日本全国の農家さんに向けて、日本の夏を乗り越えるヒントを提供したい。リベルタが推進する「ヒートレスキュープロジェクト」に、埼玉県深谷市の参画が決定しました。

近年世界的に危惧貸されている気候変動問題や、それに伴う脱炭素問題。

日本の夏は年々厳しさを増している状況にあり、2020年の夏に熱中症で搬送された方は6万4,869人までに上り(※1)、地球温暖化の進行により2100年には最悪の場合、平均気温は最大4.8℃上昇すると予想されています(※2)。

(※1)6〜9⽉累計 総務省消防庁統計より参照
(※2)IPCC「第5次評価報告書」2014年,1986〜2005年の平均気温と比較したRCP8.5シナリオ

先日から開催され、来週11/12㈮までイギリス/グラスゴーで開催されている『COP26(国連気候変動枠組み条約第26回締結国会議)』。

その開催を前に、 国連本部に獰猛な恐竜があらわれ、世界のリーダーに対して気候対策の強化を訴えるシーンが報道で流れました。

先日オンラインにて開催されたCOP26日本ユース代表 佐座 槙苗さん率いる「渋谷COP 2021」は、Z世代自らが日本の若者たちへパリ協定の世界的な平均気温上昇抑えるという1.5℃目標を知らせ、アクションを促すプロジェクト「ACT1.5℃」の活動の一つとして計画されています。

※写真はイメージです

※写真はイメージです

昨年、世界は未曾有の見えない新型コロナウイルス感染症の蔓延が拡大しました。それに伴い、酷暑による異常気象から豪雨や台風。

気候の危機は心身の健康から暮らしや経済にまで、私たちの日常や社会のあらゆる側面に影響を及ぼしています。

※写真はイメージです

※写真はイメージです

異常気象や食料不安、コロナ禍、紛争などの影響が重なり、何百万もの命が危険にさらされ、日々多くの尊い命が失われていきます。

今、世界が「気候変動に向けて変わろう」としています。

いまや気候変動問題は、既にもう始まっており決して他人事ではありません。若い世代の方々も含め、世界で取り組んで行かなければならない問題となっています。

うだるような夏の酷暑により、豪雨や台風が発生することにより年々日本全国の農家さんが大打撃を受けています。その農家さんが心を込めて作った「野菜」や「フルーツ」は、わたしたちが住む地球にとっては最高の”たからもの”です。

そんな酷暑と闘いながらも、毎日心を込めて野菜や果物を作っている農家さんを救おうと立ち上がった企業があります。

株式会社リベルタが展開するクーリングウェア・ギア「FREEZE TECH(以下、フリーズテック)」は、「ニッポンの夏を涼しく変える!」をキーメッセージとしたプロジェクト「HEAT RESCUE PROJECT(以下、ヒートレスキュープロジェクト)」を、今年6月より始動しています。

今回このプロジェクトに日本国内指折りの酷暑地域である埼玉県深谷市の参画が決定しました。

年々酷暑が増す中、日本の農家の方々に安心・安全な環境を提供するべく、フリーズテックと深谷市が連携して農家向けの商品提供や暑さ対策セミナーなどを定期的に実施。

さらに来年の夏を見据えて、農家の方々とともに商品開発を視野に入れて取り組みを展開する予定です。

農業都市「埼玉県深谷市」が目指すアグリテック集積都市「DEEP VALLEY」について

アグリテック集積都市「DEEP VALLEY」とは農業版のシリコンバレーを本市において実現する取組で、農業に関わる企業が深谷で繋がり、自発的な企業の集積が発生している状態を目指すものです。
深谷市産業の強みである「農業」に外部からの新しいテクノロジーを掛け合わせて、地域の農業課題の解決や生産性の向上を目指します。深谷市に多くの農業及び食品関連企業が集まり、本市から日本の農業のイノベーションを実現していきます。

深谷市が推進する”アグリテック”とリベルタが推進する”フリーズテック”

「HEAT RESCUE PROJECT」の参画決定の背景に、お互いにテクノロジーを活用した環境づくりにおける理念の合致があります。

『深谷ねぎ』などのブランド野菜をはじめ、多種多様な農産物の生産地として知られる深谷市では、深谷市が将来にわたり発展し続けるためには産業の核となる農業・食品製造業のイノベーションが不可欠であることから、直面する後継者不足、生産性の向上、高付加価値化などの課題を解決し、次世代農業を創出するために「DEEP VALLEY」というアグリテック集積都市を目指しています。

※写真はイメージです

一方リベルタでは年々暑さ対策が必要となっている日本の夏において、外で働く方やスポーツをされている方の暑さ対策が急務と考え、日常に必要不可欠である「衣類」に注目し、着ることでの暑さ対策に取り組むべく、テクノロジーを活用したクーリングウェア・ギア「フリーズテック」を開発してきた背景があります。

両社ともにテクノロジーを活用することによって未来の環境づくりを推進することから、ヒートレスキュープロジェクトに深谷市が参画することとなりました。

深谷市の農家から「画期的!継続的に使いたい」

会議室でパソコンを使っている男性

低い精度で自動的に生成された説明

深谷市のヒートレスキュープロジェクト参画にあたり、「DEEP VALLEY」の会員農家に向けて「フリーズテック 熱中症対策セミナー」を実施しました。

開催されたセミナーには、20代~60代の幅広い世代の農家さんが参加し、フリーズテックの特徴や効果の説明と実際に農業現場での着用モニタリング調査を実施。

フリーズテックを着用した農家さんからは、「今まで使用してきた機能性インナーの中で異次元の涼しさで画期的でした!」「風が吹くと一層涼しさが増し、継続的に使いたい」といった声をいただきました。

年々酷暑を増す日本国内において、炎天下で働くワーカー、アスリート、そして子どもから高齢者の方々まで多くの方が苦慮しています。気候変動が著しく進行する中、深谷市から日本全国の農家さんに向けて、日本の夏を乗り越えるヒントを提供していきます。

第一弾の取り組みは“DEEP VALLEY会員農家へフリーズテックを提供” 

テキスト

中程度の精度で自動的に生成された説明

第一弾の取り組みとして、「DEEP VALLEY」の会員農家約160名に対してフリーズテック商品を提供することが決定しました。

屋外での長時間作業やビニールハウスなどの熱さが保たれた環境下での作業など、様々な農家さんに対してフリーズテックを着用いただきながら、フリーズテックと暑さ対策におけるモニタリング調査を定期的に実施します。

また、夏の暑さだけでなく秋冬シーズンにおけるフリーズテックをはじめリベルタ社製品の新たな有用性や来夏に向けた商品開発を深谷市の農家の方々とともに行っていく予定です。

<リベルタのテクノロジー事例商品>フリーズテックの冷却効果で体温をコントロール 


※「熱中症ゼロへ」プロジェクト暑熱環境・運動環境下を想定したフリーズテックとアンダー夏用ウエアとの比較実験レポート(2019)より

フリーズテックは接触冷感生地に加え、裏地全面にエリスリトール、キシリトールを含有した特殊な《氷撃冷感プリント》を施しています。

この”特殊冷感プリント”で処理した生地が人の皮膚から発生する水分(汗)を吸収すると、その吸熱特性により生地温度が下がり、冷感を付与します。

また、風をうけることにより冷感をさらに強く感じることができます。触った時の冷感だけでなく、汗をかくことで冷感が“持続”するため、真夏の作業やスポーツ等での暑さ対策としておすすめ。

フリーズテックは、厳しい製品検査や耐洗濯性試験などを実施し、耐久性・品質にも徹底的にこだわって開発されています。

株式会社リベルタについて
『喜びを企画して世の中を面白くする』という理念のもと、物を得る喜びではなく、その物を得ることで得られる「ココロの喜び」を創造します。

削らない角質ケア「Baby Foot」や恋するハミガキ「DENTISTE’」、目に見えて効果がわかる洗濯槽クリーナー「カビトルネード」、スイス製ミリタリーウォッチ「Luminox」、明日を見るボディメイク食品「アスミール」など機能衣料事業をはじめ、美容・家庭日用品・腕時計・加工食品など幅広いジャンルの商品・サービスの企画開発・販売をしています。

リベルタは、常識にとらわれない自由な発想で、商品を総合的にプロデュースするのが得意な会社です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中