モノも服もリユースする時代。身近でサステナブルな店舗「KOMEHYO 神戸三宮店」が2021年2月11日(木)移転リニューアルオープンしました。

KOMEHYO 神戸三宮店 外観

※写真はイメージです

今、新しい生活様式が浸透する中、おうちで過ごす時間が多くなっています。SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)が新たに策定され、浸透し始めたことで「自分にとって必要のないモノを誰かに使ってほしい。」そして、「自分にとって本当に欲しいモノは何か」を考えるようになってきました。

「安全性」や「社会志向性」を大切にする生活者にとって、物を購入する意識も変化しつつあります。そんな中、ニューノーマル時代にとって新たな販売形式を打ち出した企業があります。

ブランドリユースNo.1企業として、日本最大級のリユースデパートを展開する株式会社コメ兵。近年SDGs(Sustainable Development Goals)を起点として注目される「サステナブルな生産と消費」を目指している企業です。


「世の中の良質を永遠につなげていく」をミッションとし、日本最大級のリユースデパートを展開する株式会社コメ兵(以下「KOMEHYO」)は、2008年に出店した「KOMEHYO神戸三宮店」(旧:兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-16 S・ヨシマツビル 1F)を先月2月11日(木)に移転し、新たにリニューアルOPENしました。

店内の様子

モノも服も、リユースする時代へ。リニューアルした「KOMEHYO神戸三宮店」の魅力をご紹介します。

サステナブルをテーマにした店舗

1F ジュエリー・サービスカウンター
2F ウォッチ・バッグ・買取り

店内面積の86%にリユース建材やCO2排出量抑制など環境に配慮された素材、また、50年以上の時を越えた選りすぐりのアンティーク家具を使い、商品から空間に至るまで「リユース」にこだわったサステナブルな店舗となっています。

あくまでも購買者目線を大切にし、売場面積や在庫量にこだわらず今までより一層オンラインとオフラインを身近に利用できる新たな店舗のかたちを目指していきます。

KOMEHYOだから実現できる、空間ごとサステナブルな店舗

KOMEHYOでは、多くの方にリユースを気軽に利用できる機会の創出を目的として、関東・関西・東海エリアを中心に出店を積極的に進めています。※1KOMEHYOは全国で51店舗(2021年2月5日現在)
そして、神戸三宮エリアでの認知拡大と買取強化のため、2008年に出店した「KOMEHYO神戸三宮店」を移転リニューアルオープンしました。


新型コロナウイルス感染拡大により人々の生活様式や価値観に変化が起こる中、新しく生まれかわる「KOMEHYO神戸三宮店」は、店内面積の約86%にリユース建材やCO2排出量抑制など環境に配慮された素材を使用した、新たなかたちの買取・販売店です。

<50年以上の時を越えたアンティーク家具>

店内にはリユース建材などの他、地域企業の協力のもと厳選されたアンティーク家具を装飾や什器として使用することで、商品にとどまらず、店舗全体でサステナビリティを感じていただける空間をつくり上げました。

チェスターフィールド2シーターソファ(1980年代頃)

ヴィクトリア調のデザインに、落ち着いた雰囲気がが素敵なソファ。

フォーテゥイユ(1950年代頃)

そこにあるだけで存在感のある、風合いが時代を物語ります。

ドローリーフテーブル (1930年代頃)

ガラストップテーブル(1950年代頃)


また昨今、KOMEHYOでも「通販」や「お取り寄せサービス(※2 自社ECサイトに掲載された商品を、最寄りの店舗確認して購入するサービス。)」といったオンライン売上の比率が堅調に推移しています。


売場面積は289.72㎡と縮小しながらも、現在注力しているOMO(Online Merges with Offline)の観点から、「売上高=店舗面積」「売上高=店舗在庫」というこれまでの概念にとらわれず、コンタクトセンターでのコミュニケーション、スマートフォンを活用したスタッフの接客力などを強みに、ニューノーマルな時代に合った店舗を目指します。


KOMEHYOは今後もリユース品の買取・販売、サステナブルな空間づくりを通して、気軽に立ち寄ってもらえるようにリユースを“身近で便利なもの”と感じてもらえる取り組みを進めていきます。

■KOMEHYO神戸三宮店 概要

KOMEHYO買取センター神戸阪急

定番アイテムからレアアイテムまで、幅広いブランド品のお買い物を楽しめる店舗です。
また、買取りを利用することで、お客様の次の欲しいモノ・したいコトをかなえる資金の創出となり、「不用品を売って、賢く買う」サステナブルなショッピングをお楽しみいただくきっかけとしていただきたいと考えています。

店舗名称:KOMEHYO神戸三宮店

店舗所在地:兵庫県神戸市中央区三宮町1-4-4 木口ビル1・2F
1F…ジュエリー・サービスカウンター、2階…ウォッチ・バッグ・買取り

開 業 日:2021 年 2 月 11 日(木)

営業時間:11:00~20:00 ※状況により短縮営業の可能性あり

休 業 日:水曜日(祝日営業)

販売品目:宝石・貴金属、時計、ブランドバッグ、お取り寄せ品など

買取品目:宝石・貴金属、時計、ブランドバッグ、ブランド衣料

株式会社コメ兵 会社概要 

会 社 名: 株式会社コメ兵
代 表 者: 代表取締役社長 石原 卓児
本社所在地: 愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号
U R L   : https://komehyo.co.jp
事 業 内 容:
コメ兵は、「リユーステック※」によって生活者にとってのリユースをより身近に、便利で、安心できるもの に進化させることで、リユース市場の価値向上を実現する取り組みを進めております。
コメ兵で取り扱うリユース品は、主に自社で運営する「買取センター」や「宅配買取サービス」にて一般のお客様からお持ち込みいただいたお品物を、専門の鑑定士が査定し仕入れたものです。

これらを商品として展示・販売するまでに品質チェック及びメンテナンス等を十分に行い、「確かな商品を満足していただける価格で販売する」体制を整えています。

また、品揃えの充実を目的とした新品商品も販売しております。 さらに、ECとコンタクトセンターをハブに、お客様との様々な接点をシームレスにすることで、オンラインとオフラインを融合した便利で安心なご利用体験をご提供します。
※テクノロジーの活用によって、便利に安心して利用できる健全なリユース市場を創造し、モノのシェアによる持続可能な社会を実現するためのソリューション

株式会社コメ兵ホールディングス 会社概要

会 社 名 : 株式会社コメ兵ホールディングス
代 表 者 : 代表取締役社長 石原 卓児
本社所在地: 愛知県名古屋市中区大須3丁目25番31号
設立年月: 1979年(昭和54年)5月
U R L: https://komehyohds.com
事業内容: グループ全体の経営企画・管理・マーケティング及び不動産事業


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください