絹谷幸二がコロナ禍の中、全人類へ贈る大いなる熱いメッセージ「復活」。梅田スカイビル27階「絹谷幸二 天空美術館」にて特別展示「美神降臨(びしんこうりん)」《復活(ルネッサンス)》の時が開催中!【2020年12/14(月)まで】

-美の力、芸術力によって、人類を元気にする最新型体験型ミュージアム-

『絹谷幸二 天空美術館』は2016年12月に世界的に話題となっている眺望抜群の「梅田スカイビル」27階に誕生し、開館3年目には年間の入館者数も10万人に迫るものとなる、人気の最新の体験型ミュージアムです。

今年4年目を迎える美術館は、美の力、芸術力によって、人類を元気にする新たなる芸術文化発信の拠点を目指している美術館です。

-絹谷幸二 天空美術館について-

―絹谷ワールドの魅力を体感できる―

『絹谷幸二 天空美術館』は、世界初となる絵の中に飛び込む大迫力の3D映像体験や、アフレスコをはじめ絵画や彫刻の数々を展示し、絹谷ワールドを存分に楽しめる絹谷幸二氏初の単独美術館。

2020年7月31日(金)時点で、約60点もの作品を展示しています。
館内では、自由に絵を描いたりアフレスコ制作体験もできるワークショップスペースや、大きく開放的な窓から見える淀川の景色を見ながら過ごせるカフェなどを併設し、眺望も抜群な美術館となっています。


■アフレスコを子どもたちが間近で「見る」、実際に「創る」体験ができる「フレスコ体験」ワークショップが、2019 年度キッズデザイン賞(子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門)を受賞。

世界初の試みである”絵の中に飛び込む大迫力の3D映像体験”や、アフレスコ(壁画の古典技法)とミクストメディア(混合技法)による絵画・彫刻の数々、また、遊び心満載のワークショップやアトリエスペース、そして快適空間のカフェ等々、世界中の人々を魅了する絹谷ワールドを体感できます。

その天空美術館では、絹谷幸二さんがコロナウィルスの影響で、混沌とした世界に向けて送るメッセージ性のある特別展示「美神降臨(びしんこうりん)《復活(ルネッサンス)》の時」が今年の8/1(土)より開催中です。

-特別展示「美神降臨《復活》の時について-

巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門(ちょうようふがくたまとりりゅう ふにほうもん」の展示

―疲弊した人心に勇気を与える作品―

天災、疫病、戦禍…。人間の歴史は、多くの苦難を乗り越えながらいかに「生命の輝き」を実現させるか、その試練の集積でもあります。人々はそこに美術・藝術を通じて奇跡を求め、その力を信じてきました。


この度、「絹谷幸二 天空美術館」が全人類へ贈る大いなるメッセージ「復活」。疲弊した人心に勇気を与え、森羅万象が千変万化する豊饒なるイメージ世界へ万人を誘います。

-巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」-

今回初出品となるのは、旋廻する巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」が堂々の降臨。

さらに館内では、絹谷邸の壁に制作されたアフレスコ「 緑色大地(りょくしょくだいち)」の制作記録映像も初公開。

貴重な壁画の古典技法・アフレスコの制作過程も併せてご鑑賞ください。

絹谷幸二 天空美術館の入口

絹谷幸二 天空美術館は、梅田スカイビルの「タワーウエスト」27階にあります。タワーウエスト1階の高層用エレベーターで27階まで上がって、受付に行きます。

※タワーイースト側からは美術館に行くことができないので、ご注意下さい。

-絹谷幸二 天空美術館の入口-

27Fエレベーターに到着すると右手に美術館の入口があり、館内に入ります。

絹谷幸二 略歴●

-絹谷幸二さんよりご挨拶-

1943年 奈良県出身。東京藝術大学大学院壁画科修了後、ヴェネツィア・アカデミアに留学。アフレスコ(壁画の古典技法)を修得し、独創的なスタイルを確立する。

以後、半世紀に亘って日本の現代画壇をリードし、東京藝術大学や大阪芸術大学で後進の指導に当たるなど後進の育成にも尽力。

文化庁主催の「子供 夢・アート・アカデミー」にも携わり、次代を担う若者たちに創造の喜び、楽しさを伝える。

日本藝術院会員。2014年文化功労者顕彰。2015年日本放送協会放送文化賞受賞。

●美術館受付

-受付カウンター-

まず27階の受付で美術館の入館受付を済まし、チケットを購入後、3D映像鑑賞用メガネを受け取ります。

受付を済ますと、すぐ右手にシンボルゾーンがあります。

絹谷幸二 天空美術館のアイコニック(象徴的な)なシンボルゾーン-

●祝・飛龍不仁法門(いわい・ひりゅうふにほうもん)200号 2013年 ミクストメディア

情熱的でエネルギッシュな絹谷ワールドへようこそ。

シンボルゾーンの『祝・飛龍不二法門』

-金箔を使用した色鮮やかな作品-

入館受付を済ますと、まずスタッフの方がシンボルゾーンへと案内して下さります。

美術館の一番のアイコニックな展示エリアである『シンボルゾーン』には、天空をイメージした空間に存在する「祝・飛龍不二法門(いわい・ひりゅうふにほうもん)の迫力の作品を観ることができます。

-色鮮やかなタッチの色彩-

祝・飛龍不仁法門は、2013年に制作された、絹谷幸二 天空美術館のシンボルとも言える作品。

白銀をたたえそそりたつ富士山に向かって、雲海から如意宝珠を手にした龍が登っていっている様子を表現しています。空想と現実を描いていて、龍が空想で富士山が現実を表現。

ミクストメディアという種類のマットな素材の顔料を使い、日本の和の世界観をそのままに、和のタッチの色彩で描かれています。

※不二法門とは・・仏語で大きく世界を見ると、良いこともあるし、悪いこともある。相反する世界を双眼をもってとらえること。

芸術とは、人間の善悪、美醜、強弱、長所や短所などを全て包み込む自然の豊穣そのものでなければならないという絹谷幸二さんの信念を象徴する言葉。

祝飛竜遊雄スカイビル

絹谷幸二さんの作品には、よく観ると絵の中に沢山の文字が書かれています。

絹谷幸二さんの中での美術に対する世界観は、『色の無い世界は不幸せであり、色鮮やかな色がある世界は幸せを象徴し、素晴らしい世界である』といいます。

あえて絵の中に文字を入れることによって今までの美術の世界観を打ち破り、新しい美術の世界観を創造していきたいという思いを表現しているそうです。

-絹谷幸二さんの色鮮かな作品世界へ-

高さ約3m、幅約14mの大型ラウンドスクリーンで、大迫力の3D映像を体験!思わず、手が届きそうな迫力の画像が飛び出ます。

-大迫力の3D画像-

館内にある世界初の3D映像を楽しめる体感型美術館では、『3D映像鑑賞用メガネ』を掛けながら鑑賞します。一歩足を踏み込めば、そこはまさに天空にいるような感覚に!

舞い散る花びらや、目の前まで迫る龍や風神・雷神など、絹谷幸二さんの色鮮かな作品世界を3D映像で楽しむことができます。

実際に見てみると、本当に大迫力!!リアルな映像が飛び出し、大満足のひとときでした。※3D映像は、入館中何度でも鑑賞できます。

●展示ゾーン(青)

梅田スカイビルの誕生とともに歩んできたような、エネルギッシュな絹谷作品が展示されています。

展示ゾーン(青)

静と動を表現している『平治物語絵巻』や、『七福神シリーズ』、『天空の夢』、『神武ヤタガラス』、そして、梅田スカイビル誕生25周年を記念して制作された『祝飛竜遊雄スカイビル』など、様々な絹谷幸二作品を垣間見ることができます。

とても独創的でかつ圧倒的な躍動感溢れる作品に、感性を刺激され、すぐにファンになってしまいました。

●展示ゾーン(赤)

絹谷幸二さんがイタリアに行った際に、学んだ技術を取り入れて描いた作品が展示されています。

-絹谷幸二さんの色彩豊かな作品が立ち並ぶ展示ゾーン(赤)-

ニューヨークの天使』や、『カトリーヌの海』など、色鮮やかでエネルギッシュな絹谷ワールドを思う存分体感できるエリアになっています。

-特別展示「美神降臨」《復活》の時-

館内に併設する夕陽が見える天空ギャラリーには、今回の特別展示「美神降臨」《復活》の時の初出品である巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」があります。

天空ギャラリー内での撮影は許可されていますので、思い出の記念撮影はこちらで撮影すると素敵な記念に。

●巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」初出品 2019年 スティロフォーム ミクストメディア

-『祝・飛龍不仁法門』の立体版アート-

こちらの巨大立体オブジェは、エントランスのシンボルゾーンにある『祝・飛龍不仁法門』の立体版アートになります。

この立体オブジェは、『スティロフォーム』という発泡スチロールのような素材作られている作品。

この色鮮やかな色彩は、ミクストメディアという手法で描かれています。

-旋廻する『巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍不二法門」』-

森羅万象に包まれながら、富士山(不仁)をバックに美神のごとく神々しく浮かび上がる龍神と童子たちは《復活》の時を告げるもので、そこには新たに生まれ出る生命への歓喜、慈愛、そして新たな旅立ちへの祈りが込められています。

小さな男の子と女の子が大きな龍にまたがって、天から美しい神のように降臨している様子は、コロナ禍の中で、これから産まれてくる新しい命が元気に産まれてきますように、という思いが込められているかのようです。

絹谷幸二さんの作品を観ていると、生きる力がみなぎってきて、コロナ禍の中でも頑張ろう!という気持ちになれました。

-『巨大立体「朝陽富嶽玉取り龍不二法門」』の説明パネル-

展示されている前には説明パネルがあり、不二法門の見方についてわかりやすく説明してくださっています。

-晴れた日には、特に絶景ポイント-

大阪湾に臨む街を見渡せる眺望が楽しめる、梅田の中でも穴場の絶景ポイント。

まるで、眼下に広がる『梅田のジオラマ』を見ているようで、晴れた日にはキラキラと光る淀川を見ながらゆっくりと過ごせます。

-淀川に沈んでいく夕陽-

夕方17:30頃には、とても素敵な夕陽を見ることができました。

-この一瞬でしか見れない夕陽-

眼下に広がる淀川をバックに沈んでいく美しい夕陽を観ることができ、心がとてもが洗われたような気がしました。

―絹谷浩二先生のアトリエ―

特別に館内にある『絹谷先生のアトリエ』を見せて頂きました。

-絹谷幸二さんのアトリエ-

『作品を制作するアトリエ』を見せて下さいました。

実際に、絹谷幸二先生がふらっと来て、制作をすることもあるそうです。

-独特の世界観のある作品が生まれるアトリエ-

こちらのアトリエで独特の世界観を放つ作品が作られているのだと思うと、興奮して思わず、本気で写真に収めてしまっていました。

-絹谷幸二ワールド-

色鮮やかに、独特の世界観を描いた作品が、展示されています。

-ブライアン・メイさん-

今年2月に日本ツアーの合間に来館されたブライアン・メイさんが絹谷幸二天空美術館に来館されました!

記念にパチリ★こんなことってあるんですね!

絹谷幸二作品の軌跡-

絹谷幸二作品の軌跡

アトリエ入口横には、絹谷先生の作品の説明や、アフレスコ描写、などのパネルが展示されています。

絹谷先生についてより詳しく知りたい方は、このパネルで知ることができます。

●アフレスコ「緑色大地」制作記録映像 2020年

さらには、絹谷先生の自宅の壁に制作された「緑色大地(りょくしょくだいち)」の映像が流れていました。

家族と一緒に創り上げた作品は、圧巻の作品!

驚くことに、およそ1日半で仕上げたそうです。実際の映像は、直接美術館にお越し頂いてご覧ください。

天空カフェ

絹谷幸二 天空美術館のイメージカラーである「赤」「青」「黄」を基調とした内装が素敵なカフェ。

大きく開放的な窓からは、眼下に広がる淀川、遠くには大阪国際空港や淡路島などが見え、アートな空間と絶景の融合を楽しめます。

-遠くには淡路島も-

夕陽をバックに映える色鮮やかなテーブル、イスやクッションはこだわりのイタリア製を使用していて、テーブルには和のデザインが施され、「和×イタリア」の融合を楽しめます。

-絹谷幸二さんの版画作品-

天空カフェでは、絹谷幸二さんの版画作品を愉しむことができます。

カフェの後ろに色鮮やかに並んでいるのは、『アフレスコ画で使用されるカラフルな顔料瓶』をイメージしたものだそうです。

-色鮮やかな3種類のソーダ-

絹谷幸二作品をイメージした、3種類のソーダ。自分が好きな作品で選んでも楽しい♪
青・・・波乗り七福神(ブルーレモネード味)
黄・・・黄金背景富嶽旭日・風神・雷神(ゆず味)
ピンク・・・祝・飛龍不二法門(ピンクグレープフルーツ味)

絹谷幸二さんの作品を見ながら、カフェでほっとひと息。

●天空カフェからのお昼の眺望

-開放的な景観-

晴れた日には、淀川に架かる橋を渡る車や列車、伊丹空港に降りる飛行機なども一望できるカフェ。

梅田スカイビルからの景色とはまた違う雰囲気で、楽しめますよ♪

天空カフェからの夕方の眺望

特に夕景はどこよりも、景色を見れるスポット。

金・土・祝前日は20時まで営業していて、梅田の美しい夜景を楽しめます。

窓際の壁面に『日の入り時刻』を掲示しているので、日が沈む瞬間の美しい景色を楽しめます。

※入館当日なら再入場が可能なので、日の入りや夜景の時間に合わせて、再度夕景を見に来ても♥

小腹にぴったりな、バゲットサンドやフォンダンショコラなどのフードメニューや、色鮮やかなソーダ・コーヒー・ビールなどドリンクメニューも豊富で、アートの余韻に浸りながら、じっくりと振り返ることができるカフェ。

淀川を見ながら、ゆっくりと絹谷幸二さんの作品に浸ってみませんか?

●天空カフェ・メニュー一例●

-深い甘さとスパイシーさを兼ね備えたコーヒー-

神が宿るといわれる神秘的な島「バリ島」で栽培されるコーヒー豆「ゴッドマウンテン」を使用した、深い甘さとスパイシーさを兼ね備えたスペシャルティーコーヒー。

※カフェだけのご利用も可能なので、リフレッシュしたい時にもピッタリ♥

カフェのみのご利用は入館料不要です。

■天空カフェ

●営業時間:月・水・木・日/10:00~18:00、金・土・祝前日/10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)

●休館日は、毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日が休館となります。)
※その他の休館日は、年末年始、展示替え期間、また臨時に休館することがあります。

―新型コロナウイルス感染防止に関する取り組みについて―

「絹谷幸二 天空美術館」では、来館者、スタッフなど、美術館を利用するすべての方の安全と安心のため、新型コロナウイルス感染防止に関する取り組みを行っています。
詳細はウェブサイトをご覧ください。

■絹谷幸二 天空美術館■

所在地:〒531-0076  大阪市北区大淀中1-1-30  梅田スカイビル タワーウエスト27階

アクセス:JR大阪駅、地下鉄梅田駅、阪急大阪梅田駅かた徒歩9分。阪神大阪梅田駅から徒歩13分。

電話番号:06-6440-3760(開館時間内)

開館時間:10:00~18:00、金曜日・土曜日・祝前日は 10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで)


休館日:毎週火曜日(ただし祝日の場合は開館し翌平日が休館)、年末年始(2020年12月29日-2021年1月3日) 、展示替え期間


入館料:一般1,000円、大学・高校・中学生600円、小学生以下の方は無料、団体・障がい者の方は割引あり。

セット券:「空中庭園展望台」入場料1500円がセットでお得に! 2,000円

ホームページ:https://www.kinutani-tenku.jp/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください