【マーベルスタジオ最新作】\この夏、マーベルいち“ノープラン”なヒーローが帰って くる/アベンジャーズ“ビッグ3”最後の一人まさかのヒーロー卒業 !?7月8日(金)日本公開&邦題決定!&特報、ビジュアルも解禁!

【マーベルスタジオ最新作】\この夏、マーベルいち“ノープラン”なヒーローが帰って くる/アベンジャーズ“ビッグ3”最後の一人まさかのヒーロー卒業 !?7月8日(金)日本公開&邦題決定!&特報、ビジュアルも解禁!

公開当時全世界歴代興行収入No.1を記録し、世界中に衝撃と感動を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)など映画史を塗り替える大ヒットを叩き出し、5月4日に公開した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』もマーベル作品史上No.3の初日成績で大ヒットを記録。ますます勢いを増していくマーベル・スタジオ。

全世界がその始動をいまかいまかと待ちわび、SNSでは最新情報を求める声が日々溢れるソー・シリーズ最新作がついに動き出す!

全世界待望のティザー予告&ポスター、さらに日本の公開日が全米と同じく7月8日(金)に決定し、邦題タイトルも解禁となりました。

©Marvel Studios 2022

<“愛”と“雷”の力で宇宙を救う!ノープランな雷神の神バトルが開幕!>

最凶最悪の敵サノスによって人類の半分が消し去られた世界で失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に時空を超えた戦いに身を投じたソー。

生死を巡る激闘を繰り広げた末、サノスを倒し人類を救うという“奇跡”を起こし、マーベル史上最大の大戦を勝ち抜いたのだった。

ソーが王として君臨していたニュー・アスガルドの新たな王は女戦士のヴァルキリーに代わり、ソーは宇宙の荒くれ者ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間達と船に乗り込み地球を旅立っていった。

“自分探し”をしているソーは、王としての闘志を取り戻せるのか――。

最新作の舞台はその『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界―。

アスガルドの王として、そして宇宙を救うヒーローとして家族や恋人、人類を守るために戦い走り続けてきたソーだが、多くの大切な人を失いいつしか戦いを恐れるようになっていた。

そんな彼が”自分は何者なのか“と我に立ち返り、「ヒーローは卒業だ。」と、ゼロから新たな道を歩むことを決める―。

ハード・ロックスタイルの派手な衣装に身を包み“自分探し”に迷走していたソー。

最新の特報ではアベンジャーズ“ビッグ3”最後の1人であり、唯一無二の最強戦士ソーがガンズ・アンド・ローゼズの代表曲『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』に乗せて宇宙を駆け巡る映像が解禁された。

ノープラン&お茶目なソーの、波乱万丈な冒険を予感させるロック・バト
ル・アドベンチャーが遂に始動!

ソー役として堂々のカムバックを果たすのは、MCUには欠かせない存在のクリス・ヘムズワース。

「ソー」シリーズ3作では時にクールで、時にお茶目な魅力でソーを輝かせてきたクリスが、今度はどんなソーで観客を楽しませてくれるのか?

目が離せない。

さらにニュー・アスガルドの新たな王となったヴァルキリー役にテッサ・トンプソンが再登場。

そして監督を務めるのは「マイティ・ソー:バトルロイヤル」からMCUへの参加を果たしたタイカ・ワイティティ。

コミカルなシーンも取り入れつつ、雷神ソーの魅力を引き出せるのは、タイカ・ワイティティしか考えられません。

「マイティ・ソー:バトルロイヤル」では過去のシリーズから逸脱した
ユニーク×ポップな世界観を描き出し大ヒットを記録し、MCUの新しい扉を開いた。

また自身が監督として手掛けた「ジョジョ・ラビット」(2019)では2020年度のアカデミー賞脚色賞を受賞、「スター・ウォーズ」初のドラマシリーズ「マンダロリアン」(2019)では1エピソードの演出を担当するなど、いまやハリウッドで引っ張りだこの存在だ。

SNSでも話題騒然!予告に登場した“もう1人のソー”が、ソーの元恋人ジェーンだと判明!

先日予告が解禁された際には、深夜にもかかわらず日本のTwitterトレンドで上位に食い込み、「最高だと確信した」、「今年のマーベルの中で一番楽しみ」、「最高にクールでクレイジー」と早くも期待値が爆上がり中!

その中でも特に、予告の最後に登場した“もう一人のソー”が注目の的に。映像では、マスク姿で素顔までは見ることができなかったが、今回解禁されたポスターでは、それがソーのコスチュームに身を包んだ元恋人ジェーン(ナタリー・ポートマン)だったことが判明した!


ジェーンは研究熱心で好奇心旺盛な天文物理学者。宇宙の秘密を知るソーと接するようになり、やがて二人は恋人となる。

しかし、ソーとの関係からジェーンの身に危険が及ぶようになり、2人の恋仲はいつしか解消。

その後、ソーが劇中で別れてしまったジェーンについて話す場面が度々登場するなど、ジェーンへの未練タラタラな様子も描かれていた。

この作品で、久々の再会を果たす2人はどんなやり取りを見せてくれるのだろうか。


そして、『ブラックスワン』(2010)や『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(16)などで演技力の高さを発揮し、華奢で妖艶なイメージのあるオスカー女優ナタリー・ポートマンが新境地ともいえる豪快でパワフルなヒーローをどう演じ、どのようなアクションを披露してくれるのか、期待せずにはいられない!

<ソーを超える(!?)“マイティ・ソー”誕生に全世界熱狂!>

今回解禁された日本版ポスターは、ロックでクールな雷神ソー。そして、そのソーを超えるほど強い(⁉)、新たなヒーロー“マイティ・ソー”ことジェーンが同じ構図で武器を掲げ、稲妻が走っているインパクトMAXなビジュアル!

ソーは今愛用している武器ストームブレイカーを掲げているのに対し、ジェーンが持っているのはまさかの“ひび割れたムジョルニア”。

ソーが以前愛用し、前作で粉々に破壊されたはずのムジョルニアをなぜジェーンが持っているのだろうか。

ムジョルニアは<このハンマーにふさわしき者>にしか扱うことができ
ず、これまでソーやキャプテン・アメリカ、ヴィジョンという選ばれしヒーローにしか持ち上げることのできない、高潔で最強の武器。

そんなムジョルニアを持っているマイティ・ソーは、ソーを超える強さを持っている可能性も!?

本ポスターの解禁を受けて世界中のマーベル・ファンが新しいヒーロー誕生に“劇場公開が待ちきれない!”などのコメントが拡散。

そんな2人が参戦し繰り広げられる“神バトル”は、激しいぶつかり合いにな
ること必至、大興奮間違いなしだ!


ヒーロー卒業を宣言し、自分探しの旅に出るソー。そして彼の前に現れる、次世代のアベンジャーズ候補としても期待されるマイティ・ソーとなったジェーンは、どんなド迫力の神バトルを繰り広げてくれるのか。

豪華キャスト&監督が再集結し、何が起こるかわからないノープランなソーの新章を描く、奇“ソー”天外&予“ソー”不可能なロック・バトル・アドベンチャー『ソー:ラブ&サンダー』がこの夏をアツく盛り上げる!

原題:Thor: Love and Thunder 
監督:タイカ・ワイティティ『マイティ・ソー:バトルロイヤル』『ジョジョ・ラビット』 製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・ヘムズワース、テッサ・トンプソン
全米公開:7月8日 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン /

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中