【イッタラ創立140周年を記念!】Bunkamuraザ・ミュージアムにて「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」を9月17日(土)~11月10日(木)まで期間限定開催

~開催を記念してデザインを体験できるフィンランドのおすすめスポット3選をVisit Finlandが発表~

Visit Finland(フィンランド政府観光局)は、渋谷にあるBunkamuraザ・ミュージアムにてライフスタイルブランド イッタラ創立140周年を記念し「イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき」を開催します。

期間は、9月17日(土)から11月10日(木)*月曜日から木曜日までは10:00~18:00(最終入館17:30)、金曜日ならびに土曜日は21:00(最終入館20:30)まで。


また、開催を記念してフィンランドのデザインにまつわるおすすめスポット3選をご紹介します。
*休館日:9月27日(火)

イッタラの歴史について

フィンランドを代表するライフスタイルブランド イッタラは、創立140周年を迎え、人里離れた村の小さなガラス工房から始まりました。

イッタラは北欧最大のガラスメーカーへと成長し、美しさと機能性をすべての人へ提供するというフィンランドデザインの発展を牽引したアルヴァ・アアルトやカイ・フランクの思想のもと制作されました。

本展では、イッタラの歩みを象徴する20世紀半ばのクラシックデザインを中心とし、陶器や磁器など世界中で愛され続ける製品450点をご紹介します。

イッタラの製品の歴史を見れば、フィンランドの文化や人々のライフスタイルの変化などが深く結びついていることが明らかになり、今なお輝き続けるイッタラの世界を楽しめます。

<イッタラ展 3つの見どころ>
① イッタラの140年におよぶ軌跡を450点以上の作品を通してご紹介

近代社会の発展を反映しフィンランドデザインの象徴となった本ブランドに焦点をあてます。


② 日本初、イッタラの大規模巡回展
今回のような島根県、長崎県、京都府、そして東京の美術館を巡る大規模な展示会は初の試みとなり、 フィンランドデザインミュージアムと、イッタラのアーカイブから貴重な作品を選定し展示します。


③ デザイナーを通して見るイッタラと日本のつながり
デザインの発展を牽引したカイ・フランクは日本文化に影響を受けたと知られています。

また、国際的なデザインブランド イッタラとして複数の日本人デザイナー並びに建築家とのコレボレーションを実現しました。



イッタラ展 フィンランドガラスのきらめき
会期   : 2022年9月17日(土)~11月10日(木) ※休館日9月27日(火)
会場   : Bunkamuraザ・ミュージアム(渋谷)
開館時間 : 月~木 10:00~18:00(最終入館 17:30まで)
       金~土 10:00~21:00(最終入館 20:30まで)
       ※状況により、会期・開館時間などが変更となる可能性があります。
展覧会構成: イッタラ140年の歴史、イッタラの哲学、イッタラのデザイナーたち、イッタラと日本

Visit Finlandは、イッタラ展開催を記念し、デザインを体験できるフィンランドのおすすめスポット3選をご紹介します。各スポットは、有名なデザインと製造の歴史や、美しいガラス工芸品に触れることができます。

① イッタラガラス工房(Iitala Glass Factory)
イッタラガラス工房では、熟年の職人が溶かしたガラスの材料からあらゆる種類のガラス品へ作り上げていく過程を見学できる場所です。

工場は現在も製造を行っており、アルヴァ・アアルトが生み出した最も有名なフィンランドガラスデザインの品、アアルトベースも、本工房で製造しています。
参考:https://iittalavillage.fi/en/the-iittala-glass-factory/

クレジット:Kalle Kataila アアルトベース

② パイミオ・サナトリウム(Paimio Sanatorium)
フィンランドにあるアルヴァ・アアルトの代表的な建築物のひとつ、パイミオ・サナトリウム(Paimio Sanatorium)は歴史上初めて一般公開されました。

アルヴァ・アアルトの建築物はフィンランド国内でも今なお注目されており、高い松の木の森に囲まれたこの建物は、光、太陽、空気という昔と変わらない癒しを提供しています。
参考:http://www.paimiosanatorium.fi/

クレジット:Henna Helander パイミオのサナトリウム


③ デザインミュージアム・イッタラ(Design Museum Iittala)
デザインミュージアム・イッタラは、2021年に創設50周年を迎えました。ミュージアムは、国が指定するフィンランドのデザインミュージアムの一つとしてイッタラガラス工場の歴史を紹介しています。

19世紀から21世紀にかけて国際的にも高く評価されたガラスアートや、デザイン製品などを展示しています。 
参考:https://iittalavillage.fi/en/design-museum-iittala/

クレジット:Elina Sirparanta デザイン製品の展示

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中