HOTEL SHE, OSAKAで満喫する1日1組限定のレコード満喫プラン。お好みのレコードで素敵な秋のひとときを。

-レコードが奏でる懐かしい音色に想いを馳せて-

大阪の弁天町のHOTEL SHE, OSAKAでは、ホテルの代名詞ともいえるレコードをたっぷり味わえる宿泊プランを1日1組限定で実施しています。

弁天町には歴史あるビンテージビルや煉瓦造りの倉庫が立ち並ぶエリア。そのエリアに佇むホテルは、どこか昭和レトロな雰囲気。

ホテルが提案するのは、『Musicとともに過ごすひととき』。客室に設置されたアナログレコードプレーヤーから流れる懐かしい音楽は、まるでその時代にタイムスリップしたみたい。

学校帰りに寄った懐かしいレコードショップで夜がふけるまで好きなレコードを探した記憶はありませんか?

そんな懐かしい音色を聞きながらお部屋でゆったりと過ごす。素敵な思い出を叶えてくれる素敵な宿泊プランをご紹介します。

どんなプラン?

-ホテルスタッフがセレクトした曲の数々-

聞いていると、あっ!と思い出す誰もが知っているあの曲や、懐かしの有名曲、どこかでみたことのあるあのジャケット、両親がよく聞いていたあの歌手など、まるでレコードショップとホテルが合体したようなお部屋にはスタッフ一押しのレコードが並びます。

そのレコードの中からお好きなレコードを選び、お部屋で聴きながらゆっくり過ごす宿泊プラン。

-迷うぐらい素敵なレコードの数々-

レコードは分かりやすく年代別にも分けてあるので、はじめてレコードを聞かれる方も、たくさん楽しめます。

甘酸っぱい初恋の曲、受験や部活で頑張っていたあの時、就職に受かった時に聞いた思い出深いあの曲などなど。

みなさんには、それぞれ思い出の曲があると思います。

-お気に入りの一枚をノートに綴る-

また客室のノートには、過去に宿泊した方々のレコメンドや感想が旅人ノートのように引き継がれています。

自分のお気に入りの1枚を見つけて、是非ノートにも記してみてください。

あなたの”好き”が、誰かの思い出の曲に繋がるかも。

-スナックを食べながら-

お部屋には雑誌はありますが、スナックはありません。

ホテル1階のダイナーでお好きなメニューをオーダーしてお部屋で食べるのもいいし、コンビニでドリンクやスナックを持ち込んで、ゆっくりするのも。

-レコードの楽しみ方-

レコードの楽しみ方は、客室内のTV映像できちんと教えてくれるので、安心。

-レコードに囲まれるシアワセ-

レコード好きにはたまらない”レコードに囲まれて眠る幸せ”は、他の何にも変えることができません。

自分のお気に入りの一枚を見つけて。

1日1組限定レコード満喫プラン-

全客室に備え付けられている「アナログレコードプレーヤー」で、自分の好きなレコードを選び、聴くことができます。

“懐かしいのに、でもどこか新しい”そんなひとときをどうぞ。

-ユニークな仕掛け-

ホテルの客室のドアにレコードが張り付いています。

ここまで、『レコード』を満喫できるホテルは初めて。

●年代別に分かれているレコード

-お部屋の様子-

各年代別に分かれているレコードを、一枚一枚手に取り、ゆっくりと自分の好きな音楽をセレクトできます。

アナログレコードプレーヤーが奏でる暖かくて優しい音色をゆっくりとお楽しみください。

-お部屋の様子-

気に入ったレコードは購入可能で、また次来たくなるホテル。

宿泊料金:      円~

HOTEL SHE, OSAKAについて

HOTEL SHE, OSAKA

大阪港区の弁天町にある青レンガのクラシカル装いが街に溶け込むソーシャルホテル 。

港区・弁天町という街はかつては港湾労働者が住んでいたと言われる港町で、商店街には昭和の趣そのままのレトロな商店や銭湯が立ち並び、港には朽ちたビンテージビルや煉瓦造りの倉庫が立ち並ぶような独特の哀愁があります。

地域やカルチャーのメディアとなるようなホテル

「ホテルとは多様なバックグラウンドを持つ人々が集まってall nightを過ごす箱」という考えのもと、『街の空気感とトレンドカルチャーを織りまぜ、ホストとゲスト、ゲストとローカル、そしてゲスト同士のコミュニケーションを誘発し、地域やカルチャーのメディアとなるようなホテルに。

この街の空気感を最大限織り込みながら、文化と旅人とのメディアとなり、トレンドカルチャーを発信していくような新しい形のホテルを目指しています。

-世界各国のクリエイターの製作したアートやクッション-

ホテル館内には、世界的な照明デザイナー、インゴ・マウラーの照明作品「ツェッツェル」「ルーチェリーノ」をエントランスに取り入れている他、ラウンジではプロジェクションマッピングも実施。

客室には世界各国のクリエイターの製作したアートやクッションが配置されており、シモンズ製のベッドでゆったりとした眠りにつくことができます。

1階ロビーフロアに広がるラウンジとテラスは、一体感のあるL字型のソファを中心としたレイアウト。

ゲストが自由に利用できる、調理器具や家電、食器類が完備されたシェアキッチンも併設していて、常に誰かと繋がっていられる空間に。

-Musicとともに過ごすホテル-

ホテルが提案するのは、自らのライフスタイルに寄り添ってMusicを愛し、客室内にあるアナログレコードプレーヤーでレコードを聴きながらゆっくり過ごす。

ホテルでは、ポップカルチャーアーティストのギャラリーやDJイベントも開催。

Musicに彩られたホテルを満喫してみませんか?

■ホテル概要■

施設名:HOTEL SHE, OSAKA
住所 :〒552-0012 大阪府大阪市港区市岡1丁目2-5
アクセス :JR大阪環状線 / 大阪市営地下鉄中央線「弁天町駅」より徒歩5分
TEL:06-6577-5500(6:00~23:00)
宿泊:チェックイン15:00〜23:00/チェックアウト10:00
客室数 :ホテル(1F~3F)46室(ツイン、ダブル、デラックスダブルの3タイプ)
HP :https://www.hotelsheosaka.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください