【世界はボーダーレスの時代に】日本で働く外国人の住環境の整備を始めとした生活総合支援をする「グローバルトラストネットワークス(GTN社)の事業戦略・新CMアンバサダー発表会」が3/29㈫に開催されました。

コロナ禍による外国人労働者の新規入国に規制がかかっている昨今の現状。グローバル化や少子化などを背景に、日本では現在様々な業界での人手不足が問題視されています。

日本人も世界各国へ、外国人も日本へあらゆる国の人たちが働く時代-

時代はまさにボーダーレスに。

コロナ禍で新しい働き方が普及し、パソコン1台あれば世界中どこでも働けるボーダーレスな時代ですが、いざ知らない国で働き、暮らすとなると「その国の制度や言語、意思疎通の取り方や心理的な抵抗感など、外国人が気持ちよく暮らすために解決すべき問題」はたくさんあります。

未だコロナ終息が不透明な中で、外国人の方が日本で安心して働け、暮らせるようにサポートする企業があります。

その企業はグローバルトラストネットワークス(GTN社)。GTN社がコロナ過での人手不足を解消する外国人採用をサポートする取り組みの一環として、ホラン千秋さんを公式アンバサダーとして起用し、現在放映中の新CMや今後の取り組みなどを説明するイベント「GTN社 事業戦略・新CMアンバサダー発表会」が先月開催されました。

開催されたイベントの様子と現在放映中の新CM、またGTN社が行った企業の人事や人事権を持っている方を対象に企業の85%以上は人手不足を感じており、さらに80%以上は外国人採用が今後の日本の人手不足解消に寄与すると回答したアンケート調査なども併せてご紹介します。

GTN社 代表取締役社長後藤 裕幸氏とホラン千秋さん
鮮やかな赤いドレスで登場したホラン千秋さん

報道番組やバラエティなどで活躍しているタレントのホラン千秋さんが3/29㈫、都内で行われた「グローバルトラストネットワークス(GTN社) 事業戦略・新CMアンバサダー発表会」に出席しました。

GTN社は国籍や民族、宗教、性別や人種といった違いを尊重し、日本で働く外国人の住環境の整備を始めとした生活総合支援をアプリなどで行っています。

ーGTN社ができたきっかけー

代表の後藤氏がビジネスやプライベートで外国人の方々と交流を深める中で、「日本の社会がまだまだ外国人にとって非常に住みづらい社会であること」に気づき、今後の日本経済において必要不可欠な外国人の受け入れ問題に対して何が出来るのかを考え、多くの外国人の不満をヒアリングし、外国人の方が安心して暮らせて、楽しく仕事ができる環境を整えたいー不安や不満を解決する専門集団としての役割を担うこと。

そう思ったことから、GTN社を立ち上げました。

<ホラン千秋さんの魅力が満載の新WEBCM「さぁ自由を手に入れよう篇」>

ホランさんが出演している新WEBCM「さぁ自由を手に入れよう篇」が3/29㈫イベント当日より放映。

ホランさんはCMで着用した真っ赤なドレス姿で登場し、「ちょっと目が覚めるような赤ですよね。CMでもまとっていた衣装なので、撮影を思い出します」と話しました。

ホラン千秋さんよりコメント
グローバルトラストネットワークス(GTN社)のアンバサダーに選ばれたことについて
私自身も短期間ですが、大学生時代に海外で暮らしたことがあって、その際に「言葉が通じれば手続きで手こずらないのに」と思ったり、「慣れない会話が不便だな」と感じたりしたことがあったので、そういった生活のサポートをしてくれるサービスがあるのはとても心強いと思います。

様々な理由で日本に来てくださった皆様が新しい生活を安心してスタートできるお手伝いができ、大変光栄です。

さらに「私の父はアイルランド人。日本に来た際には、手続きなどが大変だったという話を聞いていたので、日本での生活を心地よくスタートを切れるようにというサービスのお手伝いができて光栄です」と過去の経験も交えて語りました。

さらに、「父もアイルランド人で、当時初めて日本に来た時は大変だったと聞いています。外国人の方をサポートできているGTNさんのお手伝いができて光栄です」と笑みを浮かべました。

ホランさんは大学時代にアメリカに留学。現地の友達が来日した時のことを振り返り「電車が多すぎると。車社会の街から来た友達だと、煩雑で、困ったなと話していました」などと振り返り、

「クレジットカードや銀行のカードを作らなきゃ行けなかったりして友達に助けてもらった。お湯が出ない時に誰に言っていいか分からずに、冷水でひと冬を乗り越えた」と苦笑いを浮かべ振り返りました。

その経験を踏まえ、「日本で働きたい外国の友人がいるので、家探しからGTNを進めたい」とコメントしました。

また、日本で働きたいと思っている外国人へ向けては「安心して日本で暮らしやすい環境を提供している様々なサービスがありますので、ぜひ頼っていただけたらと思います」とエールを送った。

GTN社の取り組みを説明する代表の後藤氏

GTN社は「外国人が日本に来てよかったをカタチに®」をビジョンに創業から一貫して外国人専門を掲げ、住環境の整備をはじめとする生活総合支援を行っています。

現在日本で働いている外国人の方、そしてこれから日本で働くことを目指している外国人の方への生活環境を支援し、また彼らを受け入れていく日本の企業の皆様にもGTNのサービスについて認知を広めるため、新WEBCMを製作する運びとなりました。

<85%以上が人手不足を実感、また80%が「外国人採用」が解消に寄与すると考えていることが判明!>

外国人支援の株式会社グローバルトラストネットワークス(以下GTN)は、企業の人事や人事権を持っている方を対象に「雇用に関する意識調査」を実施しました。

【調査背景】
今回実施した調査では、コロナ禍で外国人労働者の新規入国に規制がかかっている昨今の現状で、様々な業界での 「どのくらい人手不足なのか」や「人手不足の解決策として考えられているのはどの施策なのか」、「外国人雇用に興味がある企業はどのくらいあるのか」など規制が明けコロナ禍が落ち着いた際の外国人労働者の国内ニーズをデータとして割り出し、様々なメディアに提供できるエビデンスとしてリリースすることを目指し実施しています。

【調査概要】
1.  調査方法     : 調査パネルによるインターネット調査(楽天インサイト株式会社)
2.  調査対象       : 全国の20~79歳一般男女のうち、会社員・会社役員、その他有職者であり、自社の採用に  関わっているまたは部署の人事権を持っている方
3.    回収サンプル数 : 400
4.    調査期間    : 2022年3月8日(火)~3月10日(木)の3日間

1. 企業の85%以上は人手不足を感じており、さらに80%以上は外国人採用が今後の日本の人手不足解消に寄与すると回答
まず、回答者の職場や業界内で「人手不足を感じたことがあるか」という質問には約86%が「感じることがある」と回答するという結果に。

日本国内の多数の業界で人手不足となっている現状が伺えます。

※GTN社調べ


また、全体の80%以上の回答者が「外国人採用が今後の日本の人手不足解消に寄与する」と考えていることも明らかになりました。

※GTN社調べ


2. 人手不足解消の取り組み1位は「労働条件、職場環境の改善」、2位は「人材育成の強化」、3位は「女性やシニアの積極採用」と回答し、外国人の積極採用は2割以下に低迷
具体的な人手不足解消のための取り組みについての質問には、1位に「労働条件、職場環境の改善」、2位は「人材育成の強化」となり、現状所属している人材に向けての施策が多く、3位の「女性やシニアの積極採用」や「外国人の積極採用」は2割以下に低迷と、新規雇用に関しての取り組みは下位となっています。

※GTN社調べ


3. 既に外国人が所属する企業は所属無しの企業に比べ、入国規制解除後に外国人採用を強化しようと回答した人が約3倍
コロナ禍が落ち着き、【外国人の新規入国制限】が解除されたら、外国人採用を強化したいと思うかという質問に対して、既に外国人が所属している企業は、外国人が所属していない企業に比べ、「更に外国人採用を強化していきたい」という回答数が約3倍という結果となっています。

※GTN社調べ

4. 外国人を採用するうえで7割近くが「言葉や文化」がハードルであると挙げ、「生活支援」といった普段の生活にまで目が向かず、生活支援サービスの認知も3人に1人程度に留まった
外国人採用を行う上での具体的なハードルについては、1位は「言葉や文化」(74.5%)、次いで能力(39.3%)、が挙げられる結果に。

言語面だけではなく、日本国内の企業ごとの文化や空気といったものに外国人の方がなじんでいけるのかどうかという点も採用者が不安に思う要素であることがわかります。

※GTN社調べ

 また、外国人専門の生活支援サービスの存在を知っていると回答した人は約40%と上記の不安要素である言語や文化の違いをサポートしてくれるサービスそのものの認知度がまだ低いことも中々外国人採用に踏み切れない要因かもしれません。

※GTN社調べ



■CMキャラクターにはホラン千秋(ほらん・ちあき)さんを起用
今回の新WEBCMにはGTNのアンバサダーに就任したホラン千秋さんを起用。

新CMの内容は外国人社員のサポートに苦労している人事担当者を筆頭に当事者である外国人社員が抱える悩みを解決するソリューションとしてGTNのサービスを提案します。

月額1,650円から生活をサポートするGTN Assistant(アシスタンツ)をはじめに、日本の生活に必要な多彩なサービスを提供しています。人事担当者も外国人社員の群衆を導くホランさんの姿にご注目ください。

■WEB CM概要
・タイトル  :「さぁ自由を手に入れよう篇」
・公開日     :2022年3月29日(火)
・YouTube  :https://www.youtube.com/watch?v=sBEc4NHozFk

■CMキャプチャ

●CM撮影時のエピソードなど
真っ赤な衣装をまとって旗を掲げて、いつも以上に「強い女」感が出てしまっていないか少しだけ不安になりましたが、GTNはそれだけ心強い存在でありたいという熱い思いが込められていると感じ、心置きなく撮影することができました。

●今回のCMをご覧いただいている視聴者に向けて
生活の不安は仕事のパフォーマンスに直結すると思いますので、海外からいらした方々が最大限仕事に集中することができるよう、企業の皆様もぜひGTNのサービスを頼っていただければと思います!


ホラン千秋さんプロフィール

タレント・キャスター・女優

1988年東京都生まれ。アイルランド人の父と日本人の母をもつ。5歳よりモデルを始める。青山学院大学卒。現在は、「Nスタ」(TBS)、「SONGS OF TOKYO」(NHK)をはじめ、バラエティ・報道番組などで数々のレギュラー番組に出演するほか、新聞でも連載をもつ。

■GTNについて
「外国人が日本に来てよかったをカタチに®」をビジョンに、創業から一貫して外国人専門を掲げ、住環境の整備をはじめとする生活総合支援を行う。家賃債務保証事業を主軸に、不動産仲介・生活サポート・就職支援・携帯電話・クレジットカードなど多種多様な独自サービスを展開。
社員の7割が約20ヵ国の外国籍メンバーで構成され、言語・文化の違いを理解したうえで様々な事案に対応。

家賃債務保証事業においては、賃貸住宅の情報提供から家賃債務保証や入居後の生活サポートにいたるまで、日本での生活を始める外国人の方を全般的に支援するサービスを提供している。

■GTN Assistantsとは
https://www.gtn.co.jp/gtn-assistantsforbiz/
外国人雇用企業の人事・総務の業務効率化を実現し、外国人社員の日本での生活環境の向上を支えるクラウドサービスです。従業員の皆様は生活相談チャットが19言語で可能です。

社名    :株式会社 グローバルトラストネットワークス
所在地  :東京都豊島区東池袋1-21-11 オーク池袋ビル2F
代表者  :代表取締役社長 後藤 裕幸
事業内容:外国人専門の家賃債務保証・不動産賃貸仲介・生活サポート事業・通信事業・人材紹介事業・クレジットカード事業など
URL    :https://www.gtn.co.jp/ 

■GTNのSDGsへの取り組み
GTNの事業は創業時から変わらず社会課題の解決そのものです。人種・民族・宗教・国籍などにかかわらず、外国人の日本での生活を向上させることによる「創造的共生社会の実現」を目指しています。

■GTNのSDGsへの取り組みはこちらから
https://www.gtn.co.jp/sdgs/
公式Instagram:https://www.instagram.com/gtn_official/
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCBEQq_fzRJg2jNm3g3HehgA
公式Facebook:https://www.facebook.com/GlobalTrustNetworks

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中