フォションのエスプリを肌で感じる。【FAUCHON Meets Kyoto.Feel Paris】新たなラグジュアリーホテル・フォションホテル京都が2021年3月中旬にOPENします。

-『フォションホテル京都』外観イメージ-

ウェルス・マネジメントグループは、京都・下京区に日本初・世界2軒目の5つ星ホテル「フォション ホテル 京都」を2021年3月中旬にOPEN予定です。

また、総支配人にパリで 5 年間ホテルマンとして働いた経験がある大石博史氏が就任しました。

さらに、開業に先立ちフォションホテル京都のプロモーション用サイトが開設されました。ホテル館内施設の概要とともにいち早くフォションホテル京都の世界観を体感できます。

■フォションホテル京都 プロモーション用サイト:https://hotelfauchonkyoto.com/

-フォションについて

1886年にフォション創設者オーギュスト・フォションがパリ・マドレーヌ広場で創業。世界中から選び抜いた旬な食材をもちいた高級 ペストリーやマカロン、チョコレート、ジャム、紅茶などを販売し、130 年以上に渡りパリの人のライフスタイルを支えるブランド。

現在では、合計73 のブティックをフランス、日本のみならず、UAE、韓国、カタール等の様々な国で展開しています。


そのフォションが初めて手掛けるラグジュアリーライフスタイルホテル「フォション ロテル パリ」は、2018年9月1日にパリ・マドレーヌ広場に開業。

カリタ(Carita)のアメニティを取り揃えたスイート11室を含む全54室の客室、テラスバーを有する150席のレストラン、ウェルネスエリアを完備し、世界中のフォションファンならびに旅行者にパリのエスプリを届けています。

『ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド』に加盟し、リュクス感、現代的センス、居心地の良さが感じられる全54室の「フォション ロテル パリ」は、ハイクオリティのおもてなし、ゲストのあらゆる要望・期待に先回りして応えるために数々のオリジナル・エクスペリエンスを提供する『プロフェッショナルなサービス精神』を常に提供しています。

フランスの高級グルメブランドが、他のラグジュアリーブランドと同様にホテル業界に参入した第一号のホテルとなりました。

フォションホテル ヒストリー

-『フォション ロテル パリ』客室 Photo by:FAUCHON L’Hotel Paris-

フォション創立者であるオーギュスト・フォションは1886年の創業から現在に至るまで、常に最高品質の素材を追い求めて1世紀有余、フランス国内はもとより世界のグルメの賞賛を浴び、以来美食のブランドとして輝き続けています。

フォションは、創業以来、常に新しいものを追い求め、革新に努めてきました。 この食へのこだわりをさらにグレードアップしながら、味覚だけではなく、ブランドのすべてのフォション製品と食の体験を一つの屋根の下に格納するためにフォションホテルというインスピレーションの宝石箱を建てました。

地元の人々と旅行者が、昼夜を問わず、フォションの魅力を楽しめるように。

夢見る料理人たちは、その日に届けられる厳選食材で独創性に富む料理を生み出します。

そして今、フォションホテル京都は、和のエッセンスを纏ったフランスを感じる繊細なガストロノミーをお届けします。そして「何であれ最良のものをわかる人に届ける」- このエスプリを継承します。

フォションホテル京都公式ホームページより引用

-フォションホテル京都について-

-『フォションホテル京都』外観イメージ-

フォションホテル京都は、1886年創業のフランス高級料理のイノベーターであるフォションが1957年から60年以上に渡りパリと姉妹都市提携を結ぶ京都において、世界で2軒目、日本では初出店となるフォションの名を冠したホテルとなります。

華の都パリと雅な京都、どこか共通点がある2つの都市。

その2つの都市に共通する点は、今もなお、全世界から愛されているファッション、伝統、芸術、文化が息づく2つの都市は、常に進化し続けることを忘れません。

異文化との交流を取り入れ、進化し続ける都、京都に世界で2番目のホテルとして開業するには、ベストな土地でした。

コンセプトは、フォションの世界観を反映させたFAUCHON Meets Kyoto.Feel Paris』

フォションホテルの第 1 号となる「フォション ロテル パリ」は、1886 年に創業したフォション開業の地でもあるパリ、マドレーヌ広場にて 2018 年 9 月に誕生。

その世界観を反映させたフォションホテル京都は、「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」を全体およびデザイン コンセプトとするホテル。

エントランス、客室、レストランなど館内各所でパリを感じる洗練されたエレガントな空間に、 京都らしい落ち着いた色味や和テイストのデザインを施し、パリと京都の文化の融合を体験できる造りとなっています。

内装は細部にまでこだわり、モダンでありながらも 温かさを感じ、高級感あふれる造りになっています。

「フォション ロテル パリ」と共通のコンセプト『GLAM』

フォションホテル京都は国内外で数々のラグジュアリーホテルやレストランなどのデザインを手掛ける 株式会社デザインスタジオ・スピンの監修により、パリのコンセプトである「GLAM」の要素を基に、日本の伝統文化の代表的な町である京都の文化を融合させるFAUCHON Meets Kyoto.Feel Parisをコンセプトとして おり、「G」は gourmet(グルメ=美食)、「L」は location(アーバンライフの中心=豊かなロケーション)、「A」は artists(オーダーメイドのアートワーク)、そして「M」は mesdames(洗練された女性たち)を意味しています。

1.GOURMET(グルメ=美食)

2.LOCATION(アーバンライフの中心=豊かなロケーション)

3.ARTISTS(オーダーメイドのアートワーク)

4.MESDAMES(洗練された女性たち)

華の都パリ×歴史ある日本の都(みやこ)京都に、歴史文化・伝統・アートを融合させるホテルデザイン。フォションのアイテムを取り揃えたショップの他にティーサロン、スパも併設されます。

客室はもちろん、レストランで、バーで、カフェで、ライブラリー、テラス、そして”部屋”でも、ホテル館内全体どこにいてもパリと京都の融合を肌で感じることができます。

華の都パリ×と雅な京都を貴方に。

■「食を通してパリと京都の魅力を感じる」

フォションの生誕の地である「華のパリ」と、ホテルが開業する地である「雅な京都」として知られている二都市が持つ文化・伝統・芸術のイメージを融合させるだけに留まらず、フォションの世界観を反映させた「FAUCHON Meets Kyoto.Feel Paris」がホテルのデザインとコンセプト。

フォションホテル京都には、フレンチレストラン、ティーサロン、ペストリーなどを購入できるショップが揃い、宿泊だけではなく、ホテルオリジナルスイーツやグルメも存分に楽しめます。

東山の景色を眺めながら、繊細で洗練されたフレンチを。

●「Restaurant Grand Café Fauchon」

ホテルの最上階に位置するフレンチレストラン「Restaurant Grand Café Fauchon/レストラン グラン カフェ フォション)」では、パリのホテルで提供されているメニューの一部に地元の新鮮な食材を使用し、繊細で洗練されたここでしか味わえない五感を通じて楽しむフレンチを体験できます。

-『Restaurant Grand Café Fauchon』内観イメージ-

四季折々の旬の野菜を中心に、大豆製品などを使用し、洗練された風味豊かな料理を楽しむことができる京料理と、世界三大料理の一つである フランス料理は、素材の最高の味を引き出すこと、見た目の美しさへのこだわり、五感すべてで楽しめる点など共通点が多くあります。

健康を意識しながら美味しい料理を食べたい。そんな貴女にピッタリのレストラン「Restaurant Grand Café Fauchon」は、京都ならでの旬の食材を使った料理×フランス料理の融合はまさにフォションホテル京都ならでは。

■京都の風情粋な夜をフォションのスイーツと芳香な紅茶とともに。

●「Salon de Thé Fauchon」

-色鮮やかなスイーツの数々 Photo by:FAUCHON L’Hotel Paris

2階のティーサロン「Salon de Thé Fauchon/サロン ド テ フォション」では、京都の夜をイメージした紅茶とフォション ロテル パリでも人気のアフタヌーンティーを京都バージョンで。

いつもの日常を少し贅沢に。そんなひとときを。

●「Páteisserie&Boutique Fauchon」

1階にはスイーツやペストリーなどフランスから取り寄せた商品を購入できる「Páteisserie&Boutique Fauchon/ペストリー&ブティック フォション」を展開します。日本ではここでしか購入できない、パリ直輸入の特別な商品も数多く取り揃えます。

フォションホテル京都ならではのオリジナルスイーツやペストリーは、ギフトにもきっと喜ばれるはず。

京都観光の帰りには、ぜひ買って帰りたいラインナップばかり。

●「Gourmet Bar」

フォション ロテル パリで展開し人気の「Gourmet Bar/グルメバー」を、フォションホテル京都でも全客室に設置。シャンパンピンクに輝く両開きドアのクローゼットの中には、フォションのペストリーやスイーツ、紅茶やワインなどが並びます。

ホテル滞在中は、それらを自由に味わえ、さらに客室内でのティータイムやディナー後のバーとしても楽しめます。また、グルメバーにご用意しているアイテムはホテルオリジナルのショッパーで自由に持ち帰ることも可能です。

フォションホテル京都の世界観を、自宅でも。

■「癒しの空間で感じるパリの香り」

ホテル3階には、世界で初めてフォションの名前を冠したスパを展開予定です。

■「フォションホテルから眺める京都のパノラマ」

ホテルのレセプション、レストラン、バーは最上階10階に位置しており、ホテル到着時から、ディナータイム、チェックアウトまで時間帯によって異なる美しい京都・東山のパノラマを楽しむことができます。

フォションホテルならではの『おもてなし』

-レセプションイメージ-

ホテルでのチェックインは、同階のラウンジエリアにて、フォション自慢のペストリーやお茶でリラックスしながら行います。

チェックインしながら、フォションの世界を体感できる。ホテルに一歩足を踏み入れたら、もうそこは我が家。あらゆる場所でフォションの世界を満喫できます。

観光名所までアクセス抜群!

フォションホテル京都は祇園、東山、四条河原町といった京都の観光名所まで徒歩10分圏内ある京都の中心部下京区にあり、パリのセーヌ川を連想する鴨川からも徒歩2分に位置しています。

パリと京都を愛する方々が、歴史ある街を楽しめるように。

京都を楽しめるアクテビティも。

フォション ロテル パリで提供している貸し切りボートによるセーヌ川散策やディナークルーズと同様に、フォションホテル京都でも、京都の伝統的な名所として愛され続けている鴨川をよりお楽しみいただけるプランも予定しています。

-客室-

客室はスイートルームを含め59部屋。1階にはフォションベーカリーも構え、宿泊だけではなく、グルメも満喫できます。

ホテルのレセプションは、『グランド・カフェ・フォション』と共に最上階に位置し、京都や周辺の山々の絶景を眺めることができるようになっています。

全客室に、フォション ロテル パリで展開しているグルメバーを設置し、色鮮やかなピンクの両開きのドアのクローゼットの中には、フォションのホテルオリジナルペストリーやスイーツや紅茶、ワインなどがあり、自由に持ち帰りも可能に。

●客室イメージ

-客室イメージ-

フォションの世界観を体感できる客室は、京都の和の心を大切にした和×洋を融合した現代モダンなインテリアデザイン。

左手のクローゼットに見立てた『グルメバー』で、お部屋にいながらフォションのスイーツを楽しめます。

-客室イメージ-

色鮮やかなピンク色のソファはフォション ロテル パリ(FAUCHON L’Hotel Paris)の『カフェ フォション(Cafe FAUCHON)』にいるかのよう。

フォションの世界観を体感できる客室での滞在は、きっと思い出深い旅になることでしょう。

  

-総支配人 大石博史コメント-

「フォションホテル京都の総支配人として就任し、経験豊かなチームと共に新しいホテルの誕生に携われることを大変光栄に思います。

私自身、フランスの文化に魅了されて、パリで 5 年間ホテルマンとして働いた経験があり、ホテルを通じてパリと京都の魅力をお伝えしたい気持ちで一杯です。パリは、芸術の都と呼ばれ、文化・歴史・伝統、を重んじ、京都と多くの共通点があります。

2018 年にパリで開業したフォションホテルが京都と出会い、2号店を京都に出店するのは必然だったと思っています。パリと京都を愛する皆様が、フォションホテル京都で、フォションの世界に浸り、さらに魅力的になって頂く事が私たちの喜びです。

掛け替えのない思い出が生まれるホテルを、チーム一丸となって目指してまいりますので、皆様とお会いできます事を、心からお待ち申し上げております。

<フォションホテル京都 大石博史総支配人 経歴>

20 代前半にフランスに 3 年間留学し、フランス語を習得後に日本の航空会社系のホテルグループに入社。

30 代には系列ホテルグループのパリにあるミシュラン2つ星のレストランを有するホテルのレストラン部門の責任 者として 5 年間勤務した後、中国のホテルの開業準備室長や国内ホテルの総支配人を歴任。

系列ホテルグループの ヨーロッパエリアを統括するヨーロッパエリアマネージャー時代にはパリ、ロンドン、デュッセルドルフのレスト ランやホテルの全体的な運営を管理し、欧州と日本を行き来する経験から日本のおもてなしとヨーロッパのホテル サービスの造詣を深める。英語とフランス語に堪能であり、ヨーロッパ、特にフランスの文化に精通し、今般、 フォションホテル京都の総支配人に就任。

■フォションについて■

130年の歴史を誇るフォションは、2006年からオーナーファミリーが経営に当たり、レストラン、ケータリングカフェ、ブティックでリュクスで時代に即したモダンなガストロノミーを提供しています。

主な商品ラインである高級パティスリー、マカロン、チョコレート、紅茶、その他食料品やグルメギフトなどがフランス、UAE、日本、モロッコ、香港、イスラエル、カタールを含む世界50か国のフランチャイズ100店と400の取扱い店で販売されています。

また、フォションはシェフの育成でも知られ、ピエール・エルメ、クリストフ・ミシャラク、そして今やクロナッツで大人気のドミニク・アンセルなど、世界のパティスリー界をけん引するシェフを多く輩出しています。

フォションについて: https://www.fauchon.com/en

■フォション ホスピタリティについて■

フォション ホスピタリティは、フォション ロテルの世界規模での発展を確実に推進することを目的に2018年に設立されたフォションのホテル部門です。

フォション ホスピタリティの経営陣は社長兼CEOジャック=オリヴィエ・ショーヴァン、副社長サミー・ヴィシェル、マーケティング担当 副社長エマニュエル・モルダック、ビジネスデベロップメント担当ベルナール・ランベールなどが就任しています。

フォション ホスピタリティについて: https://www.fauchonhotels.com/

■ウェルス・マネジメント株式会社について■

ウェルス・マネジメント株式会社は、「富の創造 ― プロフェッショナル意識とそのシナジーによる付加価値の創出」を使命とする日本企業であり、全てのお客様にきめ細やかなサービスを提供することにより、長期的かつ継続的な成長を目指して業務に取り組んでいます。

東京証券取引所第二部に株式を上場し、持株会社としてグループ会社の経営管理を行うほか、グループ会社が組成するファンドスキームへの自己投資を行なっています。

2つの主要な子会社は、1)不動産金融事業を営むリシェス・マネジメント株式会社、および 2)ホテル運営事業を営む株式会社ホテルWマネジメントです。

2021年に開業するホテルで、フォションの世界観を五感でお楽しみください。

-『フォション ロテル パリ』客室 Photo by:FAUCHON L’Hotel Paris

・施設名称:フォションホテル京都
・所在地:京都府京都市下京区難波町 406
・アクセス:京阪本線「清水五条駅」徒歩 6 分
・構造:地上10 階(内ホテル 1 階~10 階)
・敷地面積/延床面積:約 799.39 ㎡/約 5,498.82 ㎡(内ホテル 延床面積 約 5,498.82 ㎡)
・施設構成(予定):客室 59 室、レストラン&バー、ティーサロン、スパ他
・経営:株式会社ホテル W マネジメント
(所在地:東京都港区赤坂 1 丁目 12 番 32 号 アーク森ビル 33 階)
・開業日:2021年3月中旬予定
・公式 HP:https://hotelfauchonkyoto.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください