新しい時代のモノや暮らしへの向き合い方が多様化する中での選択肢 。 良いものをメンテナンスし、永く住むことを楽しむ「REISMのロングライフな暮らし」とは。

シンプルで永く住むという暮らし方

新型コロナウイルスの感染拡大から一年が経ちました。新しい生活様式や新しい働き方になり、昨年だけでも都心を離れて地方に移住する人が多く見られています。

さらに現在も都心から離れて多拠点で仕事をする人が増え、今はパソコン1台さえあればどこでも場所を選ばずに住める時代に。

買い物もオフラインだけではなくオンラインでもモノを購入できる新しい購買形式になりつつあり、新しい時代に変化しています。

そんな中、荷物は最小限にミニマムにしながら、暮らしたい。本当に好きなモノに囲まれてシンプルに暮らしたい。良いものを長く使いたい。長く使うものにはしっかりとお金を使いたい。というように、モノに対する考え方や暮らし方にも大きく変化が見られています。

Withコロナ時代は自分で生きることに対する価値を見いだせる時代へと変化しつつあります。その新しい時代に合わせた、自分の暮らし方を自由に決めることができる取り組みを提案しているリノベーションブランドをご紹介します。

リノベーション賃貸ブランド「REISM」は、世界各国のイメージを施したリノベーション空間を34シリーズにて展開しています。

昨今、テレワークの普及とともに多拠点生活やデュアルライフなど住宅の在り方や住宅での暮らし方が多様化しています。

新しい働き方である「テレワーク」が浸透したことでONとOFFの切り替えをすることが難しくなるのが現状です。

自宅で快適に仕事ができるようにしたいという思いからインテリアコーディネートに挑戦したり、空間づくりやレイアウトを変更したり、何度も模様替えをしたという方も多いのではないでしょうか。

しかし、なかなか自分の思い通りの快適な空間作りにならないという声も多数。

そこで、自分がイメージしているお部屋に住み快適に毎日を過ごしたいという方のために、一緒に自分がイメージするお部屋を探してくれるリノベーション賃貸ブランドREISMが提案するモノや暮らしと永く付き合う「ロングライフ」な暮らし方をご紹介します。

「REISM(リズム)」 公式サイト :https://rent.re-ism.co.jp/

「REISM(リズム)」 Instagram:https://www.instagram.com/reism_jp/

好きな空間で快適に過ごしたい方が増加しています

RE:ISM= 再生主義
古くなったものに新しい命を吹き込む

リノベーション賃貸ブランド「REISM」は、現在東京都23区で展開するこれまでになかった全く新しい価値や価値観を提供する不動産に止まらない都会での暮らしをワクワク豊かにするライフスタイルブランドです。

中古物件をリノベーションで”再生”することで物件の魅力を高め、住む人と持つ人の満足度を最大限に高めます。

世界各国をモチーフに34シリーズのリノベーション部屋を展開しています。

洗練された都会派のアメリカンスタイルや伝統的なアンティーク調のヨーロピアンスタイルなど、あなたの個性や気分にぴったりの部屋が見つかるはず。

テレワークはONとOFFの切り替えが難しいのも現状です※写真はイメージです

REISM(リズム)について: リノベーション不動産賃貸・投資

リノベーション賃貸ブランド「REISM」は中古物件をリノベーションで”再生”することで物件の魅力を高め、住む人と持つ人の満足度を最大限に高めます。
これまでになかった全く新しい価値や価値観を提供する不動産に止まらない、都会での暮らしをワクワク豊かにするライフスタイルブランドです。


リノベーション賃貸ブランド「REISM」の運営と不動産投資の提案を行っています。
Key Wordは、
“LIFE STYLE” (楽しく暮らす):ライフスタイル関連の事業として、カフェの運営や家具や雑貨、古着に関するサービスを提供します。


“LIFE PLAN”(豊かに暮らす):投資関連の事業として不動産投資に留まらない「資産形成に関するコンサルティングサービス」を提供しています。

リズムが伝える想い:REISMが掲げるのはリノベーションで”再生”することで物件の魅力を高め、住む人と持つ人の満足度を最大限に高める“RE:ISM=再生主義”。全く新しい価値や価値観を提供し、都会での暮らしをワクワク豊かにするライフスタイルブランドです。

リノベーション:中古のものを再生し、新しい価値を生み出します。

プロの不動産集団:プロの不動産集団として、データをもとにした最適な物件、ライフプランを届けます。

ファンメディアコミュニティ:住む人・持つ人を含めたすべてのREISMのファンを繋げ、人生を楽しむ手伝いをします。

コンセプトは、”REMAKE YOUR TOKYO WITH REISM

東京の住居環境をリノベーションで豊かにしてきたリズムは独自の 「再生思想・技術」をライフスタイル全般に拡張していきます。

大都会東京で自分らしさが詰まった生活を過ごし続けるために必要なライフプランもリ・デザインすることによって、自分らしく生きたいと思う人たちのライフスタイルを総合的に上質にする“トータル・ライフスタイルブランド”を目指します。

リノベーション賃貸ブランド REISMの差別化5つのポイント

2009年から20~30 代のシングル層を対象に1人暮らし向けのコンセプト空間“REISM-koko(リズムココ)“より、東京23区を中心にテーマの異なる34個のリノベーションシリーズを展開し、約700部屋を超える物件を提供しています。

詳しくは:https://rent.re-ism.co.jp/about/

Point1| 「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトでテーマ性のある物件をシリーズ化
カフェのような空間の 「iCafe(アイカフェ)」や料理が好きな人向けの「Kitchen」や壁一面に木製本棚を造り付けた「Hondana」等、一つ一つコンセプトを持った空間を34シリーズ展開しています。

Point2|デザイン性の高い空間デザイン
REISMの物件は高いデザイン性を評価され「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」の施工費「500万円未満部門」最優秀作品賞を受賞しました。

Point3|空室待ちをする「ウェイティング」が100件以上
空室になるとお知らせする「ウェイティング機能」があり、一番人気の物件で最大約100件以上もつくほど、高い人気を誇っています。

ライフスタイルマガジンとして『Hito・Machi・Mono・Okane』と海外に暮らすレポーターがREISMな視点でお届けする『WORLD LIVING』の5つのジャンルがあり、東京暮らしがワクワクする情報をお届けしています。

REISMなHitoでは、入居者さんのリアルな住みこなしのポイントをご紹介しています。
https://mag.re-ism.co.jp/hito/


Point5|入居者同士が交流するイベントやワークショップを展開
REISMの物件の入居者の方との交流イベント・懇親会や、REISMに興味を持つきっかけとして、インテリアや雑貨を制作するワークショップを不定期開催しています。

※現在は新型コロナウイルスの影響により、オンラインイベントを実施しています。

■今するべき「ロングライフ」な暮らし方とは
SDGsの浸透に連れて、今サステナブルであることは生活の中でひとつの重要な要素になっています。
昨今のおうち時間の増加で「リユース」や「アップサイクル」など、お部屋の中のモノを見直す方も多いでしょう。
そういった人の多くは、モノに対し“消費する”という考え方を持っています。
そんななかREISMがおすすめしたいモノや暮らしへの向き合い方は、良いものをメンテナンスしながら長く使用する「ロングライフ」という考え方です。

REISMが提供する「ロングライフリノベーション」
リノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」は「再生主義」を掲げ、“古くなったものに新しい命を吹き込む”ことで中古のものを再生、新しい価値を生み出してきました。
経年変化も味として楽しめるように天然素材を使った「上質な空間を実現するリノベーション」や「お部屋を永く大切に住み継ぐことを可能にするメンテナンスワークショップの実施」など“ロングライフ”な視点から様々な事業を展開してきました。
今回はREISMがロングライフリノベーションを実施するうえで心がけている価値をハード面、ソフト面の要素からそれぞれの特徴と目的についてご紹介します。


①Up Old (経年良化)

REISMのリノベーションは建物の骨組みだけを残して内装・設備・外装をすべて作り直し、配管までを取り換えるフルスケルトン状態にしてから内装工事を実施しています。
デザイン面では、世界のライフスタイルに基づいた「クラシック・デザイン」をコンセプトに34シリーズのリノベーションシリーズを展開し、時代やトレンドに左右されず長い目で住めるデザインを心がけています。


また、使用されている素材は全て天然のもの。時が経つにつれて美しさや味わいが増していく「経年良化」を掲げ、素材本来の経年変化を楽しみながら季節ごとにお部屋の雰囲気を変えたり、個性やライフスタイルに合わせて住みこなしてもらうことが可能です。

REISMの使用している素材の中でも主に使われている素材は、「木」。木は人間と同じで生きているので、歳を重ねるごとに魅力が増していきます。

歳を重ねるごとに、オイルなどを塗ってメンテナンスすることでまた新しい魅力が増していきます。いわば、本革のレザージャケットと同じように、経年良化していくのです。

②Smart(かしこく豊かに)

REISMの物件では本物志向にこだわり、床材に無垢床を使用しています。無垢床のメリットとして自然の温かみを感じられるだけでなく、通常の賃貸マンションで使用する素材で必要な維持費用を圧倒的に抑えることができます。


また、様々な個性やライフスタイルから「住みたい」のニーズを形にした物件を展開し、支持される仕組みを構築することで、ローコスト且つハイクオリティな物件作りを目指しています。

そのような入居者が付き続け、資産として価値が下がらない物件を通じて住む人や持つ人にとっても”かしこく豊かな暮らし”を提案しています。

無垢床は、年々歳を重ねるごとに形やデザインも少しずつ変わっています。ジーンズでいうと汗をかいたその汗を吸収して、色味が変わるように。

無垢床は暮らす人の生活習慣や使い方によって、共に変わり続けていくのです。

③Link(環が生まれる)

「人口減少」が様々な社会問題となっている昨今、住まいの分野でも既に顕在化している現象があります。それは全国的に深刻化している「空き家問題」です。

新築至上主義の中、REISM は創業当時からリノベーションで中古物件を再生して蘇らせることで物件の価値を再構築してきました。

REISMの物件ではお部屋の7 割をREISMが作り込み、残りの3割を入居者が作り上げるという考え方でリノベーションを行っており、収納はあえてはオープンに設計し個性が反映できる余白を設けています。

そのような個性や趣味、ライフスタイルに合わせたリノベーションシリーズを展開することで空室リスクを減らし、中古の良さを社会に伝えていきたいと考えます。

また、普段あまり交わることのない人たちが個性やライフスタイルを自由に発信し、情報交換ができるコミュニティを作り上げています。

人口減少の背景から問題となっている空き家の増加を考えると、これからも新しいマンションが建て続ければ、空室が増えていくのは目に見えている中、リノベーションという住まいの選択は、サステナブルな社会に大きく貢献する、賢い選択といえます。

現在日本でも深刻化されている「空き家問題」。コロナ禍で増える孤独死の影響も有り、年々増え続けています。そんな「住む人の思いを受け継いでいくお部屋」を、「これから住む人の幸せに」。

人とのふれ合いを、新たなコミュニティに、REISMは笑顔を作る時代を作ります。

④Favor (かけがえのない日々)

手間隙をかけてまで愛着を持って長く住んでもらいたいという思いから、REISMの物件では天然素材を使用しています。

天然の無垢材は加工を施した一般的な複合フローリングよりも傷がつきやすいなどの欠点がありますが、修理やメンテナンスをしながら手入れすることで、美しく経年変化をします。

ただ、見た目や設備を新しくすることだけではく、自ら手を加えることで愛着が増すという考えの元、そのようにして住み手が代っても永く大切に住み継ぐことができる部屋作りを目指しています。

定期的に無垢材の手入れ方法や天然素材の良さを伝えるワークショップを開催し、入居者やスタッフが交わり思いを伝えて共感をし合う、愛着を伝え合うことで永続的な関係性を築くことができます。

<REISMの入居者の声>
新しい趣味が見つかった、自分の趣味に没頭している、お友達を呼びたくなる、など様々なお声を入居者の皆様より頂いています。


・iCafé J.H さん

本当に気に入ったモノだけを気に入った場所に置き、好きなひとときを好きなだけ過ごすことができるこの部屋がとてもお気に入り。
これからは生活必需品の量は最低限にして、できれば今後もっともっとモノを減らしていきたいと考えています。

コロナ禍で本当に必要なモノだけを置き、シンプルな暮らし方をする人が増えました。「シンプルでありながら、好きなモノに囲まれる」。そんな生活に変化していくのでしょうか。

・Loco K.S さん

今はコロナの影響でとにかく家にいる時間が多いけれど、せっかくたくさんある時間なら充実した生活を送りたいと思い、部屋探しをしました。

引っ越しをしてから毎日が本当に充実して、ここに住んでから快適な空間作りが何よりも必要だったんだと気付かされました。

リモートワークの普及で家にいる時間が多くなったからこそ、おうちで過ごす時間を大切にしたい。そんな自分だけのオリジナル空間を創りあげることが、毎日の充実に繋がります。

・Teida I.M さん


転職を機にこの部屋に入居しました。建材メーカにーに勤めているので、住む部屋もフローリングにこだわりたくて・・・。

賃貸だとなかなか無垢床のお部屋がないので、見つけた時はうれしかったです。この部屋の造りが何もかも好みで、思う存分自分の好きなものだけで構成できると思いました。

新型コロナウイルスの流行は様々なことに変化をもたらし、多くの人が暮らしのアップデートを必要としています。その結果、多様な暮らし方が生まれ今まで以上に自分のしたい暮らし方を見極める必要があります。

無駄なものを無くし、洗練された暮らし方をしてみたいという方はREISMのおすすめする良いものをメンテナンスしながら長く使用する「ロングライフ」を取り入れ、愛着のあるモノに囲まれた豊かな生活を送ってみてはいかがでしょうか。

◆リズム株式会社について
会社名 :リズム株式会社(代表取締役社長:齋藤 信勝)
資本金 :1 億円
所在地 :〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町 13-3
事業内容:国内外の不動産の売買、賃貸、管理及びその仲介並びに保有、運用
URL :http://www.re-ism.jp/
2005 年設立当時より手掛ける“中古不動産リノベーションを強みに「住む人(入居者)」と「持つ人(投資家)」に対して、“LIFEPLAN”(豊かに暮らす)と“LIFE STYLE” (楽しく暮らす)の両軸から人生が豊かになるようなサービスを不動産の枠を越えて提供します。

当社が運営するリノベーション賃貸ブランド「REISM」ではコンセプトに基づいたデザインと素材にこだわった住環境だけでなく、ファッションやアート、インテリアを日々の生活に取り入れることで自分なりのこだわりをインストールした自分らしい東京ライフを形づくることを提案しています。

2021年9月現在、東京23区でテーマの異なる 34 個のリノベーションシリーズを展開し、手掛けた空間は695戸を突破しています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください