【歌舞伎町の新しいランドマーク/東急歌舞伎町タワー】2023年4月の開業を決定し、各施設名称・ロゴを公開

【歌舞伎町の新しいランドマーク/東急歌舞伎町タワー】2023年4月の開業を決定し、各施設名称・ロゴを公開

東急株式会社および株式会社東急レクリエーションが新宿歌舞伎町で開発を進めている「東急歌舞伎町タワー(以下、「本施設」)」の開業が、2023年4月に決定し、本施設内各用途の施設名称・ロゴを4月26日に公開しました。

イベント開催イメージ

イベント開催イメージ

■建築デザイン 


歌舞伎町の根底に流れる水のエネルギーが噴水のように天に伸びる姿や水の持つ純粋さ、常に変化する柔軟さ、透明な水・白い水飛沫が多層に重なり合う優雅な姿を表現したデザインとなっている。

■ブランドロゴ

文化やコンテンツ、行き交う人々など、さまざまな要素からなる歌舞伎町の多様性を表現しており、ブランドロゴ全体で、本施設が本エリアと一体となりさらなる賑わい創出に寄与していきたいという願いを込めています。

■コンセプト

「“好きを極める場”の創出」がコンセプト。

ホテルとエンターテインメントの複合施設という特性を活かし、「見出す~育てる~羽ばたかせる」といった新たな「好き」を生み出すストーリーづくりに取り組む。

急歌舞伎町タワーは、ホテルおよび映画館・劇場・ライブホールなどのエンターテインメント施設などからなる地上48階・地下5階・塔屋1階、約225mの超高層複合施設で、各用途の概要は以下の通りです。

■各用途詳細                                                          
【B1~B4 ライブホール Zepp Shinjuku (TOKYO)】

新宿エリア最大級である1,500名のキャパシティをもつライブホール。
アーティストとの距離が近く、ここでしか味わえない臨場感あふれる音楽体験が可能に。

【6~8F 劇場 THEATER MILANO-Za】

歌舞伎町と共に発展した新宿ミラノ座の名前を継承するライブエンターテインメントシアター。
アーティストと観客がお互いの鼓動や息遣いを感じられる約900席の空間で、

演劇・音楽・映像などの多彩なエンターテインメントコンテンツを発信。

【9~10F 映画館 109シネマズプレミアム新宿】

上質な鑑賞環境とおもてなしを提供する、109シネマズの新しいブランドとなる映画館。
映画にとどまらない多様なエンターテインメントコンテンツを提供。

【18~38F HOTEL GROOVE SHINJUKU(ホテル グルーヴ 新宿)】

各エンターテインメント施設での余韻に浸っていただくとともに、新宿・歌舞伎町の歴史、

このまちで生まれ続けるアートや音楽などの文化を感じられる客室をご用意。

【39~47F BELLUSTAR TOKYO(ベルスター 東京)】 

39~44階には日本文化を感じられるアイテムが織り交ぜられた、7mのワイドビューの窓を持つ客室を、45~47階には3層吹き抜けの圧倒的な眺望のレストラン、スパ、客室をご用意。

■B1~B4  ライブホール    「Zepp Shinjuku (TOKYO)」
新宿エリア最大級である1,500名のキャパシティをもつライブホール。
アーティストとの距離が近く、ここでしか味わえない臨場感あふれる音楽体験が可能に。

■6~8F   劇場   「THEATER MILANO-Za」
歌舞伎町と共に発展した新宿ミラノ座の名前を継承するライブエンターテインメントシアター。
アーティストと観客がお互いの鼓動や息遣いを感じられる約900席の空間で、演劇・音楽・映像などの多彩なエンターテインメントコンテンツを発信。

■9~10F  映画館   「109シネマズプレミアム新宿」
上質な鑑賞環境とおもてなしを提供する、109シネマズの新しいブランドとなる映画館。
映画にとどまらない多様なエンターテインメントコンテンツを提供。

■17~47F ホテル&レストラン
・18~38F 「HOTEL GROOVE SHINJUKU」 エンターテインメント施設・まちと繋がるホテル
・39~47F 「BELLUSTAR TOKYO」 天空のラグジュアリーホテル
世界有数の繁華街で多様性・熱量に溢れる新宿歌舞伎町に、これまでに無い新しいカテゴリー・グレードの2つのホテルを展開。

オフィシャルサイトオフィシャルサイト

また現在はオフィシャルサイトを公開し、開業に向けた各種情報を発信しています。

オフィシャルサイト( https://tokyu-kabukicho-tower.jp )
両社は、本施設のコンセプト「“好きを極める場”の創出」を実現するような商品企画を具現化し、世界へ向けた新たな都市観光の拠点としてエンターテインメントシティ歌舞伎町の実現を目指します。


                                              

*高さ200m以上で、ホテルとエンタメ施設(映画館、劇場、ライブホールなど)を含む複合施設における日本国内主要観光都市調査 調査期間:2022年3月(㈱ESP総研 調べ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中