”陰翳礼讃”をコンセプトテーマとする『ホテルリソルトリニティ大阪』が今年10月1日(木)にOPENします。

ホテルリソルトリニティ大阪

大阪・高麗橋。古くから歴史ある土地として有名なエリア。

三井住友銀行大阪中央支店(旧三井銀行大阪支店)、高麗橋ビルディング(旧大中証券)、高麗橋野村ビルディングなど、明治から昭和初期にかけて建てられた建築物が今も多く残っている落ち着いた雰囲気があるエリアに、リソルグループのホテルとして大阪エリア初出店となる「ホテルリソルトリニティ大阪」が2020年10月に開業します!

どんなホテル?

-ホテル外観-

「ホテルリソルトリニティ大阪」は、『くつろぎを、デザインする。』を統一コンセプトに“ホテルリソル”ブランドを展開するリソルホテル株式会社が運営。(同ブランド17店舗目、地上13階・221室)

この度「陰翳礼讃」をコンセプトとするホテルがOPENします。

一体どんなホテルなのでしょうか?

-コンセプトは、陰翳礼讃

上質な空間

昔ながらの日本人の美学として語られている陰翳礼讃

暗さをデザインすることを試み、空間全体に陰影のコンストラクトをつけることで奥行き感を持たせました。

大阪・淀屋橋の土地で紡がれてきた「上質なおもてなしの心と品格・大切に引き継がれてきた伝統」と、「これから生み出される新たな歴史」が緩やかに調和し響き合う、この土地のここにしかない特別な「くつろぎ」空間を提供。

品格と新たな時代を色濃く表現した、伝統と格式を提供するホテルです。

リビングロビー

暗さをデザインしたリビングロビー。

リビングロビー

暗さをデザインすることを試み、空間全体に陰影のコンストラクトをつけることで奥行き感を持たせました。

橋をイメージした立体アートの陰影は、見る人それぞれに様々な想像力を掻き立てます。

客室

日本伝統の美を細部にまでこだわり、受け継がれる文化と新たな歴史が調和するオーセンティックな空間を感じながら、上質なくつろぎの時間をお過ごし下さい。

余韻(暗さ)を楽しむ客室-

情報量を落として余韻(暗さ)を楽しむ空間。

お部屋は、靴を脱いで過ごす『シューズオフスタイル』。

日常から離れ、暗さをあえて楽しめる空間は、日頃の疲れを忘れさせてくれます。

大浴場

ホテル1階には、宿泊者専用大浴場をご用意しております。
ゆったりと湯船につかりながら眺める情緒あふれる坪庭が旅の疲れを心から癒してくれます。

情緒あふれる坪庭付の大浴場

旅の疲れを癒す大浴場では、坪庭を見ながら寛げるひととき。

まさに、大人の贅沢ですね。

●先行宿泊予約はコチラから●

■開業予定日:2020 年10月 1日(木)予定

■予約方法■

①「ホテルリソルトリニティ大阪」公式ホームページ⇒ https://www.trinity-osaka.com/

②「ライフサポート倶楽部」会員専用ホームページ『メンバーズナビ』http://www.lifesc.com

■ホテルリソルトリニティ大阪■

所在地 :大阪府大阪市中央区高麗橋2-6-6
建物構造:鉄骨造/地上 13 階
付帯施設 :レストラン(2階)・大浴場(1階)
客室数:221 室 [モダレット(セミダブル)68 室/ダブル 60 室/ツイン 93室]

Mail:t-osaka@resol-hotel.jp

URL:https://www.trinity-osaka.com/

アクセス

<電車>

・東海道山陽新幹線「新大阪駅」より大阪メトロ経由で12分

・大阪メトロ 御堂筋線「淀屋橋駅」8番・11番出口より徒歩4分

・大阪メトロ 堺筋線「北浜駅」6番出口より徒歩4分

・京阪本線 「淀屋橋駅」より大阪メトロ8番出口より徒歩4分

<お車> ・阪神高速1号環状線「本町」出口より約5分

<飛行機>

・関西国際空港発「南海本線」経由「大阪メトロ」約70 分

・大阪空港発「大阪モノレール・北大阪急行電鉄」経由「大阪メトロ」約 50 分

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください