【コンセプトは「日比谷から始まる体験する映画祭」】都会の真ん中で映画を観る「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2022」10/14㈮~10/23㈰開催!

東京ミッドタウン日比谷は、「日比谷から始まる体験する映画祭」をコンセプトに様々な“新しい映画の楽しみ方”を提案するイベント「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2022」を10/14㈮~10/23㈰に開催します。

過去4年で累計約380万人が来場し、第5回目を迎える本年のテーマは「熱狂」。
普段は静かな屋内空間で観ることの多い映画を、秋風を感じながら家族や仲間と共に賑やかに楽しめる、心躍る体験を提供します。

またイベント終了後の10月24日(月)から11月2日(水)までは、「第35回 東京国際映画祭」が、日比谷・有楽町・丸の内・銀座エリアで開催されます。

街をあげて映画一色に染まる日比谷の街でしかできない映画体験を是非お楽しみください。

  • 「HIBIYA CINEMA FESTIVAL 2022」の見どころ

■「フィーバー・シネマ」  ※入場無料・入退場自由
熱狂をさらに盛り上げる!ミニオンズが日比谷ステップ広場 大階段をジャック!
最新作の『ミニオンズ フィーバー』から、約2mの巨大ミニオンズ像4体が登場!
ミニオンズとともに記念撮影でフィーバー!

屋外の大型ビジョンで“熱狂映画”を上映!仲間と一緒に盛り上がろう!
大人も子供も楽しめる新旧様々な熱狂映画をセレクト。
心躍る作品とともにみんなでフィーバー!

■「第4回 トロント日本映画祭 in 日比谷」
監督の貴重なトークに熱狂!篠原哲雄監督とのん監督の登壇が決定!
話題の邦画を英語字幕付きで上映。上映前は監督が登壇し、撮影秘話を披露!

本年は青春ムービー『犬部!』の「篠原哲雄監督」と初の劇場長編作品『Ribbon』の「のん監督」が登壇決定!

篠原哲雄監督

のん監督


\さらに!/
日比谷の老舗、「日比谷松本楼」のキッチンカーも出店!


~【日中広場コンテンツ】~
熱狂ムービーを観ながら、食べて・飲んで・くつろいで、みんなで“フィーバー”!
「フィーバー・シネマ」

本年のテーマ「熱狂」を体現するコンテンツとして、昼間は「フィーバー・シネマ」を開催!

オープンエアの下、本イベントオリジナルセレクトの新旧様々な“熱狂映画”を上映します。

映画上映時間以外も広場はフリースペースとして開放。秋風とともに、家族や仲間と集まって楽しんだり、一人でじっくりと味わったり、それぞれのスタイルに合わせて楽しめます。

開催概要
【タイトル】フィーバー・シネマ
【日程】2022年10月14日(金)~10月23日(日) ※雨天決行、荒天中止
【時間】12:00~18:00 ※上映スケジュールは後日公開予定
【入場】無料 入退場自由
【場所】東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
【主催】東京ミッドタウン日比谷/一般社団法人日比谷エリアマネジメント
※イベントの詳細は9月下旬頃、特設サイトで順次公開予定

▲過去のイベントの様子


エリアマップ

●食べながら・飲みながら、お腹も心も満たされる「カフェゾーン」
テーブル&イスを設置し、食べて飲んで、語らいながら鑑賞できるカフェゾーン。

●どこに座るのも自由。好みのスタイルで観覧 「パレットゾーン」
リユース素材のパレットを使用し、大勢でも少人数でもアレンジ自在なファニチャーを設置したゾーン。

●映画の世界にどっぷり浸れる「リラックスゾーン」
じっくり映画を楽しみたい方におすすめの、映画の世界観にどっぷりと浸っていただけるリラックスファニチャーゾーン。

注目POINT①
熱狂をさらに盛り上げる、にぎやかなミニオンたちが日比谷に登場!
ミニオンズが日比谷ステップ広場の大階段をジャック!

「熱狂(フィーバー)」をさらに盛り上げるべく、ミニオンズが日比谷ステップ広場の大階段に登場!映画『ミニオンズ フィーバー』から約2mの巨大ミニオンズ像、4体が登場し、大階段をミニオンズ一色に彩ります。記念撮影を楽しむなど、賑やかなミニオンたちと“フィーバー”しながら映画をお楽しみください。

ミニオンズエリア(イメージ)ミニオンズエリア(イメージ)

「ミニオンズ フィーバー」ミニオンズ像(イメージ)「ミニオンズ フィーバー」ミニオンズ像(イメージ)

注目POINT②
“熱狂映画”とともに食べて・飲んで みんなで盛り上がろう!
「フィーバー上映」 上映作品(一例)&「日比谷松本楼カフェ」

日中は日比谷シネマフェスティバルがオリジナルでセレクトした“熱狂映画”を日替わりで上映する「フィーバー上映」を開催。『ラ・ラ・ランド』をはじめとした大人も子供も楽しめる熱狂映画や昔懐かしの映画から近年のヒット作まで、幅広いセレクトでお届けします。

さらに広場を盛り上げるカフェとして創業約120年 日比谷を代表するレストラン「日比谷松本楼」のキッチンカーが初登場!日比谷松本楼定番の洋食メニューに加え、キッチンカーオリジナルメニューも楽しめます。

【上映作品一例】

©2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.


【夜間広場コンテンツ】
監督トークセッション&英語字幕付き邦画上映会
4回「トロント日本映画祭 in 日比谷」

日本映画を英語字幕付きで楽しめる「トロント日本映画祭in日比谷」。今年で4回目となるイベントは、6月にカナダで開催されたトロント日本映画祭へのノミネート作品に加えて改めて見たい過去の話題作をオリジナルでセレクト。

英語字幕があることで、英語話者の方にも話題の邦画に気軽に触れることができます。

▲過去の開催の様子


【タイトル】第4回 トロント日本映画祭 in 日比谷
【日程】2022年10月15日(土)~10月21日(金)※雨天決行、荒天中止(監督挨拶のライブ配信※のみ実施)
【時間】18:30~21:00 ※監督トークセッション:18:30~19:00予定
【入場】無料・入退場自由 ※一部エリアは事前予約制
【主催】東京ミッドタウン日比谷/一般社団法人日比谷エリアマネジメント
【後援】在日カナダ商工会議所(予定)
【協力】トロント日系文化会館(JCCC)
※一部の監督トークセッションはライブ配信なしの場合がございます。

注目POINT
ここでしか聞けない監督の貴重なトークに“熱狂”しよう!
上映前「監督トークセッション」(ライブ配信あり※)

作品上映前には監督が登壇し、トークセッションを実施します。今年は「篠原哲雄監督」と「のん監督」の登壇が決定!撮影秘話や見どころなど、ここでしか聞けない監督の貴重なトークを聞いて鑑賞すれば、作品の面白さをさらに感じられること間違いなし。各監督の映画への熱い想いをお聞き逃しなく。(YouTubeでのライブ配信あり※)

※一部の監督トークセッションはライブ配信なしの場合があります。

篠原哲雄監督

のん監督

【上映作品一例】

 ©2021『犬部!』製作委員会
©「Ribbon」フィルムパートナーズ


※イベントは新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑みて企画の内容等を変更、または開催を中止する場合があります。最新の状況はイベント特設サイト(9月下旬公開予定)でご確認ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中