【Pasco超熟:全国100人一斉実食調査】「食感で食べ分け」がネクストトレンド?コロナ禍で食パンの食べ方・好みが多様化Pasco公式「山角食パンアレンジレシピ」も公開

【Pasco超熟:全国100人一斉実食調査】「食感で食べ分け」がネクストトレンド?コロナ禍で食パンの食べ方・好みが多様化Pasco公式「山角食パンアレンジレシピ」も公開

食感の好みは「しっとり派」6割 VS「さっくり派」4割に二分化 8割以上が知らなかった!?山型・角型の違いとは 全国の100人に一斉実食調査 食パンをさらに自分好みに!Pasco公式アレンジを発表

みなさんにとって、食パンはどのような存在ですか?気軽に食べれるパンというイメージだと思いますが、食パンって一家に一つあったりしませんか?

気がつくとある、ドラえもんのようなほっと安心できる存在「食パン」。実家にいるとき、毎朝会社に行く前に、これだけは食べていきなさいと渡された、バターが塗られた食パン。

そんな思い出深い食パンにも「山形」と「角型」では、味が全然違うのだそう。

今回、敷島製パンでは食パンシェアNo.1ブランド※1「超熟」のリニューアルにあたり、山型食パン・角型食パンの違いやそれぞれの楽しみ方を知っていただくため、「食パンに関する実態調査・実食調査」を実施しました。

食パンに関する実態調査は昨年12月20日から12月22日の期間、全国の10~60代の男女500名※2に対してインターネット上でアンケートを行いました。実食調査に関しては、 昨年12月24日から12月29日の期間、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)・名古屋圏(愛知県、岐阜県、三重県)・大阪圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県)にお住まいの10~60代男女100名※3に対して行いました。

※1 インテージ社・SCIデータ「食パン」全国市場における2010年4月~2021年12月のブランドシェア(金額ベース)
※2 調査対象:月1回以上食パンを食べる方 
※3 調査対象:週1回以上食パンを食べる方

敷島製パン調べ


■TOPIC1:コロナ禍で、6人に1人が食パンを食べる機会が増加!
約8割の人が、週1日以上食パンを食べていたことが明らかに。
食パンを食べる平均枚数は15枚/月。中には30枚以上食べる方も。
コロナ禍での食パンの喫食機会の変化について調査したところ、6人に1人が「食パンを食べる機会が増えた」と回答。コロナ禍において自宅で過ごす時間の増加、外食機会の減少により、手頃な食パンを取り入れる回数が増えたと考えられます。


また、食パンを食べる頻度は「毎日」が24.0%、「週5~6日」が10.8%、「週3~4回」が17.0%、「週1~2回」が27.6%と、約8割(79.4%)の人が週1回以上食パンを食べると回答しました。
1ヵ月で食べる食パンの枚数は、「1~5枚」・「6~10枚」という回答が多く、平均すると月15枚という結果に。中には1ヵ月で30枚以上食パンを食べると回答した人も7.4%おり、食パンが主食として強く根付いていることがわかりました。

敷島製パン調べ
敷島製パン調べ

■TOPIC2:好きな食パン1位は「シンプルでアレンジしやすい食パン」。
食べ方や好みは多種多様な結果に。
食べ方は「焼いてバターやジャムを塗って食べる」「焼かずにそのまま食べる」に多数支持。

食パンを食べる機会が増え、食パンの好みや食べ方も多種多様なことが分かりました。
好きな食パンの種類に関しての質問では第1位が「シンプルな味わいでアレンジしやすい食パン」という回答で、全体の52.8%にのぼる結果となりました。

食べる頻度が多くなったからこそ素材本来のおいしさを感じられ、シンプルでアレンジしやすい食パンであることを重視されていることがうかがえます。
次いで、「トーストしたときの食感がさっくりしている食パン(46.6%)、「そのまま生で食べても美味しい食パン」(39.0%)との回答が多く、食パンの食感や食べ方に対する関心の高さがうかがえる結果となりました。

敷島製パン調べ

また、食パンの食べ方に関しての質問では第1位が「焼いてバターやジャムを塗って食べる」(81.4%)、第2位が「焼かずにそのまま食べる」(61.8%)となり、焼く/焼かない、何かを塗る/塗らないと、全く正反対の食べ方が続く結果に。食パンの食べ方の好みに関しても、多種多様な結果に。

敷島製パン調べ

■TOPIC3:食パンを選ぶ基準は価格・味・厚さ・食感。
中でも、食感の好みは、「しっとり派」6割・「さっくり派」4割に二分化。
「しっとり派」は男性10代/女性60代、「さっくり派」は男性50代/女性10代が多い結果に。

「食パンを選ぶ基準」について質問したところ、「価格」・「味」・「厚さ」・「食感」の4項目が大多数を占める結果に。
頻繁に食べるものだからこそ価格が前提としてありつつも、食パン自体の好み・こだわりが反映された結果となりました。

敷島製パン調べ

その中でも、食感に関する質問では「しっとり派」が約6割(59.2%)、「さっくり派」が約4割(40.8%)と、食感の好みがおおよそ二分化。

性年代別で見ると、「しっとり派」は男性10代/女性60代、さっくり派は男性50代/女性10代が最も多く、男女・年代で好みが逆転するという興味深い傾向が見られました。

敷島製パン調べ

■TOPIC4:8割以上が知らなかった!「山型食パン」「角型食パン」実食で約9割の人が違いを実感
山型「トーストするとさっくり食感」「香りが良い」
角型「シンプルでアレンジしやすい」「生で食べても美味しい」 と特徴の違いが判明。

「山型食パン・角型食パンの違いを知っているか」という質問には「知らなかった」(65.8%)、「なんとなく聞いたことはあるが、詳しくは知らなかった」(18.6%)が8割以上(84.4%)の大多数を占めることが判明。

日頃から食パンを食べ、味や食感にこだわる人が多くいる一方で多くの人が「山型食パン」と「角型食パン」の違いを知らない、という結果となりました。
山型食パン・角型食パンは見た目だけでなく、製法や食感、味、香り、おすすめの食べ方まで違いがあります。

実食調査を行ったところ、2つを食べ比べた人の約9割(88.0%)が山型食パン・角型食パンの違いを実感したと回答。

山型食パンは「トーストするとさっくり食感」・「香りが良い」といった点、角型食パンは「シンプルでアレンジしやすい」・「そのまま生で食べても美味しい」といった点で多くの支持を得ていました。

敷島製パン調べ
敷島製パン調べ

■TOPIC5:山型・角型を食べ分けたいと感じた人は7割以上
7割以上の人が「食べ方・レシピによって、食パンの山型・角型を食べ分けたい」と回答
「食べ方・レシピによって、食パンの山型・角型を食べ分けたいと感じましたか」という質問に対して、7割以上(74.0%)の人が食べ分けたいと回答。
「山型食パン」「角型食パン」を食べ比べて感じた違いとして、「山型食パンの方はミミの部分がサクサクしていて美味しく、角型食パンはしっとりしていてそのまま食べても美味しかった」「角型はきめ細かく生で食べるのに良く、山型はトーストしてさっくりした食感が好き。」「角型は口溶けが良い」などと、山型・角型それぞれの傾向と合う食べ方を実感する声が寄せられました。
食パンの形状による特徴の違いを認識した際、自分の好みに合わせて山型食パン・角型食パンを選び、よりおいしい食べ方を実践してみたいと考える人が多いことが結果として得られました。

敷島製パン調べ

●「山型食パン」「角型食パン」の違いをより一層楽しむ!
 Pasco公式「山角食パンアレンジレシピ」を公開
Pascoでは今回の「食パンに関する実態調査・実食調査」の実施に伴い、「山型食パン」「角型食パン」の違いを活かしたおすすめの食べ方を、「山角食パンアレンジレシピ」として紹介します。
「山型食パン」は「トーストするとより外はさっくり、中はもっちりを楽しめる」、「角型食パン」は「そのままでも、しっとりやわらかく、ミミまでおいしい」というそれぞれの食パンの特徴を楽しんでいただけるレシピです。
リニューアルした食パンシェアNo.1ブランド「超熟」の食パンを使って、ぜひご自宅でお試しください。

■超熟のピザトースト
山型食パンはサクッと食感を活かしてフレッシュトマトと合わせてイタリア風のピザトーストに、
角型食パンは厚ぎりのもっちり感を楽しむため、たっぷりチーズで具材のもっちり感にもこだわりました。

【山型】フレッシュトマトのピザトースト

材料(1人分) 309 kcal/1人分
超熟山型 6枚スライス…1枚 トマト…1/2個
ミックスチーズ…20g ケチャップ…大さじ1/2 オリーブオイル…大さじ1/2 バジル…適宜
つくり方
1.トマトは1cm幅の輪切りにして種を取り除き、キッチンペーパーの上に置いておく。
2.ケチャップ とオリーブオイルを混ぜて食パンにぬる。その上に1のトマトをのせ、ミックスチーズをかけて焼き色がつくまでトーストする。
3.お好みでバジルをのせる。

【角型】​チーズたっぷりピザトースト

材料(1人分) 615kcal/1人分
超熟 4枚スライス…1枚 ソーセージ…1.5本
玉ねぎ…15g ピーマン…1/2個 ミックスチーズ…60g
ケチャップ…大さじ1 オリーブオイル…大さじ1/2
つくり方
1.ソーセージは1cm幅の斜め切りに、玉ねぎは薄切りに、ピーマンは種とヘタを取って薄い輪切りにする。
2.ケチャップとオリーブオイルを混ぜて食パンにぬり、その上にミックスチーズの半量を広げる。
3.2に1のソーセージ、玉ねぎ、ピーマンを散らす。残りのチーズをのせ、周りをアルミ箔で囲み、5分ほど焼き色がつくまでトーストする。

■超熟のたまごサンド
トーストすると香ばしくサクッと軽い山型食パンは濃厚なスクランブルエッグとの食感のバランスを楽しむホットサンドに、
しっとり口どけの良い角型食パンは本格だし巻きたまごをはさんで、柔らかさを楽しむサンドイッチに仕上げました。

【山型】半熟スクランブルエッグサンド

材料(2人分) 376kcal/1人分
超熟山型 6枚スライス…2枚 卵…2個 塩…ひとつまみ
牛乳…大さじ1 バター…10g
スライスチーズ…2枚 マヨネーズ…大さじ1 ケチャップ…大さじ1
つくり方
1.ボウルに卵、牛乳、塩を入れてよく混ぜる。
2.フライパンを中火で熱し、バターを溶かして1の卵液を流し入れる。ヘラで全体を混ぜながら半熟に仕上げボウルに戻す。乾燥しないようキッチンペーパーをかぶせる。
3.食パンをトーストして半分に切り、マヨネーズとケチャップを混ぜてぬる。
4.2のスクランブルエッグ、スライスチーズを3の食パンではさむ。

【角型】本格だし巻きたまごサンド

材料(2人分) 385 kcal/1人分
超熟 6枚スライス…2枚 卵…3個
サラダ油…大さじ1/2 バター…10g
(A)砂糖…小さじ2 水…大さじ1 白だし…小さじ1
   マヨネーズ…大さじ1
つくり方
1.ボウルに卵を割り入れ、(A)を加えてよく混ぜる。
2.サラダ油をひいた卵焼き器を熱し、1の卵液を加えて混ぜる。全体が固まってきたら食パンの大きさに卵をよせ、アルミホイルで蓋をし、卵が固まるまで弱火で2〜3分待つ。
3.食パンはバターをぬり、2の卵をのせてはさみ、4等分に切る。

■超熟のフルーツサンド
さっくり香ばしい山型食パンは、ヨーグルトの酸味といちごの甘みが絶妙にマッチするオープンサンドで、
生で食べてもおいしい角型食パンは、パンのやわらかさとほのかな甘みが引き立つ王道フルーツサンドでお楽しみください。

【山型】ヨーグルトといちごのオープンサンド

材料(1人分) 356 kcal/1人分
超熟山型 5枚スライス…1枚 ヨーグルト…50g
いちご…6粒(100g) 砂糖…大さじ3 レモン汁…小さじ1/2 チャービル…適宜
つくり方
1.ボウルの上にザル・キッチンペーパーをのせ、ヨーグルトを入れる。ふんわりとラップをかけ一晩冷蔵庫で寝かせて水切りする。
2.耐熱ボウルにヘタをとったいちごと砂糖、レモン汁を入れて全体をざっくり混ぜる。ふんわりとラップをかけ600wのレンジで1分30秒加熱し混ぜてから粗熱をとる。
3.トーストした食パンに1のヨーグルトと2のいちごをシロップごとのせる。お好みでチャービルを飾る。

【角型】いちごたっぷりの贅沢サンド

材料(3人分) 302 kcal/1人分
超熟 8枚スライス…2枚 いちご…6粒
生クリーム…150ml 砂糖…小さじ2
つくり方
1.ボウルに生クリームと砂糖を入れてツノがたつまで泡立てる。
2.大きめに切ったラップに食パン1枚をのせ、1の生クリーム半量を全体にぬる。いちごはヘタを切った方を下に横2列で並べる。残りの生クリームをいちごが隠れるまでぬり、もう1枚の食パンをのせる。
3.2をラップでそっと包み、冷蔵庫で30分以上冷やす。温めた包丁でいちごが見えるように3等分に切る。

Pasco 「みんなの食パン調査2022」特設サイトを期間限定で開設! 山型・角型の特徴を活かしたアレンジレシピや「食パンに関する実態調査・実食調査」の結果を公開

Pasco「みんなの食パン調査2022」特設サイトでは、超熟レシピ3番勝負と題したレシピ投票を実施中です。

「たまごサンド」「ピザトースト」「フルーツサンド」の3つの各カテゴリーで、山型食パン・角型食パンどちらのアレンジレシピを食べてみたいか、ぜひご投票ください。

・投票方法:特設サイトもしくは、Pasco公式Twitter・Instagram上で投票受付。
・投票結果:2022年3月中旬頃、同サイト内にて掲出予定。

今回実施した全国500人へのインターネット調査、100人への実食調査による「食パンに関する実態調査・実食調査」の結果を、同サイト内でも公開します。

食パンを食べるタイミング、枚数、頻度、購入時に重視するポイントど、“みんなの食パン事情”を知ることができます。
また、PascoのCMキャラクターを務める女優・杉咲花さんのコメントも公開。今回の調査を受けてインタビューした、杉咲さんの食パン愛溢れるコメントをぜひご覧ください。

■Pasco「みんなの食パン調査2022」特設サイトURL
https://www.pasconet.co.jp/chojuku/minnanochousa

リニューアルした「超熟」について

2022年1月29日より、食パンシェアNo.1ブランド「超熟」の角型タイプ、山型タイプをリニューアルしました。

「炊きたてのごはんのような、毎日食べても飽きないおいしさ」をコンセプトに、「超熟」は1998年10月に発売し、長くご愛顧いただいています。

小麦本来の自然な味や香りをお楽しみいただくため、「余計なものは入れない」シンプルな配合を目指した「超熟」は改良を重ね、2015年には品質の向上と食料自給率向上への貢献を目指して国産小麦「ゆめちから」を一部配合するなど、常に、お客さまの「豊かで楽しい食卓」を提供するため、よりおいしく、より安心な食パンへと進化してきました。


今回のリニューアルでは、購入者調査でうかがえた「角型」「山型」に求める事柄を反映し、配合の見直しを図りました。
「超熟」の品質向上はもちろん「角型」 「山型」それぞれの特徴や違いをより際立たせることで、お客さまの豊かな食シーンの提供を目指します。また、「超熟」への国産小麦の配合比率を高めることで、Pascoの食料自給率向上への取り組みも推進していきます。

【商品概要】
発   売   日  : 2022年1月29日
対 象 商 品  : 超熟の10アイテム、超熟山型の5アイテム
発 売 エ リ ア : 東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州地区 ※商品によって発売エリアが異なります
販   売   店  : スーパー、ドラッグストア 等

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中