それはまるで心地よい太陽の光。Zuvi Japan第1弾商品として次世代ヘアドライヤー“Zuvi Halo(ズーヴィヘイロー)”を初お披露目するオンライン企業説明会・商品発表会が開催されました。

いつでもどこでも自由に使えて、コードから解放します。

新型コロナウィルスの影響で外出時のマスク着用が当たり前となった今。人と会うことも少なくなる現状ですが、そんな今だからこそ人と会うときは顔の上半分や髪の印象がとても重要になってきます。

そんなWithコロナ時代にピッタリな次世代のヘアドライヤーをご紹介します。

今回ご紹介するのは第一原理(First principle)思考で物事を考えることを原則とし、人々の生活に欠かせない家電製品分野に着目しているZuviが発売した次世代型コードレスヘアドライヤー「Zuvi Halo」。

「Zuvi Halo」は市販のドライヤーと比べて必要な保水率を維持しながら静電気の発生を大幅に抑制することで70%以上の水分と潤いを保持しながら髪を乾かしてくれる「艶やかな髪の必要な保水率を維持する」ドライヤー。

ドライヤーはなぜコードレスにならないのか」、「速乾性に優れつつも髪のダメージを抑えるにはどうすればよいか」という課題を解決するために開発されました。

さらに光エネルギーで紫外線を除去し、目にも優しく効エネルギー効率と環境にも優しい。

Zuvi Japanが開発した第一弾の新製品として太陽光を応用した特許取得済みの光による熱伝導技術と風で髪を乾かす次世代のドライヤーを発表するオンライン商品発表会と企業説明会が先月開催されました。

熱さを感じず、髪を健康で痛みや縮れの無い状態に

■Zuvi Haloコードレスヘアドライヤーについて

■Zuviについて
2019年に香港で創業したZuviは第一原理(First principle)思考で物事を考えることを原則とし、 人々の生活に欠かせない家電製品の分野に着目・研究開発している企業で、研究開発チームにはハードウェア、ソフトウェア、構造、光学、液体力学、バッテリーなど多岐にわたる専門分野の人材が集まっています。

私たちは人々の生活に欠かせない生活家電分野の開発に取り組んできました。
普段生活していて、身近にある製品の中には長い間基礎原理が変わらないままのものもあります。
その原理を刷新し再定義することで、日常をより豊かにかつ快適にできる可能性を秘めた技術があるものと考えています。
Zuviが第一弾の製品として発表するヘアドライヤー分野もその一つです。

<太陽光と風をヒントに誕生したドライヤー>

Zuvi Japanによりますと、髪を健康的に保つには高い保水量が必要であると考えています。
Zuviが同様の乾燥環境及び風速条件下で実施した検証において、従来型の熱風式ヘアドライヤーを使用後では過度な乾燥により保水率が8-11%*に留まったのに対し、Zuvi Halo使用後の保水率は17%という結果でした。
健康的かつ艶やかな髪に必要な保水率を維持することで、静電気の発生を大幅に抑制し、17%滑らかに、9%しなやかさが高まるという結果を得ています*。

先月9月3日に発売した次世代型コードレスヘアドライヤー「Zuvi Halo(ズーヴィヘイロー)」は、心地よい太陽の光と風で髪を乾かすという自然の原理に着想を得て開発した製品で、特許を取得した赤外線光技術と風を組み合わせた、まったく新しい次世代型ヘアドライヤーです。

光エネルギーの熱を髪表面の水分に直接照射し水分子の蒸発を促進させながら、105000回転の高速モーターが発生させる最大36m/sの風で乾燥を加速させます。

ヘアドライヤーを使うと、髪や頭皮にダメージがあると心配されている方も多くいらっしゃると思います。なんとヘアドライヤー使用時の電力は家庭用電子レンジ2台分の電力を消費するという結果に。

ヘアドライヤー使用時に髪に与える熱や過度な乾燥によるダメージをいかに抑えるかという発想やコンセントによって縛られる使用場所からユーザーを解放し、より自由に使えて電力消費も抑えたヘアドライヤー。

それこそが、Zuvi Haloで目指し実現した技術です。

先月開催されましたオンライン商品発表会では、Zuvi Japan代表取締役の川中良之氏は次のように説明しました。
「従来の熱風放出型ドライヤー」は古くは100年前に誕生したと言われています。一般的にハイパワーのモデルは1,200W程度の電力を使いドライヤー内部で100℃以上の温風を作り出しますが、髪に届くころには60℃〜70℃になるため、エネルギーのロスがあります。

大量の電力を使うことから、従来型のドライヤーをコードレス化するのは難しい。そこで当社は、太陽光と風で髪を乾かすという、自然の原理に着想を得て開発を進めました」

開発のポイントとなったのは、特許技術でもある「Wide Spectrum Spatial Modulated Light」です。

これは太陽の光を応用した熱伝導技術で、乾燥に最適な光を作り出し髪表面の水分子の蒸発を加速させる仕組みです。光を放出するリング部分には120層のナノコーティングを施し、有害な紫外線や可視光線を遮断しています。

ドライヤー本体からは最大で秒速36mの風を放出。使用する環境から取り込んだ空気を送風しているため、熱を持ちません。

風を当てて乾燥を促進させ、熱を吹き飛ばします。

Zuvi Japanによると、使用時の髪表面温度は37℃前後。従来のドライヤーは長時間利用すると頭皮が熱くなりますが、Zuvi Haloは頭皮が熱くなりすぎないので、乾燥を防ぐほかに子どもでも熱がらずに使えそうですね。

また、Zuvi Japanによると「従来型の熱風式ヘアドライヤーを使ったあとは、髪の保水率が8〜11%だったのに対し(乾きすぎ)、Zuvi Halo使用後の保水率は17%。健康的で艶やかな髪に必要な保水率を維持することで、静電気の発生を大幅に抑制します。髪の滑らかさは17%、しなやかさは9%、高まります」とのこと。
さらに「ドライヤーによるヘアカラーの退色を気にされる方がいらっしゃると思います。スイスの試験機関SGSによると、従来型の熱風式ヘアドライヤーを使用した場合と比べ、Zuvi Halo使用後は約2倍、カラーが持続したという結果が出ました」と川中氏よりが説明がありました。

■Zuvi Halo(ズーヴィ ヘイロー)商品について
商品名:Zuvi Halo(ズーヴィ ヘイロー)
価格: 55,000円 〈税込/メーカー希望価格)
発売日:2021年9月3日(金)
取り扱い店舗:Amazon、公式オンラインサイト(https://www.zuvi.jp/)と楽天市場でも販売中。
カラー:1色(ホワイト)
仕様:コードレス(充電式)、最大定格電力290 W、動作環境温度 5〜40 ℃、3段階調整(FASTモード:13分、SOFTモード:15分、COOLモード:27分)
 本体重量630g、チャージングドック(充電器): 540g
サイズ:本体:265×98×84mm
充電時間:34分(電池残量0から90%まで19分で急速充電)
公式HP:https://www.zuvi.jp/

使用レビュー:使用時には充電できていないので、まずは付属の充電器で充電をします。充電はおよそ34分程度で完了するので入浴時間中に充電しておくのがオススメ。

使用感は、FASTモードは風量が強めで、SOFTは風量は普通で、ゆっくりじっくりと乾かしていき、使用後はしっとりさらさら髪に。

夏はCOOLモードがオススメで、お風呂上がりでもさわやかに髪の毛を乾かせます。音量も静かなのでテレビを観ながら乾かせました。


コードレス化を実現。わずか19分で90%まで充電可能
光と風で乾かすという独自の技術によって消費電力は290Wまで少なくなり、家計にも優しいという合理的なコードレス化を実現できました。

専用のチャージングドックは急速充電に対応し、およそ19分で90%まで充電できます。

使わないときは、電源をOFFしておき、使いたい場合は電源をON。お風呂に入っている間に充電でき、お風呂上がりに使用できるのでとても合理的。満充電にかかる時間はおよそ34分です。

使い方もとても簡単で、使用する際には3つのFAST・SOFT・COOLの3段階の運転モードから自分の好みで選べます。

FASTモードは本体に搭載した15のセンサーが周囲の温度と湿度を感知し、自動で風と光の出力効率を調節します。

連続運転時間はFASTモードが13分、SOFTモードが15分で熱を抑えることで、お子様や頭皮が敏感な方にも安心して使えます。

COOLモードが27分で、光による熱の発生がなく、涼しい風のみが放出され、暑い夏でも快適に使えます。

本体サイズは幅265×奥行き98×高さ84mm、重さは630gとなっており、気になる動作音は計7つのノイズ低減設計を盛り込み、動作音は65dBA以下を実現。

髪を乾かしながら会話ができるほど静かとのこと。コードレスのドライヤーならリビングでテレビを見ながら髪を乾かしたり家族と会話しながら乾かしたりといろいろな場所で使え、さらに静かなので、とても魅力的ですね。

詳細は下記をご覧ください。

■Zuvi Haloの4つの特長
1. 光と風で乾かす技術;特許を取得したZuvi独自の技術「Wide Spectrum Spatial Modulated Light」は太陽の光を応用した新たな熱伝導技術で、髪表面の水分子の蒸発を加速化させます。

光を放つリング部には120層ものナノコーティングを施し、有害な紫外線や可視光線を遮断しています。本体から放出される風は、使用する環境から取り込んだ空気を送風しているため熱を持たず、乾燥を促進させながら同時に熱を吹き飛ばす役割があります。


Zuvi Haloの最も効果を得られる髪と本体との推奨距離は10-15cmと従来型ドライヤーと比べても近いにも関わらず使用時の髪表面温度は37度前後と非常に低く、髪だけでなく頭皮の過度な乾燥を防ぎ、熱が苦手な子どもにも安心して使えます。

2. コードレス式:外でも、ベッドやソファ、ジムでも。FASTモードの最大使用時間は13分。いつでも、どこでも自由に乾かせます。
コードレス化のために消費電力を290Wに抑え、1200Wの熱風式ドライヤーと比べても1/4の省エネ性能です。

コードによる使用場所の制限が無く、いつでもどこでも自由に使えます。専用のチャージングドックは急速充電にも対応し19分で90%まで充電できるため、例えば家族がお風呂に入っている間に準備することもできます。

■環境に合わせたインテリジェント機構と18種類の安全設計

Zuvi Haloは、子どもから大人まで、自宅や旅先で安全かつ最適にご利用頂けるように、あらゆる状況を想定しゼロから設計されました。

18種類にも及ぶ安全設計には、チャイルドロックや電源の入れっぱなしを防ぐ電源オフシステム、紫外線を除去し目に優しい光のみを放出するための120層のチタンコーティングなどがあります。

3. 15個のセンサーを搭載するスマートなドライヤー
Zuvi HaloはFAST、SOFT、COOLの3つのモードを搭載しています。FASTモード使用時に本体に搭載した複数のインテリジェントセンサーが周囲の温度と湿度を感知し、自動で風と光の出力効率を調節することで、髪に最適なブローを実現します。また、計7つのノイズ低減設計により、ドライヤーのノイズレベルを65dBA@1mに抑えており、ブローしながら会話もできます。

4. 安全性能
誤動作を防ぐためのチャイルドロック機構、電源オンの状態で長時間使用されていない場合や誤って水に落下させてしまった場合に自動で電源オフにする機能など、安心してお使いいただけるよう各種の安全機能を実装しています。

Amazonや楽天市場、一部家電量販店で販売中です。また、10月より一部家電量販店にて販売が開始されています。

これからの秋から冬にかけての感想する季節は、何もしなくても乾燥や静電気で髪の傷みが気になります。熱や過度の乾燥による髪のダメージを抑えるZuvi Haloは、これからの季節で特に重宝しそうなドライヤーです。

お値段は高めですが、髪の潤いを保ちながら長く使えると考えれば魅力的なアイテムではないでしょうか。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください