【第79回ゴールデングローブ賞作曲賞 ノミネート作品】ハリウッド中の豪華キャストが大集結!「ワン・シーンでも出演したい!」 ウェス監督の魅力に迫るインタビュー特別映像&製作秘話を公開.『フレンチ・ディスパッチ』ブルーレイ+DVDセット 4/27(水)発売 /3/16(水)デジタル配信開始

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
デジタル配信中(購入/レンタル)4/27(水)ブルーレイ+DVDセット発売
© 2022 20th Century Studios. 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、アカデミー賞Rで4部門受賞の『グランド・ブタペスト・ホテル』(14)で知られるウェス・アンダーソン監督の記念すべき第10作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』を、4/27㈬にブルーレイ+DVD セットで発売します。※3/16(水)デジタル配信開始(購入)、3/30(水)デジタル配信開始(レンタル)

今月4月27日(水)にブルーレイ+DVDセットで発売することを記念し、、ウェス監督の魅力に迫るインタビュー特別映像&製作秘話を公開しました。

公式サイト:https://www.20thcenturystudios.jp/movies/french_dispatch

この映像ではティルダ・スウィントンの「ワン・シーンのために来る人もいる」や、音楽のアレクサンドル・デスプラの「短い出演時間でも俳優たちは喜んで参加する」など、キャストやスタッフが「ウェス監督がどれだけ魅力的なのか」を熱く語ります。

本作で初参加のティモシー・シャラメや常連のビル・マーレイをはじめ、ウェス監督作品史上最高ともいえるハリウッド中の名だたるキャストらが集結し、監督が彼らの魅力を引き出した上でユニークなキャラクターを創り出しているのも大きな魅力のひとつ。

デスプラは「これは”ウェス劇団”なんだ、ウェスの魔法で、俳優たちを別人に変える」と語り、シャラメも「全員が最高の演技を披露している」と名優たちのコラボレーションに大興奮、身も心もウェスの世界観に魅了されたキャストやスタッフの姿を楽しめます。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』プロダクション・ノートより

■およそ4秒のシーンを45回取り直した!?ウェス監督のこだわりとは
ウェス・アンダーソン監督の作品といえば、誰もが虜になる唯一無二のセンスと作風の世界観が魅力。

『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出演するレア・セドゥは「本当に細かいディテールにも注意を払います。

芝居が引き立つ細かいニュアンスを求めて大いにユーモアを交えながら、何度も何度も同じシーンを撮り直します」と言い、そして「4秒くらいの場面がありました。

壁に紙をピンで留めて、ジュークボックスの方に歩くシーンです。45回、撮り直しました」と語ります。

さらに、ティモシー・シャラメは「回を重ねると、こう思いました。『またですか?』でも、納得しました。この時の監督のこだわる姿には心が動きました。監督は芝居に超高度な洗練を求めていました。

その時は自分には無作為な指示に思えたことが、実は監督にとっては考え抜かれた演出だったのです。もし普遍性が芸術の敵なら、監督の姿勢は銅像に
値する、表彰ものです」と絶賛しています。

■このデジタル配信を記念し、冒頭からの本編プレビュー映像を特別解禁!

この本編プレビューでは、ウェス・アンダーソン監督作品常連のビル・マーレイが演じる名物編集長アーサー・ハウイッツァー・Jrをはじめとする一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが集まる「フレンチ・ディスパッチ」誌編集部の誕生から現在までをアカデミー賞R女優アンジェリカ・ヒュースト
ンの味のあるナレーションとともに紹介。

ある日突然、編集長が倒れ「フレンチ・ディスパッチ」誌の最終号となる編集長の追悼号発刊までの物語を描く本作の、これから始まる奇想天外なスト
ーリーのオープニングとも言える重要な映像です。


舞台となる編集部が紹介された後、編集会議の場では1つの号に載せるには多すぎる記事の中から”誰の記事を切るか”の選択に迫られる中、「私は誰も切らない」と言い切る編集長。

仕事への献身を教え込んだ記者たちと、雑誌への強い愛情を感じるシーンが描かれています。

今作が記念すべき第10作目となるウェス・アンダーソン監督が自身の作品を撮影する現場ではスタッフやキャストら関係者全員が寝食を共にするとのこと。

編集長役のビル・マーレイのセリフのように豪華キャストとスタッフが互いに本当の家族のような愛情で接しながら創り上げたこの映画をぜひデジタル配信でお楽しみください。

■カンヌで約9分間のスタンディング・オベーション!
映画・フランス・活字カルチャーへ、愛あふれるラブストーリーの集大成!

ウェス・アンダーソン監督の記念すべき第10作目となる『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の物語の舞台は、20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』3/16㈬デジタル配信開始(購入)3/30㈬デジタル配信開始(レンタル)
4/27(水)ブルーレイ+DVDセット発売© 2022 20th Century Studios.
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン

米国新聞社の支社が発行、名物編集長が集めた一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気の雑誌名が、映画のタイトルにもなりました。


しかしある日編集長が仕事中に心臓麻痺で急死し、彼の遺言によって「フレンチ・ディスパッチ」の廃刊が決まります。

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』3/16㈬デジタル配信開始(購入)3/30㈬デジタル配信開始(レンタル)
4/27(水)ブルーレイ+DVDセット発売© 2022 20th Century Studios.
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン

本作は編集長の追悼号にして最終号の全貌を1つのレポートと3つのストーリーで描く、ウェス・アンダーソン監督ならではのエスプリとユーモアに富んだオムニバス映画なのです。


実在する雑誌「ニューヨーカー」と実在する著名な記者に触発されて作られたというストーリーはもちろん、全編を通しての監督の映画とフランスと活字カルチャーへのこだわりと大きな愛、そしてファンを惹きつけて止まないカラフルで特徴的な独特の世界観も絶賛され、第74回カンヌ国際映画祭では、上映後に約9分もの熱いスタンディング・オベーションで讃えられたという傑作です!

■初参加のティモシー・シャラメなど超豪華キャストと贈る、現代最高の監督、ウェス・アンダーソンの記念すべき第10作!

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』3/16㈬デジタル配信開始(購入)3/30㈬デジタル配信開始(レンタル)
4/27(水)ブルーレイ+DVDセット発売© 2022 20th Century Studios.
発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記念すべき10作目に出演するのは名物編集長アーサー・ハウイッツァー・Jr役のビル・マーレイや自転車レポーター、ルブサン・サゼラック役のオーウェン・ウィルソン、『ノマドランド』(21)でアカデミー賞®主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドら常連のキャストに加えて今作初参加となるのはベニチオ・デル・トロやティモシー・シャラメ、ジェフリー・ライト。

そして、「007」シリーズのボンドガールでも知られるレア・セドゥ、「レディ・バード」(17)でアカデミー賞R主演女優賞ノミネートのシアーシャ・ローナン、さらにエドワード・ノートンやエイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォーまで…想像をはるかに超える豪華で贅沢なキャストらが魅せる、個性的すぎる愛しいキャラクターたちも大きな見どころです!

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、3/16(水)よりデジタル配信開始(購入)しています!

3/30(水)にデジタル配信開始(レンタル)、4/27(水)にブルーレイ+DVDセット(4,950円 (税込))発売。


ウェス・アンダーソン監督と豪華キャストが贈る美しいフランス絵画のようなこの名作を、ぜひブルーレイやデジタル配信でお楽しみください!

-STORY-

超豪華キャストと贈る、現代最高の映画監督ウェス・アンダーソンの記念すべき第10作。20世紀フランスの架空の街にある「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部。

名物編集長が集めた一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、国際問題からアート、ファッションから美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得している。

ところが編集長が急死、彼の遺言によって廃刊が決まる。果たして何が飛び出すか分からない、思いがけないほどおかしく、泣ける、追悼号にして最終号の全貌とは──?
映画・フランス・活字カルチャーへ愛をささげた、唯一無二の映像と、ウェス・アンダーソンにしか描けないエスプリとユーモアの集大成!

●STORY1 「確固たる(コンクリートの)名作」

●STORY2 「宣言書の改訂」

●STORY3 「警察署長の食事室」

-STAFF&CAST-

<スタッフ>
監督・脚本:ウェス・アンダーソン
ストーリー :ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、
ヒューゴ・ギネス、ジェイソン・シュワルツマン
製作 :ウェス・アンダーソン、スティーヴン・レイルズ、ジェレミー・ドーソン

撮影監督:ロバート・イェーマン, ASC
美術 :アダム・ストックハウゼン
編集 :アンドリュー・ワイスブラム, ACE
衣裳 :ミレーナ・カノネロ
音楽 :アレクサンドル・デスプラ
音楽監修:ランドール・ポスター

<「フレンチ・ディスパッチ」編集部とクセの強い登場人物たち>

<キャスト> ( )内は日本版声優
モーゼス・ローゼンターラー:ベニチオ・デル・トロ(咲野 俊介)
ジュリアン・カダージオ:エイドリアン・ブロディ(上田 燿司)
J.K.L.ベレンセン:ティルダ・スウィントン(勝生 真沙子)
シモーヌ:レア・セドゥ(塙 英子)
ルシンダ・クレメンツ:フランシス・マクドーマンド(宮寺 智子)
ゼフィレッリ・B:ティモシー・シャラメ(加藤 ルイ)
ジュリエット:リナ・クードリ(塙 英子)
ローバック・ライト:ジェフリー・ライト(岩崎 征実)

警察所長 :マチュー・アマルリック(岩崎 征実)
ネスカフィエ:スティーヴン・パーク(西垣 俊作)
アーサー・ハウイッツァー・Jr.:ビル・マーレイ(上田 燿司)
エルブサン・サゼラック:オーウェン・ウィルソン(板取 政明)
ポール:クリストフ・ヴァルツ(岩崎 征実)
ジョー:エドワード・ノートン(西村 健志)
エルメス・ジョーンズ:ジェイソン・シュワルツマン(市橋 尚史)
ナレーター:アンジェリカ・ヒューストン(勝生 真沙子)

初回限定仕様!!オリジナル・miniステッカー付き!


ブルーレイ+DVDセットの初回限定仕様として、物語を構成する1つのレポートと3つのストーリーのポスター4種をデザインしたオリジナル・miniステッカーを封入!

オリジナル・miniステッカーをGetできるのは、この機会だけ!


※サイズ:142mm×100mm
※在庫がなくなり次第、ステッカーのない通常版に切り替わります。

ウェス・アンダーソンが監督した映画作品一覧

★は、ウォルト・ディズニー・ジャパンから好評発売中
●犬ヶ島(2018)★
●グランド・ブダペスト・ホテル(2014)★
●ムーンライズ・キングダム(2012)
●ファンタスティック Mr.FOX(2009)★
●ダージリン急行(2007)★
●ライフ・アクアティック(2004)★
●ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001)★
●天才マックスの世界(1998)★4/13 DVD 発売
●アンソニーのハッピー・モーテル(1996)

■商品データ <発売日:2022年4月27日㈬>※データは変更になる場合があります。

<ブルーレイ+DVDセット>

タイトル(原題)/商品名:

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(THE FRENCH DISPATCH OFTHE LIBERTY, KANSAS EVENING SUN)/
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 ブルーレイ+DVDセット

価格/組:4,950円(税込) / 2枚組 (ブルーレイ1枚、DVD1枚)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中