グローバルメディア『Time Out』が監修うめきた2期地区に~食と文化を体験できるフードマーケット~『Time Out Market Osaka』がアジア初進出!

うめきた2期開発事業者JV9社※1は、「うめきた2 期地区開発事業(以下「本プロジェクト)」の南街区商業ゾーンにおいて、世界の主要都市で発行されているシティガイド「Time Out」の編集者が監修した、食と文化を体験できる大規模フードマーケット「Time Out Market」(本プロジェクト内での施設名称は「Time Out Market Osaka」。以下「本店舗」)の出店が決定しました。

また、「Time Out Market Osaka」の誘致にあたり、阪急阪神不動産株式会社※2とTIME OUT MARKET LIMITEDがマネジメント契約を締結しました。
なお、「Time Out Market」はアジア初進出となります。


※1:うめきた開発特定目的会社は株式会社大林組が出資するSPCです。
※2:阪急阪神不動産株式会社は事業者JVの一社である阪急電鉄株式会社の業務代行者です。

■TOM社について
TOM社は1968年に英ロンドンで創業し、その都市で体験すべきこと(グルメ・文化・エンタテイメント等)を紹介したシティガイド「Time Out」を発行するなど、59ヵ国333都市でメディア事業を展開しているタイムアウトグループの一つです。

■「Time Out Market」について
「Time Out Market」は、「Time Out」の編集者が監修する、その都市の厳選されたシェフやレストラン、ユニークな文化を一つ屋根の下で体験することができるフードマーケットです。

2014年にリスボンの歴史的建築物にあるマーケットホールにオープンした最初の店舗は瞬く間に市内で最も人気のある場所になり、この成功を受けて、2019年に北米の主要5都市、2021年にはドバイにオープンしました。

今後、プロジェクトのほか、ポルト・アブダビ・プラハ・ロンドンなどへの出店を予定しています。
「Time Out Market Osaka」では、関西の最高の食べ物や飲み物、文化を提供し、約3,000平方メートルのスペースに、厳選された関西のレストラン15店舗と2つのバーが出店する予定です。

うめきた2期地区は、大規模ターミナル駅直結の都市公園としては世界最大級の面積を誇る「(仮称)うめきた公園」を中心とした開かれた街づくりが特徴で、「うめきた(大阪)地下駅」の整備もあり、国内外からの来訪者の交流拠点となります。

世界で展開実績のある「Time Out Market」の出店により、インバウンドをはじめとする来訪者に関西の美食体験を提供することが可能となるほか、同地区やその近隣のワーカー・居住者には、食を通じた世界の人々との交流体験をお届けします。
なお、詳細については、決定次第お知らせします。

(参考)うめきた2期地区開発事業の概要

※本リリースの記載内容は、今後の検討・協議などにより、変更となる場合があります。

阪急阪神不動産株式会社 https://www.hhp.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/8526889ce9b4349029292f30589f516b53038623.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中