入居検討者の89.7%がリモートワーカー。渋谷へ電車で直通18分の「鷺沼」に、「暮らす」「働く」をシームレスに繋ぐソーシャルアパートメント「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」が5/29(土)にOPENしました。

「暮らしながら働く」 ソーシャルアパートメント

新型コロナウイルスの影響でリモートワーク・テレワークといった 新しい働き方の普及により、働き方は多様化し、暮らしと仕事の境目が曖昧になってきています。パソコンさえあれば、場所を選ばずにでも仕事ができるように。

新しい働き方が浸透したことでONとOFFの切り替えをすることが難しくなっているのが現状です。

毎日仕事をするにしても、自分の過ごしやすい環境で快適に過ごしながら暮らしたい。そんな、「暮らしながら働く」という新しい生活スタイルを叶えるソーシャルアパートメントをご紹介します。

首都圏を中心に展開する隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」47棟2,873戸の運営を主力事業 として、ゲスト交流型ホテル、ソーシャルアパートメント併設型カフェなどのライフスタイル事業を展開する株式会社グローバルエージェンツが手がけるソーシャルアパートメント「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」が5/29(土)に誕生しました。

首都圏エリアでも屈指の人気を誇る路線、東急田園都市線の急行停車駅「鷺沼」は、渋谷から電車で18分の急行停車駅で乗り換えなしで東京メトロ半蔵門線に直通していることもあり都内へのアクセスも抜群なエリア。

さらに沿線には、たまプラーザや二子玉川、三軒茶屋といったおしゃれで人気な街もあり、プライベートでも充実した時間を過ごせます。

都心部へのアクセスも抜群な「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」は ソーシャルアパートメントとしては48棟目のOPENとなります。

公式WEBサイト:https://www.social-apartment.com/builds/kanagawa/kawasaki-shi/view/71

現地内覧が難しい方にはオンライン内覧サービス【LIVE! by Social Apartment】を案内しています。
詳細 URL:https://www.social-apartment.com/lifestyle/detail/onlineviewing

■ソーシャルアパートメントとは
賃貸マンション内にラグジュアリーなラウンジを設置することで住人間の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った新しい共同住宅です。

従来型のワンルームマンションとは異なり、また昨今同じく注目を集めているシェアハウスとも異なる新しい居住スタイルで、東京都からも助成金対象事業に認定されるなど、昨今の近隣付き合いの希薄化した社会において非常に注目を集めています。

全ての物件内にラウンジやワークスペースがあることから、 自宅内に居住スペースと仕事スペースを別空間でしっかりと確保できるため、コロナ禍において需要が一層高まっています。

< コロナ禍における働き方アンケート調査>

ネイバーズ鷺沼の完成前内覧会の参加者にアンケートを実施し、コロナ禍における働き方のアンケート調査を行いました。

■入居検討者の89.7%がリモートワーカー

株式会社グローバルエージェンツ調べ


アンケート調査の結果、「完全にリモートワーク」が35.9%、「週に数日テレワーク」が38.5%、「月に数日テレワーク」が15.4%と、全体の89.7%の人が日常〜定期的にリモートワークを行っている事がわかりました。

株式会社グローバルエージェンツ調べ

また、『内覧会に参加するに至った一番の決め手(複数回答可)』は、「設備」が48.7%と回答が一番多く、次いで「交流・人間関係」が23.1%という結果となりました。

さらに、『ネイバーズ鷺沼への期待するポイント(複数回答可)』では、「ニューオープンのコミュニティ」「ニューオープンということに限らず、交流が持てること・人間関係の広がり」との回答が物件の清潔感に次いで上位を占めるなど、コロナ禍においても人との交流に期待を寄せる声を多く頂きました。

共用スペースの中では、「Concentrate & Coffee breakラウンジのスペック」一番ポイントが高く、仕事に集中できる空間への期待を膨らませる人が多いことがわかっています。

現在、完成前内覧会を全3回行い、すでに居室の半数となる30名からお申し込み頂いております。現時点での平均年齢は29歳、男女比4:6、IT系を中心に多種多様な職種の入居者層となっています。

「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」について

■渋谷へ直通18分の「鷺沼」にニューオープン
今回オープンするソーシャルアパートメントは、首都圏エリアでも屈指の人気を誇る路線、東急田園都市線の急行停車駅「鷺沼」から徒歩8分の場所に位置しています。
鷺沼から渋谷へは乗り換え無しで18分、半蔵門線直通で都心を横断でき、自由が丘・大井町は乗り換え1回と、交通アクセスの良さはさることながら、緑溢れる穏やかな環境でファミリー層からも注目の高い街です。

物件の位置する南口方面には「フレル鷺沼」という商業施設があり、スーパーマーケットをはじめドラッグストアや書店、生活雑貨店など、毎日の暮らしに便利なお店が揃っています。

また、帰り道沿いには長年人気のある老舗のパン屋さんや駅前にも多くの飲食店が揃い、幅広い年齢層から愛される活気ある街で、 住み始めるとすぐにお気に入りのお店が見つかるはずです。

<こんな方にオススメ>

・週に数日都内に出ることもあるフリーランスの方
・今やっている仕事とは別に副業や資格取得の勉強を始めたいという方
・完全リモート、もしくは週に数日リモートワークで自宅での作業環境に限界を感じている方

< 「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」 の魅力 >

「ゆったりとした居室空間で寛ぐ」
「入居者同士でご飯を食べながらコミュニケーションを愉しむ」
「ブース型の座席で集中して仕事に取り組む」
「ちょっと疲れたらコーヒーブレイクを挟む」
「商談にあわせてフォンブースを利用する」
「仕事が終わったら、大きなスクリーンで映画を見る」

デザインテーマは、アンティークで大人びた空間を基調にした「グラデーション」

■「暮らす」「働く」をシームレスに繋ぐ
リモートワーク・テレワークの普及により働き方は多様化し、暮らしと仕事の境目が曖昧になってきています。
ソーシャルアパートメントは、従来よりワーキングラウンジを設けることでリモートワーク・テレワークへの提案をしてきましたが、より暮らしと働くをシームレスに繋ぐことをコンセプトに『ネイバーズ鷺沼』は誕生します。

「暮らす」「働く」そしてソーシャルアパートメントでの「人との出会い」この3つが混ざり合い、鮮やかな彩を成していくことをイメージした今回のデザインテーマは『グラデーション』。
物件内は海外ブティックホテルのラウンジをイメージし、少しアンティークで大人びた空間を基調に、随所にグラデーションを使ったデザインがあしらわれています。

用意した3つの共用ラウンジにはそれぞれにテーマを設け、全てのラウンジに「働く」要素を織り交ぜた空間設計を行いました。ソーシャルアパートメントではすでに定番となっている「ワーキングラウンジ」という括りを使用しないことで、仕事をする場所という枠に囚われず、いつでもどこでも、多様な働き方ができる物件を目指しています。

自宅に居ながらカフェで仕事をするような空間

1F【Dine&Communicate】

入居者間でコミュニケーションを楽しめるスペース

広々とした120㎡のラウンジスペースには、調理も食事も楽しめるキッチンカウンター、テレビを見ながらくつろげるソファやダイニングテーブルを中心に、入居者間でコミュニケーションを楽しんでもらえるよう様々なスペース。

更にはどの席でもパソコンを開いて仕事ができるようコンセントを各席に配置しています。

食事をしながらのネットサーフィンや、ちょっとした作業にも適しており、自宅に居ながらカフェで仕事をするような使い方が可能です。

新しいアイデアが生まれる空間

1F 【Concentrate&Coffee break】

プライバシーにも配慮し、集中して仕事ができる空間

およそ60㎡のこの空間には、ソーシャルアパートメントのワーキングラウンジで最も人気の高い1人利用席を多く用意し、プライバシーにも配慮。 より落ち着いた環境で、集中して仕事ができる空間となっています。

さらに今回はPHONEブースを2か所設置し、突然の電話やWEB会議にも対応できる設計となっています。
上質なコーヒーブレイクができるよう充実したツールを揃えたカウンターも設置します。

仲間とのコミュニティを作れる空間

1F 【Chill&Relax】

好きなように楽しめるフリースペース

ひな壇状に配置された座席に腰かけて高品質プロジェクターで映される映画を楽しんだり、ヨガやストレッチなど仕事で疲れた体をリラックス。
日中はゆったりとリラックスしながら仕事に取り組む空間としてもおすすめです。

「暮らす」「働く」そしてソーシャルアパートメントでの「人との出会い」この3つが混ざり合い、鮮やかな彩を成していくことをイメージした今回のデザインテーマは『グラデーション』。
物件内は海外ブティックホテルのラウンジをイメージし、少しアンティークで大人びた空間を基調に、随所にグラデーションを使ったデザインがあしらわれています。

全居室ベランダつきで、ゆったりとした空間

2F/3F 【Rooms】

■収納たっぷり、ゆったりとしたプライベートスペースでオン・オフも充実している 居室
都内へのアクセス、暮らしやすさや働きやすさを追求した3つの共用ラウンジだけではない 「NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼」 の魅力は、各プライベート居室にも現れています。


13.5㎡(約8畳)を中心とした居室ラインナップとなっており、部屋には大容量の収納スペースが備え付け。新たに収納棚を購入することもなくここでの新生活を始められます。

更には全居室ベランダ付きというのが嬉しいポイントです。

毎日を、快適にシームレスに繋ぐ空間、『ネイバーズ鷺沼』は、皆さんの仕事や遊びを含めた暮らしの全てをアップグレードする空間となるはずです。

一度、内覧しに行ってみてくださいね!

■ 施設概要
施設名称:NEIGHBORS(ネイバーズ)鷺沼
グランドオープン日程:2021年5月29日(土)
所在地:神奈川県川崎市宮前区小台1-6-3
アクセス:東急田園都市線 「鷺沼」駅 徒歩8分
構造:鉄筋コンクリート造3階建
世帯数:60戸
居室タイプ:1BR タイプ
賃料: 57,000円 〜 75,000円(2 年プラン適用時/管理費・水道光熱費別)
運営会社:株式会社グローバルエージェンツ
事業主:JR ⻄日本プロパティーズ株式会社

■新型コロナウイルス感染対策について
現地内覧にてご案内する担当者に関しましては、うがい、手洗いの励行、マスクの着用を必須とし、健康管理を行っております。また、現地での内覧を希望されるお客さまには下記の事前・当日確認を実施しております。

【事前確認】
(1)発熱やかぜ症状がある方
(2)2週間以内に、以下のいずれかに該当する方
・海外渡航歴がある方
・海外渡航歴があり感冒症状を呈する方と接触をした方
・新型コロナウイルス罹患者、または濃厚接触者の疑いがある方
上記に該当するお客様には状況に応じて、内覧日程/ご入居時期の調整をお願いしております。

株式会社グローバルエージェンツについて
会社名          株式会社グローバルエージェンツ(http://global-agents.co.jp
代表取締役      山﨑 剛
本社所在地      〒150-0036 東京都渋谷区南平台町7番3号
電話               03-6433-5790

グローバルエージェンツが手がけるライフスタイル事業
LIVE:ソーシャルアパートメント47棟2,873室を運営 https://www.social-apartment.com/
STAY:ライフスタイルホテル11棟1,167室を運営
WORK:ホテル併設のコワーキングスペース「.andwork」を運営 https://www.xandwork.com/
DINE:ソーシャルアパートメント・ホテル併設の飲食施設として13店舗を運営
WASH:ソーシャルランドリー「Sooo LIQUID」を運営
LEARN:弊社サービスの入居者や利用者に対して様々な成長や発見の機会を提供


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください