WeWork Japan、OMO by 星野リゾートと双方の利用者向けのサービス連携を開始

WeWork Japan、OMO by 星野リゾートと双方の利用者向けのサービス連携を開始

フレキシブルオフィスを展開するWeWork Japan は、寝るだけでは終わらせない旅のテンションを上げる都市観光ホテルブランド「OMO(おも) by 星野リゾート」(以下、「OMO」)が新たに運営を開始する旅先における快適なワーケーションニーズに応える「ワークルーム」*が誕生することを記念して、5月1日よりWeWork及びOMOの利用者に向けた特典サービスを提供しています。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって人々の生活様式が変化し、各企業が時代に合わせた社員の満足度と生産性の向上につながる「働き方」を模索する中で、ワーケーションへの注目も高まっています。

WeWork Japanはオフィススペースを利用しているメンバー企業の事業成長を支援しながら、柔軟な働き方とウェルビーイングの向上を推進しています。

また星野リゾートは従来の旅を楽しくする提案に加えて旅行者や出張者のワークニーズにも対応したサービスやハードを提供し、国内におけるワーケーションの普及に注力していきます。

今回、「先進的なワークスタイルを推進したい」、「旅先で働く新しい過ごし方を提案したい」という両社の思いが合致し、今回のサービスを開始するに至りました。

WeWork拠点 共用エリアイメージ

WeWork JapanとOMOのサービス連携内容

■WeWorkメンバーならOMOワークルームが2時間無料

 WeWorkメンバーは、OMOの宿泊中にワークルームを2時間無料で利用可能です。

出張先に利用可能なWeWork拠点がない場合にも、OMOに宿泊すれば気軽にワークルームが利用でき、フレキシブルな働き方が実現できます。

■OMO宿泊者にはWeWorkの体験クーポンを発行

OMO宿泊時にワークルームを利用された方を対象に全国20拠点以上のWeWorkの共用エリアを利用できる1日無料体験クーポンを発行します。

これによりWeWorkが提案する「先進的なワークスタイル」とOMOが提案する「旅先でワークする過ごし方」の両方を体験できます。

 *OMOワークルームとは
星野リゾートが運営するOMOにより、4月13日同日に発表された宿泊者専用の周囲を気にすることなく利用できる新しい個室。

仕事がはかどるアイテムを完備しています。

■WeWork Japan合同会社の概要■
2010年に米・ニューヨークで創業した WeWork は、全世界38か国150都市以上756拠点*でフレキシブルオフィスを展開しています。

WeWork Japanは2018年2月に国内初となる拠点を東京で開設。以降、月単位契約可能で1名から数百名まで契約可能で国内30拠点以上の横断的な利用可能といった柔軟なオフィスソリューションを提供しています。

スタートアップから大企業まで、多種多様なメンバーが入居する WeWork では、業界業種や企業の壁を越えたコミュニティが形成され、ビジネスにおけるコラボレーションを多く創出してきました。

これからも「誰もが自分らしく働き、共に挑戦できるコミュニティを創造する」というミッションのもと新時代の多様な働き方を支援し、イノベーションやコラボレーションを促進する新しいオフィスの価値を提案していきます。https://weworkjpn.com/   * 2021年12月時点

■OMOの概要■
「OMO」は星野リゾートが全国に展開する都市観光ホテルブランドで、ブランドコンセプトは「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。

地域と一体となって街を楽しみ尽くす旅を追求しています。

全てのOMOで、街歩きをサポートするGo-KINJO(ごーきんじょ)サービスを展開。全国各地の11施設から「都市観光」の楽しさを発信していきます。https://www.hoshinoresorts.com/brand/omo/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中