がんの早期発見のために。世界初の線虫によるがん検査がついに大阪に!尿からがんリスクを判定する検査「N-NOSE ステーション OSAKA」が1/18(月)にOPENしました。

尿の一滴から早期発見できる※写真はイメージです

近年、男女ともに発生率が高くなってきている「がん」。今では日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しているといい、誰にでも発症する可能性があるとても怖い病気。

全国健康保険協会のホームページより引用:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p024/

「がん」は全身のあらゆる場所に発生する場合があり、胃や肺、肝臓などの内臓はもちろん、血液や骨、皮膚などにできるがんや、ウイルスや細菌などの感染によって発症するものもあります。主ながんとしては、肝臓がん、胃がん、子宮頸がんなどがあります。

「がん」の一番恐ろしい点は、初期にはほとんど自覚症状がないということです。

そのため、健診などで発見されることが多く、発見されたときにはすでに進行していたというケースも少なくありません。

日本人の死因で第1位を占めている「がん」

「がん」は最も死亡率の高い病気

「がん」は最も死亡率の高い病気で、長年日本人の死因で第1位を占めています。

そんないつでも発症する可能性のある恐ろしい病気「がん」を、なんと人間の尿一滴から早期発見できる検査「N-NOSE(エヌノーズ)」の検体受付を行う関西初開設となる拠点「N-NOSEステーション OSAKA」が1月18日(月)、大阪・梅田の大阪第一生命ビルディング地下1階にオープンしました。

HIROTSUバイオサイエンスが運営する尿からがんリスクを判定する検査「N-NOSE(エヌノーズ)」の検体受付を行う関西初開設となる拠点「N-NOSEステーション OSAKA」は、関西初進出となります。

※「N‒NOSE」は株式会社 HIROTSU バイオサイエンスの登録商標です。

「N‒NOSE」について

早期がん発見に繋がる

「N-NOSE」は、線虫という小さな生物が持つ、“がん患者の尿に集まり、健康な方からの尿からは逃げる”という性質を利用した検査です。

がん患者の方には、健康な方にはない特有の匂いがあるということが様々な研究結果から示唆されています。

線虫は、犬の約1.5倍の嗅覚受容体様遺伝子を持つため、より多くの匂いの識別が可能であると考えられており、最新の臨床研究において、がん患者の尿と健常者の尿を高精度に見分けるということが明らかになりました。

生物の嗅覚を活用することで「簡便」・「高精度」・「安価」を実現した新しいがんの1次スクリーニング検査「N-NOSE(エヌノーズ)」を世界で初めて実用化しました。

今まではわざわざ「がん」検診に行って、「がん」が発見されることはありましたが、尿からがんの早期発見ができる検査「N-NOSE」は、まさに革新的で画期的!

手軽に受けられる上、早期がんに関する感度も高いので、まず初めに受ける”がんの1次スクリーニング検査”に最適です。

注意していただきたいこと

検査結果によっては、かかりつけの医師にご相談ください

「N-NOSE」はこれまでの臨床研究をもとに検査時のがんのリスクを評価するもので、がんを診断する検査ではありません。

そのため、検査で「がんのリスクが検出されなかった方」でもがんに罹患していないとは言い切れませんし、検査で「がんのリスクが高いと判定された方」でも、必ずしもがんに罹患していることを示すものではありません。

「N-NOSE」の検査結果だけに基づき自ら判断することはお控えいただき、検査結果の解釈やその他の必要な検査に関しては、ご自身の健康状態を踏まえ、医師にご相談されることをお勧めします。

がんの早期発見から早期治療へ繋げる『がんの1次スクリーニング検査』

「N-NOSE」は医療機関を通して提供していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から昨年末に緊急対応として東京と福岡にて検査キットを指定場所に配送し,検体を自分で採取。その検体を「N-NOSE ステーション」に届け、自宅に検査結果が郵送される「Go To N-NOSE」を開始。

全国展開の第一歩として、大阪・梅田に国内3ヵ所目となる検体回収拠点「N-NOSE ステーション OSAKA」を開設し、先月1月18 日(月)から検体受付を実施しています。

いまや、誰にでも発症する確率のある「がん」の早期発見に繋がる「N-NOSE」で、一度1次スクリーニング検査を受けてみませんか。

検査は簡単!

検査はとても簡単で、専用サイト「エヌノーズ.com(https://エヌノーズ.com/)」より検査を申込み、自宅等に届いた「N-NOSE 検査キット」で検体(尿)を採取して「N-NOSE ステーション OSAKA」に提出するだけ。

①簡便:検査に必要なのは尿1滴

②高精度:感度は86.3%※1(※1 がん患者を「がん」と判定する確率)日本がん予防学会(2019年6月)、日本人間ドック学会(2019年7月)、日本がん検診・診断学会(2019年8月)で共同研究機関が発表したデータを集計

③安価な価格で検査を受けられる:全身※2のがんを一度で調べられて9,800円(税抜/参考価格)※3(※3別途、結果報告書の送料を申し受ける場合がございます。)

④早期発見:ステージ0、1の早期がんにも反応することを臨床研究において確認

⑤苦痛がない:身体的負担がなく定期的に受けやすい:一度の検査で全身※2のがんリスクを調べることができる(※2 線虫が反応することがわかっているがん種)胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、卵巣がん、胆管がん、胆のうがん、膀胱がん、腎臓がん、口腔・咽頭がん(15種類)

⑥全身網羅的

新型コロナウイルス感染による日本国内の死亡者数は累計 3,791 人(1)ですが、1年間のがん死亡者数 はこの約100倍の37万 3,584 人(2)に上ります。「N-NOSE」はコロナ禍においてもがんの1次スクリーニング検査が受けられるような体制を整えています。

「N-NOSE ステーション OSAKA」の開設は、この取組みの一環であり、関西圏在住の方々の健康管理に役立てていただくことを目指しています。
*1 厚生労働省 HP「国内の発生状況など」(※令和3年1月7日(木)時点)
*2 国立がん研究センターHP「最新がん統計(日本の最新がん統計まとめ)」

尿の一滴から、「がん」を発見できるなんてすごい驚きの検査方法です!この機会に生活習慣を見直し、自分の身体に向き合ってみませんか。

■N-NOSE ステーション OSAKA について
・所在地:大阪市北区梅田 1-8-17 大阪第一生命ビルディングB1F
・営業時間:平 日 8:00~16:00、土曜日 9:00~16:00※日曜日、祝日、年末年始 休み


■関連サイト「エヌノーズ.com」
https://エヌノーズ.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中