現役Uber Eats配達パートナーに聞いた、配達のクオリティを上げる工夫10選をご紹介します。

日本国内でのサービスを開始して以来、もうすぐ5年の節目を迎えます

暑い日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?おうちで過ごす時間が多く、さらに暑いとなると毎日の晩御飯を作るのも一苦労です。

そんな中、飲食店の味を実際に自宅やオフィスで食べることができるのが、 Uber Eats 。

アプリから簡単操作でレストランの味が届きます

たまには、自分にご褒美

この度Uber Eatsは全国の配達パートナーを対象に、商品を運ぶ際に気をつけている点や工夫している点について今年の3月と4月に渡りアンケートを実施し、6,400名を超える配達パートナーの方々からの回答を得ることができました。

Uber Eatsのサービスは日々商品を届けてくれる配達パートナーの方々がいるからこそ成り立っています。そんなUber Eatsの大事な中核を担ってくれている配達パートナーの方々は、いかにスピーディーにきちんと商品をお客様までお届けできるか、自分なりに工夫をこらして配達しています。

実際にアンケートをとった中から特に回答数の多かった工夫・活用アイテムやユニークなアイデアを「現役Uber Eats配達パートナーに聞いた、配達のクオリティを上げる工夫10選」としてご紹介します。

配達パートナーが実践している日々の工夫とは。

配達パートナーの努力を知って、応援するきっかけになればと思います。

2016年9月に日本国内でのサービスを開始して以来、もうすぐ5年の節目を迎える Uber Eats。

今では日常風景となった「Uber Eatsの配達用バッグ」ですが、その内側には注文されたお料理やお飲み物のタイプや形状に合わせて温度・質をキープしながら配達できるように、さまざまな工夫が散りばめられています。

また、多くのレストランパートナーがお料理を美味しく楽しんでほしいという想いから配達に適した包装の工夫をしています。

プロ意識を持って努力をされているのは、配達パートナーの方々も同様です。




1. すき間を埋めるアイテム・グッズ
2. 商品を吊り下げるアイテム・グッズ
3. 商品を包めるシート
4. 追加の保冷・保温バッグ、保冷剤
5. 追加のドリンクホルダー
6. 首掛けタイプの扇風機
7. 異なるサイズのインナーバッグ
8. でこぼこ道、段差のあるルートを避ける
9. 背筋を伸ばし、バッグを傾けない
10. 安全運転で配達する

などなど、日々考えながら工夫をしています。

また、Uber Eatsの嬉しいポイントとして、配達状況がUber Eatsのアプリ上でリアルタイムに確認できるようになっています。

お料理をオーダーしたお客様はアプリ上のチャット機能を通して配達パートナーに直接メッセージを送ることもできるので、もしも直接の受け取りが難しくなってしまった場合は、玄関先に置いておいてもらう「置き配」に切り替えてもらうこともできます。

そんな配達パートナーたちが、晴れの日も雨の日も頑張れるのは、やはりオーダーしてくれるお客様がいてくれるからこそ。

今後も、 Uber Eatsの配達パートナーたちの活躍にご期待ください。

詳しくは、Uber EatsのNewsroomをチェックしてみてください。

お得な「Eats パス」年間プランを来月9/30までに入会すると、 40% お得に!

お得に活用できる「Eats パス」

お得に活用できる「Eats パス」

また、この度期間限定でお得な「Eats パス」年間プランの提供を開始しました。

外出自粛の影響でおうちで過ごす時間が増えている昨今。お出かけできない今だからこそ、おうちでレストランの味を楽しみたくなりますよね。

Uber Eatsのサブスクリプション(定額)サービス「Eats パス」年間プランを活用して、お得においしいお料理を楽しみませんか。

Uber Eats のサブスクリプション(定額)サービス「Eats パス」とは

昨年8月~スタートしたお得な 「Eats パス」は、月額980円の料金で1,200 円を超えるご注文の配送手数料が常に0円になるという、Uber Eats独自のサブスクリプションサービス。

利用回数については制限はなく、最初の1か月は無料。いつでもキャンセルすることができます。その際の違約金や手数料はかかりません。

< 「Eats パス」 の魅力>

配送手数料が0円で利用できる:1ヶ月に何度でも利用できる。月に2~4回以上の利用、かつ1回の注文金額が1,200円以上になることが多い方はオトクに利用することができます。

配送手数料が高めでも気軽に利用できる:配達してくれる自宅までの距離が遠い場合はどうしても配送手数料が高くなってしまう可能性がありますよね。オーダーしたいメニューでも配送手数料がネックで利用を躊躇してしまうことはあるのではないでしょうか。

そのような場合でも、Eatsパスに登録していれば配送手数料を気にせずに利用できるので安心です。

値段が高い商品も頼みやすい:Eats パスを利用する場合は、配送手数料分の値段が差し引かれるので、その分追加で商品を注文するなど、これまでには頼むことのなかった高い商品にも手が届きやすくなります。

メニューを選択する幅が広がるので、更におうち時間やデリバリーを楽しむきっかけになるでしょう。

他キャンペーンとの併用可能:Eats パスを利用していても、各種クーポンやキャンペーン割引などとの併用が可能です。Eats パスで普段からオトクに利用している分、さらにキャンペーン適用は難しいのではないかとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかりと使っていきたいところです。

●登録方法

①Uber Eatsアプリからタブにある『Eats パス』を選択。

②『Eats パスに登録』を選択。

アプリより登録後、申し込むことでサービスの利用が開始されます。この時、Uber Eats自体に先に支払い方法を設定しておくのがオススメ。支払い方法は、クレジットカード、もしくはデビットカードなど。代引きや銀行引き落としはできません。Uber Eatsをより多くの方に身近なものとして楽しんでいただくために、今回はさらにお得な「Eats パス」年間プランを用意しました。

登録すると 1,200円を超える注文の配送手数料が常に0円になるサブスクリプション(定額)サービス「Eats パス」に、年間登録のオプション 「Eats パス」年間プランが追加されています。

来月9/30㈭までに(*1)年間登録をすると、「Eats パス」月間プランを1年間利用するのと比べて40%(*2)お得に利用できます。

「Eats パス」は昨年8月に開始以来、大変多くの方々が利用しています。

この機会に、ぜひお見逃しなく!

詳しくは、お手元のアプリもしくは Uber Eats ブログよりご確認ください。

*1:「Eats パス」年間プランの金額は、期間限定のオファーであり、その有効期限は 2021年9/30(木)23:55 までです。「Eats パス」年間プランの金額は、2021年10/1以降に変更になる場合があります。

*2: 年間プラン期間限定価格 6,999円(月当たり 583 円)は、月間プラン980円と比べ年間40 %オフとなります。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください