子育てを楽しみ、自分自身も家族と供に成長する男性を目指して。11/20(金)に「イクメン企業アワード 2020」・「イクボスアワード 2020」の受賞企業・受賞者の表彰式、「イクメン推進シンポジウム 2020」が開催されました。

-「イクメン企業アワード 2020」受賞企業-

-「イクボスアワード 2020」受賞企業-

厚生労働省は、男性の仕事と育児の両立をテーマにした「イクメン推進シンポジウム 2020」を2020年11月20日(金)にオンラインにて開催しました。

厚生労働省では、2010年より育児に積極的な「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロジェクト」を実施。

イクメンプロジェクトの一環である、今回の「イクメン推進シンポジウム 2020」では、男性社員の育児と仕事の両立を推進し、業務改善を図る企業を表彰する「イクメン企業アワード」、そして部下の仕事と育児の両立を支援する管理職=「イクボス」を企業内からの推薦によって募り、表彰する「イクボスアワード」の表彰式と、「新型コロナウイルスは働き方にどのような影響を与えたか」をテーマとしたパネルディスカッションを実施しました。

2020年11月20日(金)にオンラインで開催された「イクメン推進シンポジウム 2020」の様子

11/20(金)に開催された「イクメン推進シンポジウム 2020」では、男性社員の育児と仕事の両立の推進に積極的な企業や管理職を表彰するシンポジウムを開催。

今年は新型コロナウィルスの影響で企業でのテレワークが普及し、イクメンを推進する取り組みにさらに家での仕事をする新しい働き方がプラスされ、家族が協力して家事と育児に取り組むいい機会となりました。

そんな家族に協力するお父さんの姿を見て、奥様やお子様は改めてお父さんって頼もしいな、家族の為に頑張ってくれているんだな・・と感じられた方も多いのではないでしょうか。

コロナ禍の中での新しい働き方もプラスされたイクメンを推進する取り組みを取り入れた企業も含めた授賞式となりました。

開会挨拶には厚生労働省、雇用環境・均等局坂口卓局長が登壇し、「男性の育児参加は子育て環境の充実や女性の就業継続の観点から重要である」と本アワードの意義を強調。

会前半の「イクメン企業アワード」では株式会社技研製作所(高知県)、積水ハウス株式会社(大阪府)へ、 「イクボスアワード」では社会福祉法人スプリングの大久保友紀子氏、株式会社スープストックトーキョーの西谷達彦氏へ、グランプリの表彰状と副賞(トロフィー)授与が行われました。

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、一部企業はリモートにて授賞式に参加し、中継を通じて受賞の喜びや今後の展望を語った。

後半では、「イクメン企業アワード」でグランプリを受賞した技研製作所の溝渕千賀氏、積水ハウスの伊藤みどり氏が登壇し、「新型コロナウィルスは働き方にどのような影響を与えたか」をテーマに、「イクメンプロジェクト」の推進委員と共にパネルディスカッションを実施。

「コロナ禍で、働く人は自分の企業がどれだけ自分のことを考えてくれているのかを感じたはずだ」という意見や、「今後は育児もキャリアの一つになりうる」といった、時代に合わせて企業に求められる変化への意見が述べられました。

<『イクメン推進シンポジウム2020』開催概要
■日時 :2020年11月20日(金) 13:00~15:40 ※開場:12:30
■場所 :TKPガーデンシティお茶ノ水 カンファレンスルーム3C(101-0062東京都千代田区神田駿河台三丁目11-1)
■内容:
1.厚生労働省挨拶
2.イクメン企業アワード2020 表彰式
3.イクボスアワード2020 表彰式
4.受賞企業・受賞者 取組紹介
5.総評 イクメンプロジェクト推進委員会 座長 駒崎 弘樹 氏(認定NPO法人フローレンス代表理事)
6.パネルディスカッション テーマ 「新型コロナウイルスは働き方にどのような影響を与えたか」
コーディネーター:羽生祥子氏(日経xwoman(クロスウーマン)総編集長、日経ARIA編集長、日経DUAL創刊編集長)

パネリスト :高村静氏(中央大学大学院戦略経営研究科 准教授)

国保祥子氏(静岡県立大学経営情報学部准教授、株式会社ワークシフト研究所所長、育休プチMBA代表)

株式会社技研制作所(イクメン企業アワード2020グランプリ)
積水ハウス株式会社 (イクメン企業アワード2020グランプリ)

-イクメンプロジェクトとは-

イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。

今、育児にもっと関わりたいという男性が多くなっています。また、制度改正により男性も育児休業が取りやすくなりました。

イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと。
イクメンがもっと多くなれば、妻である女性の生き方が、子どもたちの可能性が、家族のあり方が大きく変わっていくはず。そして社会全体も、もっと豊かに成長していくはずです。


イクメンプロジェクトは、そんなビジョンを掲げて発足しました。このような環境づくりに、社会全体で、より積極的に取り組んでいくため、プロジェクトを推進していきます。

育児休業をとるということ。

なぜ、今育児休業をとるのか?=男女の「仕事と育児の両立」を支援するためです。

積極的に子育てをしたいという男性の希望を実現するとともに、パートナーである女性側に偏りがちな育児や家事の負担を夫婦で分かち合うことで、女性の出産意欲や継続就業の促進にもつながります。

また、急速に進む少子化の流れから、年金や医療などの社会保障制度が立ち行かなくなってしまうという危機的な状況にあり、次世代を担う子どもたちを、安心して生み育てるための環境を整えることが急務となっています。
その環境整備の一環として、育児休業制度などの充実をはかり、男女ともに育休取得の希望の実現を目指しているのです。

●男性の育児休業取得率を2020年13%、2025年30%を目標に!

平成19年12月、労働界、地方の代表等の合意のもと、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」と、「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定され、目指すべき社会の姿や、企業・労働者・国・地方公共団体が果たすべき役割などが具体的に記されて、取り組まれてきました。平成27年6月に閣議決定された「日本再興戦略2015」においても、2020年に男性の育児休業取得率13%の目標が明記され、また、令和元年12月に閣議決定された「第2期『まち・ひと・しごと・創生総合戦略』」において、2025年までに男性育児休業取得率を30%と目標が明記されています。

●「イクメン企業アワード」「イクボスアワード」で企業も上司も変わる

2013年から「イクメン企業アワード」を実施し、男性の仕事と育児の両立を促進し、業務改善も図られている企業を表彰しています。

また2014年から「イクボスアワード」として部下の仕事と育児の両立を支援する上司を表彰しています。これらの表彰を通じて先進的な取組を普及することなどにより、両立支援の輪を広げています。


「イクメン企業アワード」「イクボスアワード」の2つのアワードは、育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロジェクト」の一環として、働きながら安心して子どもを産み育てることができる労働環境の整備推進を目的に、企業や個人を表彰するものです。

今年で8年目を迎える「イクメン企業アワード」-

今年で8回目を迎える「イクメン企業アワード」は、男性従業員の育児と仕事の両立を推進し、業務改善を図る企業を表彰するもので、今回は36社の応募の中からグランプリ2社、奨励賞1社、理解促進賞1社、特別賞2社を選定し、表彰されました。

イクメン企業アワードの審査基準は、

(1)男性の育児休業などの取得促進、積極的な育児の推進の取組み
(2)仕事と育児を両立できる職場環境の整備
(3)男性が育児に参画することを促す対外的な活動
(4)取組による定量的な効果
(5)新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた仕事と育児の両立支援の取組、地方・中小企業における特色ある男性育休の取組み

の5つが審査基準となり、その中から受賞企業が選ばれました。

●「イクメン企業アワード 2020」受賞企業(五十音順)

「イクメン企業アワード」グランプリを受賞した株式会社技研製作所(オンライン参加)-

-「イクメン企業アワード」グランプリを受賞した積水ハウス株式会社-

■グランプリ(2社)

株式会社技研製作所(高知県)
積水ハウス株式会社(大阪府)

今回、栄えある「イクメン企業アワード 2020」のグランプリを獲得した積水ハウス株式会社は、2018年9月より「イクメン休業」制度の運用を開始しました。

2020年9月末時点において、取得期限(子供さんが3歳の誕生日の前日まで)を迎えた男性従業員701名全員が1カ月以上の育児休業を取得しており、2019年2月以降、取得率100%を継続しています。

また、2019年からはこの取り組みをグループ会社にも広げています。

全国で「男性の育児休業取得が当たり前になる社会の実現」を目指し、「イクメン休業」制度の運用から得られた知見やノウハウ、活動内容などを広く社会に公表することで、社会全体の男性育休への機運醸成に貢献しています。

<主な取り組み>

●対象の男性従業員全員に1カ月以上の育児休業取得を推進する「イクメン休業」制度を創
設し、1 カ月以上の男性育休取得率 100%を継続。
→それぞれの各家庭の事情等に合わせ、一括または最大 4 回までの分割取得を可能にし、最初の取得日からの 1 カ月間を有給扱いにするなど、取得のしにくさや経済的不安を軽減させることで、取得対象となる全ての男性従業員に 1 カ月以上の育児休業取得を促進しています。

近年、女性の社会進出が進み、夫婦で共働きの家庭が当たり前の時代に。そんな中、女性の出産や育児に協力できるような環境作りを設けることで、家族との時間を充実させる取り組みです。

●家族と協力して育児をしていく「家族ミーティングシート」、「イクメンガイドブック」の制作や「積水ハウスのパパたち写真展」の開催など、全社を挙げて育休を取得しやすい環境づくりを展開。→対象の男性従業員へ育児休業取得前に、育児休業中の家事・育児の分担などを話し合い、計画を立てるためのツールとして「家族ミーティングシート」を作成。

育児をしながらの家事はとても大変。そんな奥さまと計画を立てながら、家事・育児を分担するために「家族ミーティングシート」を作成し、スムーズに家事や育児を分担することで夫婦の連携を高めています。

家族ミーティングシート(どなたでもダウンロード可能)https://www.sekisuihouse.co.jp/library/ikukyu/pdf/meeting-sheet.pdf

●「イクメン白書」の発行、「イクメンフォーラム」開催等により、社会全体の男性育休取得への機運醸成に貢献。→全国の小学生以下の子どもを持つ 20 代~50 代の男女 9,400 人を対象とした調査を実施し、「イクメン白書 2020」・イクメン力全国ランキング 2020」として統計データをだしたところ、「1 位:佐賀県 2 位:熊本県 3 位:福岡県 」と九州の佐賀県が1位にランクイン。

このように、家族と一緒に育児に取り組む姿勢を実践されている企業で、未来のイクメンを育てていく取り組みを実施されています。

実際に、積水ハウスグループのイクメン休業の取り組みの満足度を見てみると、積水ハウス社員とその奥さまの満足度は95%以上を占めていることがわかりました。

また、イクメン休業期間に旦那様が家事や育児を手伝うことで、奥さまの気持ちがわかり、家族愛が深まり、仕事の生産性が上がったなど、とてもいい相乗効果を生んでいることがわかります。

https://www.sekisuihouse.co.jp/ikukyu/project/

■奨 励 賞(1社)  双日株式会社(東京都)
■理解促進賞(1社)江崎グリコ株式会社(大阪府)
■特別賞(2社) (コロナ対応)日本航空株式会社(東京都) (地方特別) 株式会社プロトソリューション(沖縄県)

<「イクメン企業アワード」 受賞理由・コメント一覧

グランプリ 株式会社技研製作所(高知県)所在地:高知県 業種:製造業 従業員数:453 人
男性社員が8割を占め、 2018年までの10年間で、育児休業の取得は対象者150人中0人、という状況であったが、全社員を対象とした「男性育休に関する知識・意識調査」の実施、社内サイトにおける育休取得手続マニュアルや育児休業取得後の収入予測ツールを紹介するなどの取り組みを行った。その結果、男性の育児休業取得者数が増加するとともに、平均取得日数を110.2日と高い水準にまで上昇させた。

グランプリ 積水ハウス株式会社(大阪府所在地:大阪府 業種:建設業 従業員数:14,801 人
経営者から管理職に働きかけることで、全社的な意識醸成に取り組むほか、出産後3年以内に1か月以上の取得を目指す「イクメン休業」制度や、夫婦で家事・育児について話し合うための「ミーティングシート」を設けた。

また、日本全体のイクメンの実態を調査する「イクメン白書」や産官学を巻き込んだ「イクメンフォーラム」の開催など、日本社会全体の機運醸成にも貢献した。

奨励賞 双日株式会社(東京都所在地:東京都 業種:卸売・小売業 従業員数:2,613 人
「ライフイベントがある中でもキャリアを止めない」をスローガンに、早期復職支援のための保育料補助やベビーシッター費用助成、ファミリーサポート休暇、時短フレックス、育児コンシェルジュなどの多様な両立支援制度を設けた。
上司が部下の男性社員から、育児休業を取得できたことを感謝する手紙を受け取ったことが、男性の育児休業取得に対する上司の考えを改めるきっかけになった、とのエピソードも披露された。


理解促進賞 江崎グリコ株式会社(大阪府)所在地:大阪府 業種:製造業 従業員数:1,525 人
自社での育児支援ツール開発にも力を入れ、夫婦で妊娠期から使えるコミュニケーションアプリ「こぺ」の提供や、父親が子どもと遊ぶコツを学べるコンテンツ動画の配信などを実施。コロナ禍においては、オンラインで参加できる液体ミルクの調乳講座を設け、参加した男性社員からは「オンラインだと積極的に参加しやすく、ありがたい」との声があった。


特別賞(コロナ対応) 日本航空株式会社(東京都所在地:東京都 業種:運輸業・郵便業 従業員数:13,869 人
テレワークやフレックスなど、柔軟な働き方が元々定着していたことに加え、コロナ禍では出社が必要な業務を割り出し、テレワークを前提とした出社日数や出社率のガイドラインを策定する等の業務プロセスの改革を実施した。

また、父親社員とこれから父親になる社員による座談会や、社内インフラを使って育児関連制度の認知を図る等、男性が育児休業を取得しやすい環境を整備した。

航空業界はコロナ禍で依然として厳しい状況下にあるが、そのなかでもニューノーマルな働き方を考えていきたいと語った。


特別賞(地方特別) 株式会社プロトソリューション(沖縄県)所在地:沖縄県 業種:情報通信業 従業員数:538 人
最もリモートへの移行が難しいと考えられていたコールセンター業務の在宅勤務を実現した。「前例がないからできないのではなく、できる方法を考えた」とコメントし、今後も社員からずっと働き続けたいと思ってもらえるような企業作りをしていきたいと語った。

今年で7年目を迎える「イクボスアワード」-


一方で、今回が7回目となる「イクボスアワード」は、部下の仕事と育児の両立を支援する管理職=「イクボス」を企業からの推薦によって募集し、表彰するもので、今回は48人の応募の中から、グランプリ2人、奨励賞1人を選定し、授賞式を行いました。

イクボスアワードの審査基準は、

(1)部下の仕事と育児の両立への配慮・工夫
(2)業務効率を上げるための工夫
(3)自らの仕事と生活の充実
(4)新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた効果的な部下の仕事と育児の両立支援等の取組み

の4つが審査基準となり、その中から受賞企業が選ばれました。

●「イクボスアワード」受賞者(五十音順)

「イクボスアワード」グランプリを受賞した株式会社スープストックトーキョー 西谷達彦氏-

「イクボスアワード」グランプリを受賞した社会福祉法人スプリング 大久保友紀子氏(オンライン参加)-

■グランプリ 

社会福祉法人スプリング 大久保 由紀子氏
株式会社スープストックトーキョー 西谷 達彦氏

■奨励賞(1人) 

株式会社ビースタイルホールディングス 松浦修治氏

<イクボスアワード 受賞企業とコメント>

グランプリ 社会福祉法人スプリング 大久保友紀子氏 業種:医療・福祉
未だ「きつい・汚い・給料が安い」=3Kのイメージが先行する、介護職員の業務環境の改善に取り組んだ。仕事をしながら介護や育児を行うための支援マニュアルを作成し、子育て中の社員に対して生活に合わせた働き方を柔軟に提案した。

また、子育てや介護をしていない社員に対しても、時間外労働は月平均2時間に抑え、休暇希望も100%希望が通るように配慮していると語った。

◆ 管理者へのイクボス研修の実施や、子育て期にある職員の変則勤務や時間外労働制限等の取組を進め、仕事と生活を両立できる職場環境づくりを推進。
◆ 施設内の ICT 化や身体的負荷を低減するノーリフティングケアを導入するなど、職員の身体的負担軽減と業務効率化を推進。
◆ 定期的に全職員と面談を行い、安心して働き続けられる環境づくりや必要な支援を職員から汲み取るなど、部下一人一人の意見を大事にする。

グランプリ 株式会社スープストックトーキョー 西谷達彦氏 業種:飲食・小売業
西谷氏自身の育児経験をもとに、部内の育児と仕事の両立の推進に尽力した。部内コミュニケーションの活発化や、ルーティン業務のマニュアル化を通して、互いのライフスタイルを尊重しあえるような環境を実現。

また、共働きの忙しい家庭でも食卓を笑顔にしたいと、社内に・離乳食開発プロジェクトを提案し、商品化を実現させた。

◆ 自身の育児経験から、子どもに安心して食べさせることができる離乳食開発に携わるなど、ライフの経験をワークに繋げるシナジーを体現。
◆ チーム内に、「全員で情報を共有すること」と「ルーティン業務のマニュアル化」を徹底することで業務の属人化を排除し、チームの業務効率化を推進していたため、新型コロナウイルス感染症の状況下においても効果的・効率的な職務遂行を実現。

奨励賞 株式会社ビースタイルホールディングス 松浦修治氏 業種:サービス業(他に分類されないもの)
メンバーの能力と成果を引き出すため、成果に影響を及ぼす家庭や介護などのメンバーを取り巻く環境要因を注視し、ライフ&キャリアを理解するワークショップの開催や、1on1で日々のフィードバックを行う取り組みを実施した。

また、事情があって仕事を抜ける際の枕詞「すみません」の廃止を掲げ、抜けた穴をどうフォローするかに目を向けられる雰囲気づくりをした。

◆ 育児や介護等の労働時間に制約があるメンバーが多い中、チームメンバーのタスクを可視化した上で、業務調整を随時行うことで、新型コロナウイルス感染症の状況下においても効果的なマネジメントを行った。
◆ 社内で自主的にビジネススキルや思考力を養う勉強会を主催する等、全社的な視
点での人材育成にも寄与。

<パネルディスカッション 「新型コロナウイルスは働き方にどのような影響を与えたか」

-パネルディスカッションの風景-

パネルディスカッションでは羽生祥子氏(日経xwoman総編集長、日経ARIA編集長、日経DUAL創刊編集長)がコーディネーターを務め、パネリストとして「イクメン企業アワード」グランプリ、技研製作所の溝渕千賀氏、積水ハウスの伊藤みどり氏、さらには中央大学大学院戦略経営研究科准教授の高村静氏、静岡県立大学経営情報学部准教授、株式会社ワークシフト研究所所長、育休プチMBA代表の国保祥子氏も加え、 「新型コロナウイルスは働き方にどのような影響を与えたか」をテーマにディスカッションが行われました。

技研製作所の取り組みについて高村氏は「男性のみならず女性のキャリア応援の視点で取組を進めている点、製造現場等の状況を把握した上で取組みを進めている点までの配慮が素晴らしい」とコメント。

国保氏は「育児休業平均取得日数に対して、社員の不在期間をカバーする業務効率化や可視化ができており、取得者以外の業務や職場の改善にも繋げている素晴らしい事例」とコメントしました。


積水ハウスの取り組みについて高村氏は「今後の長期的な企業戦略の1つとして位置付けられており、全社として取り組みに対する本気度が伺える」とコメント。

国保氏は「育児休業は取得率に意識が行きがちである一方で、取得率と併せて期間が1ヶ月という点に徹底ぶりが伺える」とコメント。コロナ禍では育児休業取得者が以前より増えたが、業務の引き継ぎ準備が予めされていたため、コロナの突発的な出勤制限にも対応できたといいます。


羽生氏は総括にて「男性の育児休業取得者を含め、全ての社員に対して、きめ細やかな配慮やコミュニケーションをとることが、企業の多面的な取組の推進力になると感じた」とコメントし、会を締めくくりました。

ニューノーマル時代の新しいイクメン像とは。

今は女性の社会進出もめまぐるしい時代。男性の家事や育児に対する考え方や、積極的に取り組む企業様の姿勢にとても共感し、この機会にイクメン休業の取り組みを取り入れる企業が増えていって欲しいなと感じました。

イクメンプロジェクトのホームページでは、イクメンプロジェクトの活動レポート、全国のイクメンの体験談なども見れるので、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

イクメンプロジェクト公式ホームページ:https://ikumen-project.mhlw.go.jp/

【イクメン推進シンポジウム2020に関するお問合せ先】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-3-5 NBF渋谷イースト4F
株式会社フロンティアインターナショナル第三営業本部内 担当:羽田
info@ikumen-project.jp​


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください