中田英寿氏がプロデューサーを務める「にほんもの」プロジェクトが初のペットボトルドリンク監修!中田英寿×前園真聖登壇!ポッカサッポロ「加賀棒ほうじ茶」商品リニューアル発表会を開催しました。

中田英寿氏がプロデューサーを務める「にほんもの」プロジェクトが初のペットボトルドリンク監修!中田英寿×前園真聖登壇!ポッカサッポロ「加賀棒ほうじ茶」商品リニューアル発表会を開催しました。

中田英寿氏「妥協せず、美味しさを感じる香りを残しつつ、軽い味わいに仕上がりました。」

前園真聖氏「ヒデはどの領域でもストイックなんです。作り手さんも大変だったと思います(笑)」

「加賀棒ほうじ茶」商品リニューアル発表会の様子

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は全国を巡り日本の良さを広めている中田英寿氏率いる「にほんもの」監修のもと、2015年より販売している「加賀棒ほうじ茶」を一新し、3/14(月)よりリニューアルして発売しています。

今回の「加賀棒ほうじ茶」のリニューアル発売を記念して、メディアの向けに「加賀棒ほうじ茶」をいち早くお披露目する「ポッカサッポロ 加賀棒ほうじ茶 リニューアル発表会 -中田英寿率いる“にほんもの”初監修-」を、オフライン・オンラインを併用したハイブリッド形式で開催しました。


冒頭では商品リニューアルに関与する三枝氏、中田氏、油谷氏の3名が登壇。

今回リニューアル開発にあたり、こだわったポイントを聞かれた中田氏は「今回こだわったのは”軽さ”です。 お茶というのは美味しさを追求するあまり、どうしても重みが出てしまうと思います。美味しいものを作る一方で”軽さ”を出すというのはとても難しいですが、今回は、美味しさを感じる香りを残しつつ、軽い味わいに仕上がっています。そこは妥協できないでしょ」と説明。

油谷氏も「本当にすっきりした味で最高の商品ができたと思っています。さっぱりしているので、色々な食べ物と併せて飲んでほしいです」とコメントし、手ごたえを感じている様子でした。

息の合った様子を見せる、中田氏と前園氏

その後、「にほんものストア」でスイーツマスターを務める前園氏を迎え、三枝氏、中田氏3名でトークセッションを実施。

前園氏が登壇するや否や、同じ”ほうじ茶カラー”の茶色い衣装が重なってしまった中田氏と前園氏は、「打ち合わせしてないのにかぶってるよ(笑)」と、息の合った様子を見せ、会場は笑いにつつまれました。

スイーツマスターとして加賀棒ほうじ茶に合う商品について質問があると、「すっきりした味わいなのであんこのどら焼きや僕の好きなプリンの中でも濃いビターなカラメルソースが入ったものに合うと思いました。また、にほんものストアにも販売されていて、出身地でもある鹿児島の黒糖ナッツと併せるのがすごく美味しかったです。」と、おすすめのペアリングも紹介。


また、MC から「にほんもの」と「TOCHI と CRAFT」に共通する日本各地の良いものを伝えたい・広めたいという想いについて聞かれると、三枝氏は「石川県の加賀棒ほうじ茶の様に日本各地には歴史と文化がある素晴らしい土地や素材があります。我々メーカーは、そんな日本各地の素晴らしき文化を土地の皆様と一緒に飲料商品として広げることで、応援したい、応援できると思っております。」と、今後の意気込みを語りました。


最後に中田氏は、「僕自身全国を毎月のように回っていますが、情報がどこからでも手に入る時代だからこそ地域に行かないと手に入らない情報はより価値を生むと思っているので、この活動をより広めていきたいと思っています。」と今後の展望を語り、イベントを締めくくりました。

●Q&A

■中田氏への質問
Q.今回のリニューアルにあたり改めてこだわったポイントは?また、なぜそのポイントにこだわったのか?
A.今回の商品もそうですけど、食事シーンにも合うということ考えると、軽さというところは大切だと思います。
ほうじ茶を食事で飲むことを考えた時に、様々なお茶がある中で食事中でもずっと飲み続けられるお茶は根強いものがあると思います。

その中でもお茶全般には重みがありますが、食事自体が美味しいので、飲み物は軽い方が良いです。

その軽さをいかに出すか、またほうじ茶ならではの香ばしい甘味のある香りの両方を併せ持つところにこだわりました。

Q.どういうシーンで、どんな方に飲んでほしいか?
A.もちろん1日通して美味しいものではありますが、食事中を一番推していきたいと思います。
朝昼晩の食事で手軽に一緒に飲むことで食事がより楽しくなる、美味しくなることを特に推していきたいです。

■前園氏への質問
Q. 今回リニューアルした加賀棒ほうじ茶をどのような時に飲みたいですか?
A.食事中に飲めるお茶はなかなかないので、今回は非常に飲みやすいですし、色々な食事に合わせて飲めるほうじ茶
が浸透していってほしいと思います。

■油谷氏(油谷製茶)への質問
Q. 中田氏からのリクエストはどんなものがあったか?
A.大変厳しかったです(笑)。何回も何回も焙煎して、中田さんがこだわればこだわるほど私も職人として熱くなりとても良いものになったと思います。

■三枝氏(ポッカサッポロ)への質問
Qブランドとして、今後の展開や目標は?
A.素材や製法、伝統や文化が生まれた土地で愛され、一緒に育んでいける商品となり、そして、飲むことで生活者の皆
様が社会に貢献できるような存在になりたいと考えています。

 < 華やかな香りの新しい「加賀棒ほうじ茶」>

「加賀棒ほうじ茶」は、石川県ふるさと認証食品を取得している「油谷製茶」が金沢発祥の伝統的な手法で焙煎加工した棒ほうじ茶を使用しています。

棒ほうじ茶(茎茶)の香ばしさとコクを引き出したすっきりした味わいと、上品な香りが楽しめる商品です。

リニューアルにあたり、石川県国立工芸館・名誉館長でもある中田英寿さんより、金沢の伝統的手法や協同で味覚づくりを行っている「油谷製茶」のこだわりといった想いをくみとったアドバイスをいただき、茎の配合を見直しました。 

それにより本商品の魅力である“香り”と“すっきりした味わい”が最大限引き出され、より華やかさのある香りと味わいへ魅力が高まりました。

■ 商品概要

商品名加賀棒ほうじ茶
容量・容器525ml・PETボトル / 275mlPETボトル
希望小売価格140円(税別) / 115円(税別)
エネルギー0kcal/100ml当り
発売日2022年3月14日(月)
販売地区全国
商品特長茶の茎部分を使った棒茶を、職人が伝統的な焙煎方法で仕上げた、金沢発祥の加賀棒ほうじ茶です。
すっきりと澄んだ味わいと華やかな香りで飲み飽きることなく、伝統や職人の想いが感じられ、一口飲むたびに幸せな気持ちになります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中