アラスカ産シーフードをイエナカ時間で。全国の会員制倉庫型店コストコにてアラスカシーフードのプロモーションを実施しています。

「手つかずの自然と海」に囲まれているアラスカ※写真はイメージです

新型コロナウィルスの影響で、海外旅行に行けず外出自粛が続く今。テレビの旅番組などを見て、海外旅行に行っている気分にはなれますが、現地でさらに海外を味わいたい。そう思われていらっしゃるかたも多いと思います。

そんな中で、オススメしたいのが「アラスカ」。 アメリカ最後のフロンティアと呼ばれ、 「手つかずの自然と海」に囲まれている広大な地域です。

山と海に囲まれ、大自然の恵みを受けて育つ魚はとっても新鮮で美味しく、大自然をそのまま味わえます。

そんな「アラスカ」を体感できるプロモーションが大型スーパーのコストコで開催されていますので、ご紹介します。

アラスカシーフードマーケティング協会(本部:米国アラスカ州ジュノー)は、アメリカ発祥の日本でも郊外に20以上の店舗を構える大型スーパーコストコホールセールジャパン(以下、コストコ)の公式オンライン(https://www.costco.co.jp/)および会員誌Costco Connectionにて、アラスカ産シーフードのプロモーションを実施しています。

高品質な優良ブランド商品をできる限りの低価格にて提供しているコストコでは、100%天然でサステイナブルなアラスカ産シーフードを高く評価し、世界各国の店舗や公式オンラインショップにて豊富に取り扱っています。

コストコでのアラスカ産シーフードのプロモーション開始の経緯

今回コストコで開催されているアラスカ産シーフードのプロモーションは、オリジナル製品であるアラスカ産原卵のみ使用した辛子明太子がリニューアルしたのを機に、プロモーションを実施することになりました。

コストコの辛子明太子は、漬け込む調味液に化学調味料を使用しないなど、アラスカ産スケソウダラの原卵の美味しさが存分に楽しめる商品です。

コストコでは辛子明太子に加えてアラスカ産銀だらやアラスカ産縞ホッケ開き、アラスカ産紅鮭のスモークサーモン、アラスカ産ズワイガニ、天然アラスカサーモンオイルを使用したオメガ3のサプリメントなどが、各店舗※、公式オンラインにて販売しています。(※店舗ごとに販売状況が変わる可能性があります)

コストコの店内には、鮮魚・生肉・果物・野菜・べーカリー・お酒・ベビー用品・家電品・アウトドア用品・スポーツ用品など、生活品約5,000点が販売されていて、何でも揃う大型スーパー。

海外旅行に行けずにおうち時間が続く今、ぜひ辛子明太子だけではなく、 アラスカを体験できるアラスカ産シーフードを使った料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。



アラスカシーフードマーケティング協会の公式ウェブサイト(https://japanese.wildalaskaseafood.com/)では、簡単でおいしいアラスカ産シーフードを使ったレシピを公開しています。この機会に100%天然でサステイナブルなアラスカシーフードをぜひお試しください。

毎日のおうち時間のレシピで困ったらぜひ!挑戦したくなるレシピも多数。

緑と自然があふれる「アラスカ」

アメリカ最後のフロンティア「アラスカ」※写真はイメージです
尊い生命とともに生きる※写真はイメージです

アラスカはアメリカ合衆国第49番目の州(1951年1月3日に州に昇格)で、アメリカ最後のフロンティアと呼ばれています。
日本列島4つ分の広大な土地は合衆国一を誇り、1平方キロメートルあたりの人口は、約0.4人と少なく、いまだ手つかずの自然が広がっています。

アラスカ州全土の34%(日本列島の1.35倍)が国立公園や国立保護区、国定公園、国定野生保護区に指定されている他、またアラスカ州全土の32%が森林に覆われた緑と水の豊かな地域です。

森林に覆われた緑と水の豊かな地域 ※写真はイメージです

アラスカ湾はアレクサンダー諸島とアラスカ半島にはさまれた幅約1500kmある広大な海域です。
アラスカ湾とベーリング海の2つの海域は大陸棚の端の深海から水面に向かう栄養豊富な湧昇流のおかげで、地球上でもっとも生産性豊かな海域となっています。

アラスカの大地の恵みから大海へ流れ出た森林の栄養分はアラスカ周辺の海を汚染のない健全で豊かな漁場に育てました。
栄養分と太陽光の組み合わせにより大量に発生した植物性プランクトンとそれを食べる動物性プランクトンは、小さな魚と甲殻類の餌となり、さらにそれらが大きな魚や海洋哺乳類や海鳥の餌に。

アラスカの海ではこうした豊かな生態系が長年にわたり培われてきました。アメリカ全土で水揚げされる水産物の60%をアラスカが占め、サーモンに至っては実に98%がアラスカから生産供給されています。 ※どちらも2017年のデータをもとにしております。
 アラスカシーフードマーケティング協会公式サイトより

意外と身近にある アラスカ産シーフード

アラスカの雄大な自然の力が育む海からの贈りもの

アラスカは、天然資源の持続可能性(サステイナビリティ)について注目が集まる以前より持続可能性(サステイナビリティ)を重視してきたシーフード・サステイナビリティの世界的モデルであり、 この原則を州憲法にも明記し、長きにわたり持続可能(サステイナブル) な水産資源の活用を実施してきました。

アラスカでは厳しい漁業管理のみならず地方の漁業コミュニティの活性化や資源の有効利用、そして時代の要請に応えて持続可能な漁業の認証プログラムを運営するなど、官民挙げての様々な取組により漁業の持続可能性(サステイナビリティ)を実現しています。

アラスカの漁業は天然の繁殖力を大事に利用し、約束を守りながら漁業を行うことにより将来にわたってずっと天然の恵みを享受することができます。

持続可能(サステイナブル)な漁業とは、生態系に悪影響を与えないことと、乱獲しないことの2つのルールのもとで行われる漁業のことを言います。

つまり、生態系を保護するための様々なルールを守り、社会的な責任を果たすなど、長期間にわたり存続するための条件を満たした漁業のことを指します。

豊かな自然と海に囲まれたアラスカ産シーフードは米国全土で生産されるシーフードの60%を占め、また日本が米国から輸入しているシーフードの内65%を占めています。

日本人にとって実はとても身近な存在なのです。その他にも100%天然のアラスカ産シーフードは世界中に輸出されています。

アラスカ産シーフードは身近なシーフード

アラスカ産シーフードには、紅鮭などの天然サーモン、甘塩だら、銀だら、赤魚、ホッケ、明太子、いくら、数の子、ちくわ、カニカマなどがありますが、そのどれもがスーパーなどで手軽に購入ができます。

100%天然で持続可能(サステイナブル)なアラスカ産シーフードは日本の食卓にも度々登場するとても身近なシーフードです。

普段何気なく食べているカニカマやちくわなど様々な練り製品の多くには原料にアラスカ産スケソウダラのすり身がつかわれていたり、アラスカ産天然サーモンは切身として流通するほか、コンビニなどで売られているおにぎりの具材としてもつかわれることがあります。

現在、アラスカシーフードマーケティング協会は、公式ウェブサイトにて、アラスカの自然や漁業についてわかりやすく学べる「Alaska Seafood University」を公開中です。

「Alaska Seafood University」ではアラスカの自然や漁業についてわかりやすく紹介している他、簡単なクイズもあり、楽しくアラスカ産シーフードについて学ぶことができます。

「Alaska Seafood University」 : https://japanese.wildalaskaseafood.com/university/

また、 「Alaska Seafood University」 のページ公開を記念して、アラスカの自然や漁業に関するクイズに答えると全問正解者の中から抽選でアメリカ合衆国49番目の州がアラスカであることにちなんで49名様に豪華アラスカ産シーフードが当たるキャンペーンを開催しています。

この機会に安心で安全でおいしいアラスカ産シーフードの魅力について学んでみてはいかがでしょうか。

「ページ公開記念キャンペーン」概要
●応募締切:2021年5月31日(月)23:59まで
●応募方法:「Alaska Seafood University」(https://japanese.wildalaskaseafood.com/university/)でアラスカの自然や漁業について学習し、クイズに答えて応募。
●賞品:豪華アラスカ産シーフード(49名様)
●当選者発表:当選者にはキャンペーン終了後、アラスカシーフードマーケティング協会PR事務局よりメールにてご連絡。
●注意事項
・日本在住の方のみのご応募に限ります
・当選メール送付後にご連絡がつかない場合には、当選無効となります
・本キャンペーンに関するお問い合わせは受け付けておりません

料理研究家のコウケンテツさんとのコラボレシピも公開中。

アラスカシーフードマーケティング協会は、人気料理研究家のコウケンテツさんとコラボし、アラスカ産スケソウダラのすり身をつかったカニカマでつくるお弁当やおつまみにもピッタリの簡単レシピ「かにかまの彩りジョン」を開発。

アラスカ産スケソウダラのすり身をつかったカニカマは、高たんぱく低カロリー低脂質。美味しいだけでなく、筋肉への健康効果が最近注目されている食材です。

コンビニやスーパーで買える「アラスカ産スケソウダラのすり身を使ったカニカマ」を使った野菜との相性も抜群な一皿。ぜひおうち時間で挑戦してほしいレシピとなっています。


 

<アラスカシーフードマーケティング協会ついて>

アラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)は「持続可能(サステイナブル)」な水産資源を活用した経済発展を促進するために設立された、アラスカ州とアラスカ水産業界の官民パートナーシップです。

アラスカ産水産商品の価値を向上させることを目的に、一般消費者、業界関係者を対象とした様々な活動を世界各国で展開しています。

<活動内容>

  • メニュー提案・チラシ等の販促物製作協力
  • 店頭プロモーションの企画・実施
  • 各種メディアとのタイアップ企画、広報活動
  • 消費者向けイベント
  • レストランやホテルなどでのプロモーションやフェア

●最近の活動:医療従事者に食事を無償で提供するSmile Food Projectをサポート

コロナ最前線で闘う人へ食事のエールを。

アラスカシーフードマーケティング協会は「コロナ最前線で闘う人へ食事のエールを。」という理念の下、新型コロナウイルス感染症の治療現場で働く医療従事者の方々にプロの料理人による美味しい食事を無償で提供するプロジェクトSmile Food Project(https://smilefoodproject.com/)の活動をサポートしています。

Smile Food Projectは2020年4月にサステイナブルな海洋資源を中心とした社会課題に取り組む料理人グループChefs for the Blueなどレストラン関係者によって設立され、昨年4月から7月までの期間で都内および近県の医療機関に2万食以上を提供してきました。

サステイナブルなアラスカ産シーフードの価値向上をミッションとする当会では活動の一環としてこのプロジェクトの主旨に賛同し、昨年末にSmile Food Projectが活動を再開したのを機にサポートすることに決定しました。

アラスカと食文化を通じて深く繋がっている日本において、Smile Food Projectという社会的に意義のある活動を通じて、アラスカ産シーフードを活用いただく機会を得たことを光栄に思います。今後もアラスカシーフードマーケティング協会は国内外で様々な活動を展開してまいります。

お問い合わせは、コチラから:https://japanese.wildalaskaseafood.com/contact/

詳しくは公式ウェブサイト、公式SNSをご覧ください。
公式ウェブサイト: https://japanese.wildalaskaseafood.com/
Instagram: https://www.instagram.com/alaskaseafoodjapan/
Facebook: https://www.facebook.com/ASMIJapan/


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください