【ガンバ大阪】2023シーズン新ユニフォームを発表!左胸にQRコードのデザインを採用し、青と黒のストライプという伝統的なユニフォームに

ガンバ大阪にとって初めてとなるヒュンメル製ユニフォームは、2021年に30周年を迎え、リブランディングを実施したガンバ大阪の歴史を踏まえて、青と黒のストライプという伝統的なユニフォームになりました。

FPの1stユニフォームは、胸の中央に高級感のあるポリクレストワッペンでエンブレムを配置。

青と黒のストライプは、応援チャントにもある、「青と黒の誇り」、「青と黒の戦士」で、ガンバ大阪そのものを表しています。

G23_season_website_0106.png

青地には日本を代表するスポーツエクスペリエンスブランドを目指すガンバ大阪のテーマである「BE THE HEAT , BE THE HEART」からインスパイアを受け、クラブの目指すゴール達成のためのテーマ6要素をラインでイメージ。

全体的にかけたグラデーションで青く燃える炎を表しました。

FPの2ndユニフォームは、ホワイトをベースに、ガンバ大阪の青い炎と未来への広がりを意味するヒュンメルのシェブロンラインを組み合わせたオリジナルグラフィックを変形のストライプ柄に。

襟部にはクラブのテーマである「BE THE HEAT , BE THE HEART」を配置し、襟裏にはパナソニックスタジアム吹田のイラストとヒュンメルの100周年ロゴを配置。

1923年に、世界で初めてスタッド付きサッカースパイクを開発して誕生したヒュンメルが、ガンバ大阪と共に次の100年へのスタートを切り、情熱を共に燃やす宣言を表現しました。

素材には100%リサイクルPETを使用。吸水速乾、軽量、UPF50+に加えてパターンの製作過程で各箇所のテンションを計測。運動機能を改善・向上させ、機能性でも選手のプレーを支えるサステナブルなアイテムです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中