【シュタイフ_藤原ヒロシ氏の主宰「fragment design」とのコラボレーション第4弾】 ベビー・こども服、大人向けアパレルで シュタイフ初のコレボレーション!6/25㈯~あべのハルカス店でも販売開始

1880年にドイツで創業し世界で初めてテディベアを作った最高級ぬいぐるみブランド、シュタイフジャパン/株式会社MS1880は世界的なクリエーターとして知られる藤原ヒロシ氏の主宰するデザインプロジェクト「fragment design」(フラグメント デザイン)とのコラボレーション第4弾としてベビー・こども服8アイテム、大人向けアパレル3アイテムを6月25日(土)から販売しています。

販売に先駆け6月22日(水)から伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーションスペース・阪急うめだ本店11Fコトコトステージ111にて先行販売も開催しています。

「fragment design」は藤原ヒロシ氏率いるデザイン集団です。

シュタイフではこれまで2016年「キーリング」や2018年「シュタイフ テディベアラグ」、2020年「フラグメント デザインキーリングテディベア2020」と3度コラボレーション作品を発表しています。

2022年のコラボレーションはこれまでのテディベアを基本とするコラボレーションから更に拡張し、アパレルアイテムのコラボレーションを実現しました。

シュタイフのベビー・こども服で世界初となる今回のコラボレーションでは、藤原ヒロシ氏がオリジナルでデザインしたベアのイラストをアイコニックに使用。


ベビー向けではバンダナタイプでスタイリッシュな「ビブ」や男女問わず着用しやすいボーダー柄の「ロンパース」、こども服では「Tシャツ」「スウェットシャツ」に加え大人にも人気なMA-1タイプの「ジャケット」も発売します。


ベビー・こども服共に、シュタイフのアパレルでは普段使われない「fragment design」らしいブラックカラーを基調としたデザインに加え、こどもらしいポップな配色のアイテムも用意しました。


親子でコーディネートを楽しめるように、大人向けの「Tシャツ」や「フーディー」もラインナップされています。

1880年に世界で初めてのぬいぐるみ作ったシュタイフが生み出した120年の伝統を誇るテディベアとストリートファッションというジャンルの垣根を超えたコレボレーションにより、新しい出会いや発見、そこからインスパイアされた新たな感性をお楽しみいただける作品となるよう制作しました。

MS1880は、「本物だけを作り続ける」という熱意とこだわりを持ちながら、こどもから大人まで、幅広い年代の方の記憶に残るようなアイテムを提供し続けていきます。

商品概要>

■ベビー向け
バンダナタイプでスタイリッシュな「ビブ」や男女問わず着用しやすいボーダー柄の「ロンパース」、肌ざわりのよい「フリースシャツ」を「fragment design」らしくブラックを基調にした無地とボーダーを中心に、こどもらしいポップな色合いも。

ロンパース
価格 :9,900円(税込)
サイズ :74
カラー :ブルー・ピンク
       グレー・ダークグレー

ビブ
価格 :5,280円(税込)
サイズ :Free
カラー :ブルー・ピンク
       グレー・ダークグレー

フリースシャツ
価格 :9,350円(税込)
サイズ :74、86
カラー :ブラック

■こども向け
流行に左右されない「Tシャツ」「長袖Tシャツ」「スウェットシャツ」に加え、大人にも人気なMA-1タイプの「ジャケット」がラインナップされています。

Tシャツ
価格  :8,360円(税込)
サイズ :98、110、134
カラー :ホワイト/ブラック

長袖Tシャツ
価格  :9,900円(税込)
サイズ : 98、110、134
カラー :ブルー・ピンク
       グレー・ダークグレー

スウェットシャツ
価格  :9,900円(税込)
サイズ : 98、110、134
カラー :ブラック

MA-1 ジャケット
価格  :57,200円(税込)
サイズ : 98、110、134
カラー :ホワイト・ブラック

■大人向け
ベビー・キッズと共通のデザインをベースにベアのイラストは顔の輪郭を同色のブラックでプリントすることで、大人っぽくシックになりつつ目の赤さが強調されるユニークなデザインとなっています。

Tシャツ(2種)
価格  :12,100円(税込)
サイズ :M・L・XL
カラー :ブラック

フーディー
価格  :29,700円(税込)
サイズ   : M・L・XL
カラー   :ブラック

  • 同時販売「マイファースト フラグメント」

商品名    :マイファースト フラグメント本体価格   :9,900円(税込)
商品特徴   :日本限定1000体/サイズ26cm(全長)

初めてのぬいぐるみとして出産祝いでも人気なカドリーフレンズシリーズ「マイファースト シュタイフ」を、fragment designを象徴するブラックカラーで統一。

胸にはfragment designのサンダーマーク、足裏の刺繍も「My First FRGMT」となっています。
プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000086410.html

販売場所―

販売場所 :6月22日(水)~7月5日(火)「伊勢丹新宿店 メンズ館1F プロモーションスペース」にて
      6月22日(水)~6月28日(火)「 阪急うめだ本店11Fコトコトステージ111」にて
          6月25日(土)~ 「シュタイフ青山」・「あべのハルカス店」・「オンラインショップ」、 」ビームス 六本木ヒルズ」・「こども ビームス」・「BEAMS 公式オンラインショップ」にて
      ※伊勢丹新宿店/阪急うめだ本店 先行販売期間:6月22日(水)~6月24日(金)

シュタイフ公式オンラインショップ https://www.steiff-onlineshop.com/
シュタイフ公式オンラインショップ楽天市場店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/steiff/

藤原ヒロシ氏よりコメント

藤原ヒロシ (音楽プロデューサー)fragment design主宰
4回目となるシュタイフとのコラボレーションですが、初めてアパレルを手掛けました。

こども服だからと言ってこどもらしいデザインにこだわらず、フラグメントで作った服をこども服に落とし込むイメージでデザインしています。


大文字よりも小文字の方がフレンドリーでやさしい印象を感じているので、「Steiff」の表記を「steiff」とデザインしたところ、シュタイフとして初めてだったようで光栄に思います。
大人っぽいデザインの中にもやさしさを感じさせるデザインへ落とし込み、フラグメントらしさの中にもシュタイフの持ち味を表現できたと思います。
休日に親子でそろって着用して、河原を散歩していただくイメージですね。

シュタイフ×fragment design これまでの作品

2016年 第1弾「キーリング」

2018年 第2弾「シュタイフ テディベアラグ」

2020年 第3弾「フラグメント デザインキーリングテディベア2020」

  • 欧州のテディベア

 欧州では、生まれた時に、出産祝いとしてテディベアを送ることが習慣となっています。こどもの頃だけではなく、一生の友達として大切にできるよう、簡単には傷みにくい「本物」のテディベアを、プレゼントとして貰うということ自体がステータスとも考えられているのです。その中でも、シュタイフは、欧米では「出産祝いならシュタイフ」と言われているほど大変人気があります。1880年にドイツで誕生し、世界で初めてテディベアを作ったシュタイフは、現在ではテディベアを語る上で欠かすことの出来ない歴史的なトップブランドへと成長しました。

  • ​History of Steiff

 シュタイフと創業者マルガレーテ・シュタイフ。
 「テディベアといえば、シュタイフ」―世界的にも有名なこのぬいぐるみブランドを創業したのは、1847年南ドイツ・キンゲンという小さな町で生まれたマルガレーテ・シュタイフ(1847~1909)という女性でした。彼女は1歳の時、小児麻痺にかかり、右手と両足が不自由になり、一生を車椅子で過ごすことになってしまいます。
 マルガレーテの両親は、障害があっても自立できるようにと、学校に通わせ、裁縫もマスターするように育てました。20代になり、シュタイフの前身である「フェルト・メール・オーダーカンパニー」を設立し、女性やこども服の販売を手がけます。 1880年12月、マルガレーテは、甥や姪たちのクリスマスプレゼントに、ゾウをモチーフにしたおもちゃを贈ることを考えつきました。素材にはフェルト、中身には最上の羊毛をつめこんだやわらかなゾウのおもちゃは全部で8体できあがりました。こどもたちにはおもちゃとして、大人の女性には針刺しとしてプレゼントされたゾウのおもちゃは好評を得ました。これが世界で初めてのぬいぐるみ玩具の誕生となります。ぬいぐるみづくりのきっかけとなったこの1880年がシュタイフの創業の年とされています。 1897年から事業を手伝ってきたマルガレーテの甥リチャードは、「本物のようなクマのぬいぐるみ」の製作をマルガレーテに提案。これが世界で最初のテディベアとよばれる『55PB』で、首と手足が動き素材も最高級のものをつかった最高級で上品なぬいぐるみが誕生しました。

この『55PB』は、見本市でアメリカ人バイヤーの目にとまり、やがて改良を重ね、量産体制に入ります。同じころ、アメリカでは、セオドア・ルーズベルト大統領の愛称である「テディ」とともに、クマのぬいぐるみの人気も高まっていく一方で、偽物や粗悪品も出回り始めました。そこで登場したのが、シュタイフ製品であることを認証する「左耳にボタンをつける」というアイデアでした。これが世界最古のトレードマークでもある「ボタン・イン・イヤー」の始まりで、最高級の品質の証として、今日でも続いております。

  • 世界最古のトレードマーク「ボタン・イン・イヤー」

白タグ+赤文字

地域限定、数量限定、年度限定、など生産数に制限のある限定品に付けられます。
タグには、品番の他、生産年度、製造番号(シリアルナンバー)が表示されます。

白タグ+青文字

定番商品のコレクター向け商品に付けられます。カタログ掲載期間中は数に制限なく、注文に応じて生産されます。

白タグ+黒文字

1900年代初頭のシュタイフ製品を復刻したレプリカに付けられます。タグには、品番の他、生産年度、製造番号(シリアルナンバー)が表示されます。

黄タグ+赤文字

定番商品のベビー・キッズ向け商品に付けられます。カタログ掲載期間中は数に制限なく、注文に応じて生産されます。

  • シュタイフ ジャパン/株式会社MS1880について

 株式会社MS1880は2014年よりシュタイフの日本総代理店としてシュタイフ製品の輸入・卸売・小売、店舗の企画、運営コンサルティングを行っています。社名「MS1880」は、創業者マルガレーテ・シュタイフのイニシャル「M.S.」と、シュタイフ創業の年「1880年」に由来しています。
【会社概要】
会社名:株式会社 MS1880
代表者:代表取締役社長 西本 学
所在地:東京都港区南青山3-13-24 サウス青山テックビル
URL :https://www.steiff.co.jp/ 

※掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品の情報は予告なく改定、変更させていただく場合があります。
※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。

シュタイフについて

シュタイフ」は1880年に創業したドイツのブランドで、シュタイフは世界中のぬいぐるみメーカーの中でもトップブランドとして知られている世界中で一番多くの子どもたちに抱かれたブランドです。

創業以来常に選びぬかれた最高の素材のみを使用し、大量生産を行わず1体1体熟練された職人によって作られているからこそ、現代でも多くの人々に愛されているブランドです。

近年では2015年のクリスマスツリーをモチーフにしたテディベアや2018年のクラシックなクリスマスをイメージしたブラウンのモヘアにサンタをイメージしたケープをまとっているテディベアなど個性豊かなリトルサンタシリーズが発売されています。 

History of Steiff>

シュタイフと創業者マルガレーテ・シュタイフ。「テディベアといえば、シュタイフ」―世界的にも有名なこのぬいぐるみブランドを創業したのは1847年南ドイツ・キンゲンという小さな町で生まれたマルガレーテ・シュタイフ(1847~1909)という女性でした。

彼女は1歳の時小児麻痺にかかり、右手と両足が不自由になり、一生を車椅子で過ごすことになってしまいます。マルガレーテの両親は、障害があっても自立できるようにと、学校に通わせ裁縫もマスターするように育てました。

20代になりシュタイフの前身である「フェルト・メール・オーダーカンパニー」を設立し、女性や子ども服の販売を手がけます。1880年12月マルガレーテは、甥や姪たちのクリスマスプレゼントにゾウをモチーフにしたおもちゃを贈ることを考えつきました。

素材にはフェルト、中身には最上の羊毛をつめこんだやわらかなゾウのおもちゃは全部で8体できあがりました。子どもたちにはおもちゃとして、大人の女性には針刺しとしてプレゼントされたゾウのおもちゃは好評を得ました。

これが世界で初めてのぬいぐるみ玩具の誕生となります。ぬいぐるみづくりのきっかけとなったこの1880年がシュタイフの創業の年とされています。

1897年から事業を手伝ってきたマルガレーテの甥リチャードは、「本物のようなクマのぬいぐるみ」の製作をマルガレーテに提案。これが世界で最初のテディベアとよばれる『55PB』で、首と手足が動き素材も最高級のものをつかったこれまでにない 上品なぬいぐるみが誕生しました。

この『55PB』は、見本市でアメリカ人バイヤーの目にとまり、やがて改良を重ね量産体制に入ります。同じころ、アメリカではセオドア・ルーズベルト大統領の愛称である「テディ」とともにクマのぬいぐるみの人気も高まっていく一方で、偽物や粗悪品も出回り始めました。

そこで 登場したのが、シュタイフ製品であることを認証する「左耳にボタンをつける」というアイデアでした。

これが世界最古のトレードマークとも言われる「ボタン・イン・ イヤー」の始まりで、最高級の品質の証として、今日でも続いています。 

世界で最初のテディベア とよばれる『55PB』

世界で最初のテディベア とよばれる『55PB』

世界最古のトレードマーク「ボタン・イン・イヤー」 

白タグ+赤文字

地域限定、数量限定、年度限定、など生産数に制限のある限定品に付けられます。 レプリカ以外の限定品の大半が、これにあたります。タグには、品番の他、生産年度、製造番号(シリアルナンバー)が表示されます。 

白タグ+黒文字

1900年代初頭のシュタ イフ製品を復刻したレプリカに付けられます。デザインやサイズの再現だけでなく、素材にもこだわって作られています。タグには、品番の他、生産年度、製造番号(シリアルナンバー)が表示されます。 

黄タグ+赤文字


定番商品に付けられます。カタログ掲載期間中は数に制限なく、注文に応じて生産されます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中