あのひとを待ちながら過ごす楽しい時間。「GINZA SIX MOMENT~時をたのしむ待ち合わせ~」煌めくイルミネーションが輝くGINZA SIXで過ごすプレミアムなひととき。

-「GINZA SIX」外観-


昨年はガラリと生活様式が変わり、人と会うことも最小限に制限されたとても悲しい1年でした。

今まで普通に大切な人と会っていたことがこんなにも難しい状況になるなんて、思ってもみませんでした。今年は、ほんの少しでもいいので、笑顔が見られますように。

寒い冬にピッタリな、アート作品も愉しめるスポットをご紹介します。

銀座のアイコニックな施設とも言える銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」では、来月2/23(火・祝)までの期間中、「新しい待ち合わせ」をコンセプトに、様々な業界で活躍する8名のクリエーター・アーティストが館内各所の「ART CONTAINER」に表現します。

オリジナルのアート作品がコンテナに展開され、出会いを待つ時間、出会った瞬間、一緒に繰り出す人・時間・場所に寄り添い、新しい待ち合わせを創造します。コンテナに広がるのは、視覚にとどまらず様々な感性を刺激する別世界です。

以前では考えられないほど人との接触に躊躇してしまう時代において、人と会うことの特別さ、貴重さを再認識することになった本年、GINZA SIX は「待ち合わせ」を再定義し、GINZA SIX らしさのある「新しい待ち合わせ」を館内各所に用意しお客様をお迎えします。

GINZA SIXの施設のファサードの「ひさし」と「のれん」をイメージしたデザインは、どちらも人々を迎えるのにふさわしい、伝統的な日本の形式です。

「人」の感情や身体感覚を第一に考えたヒューマンスケールの空間を創出する空間は、銀座や京都に残る路地をイメージして、通路を適度に雁行させることで、そぞろ歩く楽しみを演出。

施設全体にストーリー性のあるデザインを意識し、訪れる人を”おもてなし”する心を感じさせる施設となっています。


この季節にピッタリな華やかなアートや、冬ならではのプレミアムなグルメを多数取り揃え、GINZA SIXで過ごすどの瞬間を切り取っても特別な時間となる素敵な体験をお届けします。

新しい待ち合わせ方を。

■ニューノーマル時代の“新しい待ち合わせ”は、アートの前で。「ART CONTAINER」

-新しい待ち合わせ-

-館内各所でお好きな場所で-


「GINZA SIX」の館内各所に様々なサイズのコンテナ「ART CONTAINER」があり、好きなアートコンテナの前を待ち合わせ場所にすることで、密を避けてクリエイティブに待ち合わせの時間を楽しめます。

自分たちの待ち合わせ場所を“発見”し、それぞれの“待ち合わせ”を。
「新しい待ち合わせ」をコンセプトに、様々な業界で活躍する8名のクリエーター・アーティストが館内各所の「ART CONTAINER」に表現します。

オリジナルのアート作品がコンテナに展開され、出会いを待つ時間、出会った瞬間、一緒に繰り出す人・時間・場所に寄り添い、新しい待ち合わせを創造します。

コンテナに広がるのは、視覚にとどまらず様々な感性を刺激する別世界です。
各作品のキャプションに記されたQRコードからアクセスすると、作品の情報とその場所を待ち合わせ相手に簡単に送信することができます。

相手を待つ時間から、出会い、そして待ち合わせ後に銀座を回遊する体験に至るまで、密を避けてクリエイティブに、その時間をお楽しみいただけます。

家族、友人、パートナー等、あなたの大切な人との特別な「待ち合わせ」をぜひ GINZA SIX でお過ごしください。

詳しくは、ホームページでご覧下さい→https://ginza6.tokyo/


【展 示 期 間】 2021年2月下旬(予定)
【展 示 場 所】 館内各所 8カ所 (B1F、2~6F、RF)

▼QRコードについて
各作品のキャプションに記されたQRコードからアクセスすると、作品の情報とその場所を待ち合わせ相手に簡単に送信することができます。

相手を待つ時間から、出会い、そして待ち合わせ後に銀座を回遊する体験に至るまで。密を避けてクリエイティブに、その時間をお楽しみいただけます。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

-館内の各階で展示されているアーティストの紹介

RF:〈サウンドアーティスト〉evala(See by Your Ears)/エヴァラ・シーバイユアイヤーズ

-evala(See by Your Ears)/エヴァラ・シーバイユアイヤーズ-

evala(See by Your Ears)/エヴァラ・シーバイユアイヤーズ
※展示期間:2020 年 12 月 1 日(火)~
立体音響システムを楽器として駆使し、先鋭的な音楽作品を国内外で発表。
新たな聴覚体験を創出するプロジェクト「See by Your Ears」など、音が生き物
のように躍動的にふるまう現象を構築し、独自の“空間的作曲”を提示する。


2020 年1月、映画を「耳で視る」をコンセプトに『Sea, See, Sheーまだ見ぬ君
へ』を世界初上演。2021 年 8 月末まで、十和田市現代美術館にて最新作『Haze』を公開中。
http://evala.jp
http://seebyyourears.jp

-≪Sea, See, She -まだ見ぬ君へ-
Live Ver.≫-


B1F:〈視覚ディレクター〉河野 未彩/Midori Kawano

-河野 未彩/Midori Kawano--

音楽や美術に漂う宇宙観に強く惹かれ、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、映像、インスタレーションなど、幅広い創作活動を行っている。カラフルな影をつくる照明「RGB_Light」を、Panasonic 関連企業から 2020 年に製品化。「PHENOMENON: RGB」
(ラフォーレミュージアム、2019)をはじめ、国内外で展示を行っている。
https://www.md-k.net
https://rgblight.net

-≪RGB_Light≫-

「影の色をデザインする」というコンセプトによって作られた、Red、Green、Blueの三原色で構成されている照明器具「RGB_Light」は、光の現象を身近に出現させ、影の概念に新しい価値観を提案する。

この≪RGB_Light -Construction-≫では、分子構造やネットワークを彷彿させる構造に「RGB_Light」の光を照射することで、鮮やかな影を生み出している。
この現象によって、「複数の角度から違った視点をもつことで、影は色を持つ」という多様性が表現されている。

2F:〈アーティスト〉玉山 拓郎/Takuro Tamayama

-玉山 拓郎/Takuro Tamayama-

鮮やかな色彩の日用品、独自のペインティングや映像の色調、モノの律動、音響、照明を用いた、緻密なコンポジションによるインスタレーションを制作。

近年の主な展覧会に「開館 25 周年記念コレクション展 VISION Part 1 光について / 光をともして」(豊田市美術館、2020)、「VOCA 展 2020」(上野の森美術館、2020)などがある。
Instagram:https://www.instagram.com/takurotamayama
協力:ANOMALY、Nonakahill

-≪Eclipse Dance≫
Photo: Kei Murata-

作品が作品たる状態は、きちんと空間に展開された時だけなのだろうか。もしかしたら、閉じられたコンテナの中でも作品は光を放ち、映像は流れ、オブジェクトは回転していた/しているかもしれない。

しかも、それぞれが響き合い、調和しながら。場所、時代、環境といったものと関わりなく、作品は生き、存在し続けて欲しいと願う。断定をしないためにも、名づけることを選ばなかった。

3F:〈編み師〉203gow/ニイマルサンゴウ

-〈編み師〉203gow/ニイマルサンゴウ-

-≪おかしなおかしの家≫-


風変わりな編み物作品「へんなあみもの」を作り続ける。世の中全て編み物に見える。百貨店、路面店ショーウインドウ、雑誌背景装飾や横須賀美術館「編んだ〜わーるど展 2017」など美術館、アートギャラリーで立体造形・空間装飾の展示多数。街中を編み物で埋め尽くす集「編み奇襲団」主宰。多世代交流編み会も行う。
https://203gow.weebly.com

GINZA SIX アプリ会員限定の特別ムービーを配信
「ART CONTAINER」制作クリエータ-・アーティストの特別ムービーを、GINZA SIX アプリ会員様だけに限定で配信します。
2020 年12月上旬配信(予定)


お買い上げギフト対象期間中、数量限定で、ショッピングをより特別な瞬間へ引き上げるギフトを用意します。※全て、お一人様1点限りのお渡しとなります。


さらにフードフロア&レストラン・カフェでは、お買い上げの方へ先着でギフトをご用意
配布期間:2020年12月19日(土)~
ギフト:【B2F】ミニメッセージカードをプレゼント
ギフト:【各階レストラン·カフェ】オリジナルマスクケースをプレゼント
※各店舗にて配布、限定数に達し次第終了
※一部対象外の店舗がございます。詳細は、公式ホームページをご確認ください。

■≪Prismatic Cloud≫スペシャルライトアップを実施、360 度 3D-VR も公開

アート、デザイン、建築の領域において活動し、自然をテーマとした詩的で壮大な作品が世界で評価されているアーティスト吉岡徳仁。感覚を超越する本インスタレーションは、巨大な雲をイメージした光の彫刻です。

-≪Prismatic Cloud≫スペシャルライトアップ-


中央吹き抜けに展示中の吉岡徳仁氏によるアートインスタレーション『Prismatic Cloud』を、期間限定でライトアップいたします。巨大な光の彫刻をムービングライトで演出し、ホリデーシーズンらしい華やかさを楽しめます。


『Prismatic Cloud』は、アート、デザイン、建築の領域において活動し、自然をテーマとした詩的で壮大な作品が世界で評価されているアーティスト吉岡徳仁氏が手掛けた、感覚を超越するインスタレーションで、巨大な雲をイメージした光の彫刻です。

好評につき、展示期間を当初の2020年10月下旬予定から 2021年2月下旬(予定)まで延長します。

Prismatic Cloudを 360 度 3D-VR で公開
現在、GINZA SIX 公式ホームページにて、圧巻の吹き抜け空間の≪Prismatic Cloud≫の一部を360度3D-VRで見ることがます。オンラインでの視聴体験と、リアルでの体感の違いもぜひお楽しみください。

【作 品 名】 Prismatic Cloud
【アーティスト名】 吉岡徳仁
【展 示 期 間】 2021年2月下旬(予定)まで
【スペシャルライトアップ期間】~2021年2月下旬(予定)
【展 示 場 所】 GINZA SIX 2F 中央吹き抜け

アーティスト紹介

吉岡徳仁

吉岡徳仁氏-


1967年生まれ。倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。
デザイン、建築、現代美術の領域において活動し、詩的な作品は国際的にも評価されている。
代表作には、オルセー美術館に常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」をはじめ、クリスタルプリズムの建築「虹の教会」、結晶の椅子「VENUS」、ガラスの茶室「光庵」などがあり、東京2020オリンピック・パラリンピックでは聖火リレートーチのデザインを手掛けている。
作品は、ニューヨーク近代美術館、フランス国立近代美術館ほか、世界の主要美術館に永久所蔵されている。

-GINZA SIX NEWS-

アートをめぐる館内散策。GINZA SIX ART RAMBLING


【展 示 期 間】 2021年2月23日(火・祝)まで
【展 示 場 所】 館内各所9カ所 (B1F、3~6F、RF)
Rambling(ランブリング)とは、ある趣味をするために歩くことや、あることをしながら歩くということ。この度 GINZA SIX では、グローバルに広がる新しい生活様式の中で、ポジティブにその変化を捉えるアーティスト達による作品群を館内各所に展示します。
海外から寄せられた様々なアートとそのメッセージを体験いただく中で、アートを介した新しいディスタンスや発見をお楽しみください。


【アーティスト名】 Erin D GARCIA エリン ディー ガルシア

Erin D GARCIA エリン ディー ガルシア

ロサンゼルスを拠点とするアーティスト。カラフルで浮遊し、重なり合う、大型の作品は一見シンプルな様に見えて、変形し続ける方程式を元に一定の構成要素を配置することで形成される。

これまでに、LA、マイアミ、ロンドン、東京、香港にて個展を開催。また、エースホテル、スタンダードホテル、パンドラ、レッドブル・スタジオなどで壁画、インスタレーションアートの展示を行っている。


【作 品 名】 Free Fall #1、Free Fall #2、Free Fall #3

-≪Vortex≫
≪ボルテックス≫-

このインスタレーションは、滝のようなマルチカラーの光で、半透明の空を飛んでいるかの様な空間を演出しました。一瞬、現実逃避を感じさせる「優艶な衝撃」です。


【アーティスト名】 NEASDEN CONTROL CENTRE ニースデン コントロールセンター

NEASDEN CONTROL CENTRE ニースデン コントロールセンター

イギリスを拠点に活動しているアーティスト。グラフィック作品、手書きのイラスト、タイポグラフィなど多岐に渡った制作活動は国際的に支持されている。
オランダの MU、イギリスのバルティック現代美術センター、韓国のナムジュンパイクセンター、日本のカームアンドパンクギャラリーなど数多くの国際的なギャラリーや機関で作品を発表し、2018 年には、初の子供向け絵本「ボーン・バッド:Born Bad」を出版している。


【作 品 名】 Blow Your Whistle Blow Your Horn, Power On!(笛を吹いて角を吹け 頑張って前に進め!)辛い時でもポジティブに生きよう、そして周りの人にも伝わる様なグッドエナジーを発信しよう!

【作 品 名】 The Power of Joy, Live and Love!(幸福の力 生きて、愛する!)生きることは、愛することだ!


【作 品 名】 Corium Drift(コリウムドリフト)コリウムドリフトと呼ばれる一連の作品の一部で、物体が衝突した時に爆発的に現れる抽象的な線をイメージしたシリーズです 。


【アーティスト名】 Beci ORPIN ベッキー オーピン

Beci ORPIN ベッキー オーピン

オーストラリア出身のアーティスト。彼女の作品の表現はイラスト、デザイン、
クラフトなど多岐にわたる。ベッキーは約 20 年自身のスタジオを通して様々な
クライアントのプロジェクトに関わり世界各国での展示も行っている。また、4 冊
の DIY 本と 4 冊の子供向けの絵本を出版している。


【作品名】 Happy Seat

見る人、参加していただく人をポジティブなメッセージで包みこみ、今私たちが直面している
辛い状況にもかかわらず、いいことがまだあることを思い出せるきっかけになればと思います。
また、優しさを持ち、前向きなアプローチをとることは全ての方にいい影響を及ぼすと感じて
います。


【作品名】 Together Apart

お互いを想い、支え合い、守りながら時間を過ごす、クールな若者たち。今の状況は誰にとっても辛いことです。最愛の家族や友人と触れ合ったり、抱きしめたりすることができない。
でも、みんなで力を合わせ、やるべきことをやることで、優しさを広げることはできます。あなたもここにいる友達たちの仲間になれます。

【作品名】 Sign of Happiness

私は若い頃、政治活動に活発だった親たちと共に抗議やデモに参加していました。特に好きだったのは「Peace:平和」と描かれたサインを作ること。今でもサインを作り続けており、今回は「positivity:前向き」というメッセージを込めて作りました。この作品を見る人たちが、ポジティブな気持ちになることを願います!

■GINZA SIX 施設概要■
【TEL】03-6891-3390 (GINZA SIX 総合インフォメーション 受付時間 10:30~20:30)
【ADDRESS】〒104-0061 東京都中央区銀座 6 丁目 10-1
【公式HP】https://ginza6.tokyo/
【営業時間】ショップ・カフェ(B2F~5F) 10:30~20:30 レストラン(6F、13F) 11:00~23:00
※一部の店舗、レストランは営業時間が異なります。※詳細は公式ホームページをご確認ください。

【休館日】不定休(元日および休館日を除く)
【アクセス】 東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅から地下通路にて直結

【駐車場完備】:お買い上げ金額に応じたサービス有

【ペットの持ち込みについて】:館内ではペットはゲージにいれてお連れください。また、以下の場所へのペットの持ち込みは禁止となります。館内のレストラン、カフェ、フーズフロア、LOUNGE SIX等、食料品を販売・提供する店舗やサービス施設


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください