【日本初認定の国営公園 Park-PFI 事業】淡路島の食と自然を楽しむ複合型天然温泉リゾート「アクアイグニス淡路島」7月13日にグランドオープン

淡路島の食と自然で癒やしをあたえる「アクアイグニス淡路島は、複合型天然温泉リゾートとして7月13日に誕生予定です。

淡路島北端に位置する当施設は、島のどこへでも出かけやすい好立地にあり、まさに玄関口となります。

淡路島の豊かな海や大地を存分に味わいながら至福のひとときを感じていただける施設やこれからの旅を彩るアイテムショップなど、多数の店舗を用意。

またレンタルサイクルショップを設置しアクティブな旅をサポート、温浴施設では運動プログラムの導入も予定しており、食と温浴と運動を複合的に楽しめる施設です。旅の出発、終着点どちらのご利用も可能です。

アクアイグニス淡路の ここが新しい!
①⽇本の国営公園では初認定となる、Park-PFI 事業
②眼前に広がる海と青空に溶け込むような、クロッシング水着温泉「伊弉冉(イザナミ)の湯湯」
③西麻布の有名シェフ 片岡氏プロデュースの本格イタリアン「ペスケリア・アンコラ」

施設は、淡路島国営明石海峡公園において国内で初めて認定された国営公園 Park-PFI 事業(※)であり、今後の管理運営も注⽬されています。


レストランでは淡路島の特産品を厳選し、ここでしか味わえないお料理を多数ご用意しています。

また施設中央に設置された混浴温泉は、まるでプールのような開放感ある設計を採用。

淡路島の美しい自然を目で楽しみ、上質な温泉を肌で感じていただける、極上の空間です。

その他テナント情報については、順次公開していく予定です。この夏は、都会の喧騒を忘れ、アクアイグニス淡路島でごゆるりとおくつろぎください。

※Park-PFI とは、「公募設置管理制度」の呼称。公募により民間事業者の資金やノウハウを活用する都市公園の新たな整備・管理手法。

Park-PFI事業で、淡路島の地方創生を目指す

淡路島国営明石海峡公園とは?
淡路島国営明石海峡公園は、淡路島北部(兵庫県淡路市)に位置する国営公園。「自然と人との共生、人と人との交流」を基本理念に大規模な土取り場の跡地を自然再生し、「花」「海」「島」を活かした新たな観光拠点を創出。今年で開園20年を迎え、累計800万人以上が訪れています。

本 Park-PFI 事業は、淡路島が大阪湾・瀬戸内観光の核になることを目指します。

国営明石海峡公園の「シースケープ・ラウンジ」において、「食と健康」をテーマとした複合温浴施設を整備し、「御食国(みけつくに)淡路島」の呼び名に相応しい上質な料理でおもてなし。

さらに、地域施設や地元企業と協業することで、新たな雇用創出、地域産品のブランド化など地域の価値向上に貢献していきます。

空と温泉、都会と自然、あらゆるものが交差するクロッシング水着温泉「伊弉冉(イザナミ)の湯湯」

一押しの施設が屋外の天然温泉です。屋外プールさながらに、空と温泉が溶け合うような、広々とした景色を楽しめます。


天然温泉のお湯は肌触りなめらかで、お肌の潤いを長く保つ効能があります。

温泉プールは水着着用となるので、家族やお友達の皆さまと一緒にお楽しみいただけます。

さらに、水中のランニングやスイムレッスン等も開催を予定しており、エクササイズ目的での利用可能。

西麻布の有名シェフ 片岡氏がプロデュースするレストラン「ペスケリア・アンコラ」

ペスケリアはイタリア語で「魚屋」を、アンコラは海を象徴する「船の碇」を意味します。

大阪湾に面するこの地にしっかりと碇を下ろし、上質でありながらも親しみやすい海の幸を提供すべく、このように名づけました。


ペスケリア・アンコラはイタリア料理界の巨匠、西麻布アルポルトの片岡護シェフがプロデュースする本格的イタリア料理です。

しかし、決して高級なリストランテではなく、イタリアの漁師料理を中心にパスタやズッパ・ディ・ペッシェ(イタリアのブイヤベース)を中心としたメニューを提供します。

施設概要―


住  所:兵庫県淡路市夢舞台
敷地面積:約8,800㎡
述べ面積:約1,980㎡

アクセス
車でお越しの場合
■大阪方面から
阪神高速、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分
■姫路方面から
姫路・加古川バイパス、第二神明道路より神戸淡路鳴門自動車道に乗りかえ淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分

高速バスを利用の場合
■JR新神戸駅から
新神戸駅よりバスで約60分→鵜崎バス停下車→徒歩8分
新神戸駅よりバスで約60分→聖隷淡路病院前バス停下車→徒歩3分
※聖隷淡路病院前バス停には1日6便のみ停車

アクアイグニスについて

アクアイグニスは2012年に三重県湯の山温泉の麓に誕生した「癒し」と「食」がテーマの複合温泉線リゾート施設。
ラテン語でアクアは水、イグニスは火を意味し、大地で育まれた温泉や食材などを表しています。

トップシェフによる素材を活かした「食」、そして温泉を中心とした「癒し」を楽しめます。
アクアイグニスは豊かな自然と個性にふれ、明日をつくる力に出会う場所です。その土地の素晴らしい素材を使った魅力あふれる食と癒しの空間を、地域の個性を生かして作り上げていきます。

  • 会社概要

会社名  :株式会社アクアイグニス淡路島
所在地  :兵庫県淡路市夢舞台2-28  TEL:0799-73-6602  FAX:0799-73-6604
代表者  :代表取締役社長 古市 尚
資本金  :1,000万円

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中