【固定概念にとらわれず、自分に合った最快適な暮らしを見つけるには】テレワーク時代における、働く女性のおうちに関する疑問を住まいのプロと経験者が徹底解説!

※写真はイメージです

現在、住まい選びの情報はいたるところで得ることができますが、そこで得られるアイデアは必ずしもあなたの思い描く住まいに対するベストな案であるとは限りません。

過去の住まいや知人からの情報に惑わされて、住宅の選択肢を少なくしてしまうとかえって理想の暮らしから遠ざかってしまう可能性も。

今回は住まい選びにありがちな固定観念をいくつか挙げ、自分のライフスタイルにピッタリな住まい選びをするためのコツを紹介します。

その上で今の時代にあった働く女性の住まい選びのポイントを経験者やプロの目線から事例を絡めて解説していただきます。

<イメージ>

<住まい選びにありがちな固定観念>

働く女性が住まいを選ぶ際にとらわれてしまいがちな固定観念とは実際どのようなものでしょうか。
今回はよくある住まいの固定観念をいくつか挙げ、それぞれのメリットデメリットを解説します。

自分のライフスタイルにぴったりな部屋を選ぶにはこれらの偏った考え方を取り除き、フラットな視点持つことが重要です。

1.南向きの部屋がいい

南向きの部屋は明るい為、日中は照明を点ける必要がなく、また洗濯物もよく乾くということから、非常に人気があります。

しかしながら人気の高さがゆえに他の方角の部屋に比べて、家賃や分譲価格が高く設定されている事が多いです。

また紫外線を受けやすい為に壁や床が傷みやすく、夏は暑い為、エアコンが必須などのデメリットも。

生活スタイルによって他の向きも実はおススメで西向きは活動時間帯での日照時間が長い為夕方までお部屋が明るく、意外と好む方が多いです。

北向きも開口部が広くて明るいお部屋もあります。 ヨーロッパではお気に入りの家具やインテリアが日焼けしないように北向きを好む人も多いとか。

2.家で仕事を快適に行うには、2LDK以上の間取りが必要

コロナの影響でリモートワークで働く人が増加し、仕事に集中できる環境を部屋に求める人が増加傾向にあります。

仕事場とプライベート空間を両立させる為には2LDK以上の間取りが必要と考えている方も。

しかし、2LDK以上の部屋は値段が高く、ランニングコストも広さに比例して高くなる為、予想以上の出費を招く恐れがあります。

また一人で暮らす場合は部屋数が増えることで目が届かない場所ができ、掃除も大変。

そのため、少し広めの1LDKや仕事スペースが確保できれば十分という方も多いです。
また用途に合わせて、『リビング広め』が良いのか、『寝室広め』が良いのかも違ってきます。

3.毎日の料理をスムーズにするには、大きいキッチンが必要

3口コンロは1度に料理を何種類も作ることもでき、パーティも楽しめるという理由から、お料理が好きな方から大変人気の高い条件です。

しかし1LDKなどの比較的小さいお部屋では、限られたキッチンスペースの中で3口コンロにすることにより、作業スペースがほとんど取れないことも多いです。

また、コンロを3口同時に使っている方は実はほとんどいらっしゃらないことも分かっています。
このことから無理に3口コンロにこだわらず、2口コンロで作業スペースがしっかりと確保されているキッチンの方がお料理しやすい場合があるそうです。


また、3口コンロと同様に人気の高い対面キッチンも壁付けキッチンよりリビングスペースが狭くなることが懸念されます。リビングを広く使いたい方には、壁付けキッチンがおススメです。

<テレワーク時代の今、自分に合った住まいを選択した女性の成功事例>

30代女性

賃貸マンションに住んでいた時、隣室の騒音が気になっていたところにコロナが。

その影響でテレワークに変わり、それがきっかけで仕事部屋が欲しいと思い購入を検討しはじめました。

2LDKだと価格が上がる為、1LDKで仕事スペースが確保できる程度の広めのリビングを探していましたが、自分ではなかなか予算内で広めのリビングが見つからず、研究会に相談させて頂きました。

担当プランナーより

※写真はイメージです

プランニングの中で条件をはじめ、色々なお話をさせていただき、ご希望に合いそうな1LDKにプラス2畳くらいのスペースがあるお部屋をご紹介させていただきました。

結果そのマンションをご購入され、今では1日のほとんどをその仕事スペースで過ごしているそうです。

リビングにはソファーや机は置かずにヨガを楽しんだりしている
そうです。

ご両親も気に入って下さって、よく遊びにいらっしゃるそうで、本当に買って良かったと喜んでいらっしゃいました。

●プロによる成功ポイント

※写真はイメージです

仕事スペースを欲しい=2LDKと考える方は多いのですが、お話を聞くと2部屋欲しい訳ではなく、仕事のスペースが欲しいという方が多いです。

それでしたら、予算を上げてまで広い部屋を購入するより、予算内でニーズに合ったお部屋探しをすることで今回のように快適にお住まい頂けている会員様は多くいらっしゃいます。

ちなみにこの方は、自宅を無理をしないで購入ができたため、更に賃貸用マンションを購入することができ、将来の年金にプラスの収入源の確保にも成功されました。

<まとめ>

自分の生活にフィットした住まいを選ぶために

※写真はイメージです

住まいを選ぶ際は条件のメリット・デメリットを踏まえ、自分のライフスタイルに合う家を選ぶことがとても大切です。

もし理想的な暮らしを手に入れたいのであれば、固定観念にとらわれないよう自分の思い描く暮らしについて、あらためたて意識してみてはいかがでしょうか。

例えば、まずはモデルルームに実例を見に行き、具体的な要望を明確にした上で優先順位をつけること、暮らしのプロとの会話を通して自分が本当に必要な住まいの条件を理解することなどからはじめてみることも良いかもしれません。

一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」副代表 白石ひろみ氏

保有資格
・宅地建物取引士
・相続診断士

・ライフスタイルコーディネーター
・住宅ローンアドバイザー

・秘書検定2級
・ビジネス実務マナ検定2級
・幼稚園教諭免許

経歴
エステティックサロン経営やブライダルプランナーを経て、最終的にはやはり大好きな不動産に携わりたいということで現在に至っております。
自身の住まいと賃貸用マンションを複数所有。

趣味
旅行・ガーデニング・演劇鑑賞

休日はバルコニーでバラや季節の花、そしてバジルなどのハーブやピーマン、トマト、レモンなど、家庭菜園に至るまで、全般的なガーデニングを楽しんでいます。

またラベンダーを見たくて1泊2日の休みでも北海道の富良野まで足を運んだり、コロナ前は、年に2回海外旅行に行くほど旅行好き。

「女性のための快適住まいづくり研究会」副代表の白石先生は、宅地建物取引士、ライフスタイルコーディネーターとして代表の小島ひろ美氏の研究会設立の理念にそって活動しています。

「女性のための快適住まいづくり研究会」主催の「女性のためのかしこいマンション購入術講座」で講師を務める傍ら、20歳代~70歳代の幅広い年代の女性たちのマンション購入に関する相談にのり、会員の皆様に寄り添ったアドバイスで信頼を得ています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中