【lucien pellat-finet 】2022SS コレクション.21 CRUISE & 22 SPRING / SUMMER COLLECTION

この度、パリを拠点にクリエイションを展開しているlucien pellat-finet (ルシアン ペラフィネ) が2022年春夏の新作コレクションのビジュアル撮影を行いました。

2019年に迎えたブランド創立25周年を機に始まった ブランド再解釈の旅。キューバの喧騒に身を任せ、ブランドのルーツであるスコットランドの色彩の美しさや悠久の自然感じる原点回帰を経て、今シーズンは社会的に成熟した「デンマーク」の首都コペンハーゲンの中心に独特のバランスで存在する Freetown Christiania (フリータウン クリスチャニア) へと訪れます。

今季のコレクションテーマは、「デンマーク」首都コペンハーゲンの中心に独特のバランスで存在する、Freetown Christiania (フリータウン クリスチャニア) が舞台。

Freetown Christianiaは、1971年住宅問題に苦しむヒッピーグループや失業者が既に使われなくなっていた元軍事基地をスクワットしたというルーツを持ちます。

ここに住む人々は当時のヒッピームーブメントの中にある社会変革やニューエイジ、ダイバーシティな価値感の尊重を踏襲しながらも、各個人が責任を持つ自治社会を目指した調和のとれたコミュニティ構築を試みました。

それは、アナーキスト(当時のヒッピームーブメントに見られる無政府主義者)によって形成された一般的なヒッピーのイメージとは裏腹な自然と調和したエコロジカルな生活様式でした。

最低限の規則のみを定め、独特のバランス感覚で築き上げていく平和と民主主義のよる Freetown です 。

2021年にちょうど50周年を迎えた Freetown Christiania。 ルシアン ペラフィネは一過性のムーブメントで終わることなく今日に至るまで続いている彼らのエネルギー、そして大都市の中心部にこの実験的なスペースを作り上げた大胆さとそこから生じたねじれ、意外性や不協和音の生み出す多様性にクローズアップし、今回のコレクションを通して表現しました。

lucien pellat-finet(ルシアン ペラフィネ)について

1986年にフランスで設立したファッションブランドで、自身の名前「ルシアン ペラフィネ」のブティックをパリにオープン。
設立当時からカシミアを使用したコレクションが有名で、服やニット、小物などをデザインし環境に優しい製法や素材を採用。

ラグジュアリーな素材を用いたものを長く大切に着る事、物を捨てない事、無駄にしない事が結果的に環境保護につながると考えています。

< lucien pellat-finet(ルシアン ペラフィネ)について>
ブランド名: lucien pellat-finet(ルシアン ペラフィネ)

店舗名:ルシアン ペラフィネ 東京ミッドタウン店
住所:東京都港区赤坂9-7-4 ガレリア2F

お問い合わせ先:TEL : 03-5647-8333

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中