春の訪れとともに復活を願う。今年のイースターは 4/4(日)から。「ドンク」が復活祭・イースターを祝うイタリアの伝統発酵菓子『コロンバ』を期間限定販売!【3/24(水)~ 4/6(火)まで】

コロンバは、イタリア語で「鳩」 という意味

1905年創業、職人が粉から生地を仕込み、焼き上げるスクラッチ製法に一貫してこだわった神戸生まれの老舗ベーカリー、株式会社ドンクは、イタリア発祥の発酵菓子を核とした商品ブランド「サンレモ」より、復活祭・イースターに食べられる伝統菓子『コロンバ』を、今年は今週3月24日(水)~ 4月6日(火)の間、旗艦ブランドのドンクなど、5 ブランドのベーカリー全国計135店舗で販売します。

伝統的なお菓子「コロンバ」

イースターの日が近づいてくると、イタリアのパン屋や菓子店の店頭にたくさんの『コロンバ』が並びます。『コロンバ』はイタリア語で「鳩」という意味です。

復活の象徴であり平和のシンボルとされる「鳩」の形をかたどったイタリア伝統のお菓子で作られているこの『コロンバ』は、復活祭・イースターを祝うお菓子として、イタリアの人々にとって欠かせないお菓子として定着しています。

バターと卵がふんだんに使われた生地に、アーモンドやフルーツが香ります。イースターエッグで有名なヨーロッパの行事「復活祭」でメインディッシュの子羊料理と共に食べられるかわいい「コロンバ」。

ドンクではこの『コロンバ』を1970年代から約50年に渡って製造・販売を続け、イタリアの伝統文化を日本に伝えてきました。

バターと卵をたっぷり使用したイタリア発祥の発酵菓子「パンドーロ」にオレンジピールを入れ、アーモンドペースト、あられ糖をトッピングしてふんわり焼き上げています。

「パンドーロ」は黄金のパンという意味を持ち、その名の通り、黄金色で溶けるように柔らかいのが特徴です。
お祝い行事の多いこの季節に、手土産としてもおすすめです。是非、この機会にイタリアの伝統発酵菓子『コロンバ』を通して、春の訪れを感じてみてはいかがでしょうか。

■「コロンバ」商品概要

販 売 期 間: 2021年3/24(水)~ 4/6(火)まで
販売ブランド: ドンク、ドンクエディテ、ジョアン、マリー・カトリーヌ、ドミニック・ジュラン※全国計135店舗にて販売

税込価 格: 小(16cm×11cm×高さ 5cm) / 562 円
大(27cm×20cm×高さ 7cm) / 2,160 円

※価格は全て税込です。

■サンレモの紹介

オリンド・メネギン氏(サンレモ創始者)

ドンクが作っている「コロンバ」や「パネトーネ」「パンドーロ」といったイタリア伝統菓子は、『サンレモ』という商品ブランドで販売しています。
『サンレモ』は、イタリアにて数々の賞を受賞しているオリンド・メネギン氏の経営する菓子店「サンレモ」から名付けられ、彼から直接指導を受けた伝統的な製法と本格的な味を守り続けています。

■ドンクについて

1905年、神戸で創業。日本で本格的なフランスパンを神戸・三宮で販売を始めて50余年、フランスパンブームを起こすなど、創業当時から本場の製パン技術の習得やヨーロッパの食文化の紹介に力を入れ、日本のパン業界をリードし続けてきました。


総店舗数が海外を含め約200店舗まで広く展開している今でも、粉から生地を仕込み、成形して焼き上げるまでの全工程を一貫して行う「スクラッチ製法」にこだわり、各店舗で職人がパンを焼き上げます。

海外への職人派遣や海外からの講師を招いた技術研修も積極的に実施し、パンのワールドカップ“クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー”へは過去6回職人を輩出するなど、日本トップクラスの高い製パン技術を誇ります。
グループブランドはバラエティ豊かに展開し、お客様のニーズに広くお応えします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください