【あなたにとって愛はひとつですか-さまざまな愛の形、この秋、東京を舞台に描く多様な愛のストーリー】Amazon Original『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』がPrime Video にて10/21㈮世界同時配信決定!

ショーランナーに平栁敦子氏を迎え、日本を代表する映画監督の黒沢清氏や荻上直子氏、廣木隆一氏、山下敦弘氏が集結

水川あさみさんや永作博美さん、ユースケ・サンタマリアさん、池松壮亮さんと監督陣から愛がテーマの本作に込められた特別コメント&特別映像も到着!

-今が注目の監督達が描く実話から生まれた注目の作品。あなたにとって愛はひとつですか?

-さまざまな愛の形、この秋、東京を舞台に描く多様な愛のストーリー

©2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved

Prime Video は、Amazon Original『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』をプライム会員向けに10/21㈮より世界で同時配信します。

すでに本作には水川あさみさん、永作博美さん、ユースケ・サンタマリア氏、ナオミ・スコットさん、池松壮亮さんの出演が決定し、本作のショーランナー兼監督の平栁敦子氏、各エピソードの監督を務める廣木隆一氏、山下敦弘氏、荻上直子氏、黒沢清氏が発表されていますが、このたび前田敦子さん、榮倉奈々さん、柄本佑さん、伊藤蘭さん、石橋凌さん、成田凌さん、夏帆さんが出演することが決定。

また日本版の『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』ならではの取り組みでアニメーション作品が制作され、声優に黒木華氏と窪田正孝氏が決定し、山田尚子氏が監督を務めることが発表されました。

そして本作『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』に出演する水川あさみ氏、永作博美さん、ユースケ・サンタマリアさん、池松壮亮さんと本作のショーランナー兼監督の平栁敦子氏や各エピソードの監督を務める黒沢清氏、荻上直子氏、廣木隆一氏、山下敦弘氏から愛をテーマに描いた本作への特別コメントが解禁となり、新たに発表されたキャスト陣からの特別コメントも解禁となりました。

©2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved

ニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたコラムを基に、愛にまつわる物語を描いた Amazon Original『モダンラブ』。

2019年にアメリカで制作され世界中で大きな話題を呼んだ同作が舞台を東京に移して描かれる『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』に、日本を代表するキャストと映画監督陣が集結しました。

本作で描かれる7つの物語では、忘れかけていた大人の恋心や息子や母親への愛、国境を越えて芽生える愛など、さまざまな“愛”のカタチを映画界の第一線で活躍する監督たちが描きます。

Prime Video Presents 内では、平栁敦子氏監督作「息子の授乳、そしていくつかの不満」に出演する水川あさみさんと同監督作「彼は最後のレッスンを私にとっておいた」に出演する池松壮亮さんが登壇。

池松さんの共演者でありハリウッドでも活躍するナオミ・スコットさんからメッセージ動画も到着しました。

また、黒沢清氏監督作「彼を信じていた13日間」に永作博美さんとユースケ・サンタマリアさんが出演することも発表され、日本だけでなくハリウッド映画をもけん引する豪華俳優陣の集結が明らかに。

さらに、本作の一部の映像がお披露目されました。まだ発表されていない他の監督作にも豪華俳優陣が決定しており、今後の続報にぜひご期待ください。

Amazon スタジオ 日本オリジナルコンテンツ製作責任者である早川敬氏氏は、次のようにコメントしています。

「Amazon Original 作品の中でもアイコニックな存在である『モダンラブ』の日本版を世界のプライム会員の皆様にお届けできることをとても嬉しく思います。『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』で描かれるのは日常の中に愛です。恋人やパートナーへの愛はもちろん、自己愛や別れた恋人への愛など、誰もが共感できる世界共通の愛というテーマを描く素晴らしい作品が完成しました。日本を代表する映画監督の方々と俳優陣が集結した本作をぜひ楽しみにしていてください。」

-魅力的なCASTからのコメントも続々到着!-

第一弾 キャストコメント
水川あさみさん
「愛の喜びとか愛の悲しみとか、誰にとっても普遍的なものがテーマになっています。今の時代に愛を語るのは少し恥ずかしくてくすぐったいですが、様々な愛の形や姿が描かれているので、自分はどの物語に寄り添えるのかとドラマを観て共感してもらえると嬉しいです。」


永作博美さん
「普段見ているラブストーリーよりも、愛のスケールが大きいと思います。だから、観たら絶対にちょっと恋したくなると思います。幸せの泡がポコポコ浮いてくるような物語ですので、それを掴んで楽しんで下さい。」


ユースケ・サンタマリアさん
「『モダンラブ・東京』はちょっと大人で、甘酸っぱいだけのものではなく、ほろ苦いとも違うようなちょっと乾いた物語になっています。今まであまりそういう物語はなかったと思うので、海外でも人気ですし、そういう作品を見たい人は多いと思います。黒沢監督の作品として自信があるので、ぜひ楽しみにしていてください。」


池松壮亮さん
「平栁敦子さんやナオミスコットさん、Amazon USとJapan チーム、アメリカの撮影クルー、素晴らしい方々に出会い、人と出会うこと。想うこと。愛するということについて取り組みました。
距離や違いを越えてゆくこのラブストーリーのプロセスと機微に今の時代の希望を探しました。Modern Love という素晴らしいシリーズの一員になれたこと、心から光栄に思います。」


ナオミ・スコットさん
「元々『モダンラブ』シリーズのファンでしたし、日本や日本の文化も大好きなので、この作品に参加することは全く難しい決断ではなかったです。脚本を最初に読んだ時、意図的/計画的でありながら自発的/能動的であるという両方の側面を持ったこの作品のメッセージに、とても共感しました。
自分の「勘」を信じることを教えてくれる感動的でかわいらしい作品に仕上がったと思います。」

監督コメント
平栁敦子氏(『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』ショーランナー兼監督)
『愛』というのは、異なる国や文化や価値観を持っていても、『愛』であり変わりがなく、私たちを結びつけるものです。それは私たちが生まれながらにして持っているものであり、私たちのコアにあるものです。考えなくても分析しなくても、瞬時に理解できる世界共通語なのです。アメリカ発の「愛」の物語を日本独自の物語にアレンジし、オリジナルと同じように世界のオーディエンスにインパクトを与えることができれば、その証しになるのではないかと期待しています。」


黒沢清氏
「これまで「モダン」にも「ラブ」にも縁がなかったので、僕に本当にできるのかなと最初は不安もありました。でも永作さんとユースケさんには、何と言うか永遠の青春とでも呼ぶべき輝きがあるんですね。作品は、当初は予想もしなかった不思議な方向へとシフトしていきました。元々は小さな所帯じみた話なのですが、お二人が演じるとそれがどこか神話のような雰囲気を帯びてくる。素晴らしい経験でした。」


荻上直子氏
「海外版のように、軽快で楽しく、温かい気持ちになれるような作品にしたいと思いました。オムニバス作品は気軽に観られる点が一番魅力的だと思います。その日のその時の気分で、1 話から観てもいいし、タイトルで選んで観てもいい。私の場合は、1 日の最後に布団に潜り込みながら観ています。」


廣木隆一氏
「オムニバスは連続ドラマのように同じ人が出るわけではなく、一つ一つがパズルのようで7つの作品全体が『モダンラブ・東京』を形成しているから面白いですよね。それぞれの監督の作品ごとにテイストが違いますし、皆さんが『モダンラブ・東京』をどういう風に考えて描いたのか楽しみです」


山下敦弘氏
「海外版の『モダンラブ』を面白く観ていたので、あの空気感をどう東京に置き換えればいいのかを考えながら作りました。“どこにでもありそうな特別なお話”という、『モダンラブ』の持つ魅力をどうやって東京に活かせるか?あとは、役者達が素敵に見える作品になればいいなと思いました。」

第2弾キャストコメント
前田敦子さん(「息子の授乳、そしていくつかの不満」河野彩役)
「海外版の『モダンラブ』がすごく好きなのでオファーをいただいた時は感動しました。『モダンラブ』にはすごく愛が詰まっているんですよね。短いそれぞれの話の中に、いろんな愛の形が綺麗に描かれていて…綺麗というのはキラキラとかではなくて、2 人の愛がすごく綺麗なんです。多くの方にもこの素敵な愛を感じてもらえたらと思います。」


榮倉奈々さん(「私が既婚男性と寝て学んだこと」佐藤加奈役)
「美しい作品に出演できて、とても幸せに思います。元々『モダンラブ』のファンでしたが、さらには尊敬する廣木監督のチームに参加できるという事で緊張感に包まれた日々でした。人生の深みを感じる文学的な『モダンラブ』シリーズには心を豊かにしてもらったと思います。」


柄本佑さん(「私が既婚男性と寝て学んだこと」山田圭介役)
「海外版の『モダンラブ』に引けをとらない作品になっているので楽しんでもらえればと思います。本作は榮倉さんの魅力を廣木監督が十二分に拾い上げているので、榮倉さんの魅力を楽しんでください。また、作品を見て自由に様々な解釈をして、仲間と自由に『モダンラブ・東京』の話をしてほしい
です。」


伊藤蘭さん(「最悪のデートが最高になったわけ」倉田奈津子役)
「年を重ねた男女がちょっと勇気を出して新しい一歩を踏み出そうとする姿は、時にぎこちなく微笑ましく若者との対比も絶妙で笑いを誘います。心あたたまる作品に出演できて嬉しいです。2 人の一喜一憂と思いがけない展開を是非見届けて下さい。」


石橋凌さん(「最悪のデートが最高になったわけ」速水耕介役)
「脚本を読んだ時に、単純に面白いなと思いました。元々実話をベースにしたシリーズなので、実際にあったことなんだと非常に興味深かったです。この歳になってもラブストーリーができるんだって(笑)。いくつになっても、人との出会いがあり、“人生面白いな”と思っていただけるんじゃないかと期
待しています。」


成田凌さん(「冬眠中のボクの妻」塩田健吾役)
「鬱をテーマとしていますが、マイナスな事として捉えるのではなく前向きに考えられる素敵な作品です。一生懸命に生きている中で滑稽にみえる部分があったりとか、全体的に優しくて愛おしい物語として描かれていますのでご期待ください。」


夏帆さん(「冬眠中のボクの妻」塩田麻衣役)
「海外版の『モダンラブ』が配信された当時、“こんな作品が日本でもできたら…“と思っていたので、東京版に参加できることがとても嬉しかったです。わたしが参加した『冬眠中のボクの妻』は一見暗く重くなりそうな題材ですが、切実さとユーモアのバランスがとても素敵な作品です。荻上監督だから
こそ出せる世界観をぜひ楽しんでいただけたらと思います。」


黒木華さん(「彼が奏でるふたりの調べ」桜井タマミ役)
「久しぶりにアニメーションをやったので少し緊張しました。どんな作品でも受け取り手の気持ちが一番大事だと思うので、この作品を見てくださった人の気持ちに届き、おこがましいですけど勇気を出す一歩になれるような働きかけができていれば嬉しいなと思います。」


窪田正孝さん(「彼が奏でるふたりの調べ」梶谷凛役)
「愛も神様も実態はないし証明もできない。でも確実に存在していて、心に繋がりや結びを与え調和してくれる。今作であなただけの愛に氣づき感じてもらえたら幸いです。」


山田尚子さん(「彼が奏でるふたりの調べ」監督)
「じんわりと心に明かりがともるような作品になるといいなと思いました。一作品だけアニメということに少し緊張しましたが、“愛”という共通のテーマを扱った作品のひとつのかたちとして、垣根なく楽しんでいただければと思います。」


別れた恋人やパートナー、家族など日常に溢れている愛のカタチを描く心温まる7つの物語が誕生しました。Amazon Original シリーズ『モダンラブ・東京』は今秋に世界同時配信となります。

-STORY-

●第一話の「息子の授乳、そしていくつかの不満」(監督・脚本:平栁敦子氏)では、水川あさみさんがキャリアウーマンの高田真莉を演じ、前田敦子氏が真莉のパートナーである河野彩を演じます。

真莉と彩は 2 人の子供を育てており、子育てを通して変化する真莉の心の模様が描かれます。


●第二話の「私が既婚男性と寝て学んだこと」(監督:廣木隆一氏、脚本:黒沢久子氏)では、榮倉奈々さんが生物学の大学教員・佐藤加奈、柄本佑さんがフリーライターの山田圭介を演じます。

加奈と圭介はセックスレスが原因で離婚した元夫婦。

マッチングアプリで知り合った既婚者とその場限りの関係を結んでいく加奈が、この行動を通して自分にとって何が大事だったかに気付く姿が映し出されます。


●第三話の「最悪のデートが最高になったわけ」(監督:山下敦弘氏、脚本:龍居由佳里氏)では、伊藤蘭さんが離婚して3年が経つ学芸員の倉田奈津子を、石橋凌さんが内装の仕事を手掛ける速水耕介を演じます。

60歳を過ぎ恋とは無縁だと思っていた奈津子が、マッチングアプリを利用して耕介とデートをすることになるというシニアラブがテーマの作品です。


●第四話の「冬眠中のボクの妻」(監督・脚本:荻上直子氏)では、結婚して3年目の夫婦の塩田健吾を成田凌さん、塩田麻衣を夏帆さんが演じます。

職場での人間関係から鬱状態となった麻衣の笑顔を取り戻そうと、健吾が懸命に支える夫婦愛が描かれます。


●第五話の「彼を信じていた13日間」(監督・脚本:黒沢清氏)では、TV ディレクターとして働く篠原桃子を永作博美さん、桃子と結婚相談所で出会う不思議な男の鈴木洋二をユースケ・サンタマリアさんが演じます。

出会って間もなく意気投合した二人の関係が、洋二の秘密がきっかけで大きく変わっていきます。


●第六話の「彼は私に最後のレッスンをとっておいた」(監督・脚本:平栁敦子氏)では、英語のオンライン講師として働くエマをナオミ・スコットさん、エマの生徒マモルを池松壮亮さんが演じます。

エマはマモルとのレッスンの時間に新たな楽しさを感じていましたが、突然マモルから「今日が僕の最後のレッスン」だと告げられる所から始まる国境を越えた恋の物語です。


●最後の第七話となるアニメーション作品「彼が奏でるふたりの調べ」(監督:山田尚子氏、脚本:荻上直子氏)では、黒木華さんがお人好しな性格の桜井タマミ、窪田正孝さんがタマミの高校の同級生・梶谷凛の声優を務めます。

学生の頃から言いたいことが言えないタマミと疎遠になってしまったけれど
心の中で気になっていた凛との学生時代の甘酸っぱい恋の思い出が描かれます。


<『モダンラブ・東京』 について>
タイトル:『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』
┃配信開始日:2022年10月21日(金)
┃話数:全7話(6話実写、1話アニメーション)
┃キャスト:水川あさみ/前田敦子/榮倉奈々/柄本佑/伊藤蘭/石橋凌/成田凌/夏帆/永作博美/ユースケ・サンタマリア/ナオミ・スコット/池松壮亮/黒木華/窪田正孝
┃ショーランナー:平柳敦子
┃監督:平柳敦子/廣木隆一/山下敦弘/荻上直子/黒沢清/山田尚子(アニメーション)
┃脚本:平柳敦子/黒沢久子/龍居由佳里/荻上直子/黒沢清
┃主題歌:Awesome City Club「Setting Sail ~モダンラブ・東京~」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中