START UP!「既存の考えに囚われず挑戦する、ビジネスの冒険に満ちた街へ。」渋谷スタートアップコンソーシアム「Shibuya Startup Deck(シブデック)」の設立発表会を11/12(木)に開催しました。

-「渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)~」設立発表会の様子-

東京都渋谷区は、産官学連携による渋谷区内におけるスタートアップエコシステムを更に発展させるための組織「渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)~」を設立し、11/12(木)に記者発表会を開催しました。

この取り組みは、渋谷区が基本構想の中で掲げる産業振興分野のビジョン「ビジネスの冒険に満ちた街へ。」に基づく取り組みで、共助のあるコミュニティづくりスタートアップフレンドリーな環境整備新しいサービス・技術の社会実装支援グローバル化の4つの柱を主として推進していく新たな取り組みで、「それぞれの豊かさを実現する街」を目指し、スタートアップエコシステムの発展を促進します。

-「渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)~」について-

渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)は、「スタートアップ」という言葉の概念を「既存の考えに囚われず挑戦する」という概念へと捉えなおし、その概念から生み出される新しい技術・サービスによって「それぞれの豊かさが実現する街」を形成することをビジョンとしています。

今年1月、スタートアップ・エコシステムの構築や渋谷区の国際化に向けた組織体制強化のため新部署「国際戦略推進担当」を立ち上げました。

6月には、新型コロナウイルス感染対策として新たな生活様式が求められる中、スタートアップ企業や大学、研究機関などから技術やアイデアを募集するプロジェクト※「Innovation for New Normal from Shibuya」をスタート。

海外のスタートアップ企業向けにオンラインのワンストップセンターの準備も進めるなどしてスタートアップ支援事業を推進しています。

※「Innovation for New Normal from Shibuya」とは、テクノロジーの力によって、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い生じた社会的課題の解決を目指す、スタートアップ企業を中心とした事業者および大学等研究機関からさまざまな分野の社会課題を解決する新しいテクノロジーやアイデアを募集する取り組み。

そのために、共助のあるコミュニティづくり、スタートアップフレンドリーな環境整備、新しいサービス・技術の社会実装支援、グローバル化の4つを主な実施事項とし、それぞれに沿った取組みを推進していきます。

推進にあたっての組織体制は、多様性と寛容性という特色をもった渋谷らしく、ホロクラシー組織の考え方を導入し、旧来のトップダウン的でない組織を目指します。

-チェアマンには鈴木 寛氏が就任-

-鈴木 寛氏-

「渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)~」のチェアマンには、元通産官僚の大学教授として、経済界・行政機関に数々の人材を輩出してきた鈴木寛氏が就任し、渋谷の次の産業を担う人材・企業育成に官民学連携して取組んでいきます。


また、組織名称である「Deck」の英訳には、スケートボード、プラットフォーム、プレゼンテーションという意味があります。

スケートボードはだれでも気軽に始められるスポーツです。また、何度転んでも挑戦する姿は、スタートアップ企業の姿にも似ています。

組織の会員各者と連携してプラットフォームを作り、渋谷発のスタートアップ企業が世界に羽ばたくようにという願いを込め「Shibuya StartupDeck」とネーミングされました。

組織の取組みを推進することで、誰もが新しいことに挑戦しやすい環境をつくり、渋谷区内のスタートアップエコシステムの更なる発展を促進し、渋谷から生まれる新しい技術・サービスによって「それぞれの豊かさが実現する街」を形成していきます。

本組織のアドバイザリーボードメンバーとして、以下の5名の方にご参加いただきます。アドバイザリーボードメンバーの皆さまは、渋谷のスタートアップエコシステムを代表される方々であり、本組織の取り組みについて、お力添えいただきます。

●木村 弘毅 様(株式会社ミクシィ)、熊谷 正寿 様(GMOインターネット株式会社)、林 郁 様(株式会社デジタルガレージ)、藤田 晋 様(株式会社サイバーエージェント)、南場 智子 様(株式会社ディー・エヌ・エー)

役割

一行政・一企業・一個人だけではできない取り組みや複数主体が連携することで効果が最大化する取り組みを、本組織の場で会員各者と連携しながら実現していく。

組織体制

組織体制はピラミッド型ではなく、渋谷のまちがもつ「多様性」と「寛容性」という特色を持った組織を目指し、横並びのチームとして連携するホロクラシー組織の考えを導入。

会員によって構成される部会・プロジェクトチームでの取組事項の検討・実施を進め、各部会・プロジェクトチームは並列ながら独立した組織でありつつ、他の会員からの助言を適宜得ることができるような仕組みに。

幹事会員は渋谷区やNTTドコモ、ケイスリー、渋谷未来デザイン、東急、東急不動産、みずほ銀行などが参加しています。

今後の組織全体ビジョン・コンセプトは、事務局内のガバナンスミーティング等で検討し、組織全体の方向性を決めていく予定です。

実施事項

①共助のあるコミュニティづくり:コミュニケーションコストを下げ、スタートアップの成長段階に応じて必要な知識・知恵・人脈が簡単に手に入る環境をつくり、失敗を恐れずに挑戦できるまちを目指す。
②スタートアップフレンドリーな環境整備:金融機関・不動産会社と渋谷区が連携し、スタートアップフレンドリーな金融機関・不動産会社を増やし、スタートアップが起業・成長しやすい環境を整備する。
③新しいサービス・技術の社会実装支援:「それぞれの豊かさを実現する街」の実現に資する新しいサービス・技術を会員企業と連携しながら、街として試し、良いものはまちに実装していく。
④グローバル化:海外企業が渋谷に来やすい、渋谷発の企業が海外に進出しやすい仕組みをつくり、まちのグローバル化を進めイノベーションが起こりやすくする。

【名称】Shibuya Startup Deck 【設立日】 2020年11月12日(木)
【役員】チェアマン:鈴木 寛 氏(東京大学教授、慶應義塾大学教授)バイスチェアマン:長谷部 健(渋谷区長)
【事務局】渋谷区、一般社団法人渋谷未来デザイン
【実施事業】①共助のあるコミュニティづくり ②スタートアップフレンドリーな環境整備 ③新しいサービス・技術の社会実装支援 ④グローバル化

設立発表に伴う挨拶-

-「Shibuya startup Deck」を発表した長谷部 健渋谷区長-


渋谷区内で実施した「Shibuya Startup Deck」の設立発表会には、本会のバイスチェアマンである長谷部健渋谷区長、チェアマンである東京大学・慶應義塾大学教授・鈴木寛氏より、挨拶と本会の設立趣旨の説明がありました。

-新しいイノベーションを起こしながら、行政も協力して新しい街づくりを進めていければ-

長谷部渋谷区長からは、「いよいよこの渋谷でスタートアップのコンソーシアムが具体化し動き出す段階まで来ました。 今回のコンソーシアムは『Shibuya Startup Deck』という名前に決まりました。

“デック”というのは、渋谷らしくスケートボードにちなんだ言葉であり、世に浸透していく中で親しみをこめて『シブデック』と呼ばれたらいいなと思っています。

東京は国から「スタートアップ・エコシステムの拠点」として選定されてます。

長谷部区長は「東京を引っ張るのは渋谷区でありたい。先頭を切ってグイグイやる心意気でいる」と意欲を見せ、

「渋谷区の強みとして「特にIT系企業は多くエンジニアもいるし、学生もいるし、アートやクリエーティブ分野も多い」ことを挙げ、そういう人たちが混じり合って面白いアウトップトが生まれてくれば」と期待を込め、

このコンソーシアムから生まれたスタートアップがどんどん活躍して、まずはコロナ禍の世の中における課題などの解決に向けて新しいイノベーションを起こしながら、行政も協力して新しい街づくりを進めていければと思います」とコメント。

-設立経緯や「渋谷スタートアップ大学」の構想を語る鈴木寛 渋谷区参与-

鈴木氏からは設立経緯や「渋谷スタートアップ大学」の構想が語られ「オール渋谷のパワーでスタートアップを盛り上げていきましょう」と呼びかけました。


また、渋谷区としてはニューノーマル時代のための新しいアイデアを広く公募し、実現化を目指す事業「Innovation for NewNormal from Shibuya」を今年6/25より開始。

これは、スタートアップ企業に限らず大学、研究機関などから、さまざまな分野の社会課題を解決する新しいテクノロジーやアイデアの募集し、採択された案件は区の担当部署・担当者と調整し、迅速に社会実証するプロジェクトです。

現在、約100社(そのうち海外企業が約10)の企業・団体・大学・研究機関から応募いただき、随時実現化しています。

さらに、さまざまなプレーヤーとの連携のハブとしてコンソーシアムを設立。一般社団法人渋谷未来デザインも本会に参画し、事務局として渋谷区のスタートアップを支援します。

今年度は組織を固め、来年度以降、具体的な取り組みを検討・実施してきます。

■「渋谷コンソーシアム~Shibuya Startup Deck(シブデック)~」開催概要■

渋谷区におけるスタートアップ企業の支援を目的とする、渋谷スタートアップコンソーシアムの設立を発表しました。
チェアマンである鈴木寛 渋谷区参与、バイスチェアマンである長谷部健 渋谷区区長、コンソーシアム参加企業の方にお集まりいただき、設立の目的や今後のアクションを発表しました。

<日時> 11月12日(木)17:30-18:00
<会場> 渋谷ストリーム ホール

<SPEAKER>
渋谷区参与
東京大学公共政策大学院・慶應義塾大学SFC教授・渋谷スタートアップコンソーシアム チェアマン:鈴木 寛氏

渋谷区長・渋谷スタートアップコンソーシアム バイスチェアマン:長谷部 健氏

渋谷スタートアップコンソーシアム「Shibuya Startup Deck(シブデック)」に関するお問い合せ先

渋谷区 区民部 国際戦略推進担当
〒150-8010 東京都渋谷区宇田川町1-1
TEL:03-3463-2369


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください