日本上陸1年!プラントベース食品「Violife(ビオライフ)」から新商品「植物生まれのチーズ ブロック スモークタイプ」「植物生まれのチーズ シュレッド モッツァレラタイプ」9月1日全国発売 ※1

「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド チェダータイプ」はお試ししやすいサイズにリニューアル ※1乳製品のチーズやバターではありません。

J-オイルミルズがアップフィールド社(オランダ)とともに展開するプラントベース食品の世界的ブランド「Violife(ビオライフ)」シリーズから、新たに「Violife 植物生まれのチーズ ブロック スモークタイプ」と「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド モッツァレラタイプ」を9月1日より全国で新発売します。

新商品「Violife 植物生まれのチーズ ブロック スモークタイプ」は、日本のViolifeシリーズの品揃えに無かった初の「ブロックチーズ」で、マイルドなスモーク風味のため、ワインのおつまみ感覚としても楽しめます。

新商品「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド モッツァレラタイプ」は、現在販売中のスライスでも人気のフレーバー・モッツァレラタイプが様々なお料理に使いやすいシュレッドとして登場します。

また、現在販売中の「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド チェダータイプ」を従来の200gからお試ししやすいサイズの100gにリニューアルします。

昨年9月に関東地方で「Violife」を先行発売し、今年3月に販売エリアを全国に拡大しました。

ヴィーガンや乳アレルギーの方や健康志向の方、サステナブル意識の高いはもちろんプラントベース食品をまだお試しになったことがない方にも「Violife」を食べて欲しいとの思いから、さらに “みんなが楽しめるおいしさ”を追求すべく、このたびの新商品を発売します。

画像左から、「Violife 植物生まれのチーズ ブロック スモークタイプ」、「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド モッツァレラタイプ」、「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド チェダータイプ」(いずれもオープン価格)

「Violife」シリーズ展開拡大の背景

 グラフ1は、当社が日本最大のプラントベース専門インターネットサイト「Vegewel」内でモニターを募集して昨冬に実施した「Violife」シリーズに関する生活者へのアンケート結果です。

「美味しい」、「とても美味しい」との回答が85%以上を占めました。他にもSNS上で「まぁ食べられるかなというレベルじゃなく美味しい!」「アレルギーの息子も美味しそうに食べてくれた!」「ずっと探してたヴィーガン向けチーズ」など、“みんなが楽しめるおいしさ”を評価する声を多数頂きました。

  • 商品概要

商品名「Violife 植物生まれのチーズ ブロック スモークタイプ」
容量100g/1個入り(カットはしていません)
原材料名ココナッツオイル、でん粉、食塩、オリーブエキス/加工でん粉、香料、カロテン色素、ビタミンB12
特長日本で販売している「Violife」シリーズ初のブロックタイプです。マイルドなスモーク・フレーバーです。カットしてそのままおつまみに、また散らしてサラダにも。
商品名「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド モッツァレラタイプ」
容量100g
原材料名ココナッツオイル、でん粉、食塩、オリーブエキス/加工でん粉、香料、カロテン色素、ビタミンB12
特長日本で人気のモッツァレラ・フレーバーのシュレッドがお試ししやすい100gの容量で新登場です。まろやかな味わいで、さまざまなお料理にぴったりです。
商品名「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド チェダータイプ」
容量100g
原材料名ココナッツオイル、でん粉、食塩、オリーブエキス/加工でん粉、香料、パプリカ色素、カロテン色素、ビタミンB12
特長豊かな風味とコクが特長のレッドチェダータイプです。容量変更でお試ししやすくなりました。パスタやマカロニグラタンなどにおすすめです。

(いずれもオープン価格)
 

“みんなが楽しめるおいしさ”を追求!「Violife」家庭用ラインナップ

当社は2021年9月に関東地方1都6県で「Violife」家庭用5商品を先行発売し、2022年3月に販売エリアを全国に拡大しました。

表1のとおり今回の新たな2商品とサイズリニューアルした1商品を合わせ、9月1日以降の家庭用シリーズは7商品となります。

「Violife」植物生まれのチーズとバターは、乳やナッツを使用せずココナッツオイルを主原料としており、植物由来の成分を抽出した豊かな風味とコクの「おいしさ」が特長です。

また国が定めているアレルギー物質(特定原材料等)28品目不使用です。

なお、「Violife」植物生まれのチーズは乳製品のチーズよりもカロリーと脂質が約10%低くなっています(当社調べ)。

(表1)2022年9月1日以降のラインナップ

①「Violife 植物生まれのとろけるスライス チェダータイプ」/140g(20g×7枚)
②「Violife 植物生まれのとろけるスライス モッツァレラタイプ」/140g(20g×7枚)
③「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド チェダータイプ」/100g
④「Violife 植物生まれのチーズ シュレッド モッツァレラタイプ」/100g
⑤「Violife 植物生まれのチーズ ブロック スモークタイプ」/100g・1個入
⑥「Violife 植物生まれのクリーミィ」/150g
⑦「Violife 植物生まれの“ビオバター” 」/125g
(いずれもオープン価格)

  • 「Violife 」植物生まれのチーズ既存4商品は、環境負荷を7割低減

J-オイルミルズが日本国内で販売している「Violife」植物生まれのチーズ既存4商品について、生産から廃棄までのライフサイクルにおけるCO₂排出量が日本国内で販売されている乳製品のチーズの30%以下に土地占有面積も25%以下に抑えられていることが判明しました※2。

主な理由はこの商品がココナッツオイルなどの植物を主原料としており、乳牛を生育する工程が不要であることに由来しています。
詳細はこちら:https://www.j-oil.com/press/article/220603_003286.html

※2日本に輸入されるチーズの割合(86%)には、ヨーロッパ、米国、オーストラリア、ニュージーランドを代表するデフォルトのデータが使用されました。日本で生産されたチーズ(14%)については、ニュージーランドを代表するデフォルトのデータが代替として使用されました。

J-オイルミルズは植物生まれのチーズとバター「Violife」ブランドをお届けすることで、 “みんなが楽しめるおいしさ”の豊かな食卓づくりを提案しています。

「食にまつわる健康・環境・食資源などの課題に真摯に向き合い、私たちが目指す未来「Joy for Life ®︎ -食で未来によろこびを-」を体現し、よりよい社会の実現に貢献します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中