デザイナー大城健作氏2021年最新作「Iren」を世界に先駆けて特別展示。日本初登場の新作モデルが揃うPoltrona Frau Osakaにて、New Products Presentation『Future Heritage』が7/11(Sun)まで開催中。

新作モデルが一斉に入荷し装いも新たにリニューアルした展示

イタリアを代表するラグジュアリーファニチャーブランド「Poltrona Frau(ポルトローナ・フラウ)」は、昨年イタリア本国で発表され、今回日本初上陸となる最新モデル10種の入荷に伴いNew Products Presentation『 Future Heritage 』を来月7月11日(日)までPoltrona Frau Osakaにて開催しています。

新作モデルが一斉に入荷し装いも新たにリニューアルしたPoltrona Frau Osakaで、世界を魅了する唯一無二のイタリアファニチャーを体感できる開催中のNew Products Presentation『Future Heritage』は、ブランドを象徴するアイコンモデルがリ・デザインされて登場するほか70年代にデザインされた京都の名前を冠する嵌め込み細工のテーブルをオリジナルデザインを尊重してリメイクした新作テーブルやさまざまな気鋭デザイナーや著名デザイナーとのコラボレーションにより生まれた数々の新作モデルも登場。


この新作発表を記念して、ポルトローナ・フラウでデザインを手掛けるミラノを拠点に活躍する日本人デザイナー大城健作氏の作品として、本年4月13日にイタリア本国で発表されたばかりの『Take Your Time 2021 Collection』の中から最新作デスク「Iren」を世界に先駆けて今週6/27㈰まで特別展示。


またPoltrona Frau Osakaではウィルス感染防止対策および来場者の快適な生活空間提案の一環として、次世代型の空間清浄機「FURIN」をPoltrona Frau Osaka店舗限定で設置・販売しています。

まだ、あまり知られていない 空間清浄機「FURIN」 をぜひ店舗にて体感してみてください。

※コロナウィルス感染防止のため、当面の間店舗の来店は【予約制】となっておりますので下記の予約フォームより予約をお願いします。

https://kap.jp/idc_otsuka/futureheritage_G

イタリアのアルティジャーノの技が息づく至高のブランド「Poltrona Frau」

職人の手によりつくられる上質な家具

1912年にイタリアのトリノで創業したポルトローナ・フラウ社。職人の手によりつくられる上質な家具はイタリア中に知れ渡り、1926年にイタリア王室に御用達の指名を受けました。それ以来、 ステイタスシンボルとしての地位を確立しています。

ポルトローナ・フラウ社には「バニティフェア」や「チェスターに代表される伝統的なヒストリカルコレクション」と、ジオ・ポンティやピエール・ルイジ・チェッリ、ジャン・マリー・マッソーといった著名なデザイナーや建築家によるモダンコレクションがあります。

伝統を大切にしながらも、新しいものへ挑戦する。こうした姿勢からも幅広い人々の支持を集めています。

アルティジャーノの伝統と技

伝統的な職人技を駆使して生み出される家具

ポルトローナ・フラウ社の家具は伝統的な職人技を駆使して生み出されます。熟練の職人の手によってつくることにこだわり、伝統技術を守り続ける一方で現在もさまざまな新モデルを開発するなど、常に将来を見据えて進む姿勢に老舗ブランドの風格が感じられます。

独特な柔らかさを持つ最高級の革「ペレ・フラウ」

やわらかく肌に馴染む革「ペレ・フラウ」から生まれるポルトローナ・フラウ社の“家具芸術”

厳選された上質な仔牛の皮を丁寧に加工し、厳格な品質管理を経て生まれる「ペレ・フラウ」は、基本色として73色、全165種以上のバリエーションの発色の良さは世界中で絶賛されています。

やわらかく肌に馴染むこの革は、曲線を表現するのに最適。この革があってこそ、ポルトローナ・フラウ社の“家具芸術”なのです。

Poltrona Frau Osakaについて

2018年3月にオープンした 東京・青山のポルトローナ・フラウに続き、 ポルトローナ・フラウ 社の完全デザイン監修による公式認定の店舗 「MONOBRAND」として国内では2店舗目、関西初出店となる「Poltrona Frau Osaka」が昨年5月15日(金)にグランドオープンしました。

店内は1フロアから成る379㎡の店舗で広々とした空間にはポルトローナ・フラウのフィロソフィーを基にリビングからベッドルーム、ダイニングや書斎まで住まいの様々なシーンをレイアウトし、伝統的なアイコンモデルから最新のモデルまで約200点を展示。

多くの代表的なアイコニックモデルが「Poltrona Frau Osaka」仕様で登場するなど、魅力的なラインナップをポルトローナ・フラウならではのラグジュアリーな世界観で楽しめます。

世界に先駆けて『Take Your Time 2021 Collection』の中から、大城健作最新作「Iren」を限定展示


〈デスク「Iren」〉サイズ:W1190 ~1490×D560×H790mm 価 格:1,304,000円(税込)

イタリア本国で発表されたばかりの最新作「Iren」

ポルトローナ・フラウでデザインを手掛ける日本人デザイナー大城健作氏の今年4月にイタリア本国で発表されたばかりの最新作「Iren」を、世界に先駆けて特別展示しています。

日本の書道の世界には『意連』と呼ばれる連続する点と線、文字と文字との間に存在する目に見えない意識的な連なりがあります。

ジェスチャーにおけるこの連なりはぞれぞれ異なってように見える点や線の間に完璧な調和を醸し出します。

購入者が注文時に選択出来るスライド

デザイナーの大城健作氏は現代のライフスタイルに順応できる家庭の小さなホームステーションとしてライティングデスク『Iren』をイメージしました。

購入者が注文時に選択出来るスライドは左右自由自在に調節でき、パソコン作業がしやすいような仕様。USBポートは左にスライドすると出てくる金属製のブラックボックスに格納されています。

やや傾斜した「レザー」または「なめし皮の上部天板」がよりソフトな感覚を与え、パソコン作業をする上で両腕を最良のポジションで支えます。

デザイナーの大城健作さん

このデスクは「コロナ前から仕事をする際には、デスクがかなり重要だと思い、このようなテーブルを作りたいと思っていました。テーブル部分を左にスライドすると、コンセントがあり、パソコン作業をしながら、携帯の充電もできます。コロナ禍で、新しい働き方のテレワーク時にも使えるので、この機会に多くの人にご体感頂きたい」と デザイナーの大城氏がコメント。

大城氏の温かい人柄と、仕事をする際のこんな機能があったらいいなというアイデアがたくさん詰まったデスクになっています。

ぜひ、直接店舗にて体感してみてくださいね。

<大城健作最新作「Iren」>
展示日程:開催中~2021年6月27日(日)
場所:Poltrona Frau Osakaにて

※新型コロナウィルス感染防止のため、当面の間【予約制】となっております。
ご来店のご予約はお電話またはWEBサイト(https://kap.jp/idc_otsuka/futureheritage_G)よりご予約下さい。

Profile>
大城健作 Kensaku Oshiro

1977年 沖縄県生まれ、1999年 Scuola Politecnica di Design卒業。

2004年〜Lissoni Associati(ミラノ)、2012年〜Barber&Osgerby(ロンドン) での勤務を経て2015年ミラノにて独立。

これまでインテリア業界トップブランドとの数多くのプロジェクトに携わり、その領域は家具を中心に生活用品全般に至るプロダクトまで多岐に渡る。

主なクライアントにBoffi, DePadova, Glas Italia, Kristalia, Ligne Roset, Poltrona Frau, Viccarbe , Zanottaなど。 M&O Paris Rising Talent Award 2018, EDIDA Young Designer Talent 2016ノミ ネートなど受賞歴多数。 

【New Products Presentation『Future Heritage』】~7/11㈰まで

現在Poltrona Frau Osakaにて開催中の New Products Presentation『 Future Heritage 』 の展示商品をご紹介します。

新作イベント 『 Future Heritage 』 の様子
新作イベント 『 Future Heritage 』 の様子

■ポルトローナ・フラウの伝統を未来へとつなぐ名品をリ・デザイン

「Vanity Fair XC バニティ フェアXC」価格: 1,070,000円(税込)/ W1000×D1000×H970mm

90周年を記念してリ・デザインされた「Vanity Fair XC バニティ フェアXC」

Poltrona Frau Osakaでは、今回日本初お披露目となる Vanity Fairの新作モデルとしてブランドを象徴するモデルが、リ・デザインされて登場。

1930年に発表された「Vanity Fair バニティ フェア」の90周年を記念してリ・デザインされた「Vanity Fair XC バニティ フェアXC」が展示されています。

Vanity Fair 「モデル 904」

Poltrona Frauを象徴する製品、アームチェア「Vanity Fair」 には時代を超越したエレガンスや素材の質の高さ、熟達した職人技など、長年の間にPoltrona Frauブランドの名声を高めてきた大切な要素のすべてが凝縮されています。

正式名称は「モデル 904」ですが、1984年以来Vanity Fairの名前で知られるこのイスは、イタリアン・デザインのアイコン的存在として世界中に知られています。

曲線的で系統的なラインでアームチェアの表現を再現しデコスタイルの特徴をリメイクすることで、時代を超越したオブジェクトを作り上げています。

アームチェアVanity Fair XCのフレームは熟成されたブナ心材製です。パッドには手作業で成形された植物繊維、またはゴムをしみこませた繊維を使用し、座面クッションにはダウンフェザーを用い、経年による型崩れを防ぐ目的で発泡ポリウレタン製のインサートを使用しています。

座面、背もたれ、肘掛のスプリングには、手作業で縛って、黄麻布ベルトに固定したスチール製バイコニカルスプリングを使用し、座り心地はふわっとした座り心地の次に、どっしりとした安定感も。

男性も座れるサイズ

ポルトローナ・フラウが手がける家具は全てバックスタイルにも拘っていて、ソファの背もたれ部分の鋲を1つ1つつなぎ合わせて、縫っていくという高度な職人技術。

一切の革も無駄にしないという徹底した手仕事から、この 「Vanity Fair XC バニティ フェアXC」は誕生しました。

価格: 1,070,000円(税込)/ W1000×D1000×H970mm

■70年代の京都の名前を冠した嵌め込み細工のテーブルをリメイク

テーブル「Kyoto」  価格:1,690,000円(税込) /W1020×D1020×H320mm


建築家でデザイナーのジャンフランコ・フラッティーニによってデザインされたテーブル「Kyoto」は、シンプルで垢ぬけており、デザインのビジョンと熟練の職人技が見事に結びついて生まれた作品です。

70年代初頭、優れた職人技を学ぶために日本を旅行したジャンフランコ・フラッティーニは後に友人でコラボレーターとなる黒檀細工職人のピエールルイージ・ギアンダと共に京都の工房を訪問し、こうした訪問で学んだ細工の技術と美学に触発されて、京都の名前を冠した嵌め込み細工のテーブルを考案し、1974年から生産を開始しました。

「Kyoto」は、最高峰のイタリアンデザインの伝統と同様に、優れた発想と完璧な出来栄えがあいまって、構築的なコンセプトがオブジェとして具現化され、シンプルな家具の代表的存在に。


この度、ポルトローナ・フラウによってデザインされたテーブル「Kyoto」 は、オリジナルデザインを尊重してリメイクしています。

黒クルミ製のインサートが緻密に補強機能を果たし、制作にあたっては卓越した能力と入念な気配り、さらには素材への深い知識が要求されます。

Poltrona Frauによってオリジナルデザインを完全に尊重してリメイクされた「Kyoto」はイタリアの豊かな木工伝統の後継者たる新しい職人層を起用してその能力と手腕を活かし、「Albero」、「Turner」と並んで卓越した木工のわざを代表するアイテムとなっています。

簀の子に脚を差し込む

簀の子に脚を差し込むと同時に、グラフィックでメカニックな効果を維持するために、このデザインの着想源となった日本の文化に対するオマージュとして、フラッティーニは脚の上端をフレーミングレッドカラーにしました。

■多彩なデザイナーたちとのコラボレーションによる最新モデルを紹介(一例)

Archibald」 価格:1,300,000円~(税込)W940×D900×H770(SH420)㎜

経過した時間とともに味が出てくる 本革の風合いが魅力

ジャン・マリー・マッソーは「Archibald」によって形と本質の完璧な融合を実現。

アームチェアとプーフは、瞑想やリラックスにぴったりな快適で心地よいデザインが特徴で、座面の広さと奥行が細い脚にバランスよく調和し、スマートで躍動的効果を与えています。

アームチェア「Archibald」のアームチェアとプーフのカバー材は 縦プリーツが心地よい動きを演出するレザーPelle Frau®が使用されており、カバー周縁と外面にあしらわれたコントラストの効いたステッチが洗練されたエレガンスを添えています。

縦プリーツがアクセントを添え、使えば使うほどに味がでてくるレザーPelle Frau®を使用して作られた 「Archibald」 は、愛着が湧くソファです。

<ソファ>「Martha」  価格:869,000円~(税込)/W770×D740×H730㎜

ロベルト・ラッゼローニがデザインした快適性と軽やかさを両立したロッキングチェア 。座ると、心地いい揺れが快適で心地よいリラクゼーションを誘う、一人がけのソファ。

<スツール>「Grant DE LUXE」  価格:660,000 円(税込)/丸460×H460㎜

伝説のハリウッドのスター、ケーリー・グラントのスタイルとアメリカの元大統領であり将軍ユリシーズ(グラント)の軍人的な落ち着きという2つのイメージのミックスから生まれたオットマン「Grant グラント」 。


ソファ「Times Lounge」  価格:856,000 円~(税込)/W830×D850×H770㎜

スパルヴィエーリ& デル・チョットのコンビがPoltrona Frauのためにデザインしたアームチェア『Times Lounge』は、洗練された軽やかな構造にカバー材がテーラーメイドされた衣服のように自然に馴染み、柔らかさと心地よさを与えてくれます。

ソファの両サイドを支えるアイアンは、職人が1つ1つ丁寧に削って繊細なフォルムに仕上げました。

Poltorona Frau大阪では、ウィルス感染防止対策およびお客様の快適な生活空間提案の一環として
次世代型の空間清浄機「FURIN」を設置・販売しています。

省スペース、省エネ、さらに美しいスタイリングのボディで30帖以上の空間のウィルス、細菌、空気中の粒子、臭いを除去する次世代の空気清浄機 FURIN 。

ポルトローナ・フラウのインテリアとともに快適空間を提案します。


FURINにはフィルターとファンがなく、 空気清浄機にありがちなファンやモーター音などの騒音の心配は無く無音です。

FURINは直流放電ですので、電磁波障害もほとんどありません。フィルターや薬剤を使用していないため消耗品などの交換が必要ありません。1年間連続運転で、電気代は年間1,000円程度と低コストです。 

1.ウィルス、細菌を15分以内に99.9%除去
FURINは一般財団法人 北里環境科学センターの浮遊ウィルス抑制試験において、わずか15分以内に空気中に浮遊するウィルスを99.9%以上除去することが実証されました。

マイナスイオン (13000個以上)、低濃度オゾン(0.03ppm労働環境基準値以下)を併用することでそれぞれ単体の時と比べ、除菌効果が10倍になります。※ 三菱電機総合研究所でも論文で発表。
※北里環境科学センター実証データは以下をご覧ください。
 https://www.furin.tokyo/effect/01.pdf
 https://www.furin.tokyo/effect/02.pdf

2.PM2.5、花粉、ホコリ、たばこの煙対策に効果
フローリングやカーペットなどに付着したアレルギーの原因となるダニやホコリ、花粉をマイナスイオンで吸着し沈殿させ、空気中に舞い上がることを抑制します。

また、気になるPM2.5やタバコの煙にも効果を発揮します。

3,臭い、ホルムアルデヒドの除去に効果
トイレ(汚物)、カビ、体臭、たばこ、新建材など、嫌な有機臭をオゾンの強い酸化力により分子レベルで分解して消臭します。

また、壁、天井、床、カーテン、クッションなどに染みついた臭いの除去にも効果があります。シックハウス症候群の原因で有害なホルムアルデヒド(ホルマリン)は、オゾンによりギ酸と酸素に分解され、ギ酸はさらに酸化されて炭酸に変化します。消臭作用とともにホルムアルデヒドにも効果があります。 
※FURINの効果について詳しくはこちらをご覧ください。(https://www.furin.tokyo/effect.html

■導入事例 ~FURINの技術は潜水艦で使われています~
FURINの技術は潜水艦の中でも使われています。換気の出来ない密室に大勢の人が共同生活をしているため、艦内には二酸化炭素が増加し、カビが発生します。

さらに、潜水艦の乗員を苦しめるのは「臭い」です。大勢の人が身体を洗えない状態なので、人の体内から出るアンモニアや硫化水素、インドール、スカトール等の悪臭物質が乗員の健康に悪影響を及ぼします。

たくさんの厳しい条件をクリアして、FURINの技術が潜水艦に採用されました。


<導入実例と用途> 住宅、公的機関、学校、保育所、老人ホーム、病院、ホテルロビー、ホテル客室、会議室、美容院、ペットショップ、パチンコ店、飲食店、航空機客室、鉄道車両内、自動車内、船舶客室。

■FURIN公式サイト:https://www.furin.tokyo/index.html

■販売場所:Poltrona Frau Osakaにて展示、販売

【Poltrona Frau Osaka店舗概要】

■名称:Poltrona Frau Osaka
■営業時間:11:00-19:00 
※新型コロナウィルス感染防止のため、当面の間【予約制】となっております。ご来店のご予約はお電話またはWEBサイト(https://kap.jp/idc_otsuka/futureheritage_G)よりご予約下さい。

■定休日:水曜定休(祝日を除く)

■場所:〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町3-6-1
■面積:379㎡
■Tel :06-6201-4321 FaX : 06-6201-4320
■Mail: pf.osaka@idc-otsuka.co.jp

HP:https://www.idc-otsuka.jp/poltrona-frau-tokyo-aoyama/
Instagram:https://www.instagram.com/poltronafrau_japan/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください