【W主演となるアヴちゃん(女王蜂 )と森山未來によるインタビュー映像も】二人のポップスターが600年を駆ける 狂騒のミュージカル・アニメーション 【犬王-INU-OH-】5月28日(土) 全国ロードショー

今年一番観たい話題作-。

『夜は短し歩けよ乙女』「映像研には手を出すな!」の湯浅政明監督の最新作が誕生。

5月28日(土)に公開の劇場アニメーション『犬王』(配給:アニプレッ
クス、アスミック・エース)は、湯浅政明(監督)×野木亜紀子(脚本)×松本大洋(キャラクター原案)×大友良英(音楽)といった常に新作が期待されるクリエイターが集結し、室町の知られざるポップスター【犬王】から生まれた
物語を、変幻自在のイマジネーションで描く“狂騒のミュージカル・アニメーション”。

「平家物語 犬王の巻」(古川日出男著/河出文庫刊)を原作に、カリスマ性、歌唱力、野心を抱く主人公・犬王を人気バンド「女王蜂」のボーカル担当・アヴちゃんが演じ、その相棒となる琵琶法師・友魚(ともな)を実力派俳優・森山未來が演じます。

©2021 “INU-OH” Film Partners


アニメーション表現の可能性を拡張し続ける湯浅監督が挑むのは、世界最古の舞台芸術《能楽》。

この春、あなたの心に突き刺さる今までの能楽というイメージを覆す変幻自在の新たなミュージカル・アニメーションがここに。5月28日(土) 全国ロードショー。

©2021 “INU-OH” Film Partners

©2021 “INU-OH” Film Partners

この度、いよいよ公開が迫った『犬王』のW主演となるアヴちゃん(女王蜂
)と森山未來によるインタビュー映像が到着!オファーを受けた時の気持ち
やアフレコの様子などが明らかとなりました!

< 『犬王』 キャストインタビュー映像 >

オファーを受けた際には「うれしいという気持ちと共に、できるかな?大丈
夫かな?」と不安に感じつつも「あ、呼ばれたな」と運命を感じたというア
ヴちゃん。

その様子を隣で頷きながら聞いていた森山さんは、犬王役がアヴちゃんということを聞いてすぐに「やらせてください」と即断だったと明かし、「舞う方(犬王)がアヴちゃんで、歌う方(友魚)が俺って、逆やん!」と当初を振り返った。

それにはアヴちゃんも頷きながらも、「実際に台本を見てみると、ステージで舞い踊る姿はアヴちゃんというか犬王というかアヴちゃんというか…」と納得の表情。

さらに、森山はアヴちゃんについて「そもそも圧倒的な存在感だし、声も本当に七色。全部出るので」と語りアヴちゃんが笑う場面も。

そんな七色の声を見せたアヴちゃんは、アフレコの際に湯浅監督から「もっとジャイアンで」と指示されたことも明かす。

インタビューでは、当初イメージしていた子供時代の犬王の声と実際に演じた声を披露する場面も。

犬王の子供時代を声変わり前の少年をイメージした声で演じることになっ
たアヴちゃんは「あ、喉から血の味がする…。子供(の役)って大変!笑」とその苦労を明かした。


本作の見どころについて、森山さんは「日の当たらない存在にスポットを当てていて、単純に物語として素晴らしいと思う」と、実在しながらも一切現代に楽曲を残していない能楽師・犬王にフォーカスした本作の魅力を語る。

一方で湯浅作品2度目の出演となるアヴちゃんは「あ、これ(作品)で人生変わっちゃう人、絶対いるんだろうなって思うんです」と鬼才・湯浅政明監督の作品のパワーを語りながらも「凄くリッチなぜいたくな体験として、とても気楽に見に来ていただいて、“くらって”帰っていただければ」と意気込む。


またお互い神戸出身で『モテキ』から10年来の付き合いがある二人。オファーの際に不安を感じていたアヴちゃんが森山との共演だと知った瞬間に「受けます」と出演を決めたというエピソードを明かすほか、森山が「作品の世界観の邪魔をしないように」と謙遜すると「何言ってんだ!」と笑顔で突っ込むなど仲の良さも見せている。

そんな二人の共演についてアヴちゃんは「唯一無二のものができるってことに本当に運命を感じているので、ぜひともそれを見に来てほしい」と締めくくりました。


いよいよ公開が迫り日本だけでなく世界各地からも注目が寄せられ、その期待度もさらに高まっている本作。
劇場で巻き起こる“白熱と狂騒”を目撃ください!

【あらすじ】

©2021 “INU-OH” Film Partners

室町の京の都、猿楽の一座に生まれた異形の子、犬王。周囲に疎まれ、その顔は瓢箪の面で隠された。

©2021 “INU-OH” Film Partners

ある日犬王は、平家の呪いで盲目になった琵琶法師の少年・友魚と出会う。名よりも先に、歌と舞を交わす二人。

友魚は琵琶の弦を弾き、犬王は足を踏み鳴らす。一瞬にして拡がる、二人だけの呼吸、二人だけの世界。

「ここから始まるんだ俺たちは!」

©2021 “INU-OH” Film Partners
©2021 “INU-OH” Film Partners

壮絶な運命すら楽しみ、力強い舞で自らの人生を切り拓く犬王。呪いの真相を求め、琵琶を掻き鳴らし異界と共振する友魚。乱世を生き抜くためのバディとなった二人は、お互いの才能を開花させ、唯一無二のエンターテイナーとして人々を熱狂させていく。頂点を極めた二人を待ち受けるものとは――?

歴史に隠された実在の能楽師=ポップスター・犬王と友魚から生まれた、時を超えた友情の物語。

今までの「能楽」のイメージを覆す新たな世界に引き込まれる。

ぜひご家族や大切な人と揃ってお楽しみ下さい。

●開幕直前の先行上映会の開催が決定!
主演の犬王を演じるアヴちゃん(女王蜂)と友魚を演じる森山未來、そして湯浅政明監督が世界で初めて勢ぞろいで登壇します。

<チケットぴあ>にて4月15日(金)より先行抽選販売「プレリザーブ」にてチケット販売中です。

詳しくはコチラのページから

©2021 “INU-OH” Film Partners

●映画『犬王』の公開および TVアニメ「平家物語」の完結を記念して 6月27日(月)まで合同展示イベントが京都で開催

映画『犬王』の公開および TVアニメ「平家物語」の完結を記念して 、6月27日(月)まで両作品のキャラクター原案を務めた漫画家の高野文子さん・松本大洋さんによる原案展示が、京都国際マンガミュージアム ギャラリー4にて行われています。

-詳しくはコチラのページから-

【劇場アニメーション『犬王』 イベント開催情報】
・TVアニメ「平家物語」高野文子と映画『犬王』松本大洋 キャラクター原案展示 開催中 京都国際マンガミュージアム
・映画『犬王』公開記念展 「平家物語」異聞 『犬王』は触発する 4月29日(金)~6月5日(日) 六本木 文喫にて
・琵琶歌と「語り」の魔術 5月27日(金) 六本木 文喫にて
・『犬王』公開初日舞台挨拶 5月28日(土) 新宿バルト9にて
・『犬王』公開記念舞台挨拶 5月29日(日) 梅田ブルク7/T・ジョイ京都にて

原作

「平家物語 犬王の巻」 古川日出男/河出文庫刊
1966年7月11日生まれ、小説家。

1998 年長篇小説「13」でデビュー。第 4 作となる「アラビアの夜の種族」(2001 年)で日本推理作家協会賞と日本 SF 大賞をダブル受賞。

「LOVE」(2005 年)で三島由紀夫賞、「女たち三百人の裏切りの書」(2015 年)で野間文芸新人賞と読売文学賞をダブル受賞。

2016 年池澤夏樹=個人編集「日本文学全集」第 9 巻「平家物語」の現代語全訳を手がける。

本作は「平家物語」全訳のスピンオフともいえる作品で、2017 年に刊行された。その他の著書に「ミライ
ミライ」「おおきな森」「ゼロエフ」などがある。

本編鑑賞コメント>
これは映画のモンスターである。スクリーンがこれほど怪物的にうごめき出すのを、私はおそらく初めて観た。

しかも、それらの「うごめき」はポップで悲劇的なはずなのに徹底して楽天的で、要するに痛快な「しいたげられた者たちの反撃」なのだ。

映像だけではない。
音楽も、それからキャラクターたちの声もぜんぶ蠢動している。私は、原作の小説を書いたはずなのだけれども、そうした事実はすっかり失念してしまって、スクリーンに映し出される「世界」に唖然とさせられている。

にもかかわらず、身体は反応してしまっていて、揺らされている。私はシェイクさせられている。いったいこれはなんなのか、と私は素直に思っ
た。

そして、回答はこのコメントの最初に記した。これは映画のモンスターである。

これはアニメーションのモンスターである。これは音楽アニメーションのモンスターである。

●イントロダクション

©2021 “INU-OH” Film Partners

異形の能楽師・犬王と、盲目の琵琶法師・友魚。

室町時代の都で出会った二人の若者が伝統芸能の常識をぶち破るパフォーマンスを次々と披露し、新時代のポップスターとして民衆を熱狂させた―。

謎に包まれた実在の能楽師・犬王をモデルに大胆な解釈でストーリーを紡いだ古川日出男の小説「平家物語 犬王の巻」。

その物語を、アニメーション界の湯浅政明がさらに大胆不敵なイマジネーションを駆使して映像化したのが、この『犬王』である。

ヒップホップもロックも、狂熱の野外フェスも大仕掛け満載の観客参加型ミュージカルも、すべて14世紀日本に存在していた!?

©2021 “INU-OH” Film Partners


室町時代のバディムービーというかつてない題材に挑んだのは、TVドラマ「アンナチュラル」や「MIU404」、『罪の声』、「逃げるは恥だが役に立つ」など話題作や映画『罪の声』など数々の話題作を手がける脚本家・野木亜紀子が自身初の長編アニメーションを書き下ろした。

キャラクター原案をつとめたのは、原作の表紙イラストも手がけた漫画家・松本大洋。

彼の代表作「ピンポン」はかつて湯浅監督がTVアニメ化しており、片やスポーツ、片や芸能に打ち込む若者の青春と友情のドラマとしても相通じるものがある。

©2021 “INU-OH” Film Partners

さらに、実力派アニメーターたちが集結し、パワフルかつアーティスティックな作画表現を全編にわたって繰り広げている。

そして時代やジャンルを超越したボーダレスな音楽を手がけたのは、「あまちゃん」や「いだてん〜東京オリムピック噺〜」『花束みたいな恋をした』の大友良英が参加。

古典楽器の音色が現代のロックンロールやオーケストラサウンドに早変わりする自由自在な音楽設計は、ミュージシャンとして、映画音楽家としての圧
倒的力量と多様性を誇る大友ならではの技である。

©2021 “INU-OH” Film Partners

天井知らずのカリスマ性と歌唱力、そして野心を抱く主人公・犬王のキャラクターに、声優としてリアルな実在感をもたらしたのは、人気バンド「女王蜂」のボーカル担当・アヴちゃん。

その相棒となる琵琶法師・友魚を演じるのは、幼いころからダンスを学び、ミュージカル出演経験も多い実力派俳優・森山未來。

共に圧倒的な存在感で、映画界の革新的な存在として、観る者を一気に引き込む。

両者が実際にステージで鍛え上げてきたパフォーマンス力もまた、本作に強
靭な生命力を吹き込んでいる。

柄本佑や松重豊、津田健次郎ほか、脇を固める魅力的な顔ぶれも見逃
せない。


2021年、ヴェネチア国際映画祭では“日本の長編 2D アニメーション”として初のオリゾンティ・コンペティション部門に選出され、”ロックオペラ“として呼び声高い本作。

トロント国際映画祭や釜山国際映画祭、東京国際映画祭に続いて今年3 月には水木しげる展・藤本タツキ展などと並び、日本映画としては初めてアングレーム国際漫画祭で上映と展示を迎える。


痛快無比なサクセスストーリーにして、切ない諸行無常の物語は、原作にはないエピローグによって、現代に生きる我々にもリンクする友情の物語となった。

歴史に消えた能楽師【犬王】の物語をもとに、変幻自在のイマジネーションで描かれる、前代未聞のミュージカル・アニメーションが、いま誕生する。

キャラクター

■犬王(いぬおう)役:アヴちゃん(女王蜂)

©2021 “INU-OH” Film Partners

バンド「女王蜂」のボーカル。201 年にメジャーデビューし、映画『モテキ』のテーマソングを担当、かつ本人役での出演を果たしたことで一躍脚光を浴びる存在に。

2018年には TV アニメ「東京喰種:re」、2019年には TV アニメ「どろろ」に楽曲で参加し、アニメ作品でも異彩を放っている。

2021年2月には初の日本武道館単独ライブを開催。さらに女王蜂としての音楽活動に加え、ブロードウェイミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」への出演や様々なジャンルのアーティストへの楽曲提供など、止まらない躍進を遂げている。

キャスト発表時のコメント(21年7月初出)

普段女王として生きているわたしが、今回「王」として生きる機会を頂きました。『犬王』。
まっすぐに、運命の映画だと言い切ることが出来ます。
ああ!来年をおたのしみに!

■友魚(ともな)役:森山未來

©2021 “INU-OH” Film Partners

1984年8月20日生まれ、兵庫県出身。5歳から様々なジャンルのダンスを学び、15 歳で本格的に舞台デビュー。

2013年には文化庁文化交流使として、イスラエルのテルアビブに1年間滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点にヨーロッパ諸国にて活動。

ダンスや演劇、映像など、カテゴライズに縛られない表現者として活躍。

近作として、映画『アンダードッグ』やNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」、ショートフィルム『Delivery Health』『in-side-out』(監督作品)、笠井叡ダンス公演「櫻の樹の下には」、清水寺奉納パフォーマンス「Re:Incarnation」(総合演出、出演)、舞台「未練の幽霊と怪物」「なむはむだはむ」など。

直近の代表作には、「ボクたちはみんな大人になれなかった」(劇場公開&Netflix 配信)。ポスト舞踏派。
公式サイト:miraimoriyama.com

キャスト発表時のコメント(21年7月初出)
現存する能楽が確立される前なのだから自由な発想で演じられていい、という考えのもとに湯浅監督が生み出したぶっ飛び能楽アニメーション『犬王』。
琵琶法師、友魚として、これまたぶっ飛んだアヴちゃん演じる、艶やかな犬王に寄り添う。必然、ジェットコースターのような現場でした。
世界最古のミュージカルと言われる「能楽」の豊かな可能性を感じられる映画になっているのではないでしょうか。

■足利義満(あしかがよしみつ)役:柄本佑

©2021 “INU-OH” Film Partners

1986年12月16日生まれ。2003年、映画『美しい夏キリシマ』で主演デビュー。

2018年に『きみの鳥はうたえる』で第73回毎日映画コンクール男優主演賞、『素敵なダイナマイトスキャンダル』では第28回日本映画批評家大賞主演男優賞を、また『ポルトの恋人たち-時の記憶』を含む3作で第92回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞を受賞した。

2020年には TV ドラマ「心の傷を癒すということ」で第46回放送文化基金賞 番組部門演技賞を受賞している。

声優としては 2016年 TV アニメ「僕だけがいない街」に続いて二度目の出演となる。直近の出演作として『心の傷を癒すということ 劇場版』や『痛くない死に方』『先生、私の隣に座っていただけませんか?』『真夜中乙女戦争』『ハケンアニメ』などがある。

キャスト発表時のコメント(21年9月初出)
高校時代松本大洋先生の漫画には大変にハマっていました。まさか先生の画に自分の声を吹き込む日が来ようとは。光栄でした。

■犬王(いぬおう)の父役:津田健次郎

©2021 “INU-OH” Film Partners

1971年6月11日生まれ。1995年、TV アニメ「H2」の野田敦役で声優デビュー。

数々のアニメ作品に出演し、主な出演作には「呪術廻戦」や「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」、「ゴールデンカムイ」、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」などがある。

2021年には第15回声優アワードにて主演男優賞を受賞。
湯浅政明監督作品には「DEVILMAN crybaby」に続いての参加。

吹き替えやナレーション、俳優としての活動も目覚ましく、ナレーターとして出演した「連続テレビ小説 エール」では大きな話題となった。

アニメ、ドラマ、CMなどで圧倒的な存在感を放ち、直近では TV アニメ「極主夫道」「不滅のあなたへ」「Sonny Boy」にも出演している。

キャスト発表時のコメント(21年9月初出)
能楽がアニメになる…しかも湯浅監督で!一体どんな作品になるのか?予想もつかない期待感のあるこの作品に参加出来る事がとても光栄です。

アフレコの際に見た映像は、能楽がポップにエンターテイメントしてました。とても興味深い作品になっています。

是非ご覧下さい!

■友魚(ともな)の父役:松重豊

©2021 “INU-OH” Film Partners

1963年1月19日、福岡県生まれ。
蜷川スタジオを経て、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍。

近年の主な出演作として、映画『検察側の罪人』、『ヒキタさん!ご懐妊で
すよ』など。

『老後の資金がありません!』が公開中。

ドラマでは「きょうの猫村さん」や「今ここにある危機とぼくの好感度について」「孤独のグルメ season9」「オリバーな犬、(Gosh!!) このヤロウ」などがある。

エフエム横浜「深夜の音楽食堂」でラジオのパーソナリティも務め、2020 年には自身初の書籍「空洞のなかみ」を上梓した。

【キャスト・スタッフ】

声の出演:アヴちゃん(女王蜂) 森山未來 柄本佑 津田健次郎 松重豊

原作:「平家物語 犬王の巻」古川日出男著/河出書房新社刊

監督:湯浅政明 脚本:野木亜紀子 キャラクター原案:松本大洋 音楽:大友良英

総作画監督:亀田祥倫 中野悟史 キャラクター設計:伊東伸高 演出:山代風我

作画監督:榎本柊斗 前場健次 松竹徳幸 向田 隆 福島敦子 名倉靖博 針金屋英郎 増田敏彦 伊東伸高

美術監督:中村豪希 色彩設計:小針裕子 撮影監督:関谷能弘 編集:廣瀬清志 

音響監督:木村絵理子 音響効果:中野勝博 録音:今泉 武 音響制作:東北新社

歴史監修:佐多芳彦 能楽監修:宮本圭造 能楽実演監修:亀井広忠 琵琶監修:後藤幸浩

アニメーション制作:サイエンスSARU

配給:アニプレックス、アスミック・エース 公式サイト: INUOH-anime.com  公式Twitter: @inuoh_anime

【映画祭正式出品】
・第78回 ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ・コンペティション部門9月1日(水)~11 日(土)
・第 46回 トロント国際映画祭 スペシャル・プレゼンテーション部門9月9 日(木)~18日(土)
・第 26回 釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門 10月6日(水)~15日(金)
・第 37回 ワルシャワ映画祭 スペシャル・スクリーニング部門 10月 8日(金)~17日(日)
・第 16回 ブカレスト国際アニメーション映画祭 コンペティション部門10 月8日(金)~17日(日)
・第 23 回 富川(プチョン)アニメーション国際映画祭 長編コンペティション部門 10月22日(金)~26日(火)
・第 34 回 東京国際映画祭 ジャパニーズ・アニメーション部門 10月30日(土)~11月8日(月)
・第 32 回 シンガポール国際映画祭 フォアグラウンド部門 11月25日(木)~12 月5日(日)
・第 51回 ロッテルダム国際映画祭 Filmmakers in focus 部門 1月26日(水)~2 月6日(日)
・第 45 回 ヨーテボリ映画祭 ボヤージュ部門 1 月 28 日(金)~2月 6日(日)
・第 8 回 ベルリン批評家週間 2 月9日(水)~2月17日(木)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中