第80回ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート!A24が北米配給権を獲得した話題の感動作『CLOSE/クロース』今夏、日本公開&邦題決定!!

第75回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、第80回ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートした『CLOSE(原題)』が、『CLOSE/クロース』の邦題で、今夏、日本公開が決定しました。

© Menuet / Diaphana Films / Topkapi Films / Versus Production 2022

監督を務めるのは、バレリーナ志望のトランスジェンダーの少女を描いた『Girl/ガール』が第71回カンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞し、鮮烈なデビューを飾ったルーカス・ドン。

最新作となる本作では、第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出され、グランプリを受賞。

そして1月10日(現地時間)授賞式が開催される第80回ゴールデングローブ賞では外国語映画賞にノミネートを果たし、第95回アカデミー賞では前作『Girl/ガール』に続き、国際長編映画賞のベルギー代表としての予備候補(ショートリスト)に選出されるなど、数々の賞レースを席巻中だ。

海外の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では94%フレッシュと高い満足度を記録し(2022.5.31時点)、映画ファンから絶大な支持を得る気鋭の映画製作・配給スタジオ「A24」が北米配給権を獲得したことでも注目を集めている。

【STORY】
13歳のレオとレミは、学校でも放課後でも24時間ともに過ごす大親友。ある日、親密すぎるあまりクラスメイトにからかわれたレオは、レミへの接し方に戸惑い、そっけない態度をとってしまう。

気まずい雰囲気のなか、二人は些細なことで大喧嘩になり…。

監督:ルーカス・ドン(『Girl/ガール』)
キャスト:エデン・ダンブリン、グスタフ・ドゥ・ワエル、エミリー・ドゥケンヌ
配給:クロックワークス/STAR CHANNEL MOVIES

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中