淡路島の“山の上の複合施設”『こぞら荘』が3/5(木)にOPENしました。

兵庫県・淡路島にカフェ、雑貨、おやつのテイクアウト、宿泊が楽しめる“山の上の複合施設”『こぞら荘』が3/5(木)にオープンしました。

海平の郷という山の上の別荘地の中にある複合施設”『こぞら荘』。

山の上の複合施設”『こぞら荘』

遠方からも、近くから来られる方々にも末永く愛される「笑顔が溢れる温かい場所」を築き上げていきたいという思い入れのある空間となっています。

いったいどんな施設なのでしょうか?

『KOZORASOU』はまだ淡路島にカフェ文化が定着していなかった2005年に、1号店となるカフェをオープン。

現在は、2店舗のカフェ運営と、カフェとパン業態の監修などをしています。

新たな店舗となる『こぞら荘』には、喫茶やランチの『森のオト』、オリジナルグッズや淡路島の手土産や日用品などを扱う『山の上の雑貨店』、マフィンを中心におやつのテイクアウトを提供する『こぞらのおやつ』、1日2組限定の『森の宿』の4つの施設で淡路島の魅力を提供します。

森の宿

2017年にオープンしたカフェ「森のオト」。
そこへ訪れるお客様から「こんなところに住んでみたい」という有難いお言葉をよく頂きました。

もっと多くの方に淡路島の自然や空気を感じながら、心安らぐ時間を過ごして頂きたい。
そして私たちに何ができるかを考え、まずは宿を始めることにしました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc09534.jpg
外観-

1日2組限定というひっそりとした宿泊施設『森の宿』。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc07871.jpg
1日2組限定の客室-

アンティークな雰囲気のあるお部屋。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc09539.jpg
ゆっくりと読書にふけるひととき

珪藻土の壁の室内に、アンティーク家具や寝心地抜群のベッドが置かれている部屋には、あえてテレビを置かず、日常から離れてゆっくりとした時間を楽しむことができます。

朝ごはんについて

山あいを眺めながらこの場所の空気と時を味わっていただいという思いから、朝ごはんはバスケットに入れ、お部屋の前にご用意させて頂きます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc09652.jpg
朝ごはんをお弁当で食べれる嬉しさ

朝ごはんは、毎朝のバロメーター。

森の宿では、朝ごはんを『お部屋で食べれます』。

目の前の自然とともに過ごせる朝の時間。とっても素敵ですね♪

※森の宿では夜ごはんは提供しておりません。近隣の美味しいお店をご案内いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

森の宿

コロナウイルスによる営業については、webページまたはインスタグラムをご覧くださいませ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc09701.jpg
大切な人と過ごすひととき-

森の中でゆっくりと寛げるお部屋。

またここへ戻ってきたくなるような場所に。

今年の旅は、いつもと違う『自分へのご褒美』を、森の宿で過ごしてみませんか?

住所:淡路市里573-6右上ル
電話:0799-70-4853

■こぞら荘「森の宿」ご予約受付■

90日後までご予約が可能です。

ご予約はこちらから:https://reserva.be/kozorasou

ご予約前に表示される”詳細情報”をご覧の上、ご予約頂ますようお願いいたします。また、ご予約は90日後までと表記していますが
受付開始等についてはInstagramにてお知らせいたします。

風のへや 2名1室 30,000円〜
月の部屋 2名1室 28,000円〜
夕食なし / 朝食あり

お支払いは、事前のクレジットカード決済、または当日現地にて現金・クレジットカード・paypayでのご精算をお願い致します。

※検索で出てこないお部屋は既にご予約が入っているお部屋でございます。
1室での料金設定ですので、お一人様でご利用の場合でも1室分(大人2名様分)の料金となります。
また、お子様を含む2名様でご利用の場合でも1室分(大人2名様分)の料金となります。

お問い合わせ
森の宿TEL:0799−70−4583

●こぞらのおやつ

コロナウイルスによる営業については、webページまたはインスタグラムをご覧くださいませ。

淡路島の卵、牛乳を使ったマフィンや、バターや卵を使わないお豆腐をはじめ、スコーンやその他焼き菓子がテイクアウトできるお店『こぞらのおやつ』。

淡路島の素材をたくさん使用した『マフィン』

きび砂糖などの自然な甘みに、北海道産小麦粉でしっとり焼いたマフィンは、味わうたびにクセになる優しい味で、お子様と一緒にどうぞ。

マフィンは、サランラップで包めば、長期保存できるのがいいですね。

自分へも、もちろんギフトでも。

-毎日手作りの『マフィン』-

毎日毎日、工房で手作りされる淡路島でしか食べられないおやつは、作り手の美味しく食べて欲しいというココロのこもった逸品。

味わって食べたいですね。

こぞらのおやつ

「こぞらのおやつ」は、「山の上の雑貨店」「森の宿」と併設の複合施設

外観

淡路島でしか味わえない、スコーンや焼き菓子を大切な人に。

通うのが楽しみになるお店です。

コロナウィルスの影響で、店頭販売はお休み。

Instagramでメニューを紹介、DMや電話受付にて、店頭での受け渡しをします。

住所:淡路市里573-6右上ル
電話:0799-70-4582
営業時間:10:00~17:30(無くなり次第close)
定休日:当面の間は不定休(お休みはお店のカレンダーをご覧ください。 )

●山の上の雑貨店

コロナウイルスによる営業については、webページまたはインスタグラムをご覧くださいませ。

淡路島の手土産や、繰り返し使いたくなる日用品、オリジナルの洋服「私と僕」などが並び、カフェや宿でも使用されている食器や暮らしの道具も販売されている『山の上の雑貨店』。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc08887.jpg
こだわりのお店

食器やカトラリー、調理道具、箒や塵取り、カゴ、照明器具、タオルやスリッパなど、海外や日本中から、「シンプルで良質だけど毎日使えるモノ」をこだわって集めてきました。

毎回来るのが楽しみになるバラエティ豊富なアイテムの数々。

アンティーク好きな方には、何度も足を運びたくなるお店です。

山の上の雑貨店

「山の上の雑貨店」は、「こそらのおやつ」「森の宿」と併設の複合施設です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dsc07932.jpg
店内のようす

あの人には、このバッグが似合うかな?

母の日に送ろうかな。

ギフト選びが楽しくなるお店です。

住所:淡路市里573-6右上ル
電話:0799-70-4582
営業時間:11:00〜16:00
定休日:当面の間は不定休(お休みはお店のカレンダーをご覧ください。 )

森のオト。こぞらそう[喫茶とランチ]※現在お休み中です。

コロナウイルスによる営業については、webページまたはインスタグラムをご覧くださいませ。

山の上の別荘地にひっそりと佇む、一軒家のカフェ。

春には小鳥のさえずり、夏は虫の声、秋は木の葉が落ちる音、冬はただ静かに。

-落ち着いた雰囲気の店内-

淡路島の季節のお野菜を中心とした手づくりのランチと、手作りのスイーツが楽しめる『森のオト』。

アンティークな家具と珪藻土壁の店内には、アンティークの照明がほんのり灯り、落ち着いた雰囲気の居心地の良い空間です。

テーブル18席
カウンター6席

テーブル席では、ゆったりと読書をしながら、カウンター席では、料理とともにお店の方との会話を楽しみながら。

シーン別に使えるお店です。

-1日限定15食の『森のオトプレート』-

淡路島の季節のお野菜を中心とした手づくりのランチ。

ココロとカラダに優しいラインナップのランチが、一日限定15食なので、絶対に見逃せないですね。

食後の自家製のケーキもオススメ。

森のオト。こぞらそう

カフェ「森のオト」のみ他の施設から車で約2分の距離です。

外観

入口にある、手作りの可愛い看板が目印。

森の中にひっそりと佇む建物は、まるで自然とともに生きてきたような雰囲気があります。

春には桜を楽しめます

季節によって違う景色が楽しめる、これからの季節にピッタリなカフェ。

春風を感じながら、ゆっくりと過ごしてみませんか?

住所:淡路市里573-6左上ル
電話:0799-70-1885
営業時間:10:00~17:30
定休日:当面の間は不定休(お休みはお店のカレンダーをご覧ください。 )

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください