WOW! ♥日本初進出のホテルブランド「W」、『W Osaka』が大阪・心斎橋に2021年3/16(火)に開業します。Bold(大胆)&Energetic(エネルギッシュ)!眠らない刺激的でトレンディな街で泊まるだけではない、クリエイティビティを解き放つ「大人の遊び場」で楽しむ。

-W Osaka 外観-

積水ハウス株式会社が開発を担当し、マリオット・インターナショナル(Marriott International)が世界各地で展開しているラグジュアリー・ライフスタイルホテルブランド「W」が日本初進出。「W Osaka」が大阪の南北を走るメインストリートである御堂筋に2021年3/16(火)に開業します。

ナイトアウトやエンターテイメントが楽しめるエリア、道頓堀などへのアクセスも容易で、眠らない街、御堂筋に沿って大きくそびえ立つ建物は、シンプルでスタイリッシュ。

目指すのは、“ 泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ「大人の遊び場」 “ 。

ホテルのデザイン監修を手がけるのは、自らも大阪出身で関西とも縁が深く、数々の名建築を生み出してきた安藤忠雄氏。

客室のインテリアは、Wならではの斬新でスタイリッシュなデザインコンセプトを取り入れました。

W ブランドとしては日本では初進出となり、今最も期待されるホテル。

「W Osaka」は、2021年3/16(火)の開業日の決定に伴い、公式サイト(marriott.co.jp/hotels/travel/osaow-w-osaka)にて宿泊予約の受付を開始しています。

-「W(ダブリュー)ホテル」について


「W(ダブリュー)」ブランドは、マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつで、1998年にニューヨークの多様な文化と活気に満ちたエネルギーの中で生まれたラグジュアリー・ライフスタイルホテル。

今までのラグジュアリーホテルの常識を大きく覆す革新的なデザインや遊び心が溢れるホテルで、世界のトレンドセッターからの支持を得ています。

現在では、アジアではシンガポールや上海など世界各地に55軒以上のホテルを展開。

24時間休みなく活動する世界中の活力を取り入れ、世界各地の魅力的な旅の目的地に最高の音楽、ファッション、デザイン、刺激的なエナジーをお届けしています。

アクセス便利な立地-

「W Osaka」は、大阪市の中央を南北に結ぶメインストリートである御堂筋に面しています。世界有数のラグジュアリーブランドが軒を連ねる心斎橋や、幅広いグルメやナイトアウトが楽しめる道頓堀、そして大阪発のデザイナーズショップやこだわりのコーヒー専門店など、個性的な店が並ぶ南船場が徒歩圏内に位置します。

また、商いの街・大阪を支えるビジネス街、繊維の街としても有名な本町エリアへのアクセスも便利です。

Wならではのサービス、体験

”W”はお客様が持つ、思い切り楽しみ、日常の繰り返しに反発したいという強い願望に火をつけ、お客様の生への渇望を解き放つことを目指しています。

Wブランドの刺激的なデザイン、W を象徴する“いつでもどんなことでも”(Whenever/Whatever)に対応するサービス、そして活気あふれるリビングルームがもたらすゲスト体験は、模倣されることもありますが、Wに追い付くことはできません。

W が世界に誇るサービスプロミスWhatever/Wheneverも、ホテルで体験できます。


Whatever/Wheneverとは、 「いつでも、 どんなことでも」お客様のご希望に応えるというものです。 客室の電話にはWhatever/Wheneverボタンが設置され、 電話1本でゲストの希望やニーズにお応えします。

革新的でインスピレーションに富み、逃れられないほどの熱気に満ちた W(ダブリュー) が、世界各地のまだ知らない新しい情報を知りたい、もっと見て感じて遠くまで行きたい、夜も遅くまで楽しみたいというあくなき欲望をサポートします。

安藤忠雄氏デザイン監修のW Osaka

-大阪の街からインスパイアされた、賑やかで個性溢れるインテリアデザイン-

「W Osaka」のホテル全体のデザインは「大阪商人の遊び心」をテーマにしています。

江戸幕府の方針により過度な贅沢が禁止されていた当時の大阪商人たちは、表向きは控えめで物静かな装いとしながらも、内内では豪華さを極めた粋な遊びを楽しんだと言われています。

「W Osaka」は、当時の「大阪商人の遊び心」を、ミニマルな外観と華やかなインテリアのコントラストで体現。


ホテルのデザイン監修に、大阪出身の世界的建築家である安藤忠雄氏を迎えました。地上27階地下1 階の黒を基調とし華美な装飾を極力おさえたシンプルでスタイリッシュな外観は、巨大な鉱石による研ぎ澄まされた結晶体をイメージしています。


また、インテリアデザインは、「W London」や「W Verbier(スイス)」など、世界各国の「W」を手掛けたオランダの Concrete Architectural Associates 社が担当。

鮮やかなネオンがきらめくエネルギッシュな大阪の街からインスパイアされた賑やかで個性溢れるインテリアデザインとなっています。

御堂筋に立つ存在感のあるホテルは、今後の大阪をどのように変えていく存在になるのでしょうか?

館内施設

館内には鮮やかなネオンきらめく大阪の街からインスパイアされた、賑やかで個性あふれるレストラン、バーが合計6つOPENします。

スタンドマイクを備えたステージやDJブースを常設したラウンジ

ラウンジ:リビングルーム

多くの人々が行き交う、リビングルーム (ロビー )フロアに あるラウンジ 。 カジュアルランチ、アフタヌーンティー、カクテルタイムなどあらゆるシーンで利用可能。オープンエアのテラス席も有。常設の DJ ブースではイベントも実施予定。

営業時間帯: 昼食、夕食  

席数:184席(内、個室35席、テラス席30席)

ドレスコード: スマートカジュアル

-スタンドマイクが設置されたステージなど、ユニークで遊び心のある空間-

ホテルのロビーフロアにあるラウンジで、思いがけない出会いをお楽しみください。今後、DJブースやステージを使ったイベントも行予定です。

スタンドマイクが設置され、臨場感溢れるLIVEを体感できる、まさに大阪らしいユニークな仕掛けになっています。

色鮮やかなインテリアで活気あふれるロビーには、大阪を代表する文化のひとつである、漫才で使用するスタンドマイクが設置されたステージなど、遊び心のある空間が広がっています。

「アジアのベストレストラン50」選出のシェフが監修

インターナショナルブラッセリー:OH.LALA…(オーララ)

「 アジアのベストレストラン50」 の10位 にランクインし、ミシュラン2つ星にも輝くフレンチの名店「ラ・シーム」高田シェフ監修のインターナショナルブラッセリ―。食通をも満足させるメニューの数々を W Osaka オリジナルラベルのシャンパンやソムリエ厳選ワインと共に。

席数:160席

-フレンチの名店「ラ・シーム」高田裕介シェフが監修-

煌びやかで華やかなインテリアは、賑やかな大阪の街からインスピレーションを得てデザインされました。

普段の日常を”特別に、華やかに演出する空間”に、きっと毎日を彩ってくれるでしょう。

Experience(体験)大阪のローカルグルメからブランド牛まで味わえる鉄板焼き。

鉄板焼:TEPPANYAKI MYDO

3エリアに分かれたカウンターと個室を有する鉄板焼きのお店。ブランド牛の鉄板焼 、 Wらしくスタイリッシュに仕上げたお好み焼きなどのローカルグルメ 、 さらには鉄板を使用した割烹料理まで、多彩なメニューを煌びやかな空間の中で楽しめる。

席数:38 席(内、個室 8 席)

-3つのエリアに分かれたカウンターで、遊び心溢れる料理を-

甘美な曲線を取り入れたきらびやかなダイニングスペースで、味覚の冒険に出かけてみませんか。

大阪の文化、歴史、伝統、遊び心が混ざり合い、無限の驚きをもたらすその体験は、ここW Osakaならでは。

10席のみの”隠れ家”で、こだわりの鮨をご堪能あれ。

鮨: うき世

カードキーをかざすと、そこは限られた人のみぞ知る世界 。才気溢れる職人が目の前で握 る江戸前鮨、日本各地から取り寄せる銘酒や関西の地酒を、美しい一枚板のカウンターで堪能できる。

席数:10席

御堂筋に面したパティスリーで、スイートな時間を。

パティスリー:MIXUP(ミックスアップ)

秋はイチョウ並木、冬はイルミネーションが美しい御堂筋に面したパティスリー。シェフが目の前のカウンターで仕上げるスイーツや焼き立てのフィナンシェを、こだわりのドリンクとともに提供します。

席数:32席

オープンエアのデッキエリアを有する、個性的でユニークなバー!

バー:WET DECK & BAR

全長20mの美しいプールの横に位置するバーでは、W Osaka オリジナルカクテルをはじめ、多彩なドリンクを提供します。

席数:デッキ54席、バー45席、(季節営業)

-個性的でユニークな『WET DECK & BAR』-

大阪では珍しいオープンエアのデッキエリアも。貸切パーティ-やイベントとしての利用も可能。プールサイドでお好きなお酒を片手に、カジュアルに過ごしてみませんか。

最先端のフィットネスセンター、スパ施設などを揃え、自然光を取り込む400㎡の広さを誇るボールルーム、会議室を擁し、あらゆる会議やソーシャルシーンへの対応が可能となっています。

また「W Osaka」ならではの一人一人のゲストに応じた個性的なウェディングも提案します。ご期待下さい。

プール:

ホテル館内にある全長20mの屋内プール。こころゆくまで寛げます。

その他、フィットネスやプール、スパ施設、さらにスタイリッシュなイベントルームや各種ミーティングルームも完備しており、お客様にふさわしいオンリーワンのサービスを提供します。

Wらしい大胆なデザインを取り入れた色鮮やかな客室

客室

―大胆で色鮮やかな色彩のお部屋―

ホテルの6階から27階までに配された全337室の客室には、全室に鮮やかな色彩とすっきりとしたラインが印象に残る大胆な『W デザイン』を用いています。

広々とした浴室には特注のレインシャワーを設置し、床から天井まで一面に広がる窓からは、美しい大阪の街並みを楽しめます。

また、最上階の27階に位置し、天井高4.5m、200㎡の広さを誇るスイートルーム「エクストリーム WOW スイート」は、5つの部屋全て(バスルーム、ベッドルーム、ガーデンルーム、ダイニングルーム、リビングルーム)から大阪の街並みを一望できます。

客室タイプは、エクストリーム WOW スイート(1室)、WOW スイート (2室)、J スイートルーム(12室)、スイートルーム(35室)、スタンダードルーム(287 室)となります。

「W Osaka」の総支配人 近藤 豪氏

総支配人 近藤 豪氏

近藤 豪プロフィール

近藤は世界最高峰のホスピタリティ・マネジメントをスイスのレ・ロッシュ大学で学び、1997 年よりホテリエとしてのキャリアを開始しました。

2013年には副総支配人としてザ・リッツ・カールトン京都の開業を手掛け、その後、ザ ・リッツ ・カールトン大阪での勤務を経て、2016 年にザ ・リッツ ・カールトン ・バリ グランドオープン時にホテルマネージャーとして就任。

2017年からはセントレジスホテル大阪にて総支配人を務めるなど、20 年以上に渡りホテル業界に従事してまいりました。

W Osaka では、近藤のラグジュアリーホテルに関する豊富な経験と、並々ならぬ情熱を注ぐ料飲ビジネスやイベントに関する知見を存分に活かした上で、「W」ならではの上質でユニークなサービスの提供を目指します。

●近藤 豪よりコメント

日本初進出の W へ、開業メンバーとして加われたことを大変光栄に思います。W ではホテル従業員のことを「タレント」と呼んでいます。

特に W Osaka では「OMOROI(おもろい)タレント」と名付けており、それに相応しい個性的でユニークなメンバーが国内外から多数集いました。

1998 年にニューヨークで誕生以来、世界中で多くのお客さまを魅了し続ける W の日本初の開業に向け、そして“泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ「大人の遊び場」”の実現に向け、タレント一同、盤石の体制を整えてまいります。

日本初進出の「W」を、遊び心あふれる街・大阪で開業できることを誇りに思います。私たちは「W Osaka」を観光やビジネス目的に宿泊するだけの場所ではなく、目的地として選ばれる存在になりたいと考えています。

「Whatever/Whenever®」を代表とする「W」ならではの上質でユニークなサービスをお客様へご提供するとともに、「W Osaka」から日本へ、そして世界へと新しいカルチャーを発信していきたいと思います。

近藤はこれまで、既存のラグジ ュアリーホ テルのイメージ を覆すよ うな 、 「遊び心」 を加えたイベン トやプロモーションを数々手がけてまいりました。

シャンパーニュと DJ、鮨を融合した「鮨シャン Night」や、一般的にはシーズンオフである真夏に開催したストロベリーブッフェ「夏いちごフェス」などは当時、予想を大きく上回る反響を得ることができました。


また 、「パティスリー界のピカソ 」 と呼ばれるピエール ・ エルメ氏や 「中華の鉄人 」陳健一氏を父に持つミシュランスターシェフ 陳健太郎氏など、国内外のセレブリティシェフとのコラボレーションを仕掛けることも得意としています。

大胆でエネルギッシュなブランドとして名を馳せる W で、近藤がタレントたちと共に繰り出す新たな一手にご期待ください。

W Osaka公式サイト:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/osaow-w-osaka

W Osaka公式SNS:Instagram:instagram.com/wosakahotel/

Facebook:https://www.facebook.com/WOsakaJPN

●W ホテルについて
マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつであるW ホテルは、ニューヨークの大胆な発想と24時間365日眠らない街の文化の下に誕生以来、およそ20年以上に渡って、ホスピタリティ業界でセンセーションを巻き起こし、そのあり方を再定義してまいりました。

W の象徴である「W」のサインの下、W ホテルは世界各地に55軒以上を展開し、従来のラグジュアリーの常識を飛び越え、お客様からの期待に応えています。

W はお客様が持つ、思い切り楽しみ、日常の繰り返しに反発したいという強い願望に火をつけ 、 お客様の人生への「渇望」 を解き放つことを目指しています 。

ブランドの 刺激的なデザイン 、象徴的な「Whatever/Whenever」サービス、そして活気あふれる「リビングルーム」は、他のブランドには真似できない体験を生み出します。


革新的でインスピレーションに富み、人々を魅了する W の情熱は、世界各地で新しいものを発見したい、もっと見たい、もっと感じたい、もっと遠くへ行きたい、夜遅くまで楽しみたい、というお客様の尽きることのない欲求を叶えてまいります。

W ホテルについての詳 しい情報は 、 https://w-hotels.marriott.com/ja-JP/ または TwitterとInstagram、Facebookをご覧ださい 。


W ホテルズ・ワールドワイドは、マリオット/インターナショナル の ロイヤリティプログラム「 Marriott BonvoyTM (マリオット ボンヴォイ)」 に参加しています 。

このプログラムでは 、 グローバルブランドの 素晴らしい施設 、Marriott Bonvoy Moments での体験、無料宿泊やエリートステータス認定のための宿泊などのポイント獲得など、他に類を見ない特典をご用意しています。

無料入会やプログラムの詳細については MarriottBonvoy.marriott.com をご覧ください。

●積水ハウス株式会社について
1960年の創立以来、248万戸を超える(2020年1月31日現在)住宅を供給してきた住宅業界のリーディングカンパニーです。

住環境創造企業として地球環境を守り、より良い住生活を確保するという「サステナビリティ」の思想をもとに、長期的な視点での住まいづくりやまちづくりに取り組んでおります。

また、より付加価値の高い不動産開発を目指し、東京や大阪などの都市部における開発事業にも注力しております。

●公式ホームページ:www.sekisuihouse.co.jp


●マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、132カ国・地域に30のブランド、 合わせて 7,500 軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。

世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。当社は、受賞歴を誇る旅行プログラム、Marriott BonvoyTM (マリオット ボンヴォイ)を提供しています。

詳しい情報は、 http://www.marriott.com をご覧ください。また最新の企業ニュースは、www.marriottnewscenter.com をご覧ください。

Facebookや@MarriottIntl にてTwitterとInstagramでも情報発信しています。

●「W Osaka」概要について

■ホテル名:W Osaka
■開業日:2021年3月16日(火)
■所在地:大阪市中央区南船場4丁目1番3号(住居表示)
■階数:地上27階・地下1階
■ホテル運営:マリオット・インターナショナル
■インテリアデザイン:Concrete Architectural Associates BV
(オランダ)
■客室数:全337室
■事業主: 積水ハウス株式会社
■付帯施設:レストラン、ボールルーム、スパ、ジム他


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください