本場イタリアの温かい家庭やホテルの味を。PIZZERIA 37(ピッツェリア トレンタセッテ)が10/19(月)より革島 宏一氏監修のフルリニューアルしたトラディショナルメニューを提供。

-イタリアで愛され続ける本格的な家庭料理を-

この度株式会社スティルフーズが展開する、薪窯で焼きあげるナポリピッツァが楽しめる「PIZZERIA 37(ピッツェリア トレンタセッテ)」は、10月19日(月)よりメニューを一新し、本場イタリアの味を知り尽くす“革島宏一監修”によるトラディショナルメニューを提供しています。

-PIZZERIA 37(ピッツェリア トレンタセッテ)について-

-PIZZERIA 37・店内の様子-


PIZZERIA 37(ピッツェリア トレンタセッテ)は、薪窯ならではの薪の香り豊かな生地に、オーガニックな野菜など厳選素材をトッピングしたピッツァが自慢の明るく開放的な雰囲気が魅力的なお店です。

平日のランチタイムはピッツァやパスタなどのお得なランチセット。午後のカフェタイムにはこだわりのカフェとデザートをご用意。

ディナータイムにはピッツァを始め、選りすぐりのワインと前菜や有機野菜のサラダ、パスタなど、本場イタリアの味を楽しめます。


これからの季節、天気のいい日にはテラスでのお食事や喫茶もお薦めで、気のおけない友人とのランチや記念日や誕生日のお祝いにも。

-本格的なナポリピッツァを召し上がれ♩-

-本格的な専用の石窯で焼くナポリピッツァは絶品!-

店内では、専用の石窯で高温、且つ、短時間で焼き上げ、薪の香り豊かな生地に、オーガニックな野菜など厳選素材をトッピングした生地は外側はパリっとしていて、内側はモチモチとした絶品の食感が人気で、本格的なナポリピッツァを味わえます。

大幅にリニューアルしたメニュー!


今回のフルリニューアルしたメニューは、『本場イタリアの味を日本でも、料理を通して旅する感覚を味わっていただきたい』という思いを込めて、イタリアで長い経験を持ち本場の味を知り尽くす革島宏一氏に監修していただきました。

イタリアで愛され続ける家庭料理や、ホテルやレストランで提供される馴染みの深い料理をライナップしました。

日本におけるイタリア料理の先駆者であり、イタリアでの調理経験が豊富な革島宏一氏監修の下、本場イタリアの家庭やホテルで提供される「本物のイタリア料理」をリーズナブルな価格で。

今後も季節に合わせてイタリアの食文化を発信していきます。また、店頭ではクーポン付きのチラシも配布していますので、カジュアルに利用できます。

リニューアルしたメニュー♥

-今週のピッツァ(イメージ)-

「PIZZERIA 37」の看板メニューであるピッツァは日替わりで変わるので、毎週楽しみに。

-マルゲリータ ¥980-

ピッツァは、トマトソース有り、トマトソースなしからお好きに選べます。

-アサリと枝豆、カラスミのスパゲッティ ¥1,400-

アサリから漂う海の香りを、枝豆と一緒に。カラスミがアクセントになり、海風を浴びながら爽やかな味を楽しめるパスタ。

-イカ墨のスパゲッティ ¥1,400-

パスタの中でも、なかなか挑戦するには勇気がいるイカ墨のスパゲッティは、一度食べるとやみつきに。

-冷製トリッパのサラダ仕立て パドヴァ風 ¥680-

セロリや玉葱、オリーブを添えた季節の野菜を楽しめる前菜。

-ムール貝の白ワイン蒸し ¥1,200-

海の王様「ムール貝」のワイン蒸しは、カジュアルに楽しめる一品。そんなにお腹が空いていなくても食べれちゃいそう。

-牛肉のカツレツ ソレント風 ¥1,500-

元気がつきそうな牛肉のカツレツは、レモンを搾ってサニーレタスとともに。イタリアの爽やかな空気を味えるかのような一皿です。

-骨付き仔羊のロースト ジェノヴァ風 ¥1,800-

濃厚な子羊のお肉に、スパイスがきいたメイン料理は、特別な日以外でも、頑張っている自分へのご褒美へも。

-牛肉のタリアータ セルバチコとパルミジャーノを添えて-

「牛肉のタリアータ」や、「豚スペアリブの煮込み」などお肉料理や「トマトと卵のカプリ風サラダ」や「アスコリ風 オリーブのフライ」をはじめ、「殻付きホタテ、エビとタコのオーブン焼き」など全14種などの前菜やサラダも充実し、その日の気分によって選べます。

-トマトとモッツァレラチーズのカプリ風サラダ-

新鮮なトマトに、卵との相性が抜群のサラダ。イタリアの家庭料理で出てくるサラダを味わえます。

-殻付ホタテ、海老とタコのオーブン焼-

栄養たっぷりのホタテに、海老とタコを載せて焼きあげたオーブン焼きは、海の幸をふんだんに味わえる一品。

ワインとも合いそうです。

-『PIZZERIA 37』のフルメニューのリニューアルを担当した革島宏一シェフ

-革島宏一氏-

【革島宏一氏 プロフィール】イタリア調理師協会(Federazione Italia Cuochi) 会員

1980年3月渡伊。イタリア国立ホテル学校ローマE.N.A.L.Cに在籍「Bastianelli al Molo」(ミシュラン3スプーン)にてローマ・ソムリエ協会会長・バスティネッリ氏よりイタリアワインについて師事。「La Perla」(ミシュラン2スプーン)にて魚介料理、「Jolly Hotel Midas」にてホテルの宴会料理を学ぶほか、他多数のホテル・レストランにて研鑽を積む。


道念、イタリア調理師協会F.I.Cに入会し、1983年に「Hotel Barba」総料理長として「Hotel Torres St.Angelo」「Hotel World」などを統括。1992年3月に帰国。

2010年には、父・革島宏男の営んでいた荻窪の「トラットリア ピエモンテ」を引き継ぎ、“本物の味を知っていることと、確かな技術さえあれば、どんな料理でもできる”という父の言葉を胸に、7年間腕を振るっていた。


国内のイタリアンにて調理長や調理顧問、料理長を務め、今に至る。

■店舗概要

-PIZZERIA 37-

店舗名:PIZZERIA 37(ピッツェリア トレンタセッテ)
住所:〒171-0031 東京都豊島区目白2-39 トラッド目白 1F
電話番号:03-5956-2037
営業時間:ランチ11:00~17:00(L.O.17:00)、ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
席数:店内63席(個室有)、貸し切り可
予約:可
テイクアウト:有
公式HP:https://stillfoods.com/pizzeria37/
Facebook:https://www.facebook.com/PIZZERIA37/
Twitter:https://twitter.com/pizzeria37
Instagram:https://www.instagram.com/pizzeria37/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください