【AKOMEYA TOKYOの“梅”関連商品全 30種類が大集合!】寒さが一段と厳しくなるこの季節に一足お先に“春支度”1/26㈭まで「梅ふふむ」フェアを開催中

株式会社AKOMEYA TOKYOは1月26日(木)までの期間、全国から厳選したお米やご飯のお供、出汁や調味料などの食品をはじめ、食器・調理道具などを扱うライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO」にて梅に関連する商品を集めたフェア「梅ふふむ」を開催しています。

梅は四季の花の中でさきがけて咲く、春を真っ先に告げる花で、“梅ふふむ”とは、花がまだ開花せず、ふっくらと紅色が兆し始めた梅のつぼみを表す季語のことです。

寒さが一段と厳しくなるこの季節、AKOMEYA TOKYO では温かいご飯のお供として楽しめる種類豊富な大粒の「梅干し」や調味練り梅「梅びしお」、福茶やお茶漬けにも楽しめる放香堂監修の「お茶リーフ」などを用意。

梅のお酒やお菓子は、自宅用はもちろん、新年の挨拶のギフトにもぴったりです。

さらに、蓄熱性に優れ、バリエーション豊富な「OIGENの鉄瓶・急須」からは、梅模様が春らしい AKOMEYA 別注カラーの急須も登場。

お正月が過ぎ、年末年始の慌ただしさがひと段落する頃、AKOMEYA TOKYO がご提案する“梅”の商品を通じて、おうちでゆっくり春支度を始めてみてはいかがでしょうか。

◆AKOMEYA TOKYO とは
全国各地から厳選したさまざまな種類のお米を中心にごはんと相性抜群のごはんのお供や和食の中心にある出汁や調味料、食器・調理道具などを扱い、東京を中心に 12 店舗+オンラインショップを展開するライフスタイルショップ。

2013年4月に銀座の店舗から始まり、ブランドとして来年で10周年を迎えます。

全国の生産者との強い繋がりと信頼関係のもと「ほんもの」のおいしさにこだわった商品開発やセレクトを行っており、古くからある日本の食文化や伝統を、現代のライフスタイルに合わせ提案しています。

・日本の食文化の中心である「お米」
・一杯のごはんをさらにおいしくする「お供や調味料」
・食卓を彩る日本の伝統的な「食を中心とした雑貨」
上記 3 つのカテゴリーで厳選し、世の中へご提案していきます。

和紙袋に包まれた“大粒の梅干し”/各 303円(税込)


昆布だしを加えて漬け込んだ「邑咲(むらさき)」や酸っぱいものが苦手なお子様にもよろこばれる「はちみつ梅干」、まろやかな酸味とほのかな甘さがとけあう味わいの「うす塩」 は、全て紀州産南高梅の中から特大粒のみを厳選。
梅の持つふくよかな果肉を存分に楽しめます。粒ずつの個包装なので、ギフトにもおすすめ。

その他、既存商品の「石神邑」うす塩・しそ漬・はちみつ、定番の「あごだし梅」など、いろいろな梅が集まりました。

新商品

梅びしお 昆布入り/かつお入り 各648円(税込)

梅びしお かつお/こんぶ 
梅肉のペーストに砂糖やみりんを加えて加熱した調味練り梅「梅びしお」。
よりご飯に合うように、紀州南高梅を使用した梅肉に北海道産がごめ昆布を加えた「昆布入り」と国産しそと枕崎産かつお節の具を加えた「かつお入り」の2種類。

ご飯にのせたり、おにぎりの具やお茶漬けに。昆布入りはお湯に溶いて「梅びしお 茶」にも。

放香堂×AKOMEYA TOKYO


放香堂×AKOMEYA TOKYO のオリジナルシリーズ。
今回は「特選煎茶」「煎茶」「ほうじ茶」の 3 種類が登場。
最高位茶師 酢田恭行十段完全監修で、本当においしいお茶をつくりました。
福茶やお茶漬けも美味しいお茶で贅沢な気分に。

放香堂×AKOMEYA TOKYO 特選煎茶 1,620 円(税込)

「一番摘み茶葉」の鮮やかな色と爽快な香り
“美しい香り”をテーマに、最高位茶師 酢田十段が、土作りから肥料選定、摘採、加工等、製茶に至るまで、こだわりをもって監修し創り上げました。
一番摘み茶葉の鮮やかな色。
口に含んだ瞬間に広がる、甘味を感じさせる爽快な香り。
煎茶本来の旨味と苦味が調和した、深みのある豊かな味わいです。

放香堂 × AKOMEYA TOKYO 煎茶ティーバッグ 1,296 円(税込)

ティーバッグでも急須で淹れたような味わいを楽しめる独自製法
最高位茶師・酢田十段が全国の放香堂契約農園に訪問し、指導、監修。
茶師の技術を駆使し、香り、風味ともに本当においしいお茶を作りました。


ティーバッグで一般的に使用される粉茶は使用せず、茶葉のみを使用。
茶葉がお湯の中でほどけやすい独自の加工方法で急須で淹れたような
味わいを楽しめます 。

放香堂×AKOMEYA TOKYO ほうじ茶 ティーバッグ 1,296 円(税込)

希少性の高い茎部分を贅沢に使用したほうじ茶
全国の放香堂契約農園に酢田十段が実際に訪問し、指導、監修。
希少性の高い茎部分を贅沢に使用したほうじ茶は、上品な甘みと香りが特徴。
ティーバッグなのでお手軽に本格的なほうじ茶が楽しめます。

その他、ひと足はやく、春を感じれる商品も多数

OIGEN 鉄急須 梅小紋 各 13,200 円(税込)

OIGEN 鉄急須 AKOMEYA 限定カラー
内部が琺瑯仕上げになっている鉄急須は鉄器初心者でもお手入れしやすく、蓄熱性に優れ、長時間温かいお茶を楽しめます。
春を告げる「うめ色」と「からし色」は、AKOMEYA TOKYO 限定色です。

佐見焼ねじりそぎ 湯呑/各 1,540 円(税込)


長崎県波佐見町にあるご家族 3 代で営まれる小さな窯元瑞幸窯で作られています。
「ねじりそぎ」はお茶を注ぐとゆっくり優しく温まり、磁器と比べて保温性があります。
シノギの凹凸のおかげで手になじみ、持った時に安心感があります 。

《梅のお酒》

「とろ梅」/1,980 円(税込)


香川県川鶴酒造・伝承の技で作られる日本酒に梅を漬け込み、完熟梅果肉をたくさん使った驚くほどのとろみが特徴の梅酒。
香料・着色料の添加物不使用で梅果肉そのものを楽しめます。

「からさでの梅酒」/481 円(税込)
神在月の神等去出神事にあたり、御神座の扉を叩く「梅の枝」と同じ梅林で育まれた梅の実から調製した縁起物。

「梅とエルダーの芳醇スパークリング」/660 円(税込)
梅酒に香り高いエルダーフラワーをブレンド。
梅の実は和歌山県産のみを使用。

●梅のお菓子

塩味と酸味が絶妙なかりんとうやおせんべいは、自宅用はもちろん、ギフトにもおすすめです。
・アコメヤの米かりんとう うめ 561 円(税込)
・銀座花のれん 銀座餅 梅 1,080 円(税込)
・森白製菓 スッキリ梅あられ 411 円(税込)

AKOMEYA TOKYO は、常時 3700 種類の商品を店舗に用意し、食品 1300 品のうち、20 品種以上のお米や約250種類のごはんのお供を取り揃えています。

アコメヤのバイヤーが日本全国から選りすぐった商品の中でも、社内の試食会で通過した「おいしいもの」だけを厳選。

毎月、主に最終金曜日に立ち上がるフェアに合わせた新商品を投入し、季節ごとに変化をつけたラインナップを取り揃えています。

数ある商品の中でも、ごはんのお供カテゴリー不動の人気「ごま和え胡麻」は、累計販売数 150,000 個を超えるロングセラーとなっています。


◆会社概要
会社名 :株式会社 AKOMEYA TOKYO
代表取締役社長 :山本浩丈
本店所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷 2-11-1
設立 :2022年1月14日
事業内容 :食品・生活雑貨・服飾雑貨の販売および飲食業
URL :https://www.akomeya.jp/
Instagram :https://www.instagram.com/akomeya_tokyo/
Twitter :https://twitter.com/akomeyatokyo

◆AKOMEYA TOKYO 店舗(一部抜粋)

AKOMEYA TOKYO in la kagu(神楽坂)
営業時間 :11:00~20:00
【AKOMEYA 食堂】 :11:00~20:00(L.O.19:30)

AKOMEYA TOKYO 東急プラザ渋谷
営業時間 :11:00~21:00
【AKOMEYA 食堂】 :11:00~21:00(L.O.20:30)
※平日 15:00~17:00 はお休み

AKOMEYA TOKYO NEWoMan 新宿
営業時間:11:00~20:30
11:00~20:00(日・祝日)

AKOMEYA TOKYO 日本橋髙島屋 S.C.
営業時間:10:30~21:00

AKOMEYA TOKYO 髙島屋大阪
営業時間:10:00~20:00

その他店舗詳細:https://www.akomeya.jp/store_info/store/list.aspx



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中