MILAMORE (ミラモア)」が抽象的で曲線の上に一粒ダイヤモンドやダイヤモンドパヴェをあしらった新作のKINTSUGI (金継ぎ)リングを発売

MILAMORE (ミラモア)」が抽象的で曲線の上に一粒ダイヤモンドやダイヤモンドパヴェをあしらった新作のKINTSUGI (金継ぎ)リングを発売

この度、ファインジュエリーブランドMILAMORE(ミラモア)は、6月17日(金)よりKINTSUGI (金継ぎ) コレクションより新作リング3種を発売します。

ミラモアは2019年4月にCEO 兼 ブランドヴィジョニアの稲木ジョージと代々一族で宝石商を営んできた大和梓が立ち上げたファインジュエリーブランド(ヴィジョニア: デザインコンセプト及び全般にわたりブランドの方向性を決定していく役職者)で、「金継ぎ」「花火」「金魚」「鶴」「亀」などの日本の伝統文化や技術にインスパイアされ、モダンに解釈したジュエリーを展開しています。

ジュエリーを通して「日本の侘び寂び文化を世界に継承していきたい、日本の職人を支援したい」という強い思いから全てのジュエリーは日本で制作されています。

KINTSUGI VINE RING
18YG
85,800円
KINTSUGI PAVE DIAMOND RING
18YG ダイヤモンド
236,500円

*全て税込み

KINTSUGI DIAMOND VINE RING
18YG ダイヤモンド
179,300円

MILAMORE(ミラモア) の KINTSUGIコレクションはブランドの真髄とも言えるコレクションで、日本の伝統的な修復方法「金継ぎ」から着想を得ています。

壊れた陶磁器を漆や金粉で繋ぐことにより、美しく甦らせるという金継ぎの考え方は、人にも当てはめることができます。

人は生きている中で、辛く傷つきながらも大きな成長を繰り返します。

その経験が人としての魅力にもつながるとMILAMOREは考えます。不完全な自分に美を見出し、真の自分を引き立たせるジュエリーとして、KINTSUGIコレクションは身に着ける(= 金継ぎする)ことではじめてデザインとして完成します。

KINTSUGIコレクションの新作は、クラシックでシンプルなデザイン。18Kゴールドによる抽象的で曲線の上に一粒ダイヤモンドやダイヤモンドパヴェをあしらったリングなど計3種類を展開します。

自分のための相棒リング(SELF LOVE)としても、愛を紡ぐエンゲージ&マリッジリングとしてもぴったりな新作リングは、6月17日(金)より公式オンラインブティックにて発売します。

<MILAMORE /ミラモアについて>

2019年春に稲木ジョージと大和梓が立ち上げたファインジュエリーブランドで、ブランド名はMilaの愛称で多くの人から親しまれ、カリスマ性と強さを兼ね備えた祖母の名 Milagros(スペイン語で奇跡の意)と、イタリア語で「愛する人」を意味するAmoreを組み合わせています。

ブランド名: MILAMORE /ミラモア
〒107-0062 東京都港区南青山3丁目13−3 南青山YMビル 2階
MILAMORE FINE JEWELRY / ミラモア ファイン ジュエリー

電話:03-5738-7803

URL:https://milamorejewelry.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中