備えあれば憂いなし!ポイントは“生える前から” 低温期からの「除草剤」を使った効率的な雑草対策/初心者でも安心・気軽にできる除草剤の正しい使い方や選び方をプロが解説

気づけばもうすぐ5月。来週から一気に気温が徐々に上がると予想されます。

今年は夏が早く来るかもと言われているぐらい、猛暑で高温傾向の年になりそうです。

暖かくなってくると徐々に気になりはじめる「雑草」 。
一度生え始めるとあっという間に育ち、むしってもむしっても対処が追いつかなくなりがちです。

雑草で苦労しないために重要なのが、雑草は、少し温かくなってきたころの早春のうちに行う生える前からの対策です。

住友化学園芸 普及チームリーダー 牛迫正秀さん


今回は雑草対策のハウツーや、早春から行うべき「除草剤」を使った対策についてプロである、住友化学園芸 普及チームリーダー 牛迫正秀さんがご紹介します。

また、2/21(月)より「E(いい)もの当てよう草退治 E キャンペーン」実施しています。

住友化学園芸株式会社(家庭園芸用薬品・肥料・資材等の製造販売)は、2/21(月)~5/20(金)まで、これからの雑草対策におすすめの除草剤「草退治 E 粒剤」を購入の方、または Twitter キャンペーンアカウントをフォロー&リツイートされた方を対象に、スマホで使えるデジタルギフトが当たる「E(いい)もの当てよう草退治E キャンペーン」を実施しています。

また、雑草が生え始めるこれからの季節に向け、2月の今から行うべき雑草対策についてのコラムも公開。

住友化学園芸は、除草剤を使った低温期からの雑草対策の提案と「E(いい)もの当てよう草退治 E キャンペーン」を通じて、みなさまに快適な暮らしを提供したいと心より願っております。

■「E(いい)もの当てよう草退治 E キャンペーン」について
今回のキャンペーンは、対象商品の購入レシートから応募できる「草退治 E 粒剤 買って当たる」コースとTwitter キャンペーンアカウントのフォロー&リツイートで当たる「Twitterで当たる」コースを同時に実施します。

2コースあわせての応募も可能です。

・概 要: これからの雑草が生え始める季節に向け、除草剤を購入いただいお客様、または Twitter でフォロー&リツイートいただいた方に、スマートフォンで使えるデジタルギフトをプレゼント


・対象商品: 草退治 E 粒剤(300g, 650g, 1.5kg, 2.5kg, 3.5kg, 7.5kg の 6 容量)


・応募方式: 1「草退治 E 粒剤」購入レシートから応募。ラインナップの中から好きな商品と交換できる、えらべるPay【10,000 円分】ポイントを付与。

2Twitter でキャンペーン公式アカウントをフォローのうえ、指定ツイートをリツイートで応募。QUO カード Pay【1,000 円分】をプレゼント。


・応募期間: 開催中~5月20日(金)まで
・キャンペーン公式サイト: https://www.sc-engei.co.jp/sp_contents/en/2022/kusaEcp/

■キャンペーン対象商品「草退治 E 粒剤」について


容量別の6タイプ展開。
2 種類の有効成分で一年生雑草の発生を予防し、しつこいスギナなど各種雑草の葉や茎だけでなく根までスッキリ枯らします。

低温でもよく効くので、春先や秋口の雑草が生えはじめる時期はもちろん、年間を通じた雑草防除ができます。
・詳細: https://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/5364.html
・販売場所: 全国のホームセンター、園芸店、各種 EC サイト等

<参考コラム>ポイントは“生える前から” 低温期からの「除草剤」を使った効率的な雑草対策
雑草はとにかく“放置は厳禁”!夏場の繁茂期に苦労しないためには、低温期に行う生える前からの対策が重要です。
2月に除草剤をまくと、そこから約6ヵ月効果が持続し、夏草の繁茂期に苦労せずに済みます。

低温期でも効果を発揮する「草退治 E 粒剤」は全国のホームセンターなどで購入が可能。ぜひ早めの対策を!

▼除草剤使用例(「草退治 E 粒剤」の場合)

●散布前

●散布188日後(約6ヶ月効果持続!)

<雑草対策のポイントは、実は“生える前”が大事!>

生え始めると厄介な雑草。家の庭や、コンクリートの周りなど、気づいたら雑草だらけで手に負えなくなった…!といった経験がある方も多いのではないでしょうか?

ポイント①:雑草はとにかく“放置は厳禁”生える前から対策を行うことも重要!
姿が見えなくても、土のなかに残っている種や根が生きていて、庭や家のまわりだけでなく、一見土が見えないコンクリートの隙間からも生えてきます。

ポイント②:秋以降冬越しする雑草は地面に張りつき邪魔になりにくいので放置しがちですが、しっかり根づいてしまうと次の春夏シーズンには手に負えないほど繁茂することに!苦労しないためには、種の発芽や根が動きだす前の早春期からの対策がポイントです。

■雑草が増えるとどうなる?

ハウスキーピング面:

・見映えが悪い
・防犯上の問題
・やぶ蚊が増える
・ブタクサ、ヨモギなどの花粉症の原因

ガーデニング面:

・見映えが悪い
・日照が悪くなり作物が育ちにくくなる
・作物のための肥料が横取りされてしまう
・害虫の温床になる

<対策方法について>
除草剤…効率よく雑草を減らすことができる。
防草シート…土のうえに敷いて発芽を抑える。一方で見映えが気になる場合は不向き。
草むしり…お金がかからず気軽にできる一方、労力と時間がかかる。

1本あれば安心!
気軽にお手入れできる、冬から準備しておくべき「除草剤」の正しい選び方とおすすめ商品

除草剤には「粒タイプ」「液タイプ」の大きく2種類があり、雑草の種類や生える場所、効果のはやさや持続期間によって適切な商品を選ぶことが重要です。今回はシーン別に合わせたおすすめのアイテムをご紹介します。

粒剤…地面にまいて根っこから除草成分を吸わせるタイプ。1~3週間ほどで枯れはじめる。
数か月効果が持続するので、年に2~3回タイミングよくまくと、雑草が生えにくい環境を保つことができる。


液剤…生えてる雑草を狙って直接かけるタイプ。すでに繁茂している雑草をすばやく枯らすことができる。

また、女性でも簡単に撒ける除草剤もあります!

女性でも簡単に雑草対策!経済的な希釈タイプもおすすめ.

雑草対策というと、広い庭の草むしりや刈り取りなど、力仕事で大変…!というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?


除草剤には様々なタイプや容量が販売されていますが、なかでも希釈タイプのものは小ぶりで、持ち運びにも保管場所にも困りません!除草剤専用のじょうろを使い、必要な分だけ薄めた液を枯らしたい雑草に直接まくため、経済的で、女性でも簡単にラクに使用できます。

市販の除草剤専用じょうろ
一般のじょうろと違い、ピンポイントに狙いながらの散布が可能

https://www.sc-engei.co.jp/guide/detail/5367.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中