3/8(月)は「国際女性デー」 でした。Visit Finlandがインスタで使えるGIF画像を作成!アイススイミングをする女性たちを描いたおしゃれなアニメーションを投稿して一緒にお祝いしよう!

「フィンランド女性が心を落ち着ける方法は?湖へのダイブよ!」#VisitFinland #IWD2021

3/8(月)は、女性の友人やパートナーに日頃の感謝を伝えたり尊敬の意を表したりして、国際的に女性をお祝いする「国際女性デー」でした。

ヨーロッパ諸国では女性の象徴とされるミモザの花を贈り合ってお祝いする習慣があり、近年日本でも盛んになってきました。

記念すべき国際女性デーを日本でもこの日を祝うことができるように、Visit Finland(フィンランド政府観光局)が、フィンランドのアーティストAnna Salmi氏とコラボレーションし、「フィンランド女性が心を落ち着ける方法は?湖へのダイブよ!」と題したGIF画像を作成しました。

※フェイスブック、 インスタグラム、 インスタグラムのリール、 WEBサイトで使用可能な可愛いGIF画像。
※投稿時に「#VisitFinland」、 「#IWD2021」のハッシュタグと併せてご使用ください。

ステイホーム中でも、Anna Salmi氏のGIF画像で3/8(月)の国際女性デーをみんなでお祝いしましょう♪


Anna Salmi氏の紹介
Anna Salmi氏は、ヘルシンキ出身のイラストレーター兼GIFアニメーターで、男女平等に関する作品を多く手掛けています。アアルト大学でグラフィックデザインを専攻し、これまでAdidas、TED Talks、Buzzfeedなどの国際的に有名なクライアントを持ち、アニメーションを制作してきました。主にインスタグラムで作品を公開しています。インスタグラム:https://www.instagram.com/salmi_anna/

今回Vist Finlandとコラボレーションして作成したGIF画像を、WEBサイトやSNSなどに「#VisitFinland」と「#IWD2021」のハッシュタグと一緒に投稿し、国際女性デーを祝うことができます。

また、新型コロナウイルスパンデミックが終息した後に訪れたい、フィンランド旅行で特に女性におすすめしたいスポットをご紹介します。

@Visit Finland


「フィンランド女性が心を落ち着ける方法は?湖へのダイブよ!」#VisitFinland #IWD2021フィンランドの人口の半分強(280万人)が女性で、平均年齢は44.2歳です。2019年の女性・平和・安全保障指数調査では、フィンランドは3位にランクインしており、2021年のEU男女平等指数でも4位にランクインしています。

フィンランドで今最も有名な女性といえば、おそらく世界最年少での女性の国家指導者となり、母親でもある35歳のサンナ・マリン首相でしょう。マリン首相は、タイム誌が毎年発表している「未来を形作る新興リーダー」のインデックスリストである「100 Next」に選ばれており、2月号の表紙を飾っています。

フィンランド人女性に「何が幸せか」と聞くと、アイススイミング、サウナ、森の中でのハイキングなど、自然にかかわっていることが答えとして返ってくるでしょう。

フィンランドには18万の湖があり、その74%以上が森林で覆われているほか、40の国立公園があります。首都ヘルシンキにも広大な森林地帯が広がっており、一部は自然保護区に指定されています。

Visit Finlandが、パンデミック後に訪れたい女性におすすめのフィンランドの旅行先を5つご紹介します。

1)      ラップランドでトナカイと一緒にヨガをする 

@Visit Finland
@Visit Finland

トナカイに囲まれた大自然の中でのお手軽ヨガ。トナカイ牧場の中心部で、自然の恩恵を受けながら、体に優しく、心穏やかに、ヨガのストレッチを行います。

ヨガのポーズは主に立った状態で行い、木や岩を支えにして行います。トナカイヨガは誰にでも適しており、経験は問いません。ヨガの練習は、人間同士の結合に焦点を当て、群れの精神を確立するのに役立ちます。

ヨガのセッションの前に、トナカイにエサやりをすることで、トナカイと触れ合うこともできます。1時間30ユーロ
https://www.kujalareindeerfarm.com/adventures

2)      ヘルシンキ近郊のヌークシオ国立公園でワインの試飲会に参加 

@Visit Finland
@Visit Finland

森の中を楽しみながら、ワインと森が出会う世界を2時間かけて探検します。森の中にあるワインバーでは、専門ガイドがあなたの新しいタイプの味と香りを探す旅へガイドします。

自然歩道を少し歩いた後は、ワインの感覚が森の中の環境と同調し、厳選されたワインをより深く感じていただけるようになります。

森の中のフレスコ・テイスティング・エリアは、季節ごとに変化していますが、太陽の光と自然の木々の茂みによって彩られているので毎回少しずつ新しいバージョンになっています。

ワインと森の味と香りは、それらを結びつける物語によって生き生きとしたものとなるでしょう。2時間/118 ユーロ  
https://shop.finlandnaturally.com/en_US/this-season/wine-in-the-woods


3)      森の中でマインドフルネスのエクササイズをする「森と行く」自然体験 

@Visit Finland

効果的な呼吸法エクササイズや、自然の野生の味を楽しみながら、自分の感覚を観察して使うことで、心を落ち着かせる「マインドフルネス」的なエクササイズで、体の自然治癒力を高めます。

体験の冒頭では、モバイルデバイスを閉じて、森の小道を歩きながら瞑想を楽しみます。2時間/59ユーロ
https://www.villipihlaja.fi/ohjelmapalvelut/gone-with-the-forest-revitalizing-nature-experience/?lang=en


4)     サウナでハーブトリートメントを楽しむ 

@Visit Finland

五感をリラックスさせてくれるハーバルサウナ。サウナのまろやかな温かさと火音、エッセンシャルオイルの香りを楽しみながら、サウナヨガをベースにした簡単な動きで体を柔らかくすることから始まります。

@Visit Finland
@Visit Finland

コリン・ケイダスの女将さんのケアを受けながら、マッティラの庭に生えているハーブや花を使ったハーブフットバスを楽しみます。

@Visit Finland

ナチュラルスキンケアには、天然成分と癒しの野生ハーブで作られたフェイススクラブとマスクがあります。ナチュラルヘアケアには、ミントとシラカバの葉で作られたハーブヘアリンスがあります。

サウナの後は、体の力を戻してくれる自家製の生チョコレートを使ったハーブティーを楽しめます。2~3時間/40時間
https://aksytammat.fi/en/p/295/herbal-sauna-treatments


5)      ラピッシュのスーパーフードを買う 

@Visit Finland
@Visit Finland

経験豊富な自然ガイドがベリー摘みや自然浴の世界を案内してくれ、現地の生活に浸ることができます。季節によっては、クラウドベリー、ブルーベリー、リンゴンベリー、クランベリー、カラスベリーなど、真夜中の太陽に照らされて熟した風味豊かなラピスベリーを見つけることができます。

運が良ければ、トナカイやカケス、ライチョウなどの鳥に出会えるかもしれません。

ラッピッシュのスーパーフードを仕入れた後は、キャンプファイヤーのそばでソーセージを焼いたり、コーヒーや紅茶を準備したりしてリラックスする時間も。2,5時間/75ユーロ
https://www.inarisaariselka.fi/activity/berry-picking-saariselka/


知っていますか?~フィンランドの女性たちについて~

@Visit Finland
  •  フィンランドは、世界で初めて女性に政治的権利を全面的に認めた国です。フィンランドでは1906年に女性に選挙権と選挙に立候補する権利が認められました。
  • フィンランドは国際的に見ても女性の就職率が高く、長い伝統があります。

参照情報:
https://stm.fi/en/finland-is-a-gender-equality-pioneer
https://julkaisut.valtioneuvosto.fi/bitstream/handle/10024/161921/PISA%2018%20first%20results%20-%20Brochure.pdf?sequence=1&isAllowed=

フィンランド女性が心を落ち着ける方法

1)      氷の湖や海に浸かる 

@Visit Finland
@Visit Finland

フィンランドの女性は、サウナと同じくらい冬の水泳が大好き。氷水に浸かる秘密は、水から上がった瞬間に体中に波が押し寄せる感覚にあります。

人の体はドーパミンと一緒に気分を整えるホルモンのセロトニンを生産しており、溜まったストレスが解消されていきます。
https://www.visitfinland.com/article/a-refreshing-dip-icy-waters/


2)     サウナでリラックス 

Photographer: Harri Tarvainen / Visit Finland
@Visit Finland

サウナはフィンランドの文化の中で、他のものとは比べ物にならない存在です。サウナを誰かと共有することは、絆を深めること、現実の問題について話し合う時間であり、ただの世間話だけではありません。

フィンランド人にとって、サウナは定期的に必要な、必要不可欠なもので、長くサウナなしで過ごすと、不完全さを感じる人もいます。

何世紀にもわたり、サウナは肉体的にも精神的にも浄化される場所であり、あらゆる意味で裸になり、人間性の核心に触れる場所でもありました。フィンランドでは、幼児は生後数ヶ月でサウナに入るようになり、昔は女性がサウナで出産することもありました。
https://www.visitfinland.com/article/join-the-finns-in-the-sauna/#f5b389ec


3)      森の中で過ごす 

Photographer: Harri Tarvainen / Visit Finland
@Visit Finland
@Visit Finland
@Visit Finland

人の体は、たった15分森の中にいるだけで脈拍が落ち着き、体が休まり始めることが科学的に証明されています。 フィンランド人の心は常に森とつながっています。

森にいると、ひとりぼっちでも迷子でもなく、心が守られ、安らぎを与えてくれる存在。フィンランドの女性は森の中にいると気持ちがいいのです。

夏にはハイキング、冬はクロスカントリースキー、ベリーやキノコ採り、森の中を散歩するなど、フィンランドの女性に人気のあるレジャーです。
https://www.visitfinland.com/article/the-forest-a-finnish-favourite/#f5b389ec

コロナ禍でフィンランドから学ぶ哲学

北欧の国フィンランドは、世界各国の中でも自然がたくさん溢れる国。自然からのインスピレーションを受け、大切な人と過ごす日々の時間を大切にしています。

サウナに行ったり、森の中で野生のベリーを採ったり、自然からのインスピレーションを受けている家具や雑貨で家の中を明るく楽しくする工夫をし、おうち時間を大切にしている国しでもあります。

自由、平等、福利、健康、寛容さなどの要素を基準にした世界156カ国の幸福度ランキングで、フィンランドが1位になり、ムーミンから人生哲学を学んだりと、日常生活の中で見つかる小さな事にありがたみと幸せを感じます。

コロナ禍の中、おうち時間を過ごす時間が多い今、改めてフィンランドの自然と共存しながらのサステイナブルな生き方や生活習慣から学ぶこともあるかもしれません。

コロナ禍の中、大好きな海外旅行に行けない。いつか行きたいなと思っておられる方に、せっかくですのでおうちで過ごす時間自然溢れるフィンランドの生活や文化に触れてみませんか。

その他
世界幸福度報告について
https://worldhappiness.report/ed/2020/

Visit Finland (フィンランド政府観光局)について
旅行先としてのフィンランドブランドを発展させ、海外旅行者にフィンランドをプロモーションし、旅行業界の企業のグローバル化を支援しています。旅行先や地域、旅行産業ビジネス、その他の輸出関連企業および大使館と協力しています。Visit FinlandはBusiness Finlandのグループ機関です。https://www.visitfinland.com/

Business Finland(ビジネス・フィンランド)について
フィンランドの政府機関で、イノベーションへの資金提供や貿易、旅行・投資促進を行っています。世界各地の40のオフィスとフィンランド国内の16の地域のオフィスで、600人の専門家たちが働いています。ビジネス・フィンランドは、チーム・フィンランドのネットワークの一部です。 https://www.businessfinland.com


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください