夏はフィンランドでビーチを満喫!Visit Finlandがおすすめするビーチ6選をご紹介

フィンランドには、美しい砂浜がいくつもあり、水辺でのんびり過ごす夏の休暇には最適な北欧の国です。

フィンランドではほとんどの場合ビーチは混雑しておらず、運が良ければ、自分だけのプライベートビーチを存分に満喫できます。

Visit Finland(フィンランド政府観光局)は、多数の美しい砂浜がある中でも特におすすめのビーチ6選をご紹介します。

①Yyteri(イテリ)
どこまでも続く砂浜、木製の歩道、独特の砂丘が特徴的なイテリは、北欧で浜辺の距離が最も長いビーチです。Pori(ポリ)に位置するこのビーチには、スパやホテル、ゴルフコース、ヌーディストビーチがあり、国際的に認められた自然保護地域の一部です。環境と持続可能性の最高基準を満たすビーチやマリーナに与えられる権威ある国際賞、ブルーフラッグを授与した本ビーチは、家族で楽しめる海岸でリラックスするだけでなく、水泳、サーフィン、パドルボード、バードウォッチングなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。
更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください: www.visityyteri.fi

クレジット 左:Visit Finland  右:マイサ、フィ、Visit Finland


②Hanko(ハンコ)
フィンランドの最南端にあるハンコは、砂浜は約20mi(マイル)、海岸線は80miにも及び、ビーチが好きな人にとっては夏の楽園です。この魅力あふれる歴史深い温泉街は、多数のレストランがあり、ポーカーランやシーホースウィークなどのイベントも開催されています。中央の給水塔からは、海岸と古い木造の美しいヴィラを360度見渡すことができます。ハンコを拠点とし、美しいBengtskär Lighthouse(ベングトカール灯台)への日帰りツアーや、アザラシウォッチングのサファリツアーに参加することもできます。この地域を巡るにはサイクリングが最適で、Tammisaari(タンミサーリ)の町まで自転車で走るのも最高のアクティビティになります。
更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください: https://visithanko.fi/en/teemasivu/beachlife/

クレジット 左:マリア・カピ、Visit Finland  右:Visit Finland

③Pihlajasaari(ピヒラヤサーリ)
ヘルシンキ南部からわずか10分の距離にあるピヒラヤサーリ島は、晴れた夏の一日を過ごすのに人気のある島です。この島は、絵画のように美しい砂浜や岩場が有名で、日光浴や遊泳に絶好のスポットです。この島には海岸沿いの草地があり、さまざまな種類の鳥が生息しています。全長2kmの自然歩道を歩き、島の自然や歴史に触れることができます。島は、日帰りのピクニックに最適ですが、レストラン「ピヒラヤサーリ」の食事を堪能するのもおすすめです。
更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください:https://www.myhelsinki.fi/en/see-and-do/nature/pihlajasaari-island-a-traditional-recreational-island

クレジット:ジュリア・キヴェラ、Visit Finland

④Saimaa(サイマー湖)のHuuhanranta(フーハンランタ)
フーハンランタは “サイマー・リビエラ “とも呼ばれています。サイマーはヨーロッパで4番目に大きい湖ですが、

フーハンランタはサイマー湖で最も長いビーチの一つとして1.5kmの砂浜を誇っています。湖の水はとても澄んでいて、

泳ぐには最適です。また、珍しいサイマーワモンアザラシの生息地としても有名で、時折、湖の崖の上で日光浴をする姿を見ることができます。

フーハンランタ地区には、氷河の雪解け水によって削られた古代の水路があり、海岸線の堆積物を見ることができます。

砂浜のほかに、氷床によって浸食された溝を持つ雲母片麻岩からなる広い岩場があります。

フーハンランタにはサイマー・ジオパークの標識もあり、サイマー・ジオパークは2021年春にユネスコ世界ジオパークの認定を受けています。
更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください:
https://www.saimaageopark.fi/en/geosites/huuhanranta-shore-formations-ss-ii/
https://www.saimaageopark.fi/en/saimaa-geopark/

クレジット:Visit Saimaa

⑤Kalajoki(カラヨキ)とPohjola Route(ポホヨラ・ルート)
カラヨキは、広い砂浜と豊富なアウトドアアクティビティで知られています。バルト海の最北部に位置し、長い海岸線がこの地域を覆っています。

ウィンドサーフィンをしたり、砂丘沿いに敷かれた木製の遊歩道を歩いたり、誰もが楽しめる場所となっています。

また、カラヨキからは、都市から山、森から海へと旅するポホヨラ・ルートの探検もおすすめです。

移動は、車、キャンピングカー、自転車、または公共交通機関を利用できるので、途中で寄り道をしてみてはいかがでしょうか。
更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください:
https://visitkalajoki.fi/en/

クレジット:マリア・カピ、Visit Finland

⑥Ylläs(ユッラス)
ラップランドのユッラスでは、ユニークなビーチとスイミングを体験することができます。白夜の下、北極圏の澄んだ湖に入ってみませんか。

真夜中の海水浴に最も適している季節は、太陽が沈まない夏の間です。運が良ければ、トナカイと泳ぐ体験ができるかもしれません。
更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください:https://www.yllas.fi/en/activities/sauna-and-swimming.html


クレジット:エートゥ・レイカス、Visit Ylläs

Visit Finland (フィンランド政府観光局)について
旅行先としてのフィンランドブランドを発展させ、海外旅行者にフィンランドをプロモーションし、旅行業界の企業のグローバル化を支援しています。旅行先や地域、旅行産業ビジネス、その他の輸出関連企業および大使館と協力しています。
Visit FinlandはBusiness Finlandのグループ機関です。https://www.visitfinland.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中