆる生活シーンが融合していく時代になっています。

こうした新しい価値観に寄り添うため、「東急ステイ」の提供価値を改めて明文化し、「日常を旅するホテル」をコンセプトに定めました。

客室内に洗濯乾燥機などの生活機能がそろい、中長期滞在にも最適な「東急ステイ」が、ホテル内だけでなく周辺地域も含めた滞在価値をお客さまに提供します。

ホテル内では暮らしに必要な生活機能(手に届く範囲)を、ホテル周辺では日常の延長にある体験価値(歩ける範囲)を提供することで、知らない街でも自宅のようなくつろぎがありながら、新たな体験・発見で日常に彩りを与える“心地よい滞在”をお届けします。


例えば、「ホテルにこもらず、地元の人々が集う喫茶店を転々としながら仕事する」、「観光地をめぐるだけでなく、商店街で人気のお惣菜屋さんで食材をテイクアウトし、お部屋で味わう」など、その街に暮らすようにその街の日常を楽しむ。そんな日常の延長にある新しいホテルのあり方を提案します。

この新たなコンセプトを実践に結びつける取り組みが、「にちたびプロジェクト」です。

東急ステイの提供価値である「手に届く範囲、歩ける範囲での、日常の延長の心地よさ」を、各店舗のスタッフが中心となって再発掘し、それを具体的な取り組み施策として、SNSで発信しながら、そしてさまざまなステークホルダーを巻き込みながら、具現化していきます。

ブランドコンセプトおよびステートメント

日常を旅するホテル
その日その時、わたしの心地よさ

客室内に洗濯乾燥機などの生活機能がそろった東急ステイは、泊まれば泊まるほど、もっと滞在したくなるホテル。
暮らしもビジネスも余暇の過ごし方も、すべてがまざりあう今。
自宅のようなくつろぎも、知らない街のワクワクも、一緒に楽しもう。
その日の目的やその時の気分にあわせて、ちょうどいい過ごし方を。
手に届く範囲で、歩ける範囲で、日常の延長の心地よさを。
東急ステイは、あなたの毎日に寄り添います。

  • 「にちたびプロジェクト」とは

全国30店舗から集まった30名以上のメンバーが所属店舗混合の6チームに分かれ、隔週でワークショップを実施。

店舗の強みや地域の魅力をディスカッションしながら再発見し、複数の企画アイデアをSNSで投票にかけ、いいね!がもっとも多かった案を実際に企画化していきます。

2022年7月から始まったシーズン1では、「京都阪井座」や「門前仲町」、「渋谷 新南口」、「博多」、「銀座」、「新宿イーストサイド」の6店舗が選ばれ、Day1からDay6までのワークショップを通じて各店舗の個性を打ち出す企画を練っています。

ワークショップの様子は、プロジェクト公式インスタグラムで発信しています。

インスタグラム公式アカウント
https://instagram.com/nichitabi_project

「にちたびプロジェクト」ロゴマークについて

「日常を旅する」姿を象徴した”n”を筆頭に、”b”は東急ステイの特徴である客室内の洗濯乾燥機、そのほか料理・仕事・お風呂・運動など、手に届く、足で歩けるワンマイル(1.6km)圏内での多様な過ごし方を表現しています。

「にちたびプロジェクト」を通じて、誰もがもっと気軽に日本中の滞在先を日常の延長で心地よく過ごせるようになって欲しいという想いを込めました。

<東急ステイについて>

ビジネスから観光、転勤等の一時住まいまで海外からの旅行者も含めて1泊でも中長期滞在でも快適な空間を提供することを目的として、洗濯乾燥機・電子レンジ・ミニキッチン(一部タイプ)などを客室内に設置したホテルです。 


店舗展開 ※2022年9月30日時点
店舗数:30店 客室数:4,904室(東急ステイレジデンス除く)31店舗目として、2022年12月1日(木)「東急ステイ メルキュール 大阪なんば」開業予定

また、プロジェクト第1弾として、東急ステイ京都阪井座(四条河原町)(京都府京都市、統括支配人:大城 一 以下、京都阪井座店)と京都錦市場商店街振興組合(以下、錦市場)との共同企画「錦市場の食材で作るレンチン料理フォトコンテスト」を実施。

東急ステイを象徴する客室内家電設備のひとつ、「電子レンジ」にスポットを当てた、東急ステイがめざす中長期滞在時の利便性向上の選択肢をご提案する企画です。

企画では、東急ステイを象徴する家電である、客室内に完備されている電子レンジを活用し、錦市場で手に入れた食材を使って作った料理の写真を投稿するフォトコンテストを実施します。


コンテストに入賞された5名様には、京都阪井座店でご利用できるペア宿泊券と、錦市場の公式オンラインショップで5,000円分の商品の購入ができるクーポンコードをプレゼント。

また、フォトコンテストの実施を記念して、ミシュラン星獲得店 大阪心斎橋「味吉兆」の元料理長 清水義隆氏(現「味所望」店主)に師事し、現在はフードコーディネーターとして人気の三島葉子さんに錦市場の食材を利用した「レンチン料理」のレシピを開発していただきました。

このオリジナルレシピは、コンテスト期間中、京都阪井座店をご利用いただく皆さまにお配りします。

フードコーディネーター 三島葉子さん※三島葉子さんによるオリジナルレシピは、最終ページをご参照ください。

 ―東急ステイ京都阪井座 「錦市場の食材で作るレンチン料理フォトコンテスト」実施について―

錦市場で購入した食材を電子レンジで料理し、専用ハッシュタグを付けて完成写真をインスタグラムに投稿した方の中から、審査員が選んだ5名様に京都阪井座店のペア宿泊券と錦市場の公式オンラインショップで5,000円分の商品が購入できるクーポンコードをプレゼントします。
※錦市場公式オンラインショップ「京の台所.com」 https://www.kyotonishiki-ec.com/

審査基準
写真の見映えや、ホテル内でも作りやすい手軽さを基準に審査します。

参加条件
参加費:無料
参加対象者:自身のインスタグラムのアカウントを「公開」に設定している方(錦市場で購入された食材を使用していれば、東急ステイに宿泊された方以外でも、自宅等で調理でき、参加が可能です)

投稿条件
自身のインスタグラムのアカウントにて、完成した料理の画像とともにコメント欄に①メニュータイトル、②簡単なレシピ概要、③ハッシュタグ「#東急ステイフォトコンテスト」、「#(購入した錦市場の店舗名)」を入れて投稿してください。

実施期間
2022年11月1日(火)~2022年11月30日(水)まで

入賞発表
コンテスト入賞者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

その他
京都阪井座店を予約いただき、客室内での調理を希望されるお客さまには、調理器具や調味料等※を、すべて無償で貸し出し。※包丁、まな板、スポンジ、洗剤、耐熱ボウル、キッチンペーパー、ラップ、クッキングペーパー、お椀、カトラリー類、調味料(塩、胡椒、サラダ油、醤油、砂糖)

  • 京都錦市場商店街振興組合(錦市場)について

京都阪井座店からほど近くにある400年続く錦市場は、地元の方やプロの料理人も通う「京の台所」といわれる市場であり、地域のコミュニティの場でもあります。

京料理の料亭や割烹だけではなく、京都の家庭料理にも使われる新鮮な魚や野菜、旬の食材がそろいます。

約390mある錦小路の道幅は狭いですが、そのおかげで両側のお店を見ながらお買い物ができるのも特徴です。

また、江戸時代中期京都画壇を代表する伊藤若冲は錦小路にあった青物問屋で誕生しました。若冲の絵が錦市場の各店のシャッターやタペストリーに描かれ、錦市場を華やかに演出しています。

所在地:〒604-8054 京都府京都市中京区西大文字町609番地
電話:075-211-3882(京都錦市場商店街振興組合)
公式サイト:https://www.kyoto-nishiki.or.jp/

京都錦市場商店街振興組合 初田理事長よりメッセージ

錦市場は選りすぐりの食材や旬の物、美味いもんを各店が取りそろえている“セレクトショップな”市場商店街です。

錦市場でのお買い物の醍醐味は品物もさながら、お店の人とのコミュニケーション。

あんな話、こんな質問をしていると新しい発見ができ、レンチン料理のワンランク上のクオリティを上げるヒントをくれるかも?!

錦市場の店主は自分のお店以外との商品の相性も知っています。商品一つひとつに「これが良い」という理由を自信をもっておすすめする目利きのプロが皆さまの「レンチン料理」の食材選びをお手伝いします。紅葉の時期の京都にぜひお越しください。

東急リゾーツ&ステイ株式会社について

全国100を超える施設運営を手がける総合運営会社。⺠間・行政問わず、運営受託、マネジメント契約、コンサルティング契約等の運営サポートを行う。
会社名:東急リゾーツ&ステイ株式会社(https://www.tokyu-rs.co.jp/
代表者:代表取締役社長 粟辻󠄀 稔泰
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル
設 立:1979年3月13日
資本金:100百万円

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中